護衛艦 はぐろ。 8,200トン型護衛艦の命名式並びに進水式について|2019年度|プレスリリース|ジャパン マリンユナイテッド株式会社

命名・進水式|海上自衛隊 〔JMSDF〕 オフィシャルサイト

護衛艦 はぐろ

その手前ではどのように検討されているのですか。 例えば護衛艦が新しくできる場合、既存の護衛艦が属する各地の海自主要部隊の隊員に海幕の総務課が命名案についてアンケートを採ります。 「はぐろ」の場合、訓令では護衛艦の名称は「天気・気象、山岳、河川、地方の名」とされ、またイージス護衛艦だとこれまでの7隻に山の名がついているので、その前提でのアンケートです。 アンケートを元に海幕総務課が命名案を複数に絞りますが、希望が多いものとは限りません。 語呂合わせで変な意味にとられたり、海上保安庁の船名にあったりするものは避けます。 防衛装備庁とも相談の上で、複数案を由来とともに大臣(防衛相)に示します。 「はぐろ」なら出羽三山の一つで山形県鶴岡市の羽黒山からきている、といった具合です。 複数案からどれを選ぶかは大臣の判断です。 (左)7月17日に横浜港で命名式があったイージス艦はぐろ=藤田撮影。 60年前に訓令ができたころの話で、調べたのですがよくわかりません。 旧海軍の時の基準と同じというわけでもないですね。 自衛艦にはなぜ人名をつけないのですか。 訓令に命名の基準として示されていないということで、やはりその理由はわかりません。 人名を使わないのは旧海軍の時からですが、日本の文化ということでしょうか。 2016年8月、神奈川県の横須賀港に停泊中の米海軍原子力空母の甲板から。 かつての大統領ロナルド・レーガンが艦名になっている。 例えば「とうきょう」はだめですか。 米国や中国の軍艦には今の都市名をつけたものがあります。 昔の国名しかだめという規則はありませんが、語感でしょうか。 「地方の名」なのであまり狭い範囲の都市名はなじまないと思います。 なぜでしょう。 「長門」や「陸奥」もありませんね。 みんな昔の国名なので訓令に照らせば護衛艦につけられますが……これらの船はかつての一艦決戦兵器として知られていますが、今の護衛艦はそういう戦い方を前提としないので、なじまないのかもしれません。 2015年、米マイクロソフト共同創業者のポール・アレン氏がフィリピン沖の海底で旧海軍の戦艦「武蔵」を発見したとして公開した動画から。 武蔵は1944年10月にフィリピン沖で米軍機の攻撃により沈没した。 出典: 朝日新聞社 実はあった自衛艦「ふじ」 そういえば護衛艦につく山の名で、今はあの「ふじ」がありません。 調べると、別の種類の自衛艦ですでに退役した船にその名がありました。 その薀蓄を紹介しておきます。 「ふじ」は1965年にできた砕氷艦で、戦後の政府の南極観測船として「宗谷」の任務を継ぎました。 この命名はいつもと違って公募でした。 「南極観測船ものがたり」(2005年、小島敏男著)によると、応募数は44万にのぼり、他の候補には「昭和」「極光」「白瀬」「オーロラ」「南極」などがあったそうです。 2017年4月、南極観測事業に協力した海自の砕氷艦しらせが帰国し、音楽隊(中央下)と乗員の家族らが迎えた=東京港の晴海埠頭 出典: 藤田撮影 将来驚きの名が公募で? いまの訓令では、砕氷艦の命名は単に「名所旧跡の名」となっています。 この「名所旧跡の名」からの命名は、海自の幹部候補生が遠洋航海をする練習艦や、燃料や武器弾薬を運ぶ補給艦、海中での情報収集を密かに仕掛ける敷設艦など、目立たずとも重い任務を担う他の艦艇も同じです。 ルールがあるような、ないような……ちなみに訓令では、最初に述べたように自衛艦の命名は「防衛相が行う」とあるだけで、その案を公募することは禁じていません。 将来また公募があって、「ええっ?」という名の自衛艦が現れるかもしれませんね。 答えは…護衛艦いずも=3月、神奈川県の横須賀港 出典:藤田撮影 イージス護衛艦はぐろ=7月17日、横浜港 出典:藤田撮影 海上自衛隊で8隻目となるイージス護衛艦を「はぐろ」と名付ける防衛相の命名書。 「テロとの戦い」で米軍艦(右)に洋上で燃料補給をした。 テレビ番組「ザ!鉄腕!DASH!!

次の

17式艦対艦誘導弾

護衛艦 はぐろ

警備艦 [ ] 護衛艦 [ ] ヘリコプター搭載護衛艦 DDH [ ] 艦名(型) 画像 同型艦数 就役年 排水量 同型艦 注釈 2 2009年 基準:13,950t 満載:19,000t DDH-181 DDH-182 ヘリ搭載容量:11機(搭載定数は哨戒ヘリ3機、輸送・救難ヘリ1機の4機) 初の全通甲板を有するヘリコプター搭載型護衛艦。 2 2015年 基準:19,500t 満載:26,000t DDH-183 DDH-184 ヘリ搭載容量:14機(搭載定数は哨戒ヘリ7機、輸送・救難ヘリ2機の9機) 過去に海上自衛隊が保有した艦船(自衛艦)の中で最大。 退役 艦名(型) 画像 同型艦数 就役年 排水量 同型艦 注釈 2 1973年 - 2011年 基準:4,700t 満載(FRAM後) DDH-141:6,850t DDH-142:6,950t DDH-141 DDH-142 ヘリ搭載容量:3機。 自衛隊初のヘリ搭載護衛艦。 2 1980年 - 2017年 基準:5,200t 満載:6,800t DDH-143 DDH-144 ヘリ搭載容量:3機。 最後の護衛艦。 艦前部にを装備。 4 1993年 基準:7,250t 満載:9,485t DDG-173 DDG-174 DDG-175 DDG-176 イージスシステム搭載護衛艦。 艦の前後にを装備。 弾道ミサイル迎撃用を装備。 2 2007年 基準:7,750t 満載:10,000t DDG-177 DDG-178 2世代目のイージスシステム搭載ミサイル護衛艦。 ステルス性をより考慮し、塔型マストを採用。 常時搭載ヘリは無いが、格納庫を有する。 あたごはSM-3対応改修済み、あしがらは改修中。 2 2020年 基準:8,200t 満載:10,250t DDG-179 DDG-180 (艤装中) 3世代目のイージスシステム搭載ミサイル護衛艦。 退役 艦名(型) 画像 同型艦数 就役年 排水量 同型艦 注釈 1 1965年-1995年 基準:3,050t 満載:4,000t DDG-163 日本初の装備護衛艦 3 1979年-2010年 基本:3,850t 満載:5,200t DDG-168 DDG-169 DDG-170 による第二世代DDG。 艦後部にを装備。 汎用護衛艦としては初めて個艦防衛用の 艦対空ミサイルを装備した他、 、 と3重の対空火網を備える。 対艦ミサイルも搭載した。 対潜兵器は及びで、 対潜哨戒ヘリコプター1機を搭載した。 兵装ははつゆき型と同じだが、緊急時 にはヘリ2機を運用可能。 あさぎり、やまぎりは一旦練習艦に艦種変更 されたが、再び護衛艦に復帰。 9 1996年 基準:4,550t 満載:6,200t DD-101 DD-102 DD-103 DD-104 DD-105 DD-106 DD-107 DD-108 DD-109 あさぎり型から約1,000トン大型化した。 アスロック及び対空ミサイルはを使用。 対空ミサイルはに、 対艦ミサイルはに強化。 5 2003年 基準:4,650t 満載:6,300t DD-110 DD-111 DD-112 DD-113 DD-114 むらさめ型の発展型。 主砲はに大型化。 4 2012年 基準:5,050t(2番艦以降:5,100t) 満載:6,800t DD-115 DD-116 DD-117 DD-118 汎用護衛艦ではあるが、システムの導入により 僚艦防空(LAD)が可能な対空戦闘システムを構築。 イージス艦が弾道ミサイル迎撃を行う場合 その補完のために対空戦闘能力を強化した とも言われている。 2 2018年 基準:5,100t 満載:6,800t DD-119 DD-120 あきづき型を基に対潜能力を重視した汎用艦。 コスト重視のため方式の採用や レーダーの後日装備としている。 機雷戦や小規模揚陸作戦を含む多様な任務への 対応能力向上と船体のコンパクト化を両立させた 新たな護衛艦(多機能護衛艦)。 被探知防止として無反響タイルを船体及びセイル側面に装着。 12 2009年 基準:2,950t 水中:4,200t SS-501 SS-502 SS-503 SS-504 SS-505 SS-506 SS-507 SS-508 SS-509 SS-510 SS-511 SS-512 (建造中) 現在就役中の通常動力潜水艦としては世界最大。 X舵を採用。 吸音タイルが艦全体に取り付けられ、静粛性向上が図られている。 そうりゅう型11・12番艦では、今までのそうりゅう型が搭載してきた スターリング・エンジンや開発中の燃料電池などのAIP機関は搭載せず その空間を使って大量のリチウムイオン電池を搭載する。 2022年 (予定) 基準:3,000t(計画) 29SS SS-513 (建造中) 30SS SS-514 (計画) 31SS SS-515 (計画) 退役 艦名(型) 画像 同型艦数 就役年 排水量 同型艦 注釈 くろしお型 1隻 1955-1970年 基準:1,526t 水中:2,400t SS-501 旧「 Mingo 」 おやしお型 1隻 1960-1976年 基準:1,150t 満載:1,424t SS-511 戦後初の国産潜水艦。 艦型はを参考にしている。 あさしおは、練習潜水艦になった後、AIP推進に改造され実験が行われた。 旧・米「ブルーバード級」 - 4隻• 旧・米「アルバトロス級」 - 9隻• — 2隻• MSC-601 、 MSC-602• やしろ型 — 1隻(退役)• MSC-603• — 26隻• かさど MSC-604 、しさか MSC-605 、かなわ MSC-606 、さきと MSC-607 、はぶし MSC-608 、こうづ MSC-609 、たたら MSC-610 、つくみ MSC-611 、みくら MSC-612 、しきね MSC-613 、ひらど MSC-614 、こしき MSC-615 、ほたか MSC-616 、からと MSC-617 、はりお MSC-618 、むつれ MSC-619 、ちぶり MSC-620 、おおつ MSC-621 、くだこ MSC-622 、りしり MSC-623 、れぶん MSC-624 、あまみ MSC-625 、うるめ MSC-626 、みなせ MSC-627 、いぶき MSC-628 、かつら MSC-629• — 19隻• たかみ MSC-630 、いおう MSC-631 、みやけ MSC-632 、うとね MSC-633 、あわじ MSC-634 、とうし MSC-635 、てうり MSC-636 、むろつ MSC-637 、たしろ MSC-638 、みやと MSC-639 、たかね MSC-640 、むづき MSC-641 、よこせ MSC-642 、さかて MSC-643 、おうみ MSC-644 、ふくえ MSC-645 、おきつ MSC-646 、はしら MSC-647 、いわい MSC-648• — 23隻• はつしま MSC-649 、にのしま MSC-650 、みやじま MSC-651 、えのしま MSC-652 、うきしま MSC-653 、おおしま MSC-654 、にいじま MSC-655 、やくしま MSC-656 、なるしま MSC-657 、ちちじま MSC-658 、とりしま MSC-659 、ははじま MSC-660 、たかしま MSC-661 、ぬわじま MSC-662 、えたじま MSC-663 、かみしま MSC-664 、ひめしま MSC-665 、おぎしま MSC-666 、もろしま MSC-667 、ゆりしま MSC-668 、ひこしま MSC-669 、あわしま MSC-670 、さくしま MSC-671 掃海艇 MSB [ ] 退役 詳細は「」を参照• - 1隻• - 1隻• 後にGP-445。 - 1隻• 後にMSA-451。 旧・ - 23隻• 後にMSI-695。 後にMSI-690。 後にMSI-696。 後にMSI-691。 後にMSI-697。 後にMSI-692。 後にMSI-698。 後にMSI-699。 後にMSI-693。 後にMSI-694。 後にMSI-700。 旧・海軍哨戒特務艇 - 10隻• 後にMSI-680• 後にMSI-685• 後にMSI-681• 後にMSI-686• 後にMSI-682• 後にMSI-683• 後にMSI-687• 後にMSI-684• 後にMSI-688• 後にMSI-689• - 19隻• 長門丸 MS-34 、第二鮮友丸 MS-35 、錦丸 MS-66 、富士丸 MS-67 、第一中興丸 MS-75 、協正丸 MS-80 、第二十新興丸 MS-88 、御幸丸• 旧・米哨戒艇 — 15隻• — 9隻• 哨戒艇19~27号 PB-919~927 魚雷艇 PT [ ] 退役• — 2隻• 魚雷艇1~2号 PT-801~802• — 2隻• 魚雷艇3~4号 PT-803~804• — 2隻• 魚雷艇5~6号 PT-805~806• — 2隻• 魚雷艇7~8号 PT-807~808• — 1隻• 魚雷艇9号 PT-809• — 1隻• 魚雷艇10号 PT-810• — 5隻• 魚雷艇11~15号 PT-811~815 輸送艦艇 [ ] 輸送艦 LST [ ] 艦名(型) 画像 同型艦数 就役年 排水量 同型艦 注釈 3 1998年 基準:8,900t 満載:14,000t LST-4001 LST-4002 LST-4003 自衛隊最初の全通甲板を持つ艦艇 退役• 旧・米『LCM Mk. 6 』型 - 42隻• 旧・米LSM - 1隻• 2004年より自衛艦に種別変更。 補助艦艇 [ ] 練習艦 TV [ ] 艦名(型) 画像 同型艦数 就役年 排水量 同型艦 注釈 1 1995年 基準:4,050t 満載:5,400t TV-3508 4 1999年 基準:3,050t 満載:4,200t TV-3513 元・DD-133 TV-3518 元・DD-131 退役済 TV-3517 元・DD-123 TV-3519 元・DD-129 元はつゆき型護衛艦 1 2020年 基本:4,600t 満載:5,900t (TV-3520)元・DDG-171 元はたかぜ型護衛艦 護衛艦に復帰• かとり型 — 1隻• TV-3501• その他(元護衛艦) - 12隻• ゆうしお型 — 4隻• はるしお型 — 2隻• あづま型 — 1隻• ATS-4201 多用途支援艦 AMS [ ] 艦名(型) 画像 同型艦数 就役年 排水量 同型艦 注釈 5 2002年 基準:980t 満載:1,400t AMS-4301 AMS-4302 AMS-4303 AMS-4304 AMS-4305 海洋観測艦 AGS [ ] 艦名(型) 画像 同型艦数 就役年 排水量 同型艦 注釈 2 1979年 基準:2,050t 満載:3,200t AGS-5104 退役済 AGS-5102 1 1999年 基準:3,300t 満載:4,500t AGS-5105 1 2010年 基準:2,950t 満載:4,150t AGS-5106 退役• つがる型 — 1隻• — 2隻• — 5隻• — 3隻• — 2隻• ちはや型 — 1隻• — 3隻• — 1隻• — 1隻• はやせ型 — 1隻• — 5隻• — 3隻• — 3隻• 高速1~3号 ASH-01~03• — 2隻• 高速4~5号 ASH-04~05• — 1隻• 高速6号 ASH-06• 旧・米飛行機救難艇 — 10隻• 旧・米飛行機救難艇 — 2隻• — 1隻• 消防41号 ASH-41• 旧・米港内曳船 - 1隻• 後にATR-431。 旧・米大型港内曳船 - 1隻• — 5隻• 特務艇81~85号 ASU-81~85 支援船 自衛艦籍にはない [ ] 支援船第1種 [ ] 曳船 YT [ ]• — 33隻• 曳船67号 YT-67• 曳船68号 YT-68• 曳船69号 YT-69• 曳船70号 YT-70• 曳船71号 YT-71• 曳船72号 YT-72• 曳船73号 YT-73• 曳船74号 YT-74• 曳船78号 YT-78• 曳船79号 YT-79• 曳船81号 YT-81• 曳船84号 YT-84• 曳船86号 YT-86• 曳船89号 YT-89• 曳船90号 YT-90• 曳船92号 YT-92• 曳船94号 YT-94• 曳船95号 YT-95• 曳船96号 YT-96• 曳船97号 YT-97• 曳船99号 YT-99• 曳船01号 YT-01• 曳船02号 YT-02• 曳船04号 YT-04• 曳船05号 YT-05• 曳船08号 YT-08• 曳船10号 YT-10• 曳船11号 YT-11 退役済• 曳船58号 YT-58• 曳船64号 YT-64• 曳船63号 YT-63• 曳船65号 YT-65• 曳船66号 YT-66• 曳船60号型 — 3隻• 曳船62号 YT-62 退役済• 曳船60号 YT-60• 曳船61号 YT-61• 曳船75号型 — 16隻• 曳船75号 YT-75• 曳船76号 YT-76• 曳船77号 YT-77• 曳船80号 YT-80• 曳船82号 YT-82• 曳船83号 YT-83• 曳船85号 YT-85• 曳船87号 YT-87• 曳船88号 YT-88• 曳船91号 YT-91• 曳船93号 YT-93• 曳船98号 YT-98• 曳船03号 YT-03• 曳船06号 YT-06• 曳船07号 YT-07• 曳船09号 YT-09 退役• 曳船24号型 — 10隻• 曳船24号 YT-24• 曳船25号 YT-25• 曳船26号 YT-26• 曳船27号 YT-27• 曳船28号 YT-28• 曳船29号 YT-29• 曳船30号 YT-30• 曳船31号 YT-31• 曳船32号 YT-32• 曳船33号 YT-33• 曳船34号型 — 11隻• 曳船34号 YT-33• 曳船36号 YT-36• 曳船38号 YT-38• 曳船39号 YT-39• 曳船42号 YT-42• 曳船43号 YT-43• 曳船47号 YT-47• 曳船49号 YT-49• 曳船51号 YT-51• 曳船54号 YT-54• 曳船59号 YT-59• 曳船35号型 — 8隻• 曳船35号 YT-35• 曳船37号 YT-37• 曳船40号 YT-40• 曳船41号 YT-41• 曳船44号 YT-44• 曳船45号 YT-45• 曳船46号 YT-46• 曳船48号 YT-48• 曳船50号型 旧・米「LCM 56ft 型」 — 2隻• 曳船50号 YT-50• 曳船52号 YT-52• 曳船53号型 — 4隻• 曳船53号 YT-53• 曳船55号 YT-55• 曳船56号 YT-56• 曳船57号 YT-57 水船 自走型・YW [ ]• — 8隻• 水船17号 YW-17)• 水船18号 YW-18)• 水船19号 YW-19)• 水船20号 YW-20)• 水船21号 YW-21)• 水船22号 YW-22)• 水船23号 YW-23)• 水船24号 YW-24) 退役• 水船2号型 — 1隻• 水船2号 YW-02• 水船3号型 — 7隻• 水船3号 YW-03• 水船4号 YW-04• 水船5号 YW-05• 水船6号 YW-06• 水船7号 YW-07• 水船8号 YW-08• 水船9号 YW-09• 水船10号型 — 1隻• 水船10号 YW-10• 水船11号型 — 1隻• 水船11号 YW-11)• 水船12号型 — 5隻• 水船12号 YW-12)• 水船13号 YW-13)• 水船14号 YW-14)• 水船15号 YW-15)• 水船16号 YW-16) 水船 非自走型・YW [ ] 退役• 水船104号型 — 1隻• 水船104号 YW-104• 水船106号型 — 1隻• 水船106号 YW-106 重油船 自走型・YO [ ]• — 18隻• 油船25号 YO-25• 油船26号 YO-26• 油船27号 YO-27• 油船29号 YO-29• 油船30号 YO-30• 油船31号 YO-31• 油船33号 YO-33• 油船34号 YO-34• 油船35号 YO-35• 油船36号 YO-36• 油船37号 YO-37• 油船38号 YO-38• 油船39号 YO-39• 油船40号 YO-40• 油船41号 YO-41• 油船42号 YO-42• 油船43号 YO-43• 油船44号 YO-44• — 2隻• 油船28号 YO-28• 油船32号 YO-32 退役• 重油船1号型 — 1隻• 重油船1号 YO-01• 重油船2号型 — 1隻• 重油船2号 YO-02• 重油船3号型 — 4隻• 重油船3号 YO-03• 重油船4号 YO-04• 重油船5号 YO-05• 重油船6号 YO-06• 重油船7号型 — 3隻• 重油船7号 YO-07• 重油船8号 YO-08• 重油船9号 YO-09• 油船10号型 — 4隻• 油船10号 YO-10• 油船11号 YO-11• 油船12号 YO-12• 油船13号 YO-13• 油船14号型 — 11隻• 油船14号 YO-14• 油船15号 YO-15• 油船16号 YO-16• 油船17号 YO-17• 油船18号 YO-18• 油船19号 YO-19• 油船20号 YO-20• 油船21号 YO-21• 油船22号 YO-22• 油船23号 YO-23• 油船24号 YO-24 重油船 非自走型・YO [ ] 退役• 重油船106号型 — 1隻• 重油船106号 Y0-106• 油船107号型 — 2隻• 重油船107号 Y0-107• 重油船108号 Y0-108 軽質油船 自走型・YG [ ]• — 5隻• 油船203号 YG-203• 油船204号 YG-204• 油船205号 YG-205• 油船206号 YG-206• 油船207号 YG-207 退役• 軽質油船1号型 — 4隻• 軽質油船1号 YG-01• 軽質油船2号 YG-02• 軽質油船3号 YG-03• 軽質油船4号 YG-04• 軽質油船6号型 — 1隻• 軽質油船6号 YG-06• 軽質油船7号型 — 2隻• 軽質油船7号 YG-07• 軽質油船8号 YG-08• 軽質油船15号型 — 4隻• 軽質油船15号 YG-15• 軽質油船16号 YG-16• 軽質油船15号 YG-17• 軽質油船16号 YG-18• 軽質油船19号型 — 1隻• 軽質油船19号 YG-19 軽質油船 非自走型・YG [ ] 退役• 油船201号型 - 2隻• 油船201号 YG-201• 油船202号 YG-202• 軽質油船101号型 — 1隻• 軽質油船101号 YG-101 廃油船 自走型・YB [ ] 退役• 廃油船1号型 — 1隻• 廃油船1号 YB-01 廃油船 非自走型・YB [ ]• 廃油船105号型 — 5隻• 廃油船105号 YB-105• 廃油船106号 YB-106• 廃油船107号 YB-107• 廃油船108号 YB-108• 廃油船109号 YB-109 退役• 廃油船101号型 — 4隻• 廃油船101号 YB-101• 廃油船102号 YB-102• 廃油船103号 YB-103• 廃油船104号 YB-104 運貨船 自走型・YL [ ]• — 9隻• 運貨船11号 YL-11• 運貨船12号 YL-12• 運貨船13号 YL-13• 運貨船14号 YL-14• 運貨船15号 YL-15• 運貨船16号 YL-16• 運貨船17号 YL-17 退役• 運貨船9号 YL-09• 運貨船10号 YL-10 退役• 運貨船1号型 — 1隻• 運貨船1号 YL-01• 運貨船2号型 — 6隻• 運貨船2号 YL-02• 運貨船3号 YL-03• 運貨船4号 YL-04• 運貨船5号 YL-05• 運貨船6号 YL-06• 運貨船7号 YL-07• 運貨船8号型 — 1隻• 運貨船8号 YL-08 運貨船 非自走型・YL [ ]• 運貨船119号型 — 1隻• 運貨船119号 YL-119 退役• 運貨船113号型 — 1隻• 運貨船113号 YL-113• 運貨船114号型 — 2隻• 運貨船114号 YL-114• 運貨船115号 YL-115• 運貨船116号型 — 3隻• 運貨船116号 YL-116• 運貨船117号 YL-117• 運貨船118号 YL-118 起重機船 自走型・YC [ ] 退役• 起重機船1号型(元・旧海軍30t型)— 1隻• 起重機船1号 YC-01• 起重機船2号型(米型)— 1隻• 起重機船2号 YC-02• 起重機船4号型(米型)— 1隻• 起重機船4号 YC-04• 起重機船5号型 — 1隻• 起重機船5号 YC-05• 起重機船6号型 — 3隻• 起重機船6号 YC-06• 起重機船7号 YC-07• 起重機船8号 YC-08• 起重機船9号型 — 1隻• 起重機船9号 YC-09 交通船 内火艇・YF [ ]• 交通船1029号型 — 5隻• 交通船1029号 YF-1029• 交通船1030号 YF-1030• 交通船1031号 YF-1031• 交通船1032号 YF-1032• 交通船1033号 YF-1033• 交通船1034号型 — 1隻• 交通船1034号 YF-1034 退役• 交通船1013号型 — 1隻• 交通船1013号 YF-1013• 交通船1014号型 — 7隻• 交通船1014号 YF-1014• 交通船1015号 YF-1015• 交通船1016号 YF-1016• 交通船1017号 YF-1017• 交通船1018号 YF-1018• 交通船1019号 YF-1019• 交通船1020号 YF-1020• 交通船1021号型 — 1隻• 交通船1021号 YF-1021• 交通船1022号型 — 7隻• 交通船1022号 YF-1022• 交通船1023号 YF-1023• 交通船1024号 YF-1024• 交通船1025号 YF-1025• 交通船1026号 YF-1026• 交通船1027号 YF-1027• 交通船1028号 YF-1028 交通船 内火ランチ・YF [ ]• 交通船2088号型 — 27隻• 交通船2031号 YF-2031• 交通船2139号 YF-2139• 交通船2142号 YF-2142• 交通船2143号 YF-2143• 交通船2144号 YF-2144• 交通船2145号 YF-2145• 交通船2146号 YF-2146• 交通船2147号 YF-2147• 交通船2148号 YF-2148• 交通船2149号 YF-2149• 交通船2154号 YF-2154 退役済• 交通船2088号 YF-2088• 交通船2089号 YF-2089• 交通船2090号 YF-2090• 交通船2092号 YF-2092• 交通船2093号 YF-2093• 交通船2094号 YF-2094• 交通船2095号 YF-2095• 交通船2111号 YF-2111• 交通船2112号 YF-2112• 交通船2113号 YF-2113• 交通船2114号 YF-2114• 交通船2115号 YF-2115• 交通船2117号 YF-2117• 交通船2118号 YF-2118• 交通船2119号 YF-2119• 交通船2122号 YF-2122• — 10隻• 交通船2124号 YF-2124• 交通船2125号 YF-2125• 交通船2127号 YF-2127• 交通船2128号 YF-2128• 交通船2129号 YF-2129• 交通船2132号 YF-2132• 交通船2135号 YF-2135• 交通船2138号 YF-2138• 交通船2141号 YF-2141 退役済• 交通船2121号 YF-2121• 交通船2123号型 — 6隻• 交通船2126号 YF-2126• 交通船2130号 YF-2130• 交通船2134号 YF-2134• 交通船2153号 YF-2153• 交通船2155号 YF-2155 退役済• 交通船2123号 YF-2123• 交通船2133号型 — 1隻• 交通船2133号 YF-2133• 交通船2136号型 — 1隻• 交通船2136号 YF-2136• 交通船2137号型 — 2隻• 交通船2137号 YF-2137• 交通船2152号 YF-2152• 交通船2150号型 — 2隻• 交通船2150号 YF-2150• 交通船2151号 YF-2151 退役• 交通船2001号型 — 4隻• 交通船2001号 YF-2001• 交通船2002号 YF-2002• 交通船2003号 YF-2003• 交通船2004号 YF-2004• 交通船2005号型 — 4隻• 交通船2005号 YF-2005• 交通船2006号 YF-2006• 交通船2008号 YF-2008• 交通船2009号 YF-2009• 交通船2010号型 — 17隻• 交通船2010号 YF-2010• 交通船2011号 YF-2011• 交通船2012号 YF-2012• 交通船2013号 YF-2013• 交通船2014号 YF-2014• 交通船2015号 YF-2015• 交通船2016号 YF-2016• 交通船2018号 YF-2018• 交通船2019号 YF-2019• 交通船2020号 YF-2020• 交通船2021号 YF-2021• 交通船2022号 YF-2022• 交通船2023号 YF-2023• 交通船2024号 YF-2024• 交通船2025号 YF-2025• 交通船2026号 YF-2026• 交通船2027号 YF-2027• 交通船2031号型(元・米LCVP) — 12隻• 交通船2031号 YF-2031• 交通船2033号 YF-2033• 交通船2034号 YF-2034• 交通船2039号 YF-2039• 交通船2040号 YF-2040• 交通船2041号 YF-2041• 交通船2055号 YF-2055• 交通船2056号 YF-2056• 交通船2057号 YF-2057• 交通船2063号 YF-2063• 交通船2064号 YF-2064• 交通船2065号 YF-2065• 交通船2148号型(元・米56ft型LCM) — 18隻• 交通船2048号 YF-2048• 交通船2049号 YF-2049• 交通船2050号 YF-2050• 交通船2051号 YF-2051• 交通船2053号 YF-2053• 交通船2097号 YF-2097• 交通船2098号 YF-2098• 交通船2099号 YF-2099• 交通船2100号 YF-2100• 交通船2101号 YF-2101• 交通船2102号 YF-2102• 交通船2103号 YF-2103• 交通船2104号 YF-2104• 交通船2105号 YF-2105• 交通船2106号 YF-2106• 交通船2107号 YF-2107• 交通船2108号 YF-2108• 交通船2109号 YF-2109• 交通船2060号型 — 3隻• 交通船2060号 YF-2060• 交通船2061号 YF-2061• 交通船2062号 YF-2062• 交通船2066号型 — 22隻• 交通船2066号 YF-2066• 交通船2067号 YF-2067• 交通船2068号 YF-2068• 交通船2069号 YF-2069• 交通船2070号 YF-2070• 交通船2071号 YF-2071• 交通船2072号 YF-2072• 交通船2073号 YF-2073• 交通船2074号 YF-2074• 交通船2078号 YF-2078• 交通船2079号 YF-2079• 交通船2080号 YF-2080• 交通船2081号 YF-2081• 交通船2083号 YF-2083• 交通船2084号 YF-2084• 交通船2085号 YF-2085• 交通船2086号 YF-2086• 交通船2087号 YF-2087• 交通船2091号 YF-2091• 交通船2096号 YF-2096• 交通船2110号 YF-2110• 交通船2116号 YF-2116• 交通船2075号型 — 1隻• 交通船2075号 YF-2075• 交通船2076号型 — 2隻• 交通船2076号 YF-2076• 交通船2077号 YF-2077• 交通船2082号型 — 1隻• 交通船2082号 YF-2082• 交通船2120号型 — 1隻• 交通船2120号 YF-2120 消防船 YE [ ] 退役• 消防船1号型 — 1隻• 消防船1号 YE-01 設標船 YV [ ] 退役• 設標船1号型 — 3隻• 設標船1号 YV-01• 設標船2号 YV-02• 設標船3号 YV-03 設標救難船 YR [ ]• — 2隻• 設標救難船1号 YR-01• 設標救難船2号 YR-02 清掃船 YS [ ] 退役• 清掃船1号型 — 1隻• 清掃船1号 YS-01 作業船 YD [ ]• 作業船4号型 — 3隻• 作業船5号 YD-05• 作業船6号 YD-06 退役済• 作業船4号 YD-04 退役• 作業船1号型 — 2隻• 作業船1号 YD-01• 作業船2号 YD-02• 作業船3号型 — 1隻• 作業船3号 YD-03 支援船第2種 [ ] 水中処分母船 YDT [ ]• — 6隻• 水中処分母船1号 YDT-01• 水中処分母船2号 YDT-02• 水中処分母船3号 YDT-03• 水中処分母船4号 YDT-04• 水中処分母船5号 YDT-05• 水中処分母船6号 YDT-06 練習船 YTE [ ]• — 2隻• 練習船13号 YTE-13• 練習船14号 YTE-14 退役• — 7隻• 練習船8号型 — 2隻• YTE-08• YTE-09• 練習船10号型 — 1隻• YTE-10• 練習船11号型 — 1隻• 練習船11号 YTE-11• 練習船12号型 — 1隻• YTE-12 掃海船 YAM [ ] 退役• 掃海船11号型(元・米36ft型LCVP) — 6隻• 掃海船11号 YAM-11• 掃海船12号 YAM-12• 掃海船13号 YAM-13• 掃海船14号 YAM-14• 掃海船15号 YAM-15• 掃海船16号 YAM-16 敷設船 YAL [ ] 退役• 敷設船1号型 — 1隻• 敷設船1号 YAL-01• 敷設船2号型(元・米LCU)— 3隻• 敷設船2号 YAL-02• 敷設船3号 YAL-03• 敷設船4号 YAL-04 特務船 YAS [ ] 退役• 特務船1号型(元・米小型曳船) — 3隻• 特務船1号 YAS-01• 特務船3号 YAS-03• 特務船45号 YAS-45• 特務船5号型(元・米65ft型曳船) — 4隻• 特務船5号 YAS-05• 特務船9号 YAS-09• 特務船10号 YAS-10• 特務船11号 YAS-11• ばら級(元・旧LSSL型警備艇) — 6隻• ばら YAS-15• すみれ YAS-16• いそぎく YAS-20• りんどう YAS-22• はまゆう YAS-24• 特務船35号 YAS-35• 特務船34号型(元・旧海軍100t型型曳船兼交通船) — 1隻• 特務船34号 YAS-34• 特務船46号型(元・米MSC) — 2隻• 特務船46号 YAS-46• 特務船47号 YAS-47• 特務船48号型(元・旧魚雷艇) — 2隻• 特務船48号 YAS-48• 特務船49号 YAS-49• 特務船51号型(元・米陸軍FS) — 1隻• 特務船51号 YAS-51• 特務船52号型(元・旧魚雷艇) — 2隻• 特務船52号 YAS-52• 特務船53号 YAS-53• 特務船54号型(元・旧魚雷艇) — 2隻• 特務船54号 YAS-54• 特務船55号 YAS-55• 特務船101号型 — 3隻• 特務船101号 YAS-101• 特務船102号 YAS-102• 特務船103号 YAS-103 支援船第3種 [ ] 機動船 B [ ]• 機動船4017号型 — 1隻• 機動船4017号 B-4017• 機動船4018号型 — 5隻• 機動船4018号 B-4018• 機動船4019号 B-4019• 機動船4020号 B-4020• 機動船4023号 B-4023• 機動船4024号 B-4024• 機動船4021号型 — 2隻• 機動船4021号 B-4021• 機動船4022号 B-4022• 機動船4025号型 — 3隻• 機動船4025号 B-4025• 機動船4026号 B-4026• 機動船4027号 B-4027 退役• 機動船4001号型 — 4隻• 機動船4001号 B-4001• 機動船4002号 B-4002• 機動船4003号 B-4003• 機動船4004号 B-4004• 機動船4005号型 — 1隻• 機動船4005号 B-4005• 機動船4007号型 — 7隻• 機動船4007号 B-4007• 機動船4008号 B-4008• 機動船4009号 B-4009• 機動船4010号 B-4010• 機動船4011号 B-4011• 機動船4012号 B-4012• 機動船4013号 B-4013• 機動船4006号型 — 4隻• 機動船4006号 B-4006• 機動船4014号 B-4014• 機動船4015号 B-4015• 機動船4016号 B-4016 カッター C [ ]• カッター5001号型 — 161隻• カッター5158号 C-5158• カッター5159号 C-5159• カッター5160号 C-5160• カッター5161号 C-5161 退役済• カッター5001号 C-5001• カッター5002号 C-5002• カッター5003号 C-5003• カッター5004号 C-5004• カッター5005号 C-5005• カッター5006号 C-5006• カッター5007号 C-5007• カッター5008号 C-5008• カッター5009号 C-5009• カッター5010号 C-5010• カッター5011号 C-5011• カッター5012号 C-5012• カッター5013号 C-5013• カッター5014号 C-5014• カッター5015号 C-5015• カッター5016号 C-5016• カッター5017号 C-5017• カッター5018号 C-5018• カッター5019号 C-5019• カッター5020号 C-5020• カッター5021号 C-5021• カッター5022号 C-5022• カッター5023号 C-5023• カッター5024号 C-5024• カッター5025号 C-5025• カッター5026号 C-5026• カッター5027号 C-5027• カッター5028号 C-5028• カッター5029号 C-5029• カッター5030号 C-5030• カッター5031号 C-5031• カッター5032号 C-5032• カッター5033号 C-5033• カッター5034号 C-5034• カッター5035号 C-5035• カッター5036号 C-5036• カッター5037号 C-5037• カッター5038号 C-5038• カッター5039号 C-5039• カッター5040号 C-5040• カッター5041号 C-5041• カッター5042号 C-5042• カッター5043号 C-5043• カッター5044号 C-5044• カッター5045号 C-5045• カッター5046号 C-5046• カッター5047号 C-5047• カッター5048号 C-5048• カッター5050号 C-5050• カッター5051号 C-5051• カッター5052号 C-5052• カッター5053号 C-5053• カッター5054号 C-5054• カッター5055号 C-5055• カッター5056号 C-5056• カッター5057号 C-5057• カッター5058号 C-5058• カッター5059号 C-5059• カッター5060号 C-5060• カッター5061号 C-5061• カッター5062号 C-5062• カッター5063号 C-5063• カッター5064号 C-5064• カッター5065号 C-5065• カッター5066号 C-5066• カッター5067号 C-5067• カッター5068号 C-5068• カッター5069号 C-5069• カッター5070号 C-5070• カッター5071号 C-5071• カッター5072号 C-5072• カッター5073号 C-5073• カッター5074号 C-5074• カッター5075号 C-5075• カッター5076号 C-5076• カッター5077号 C-5077• カッター5078号 C-5078• カッター5079号 C-5079• カッター5080号 C-5080• カッター5081号 C-5081• カッター5082号 C-5082• カッター5083号 C-5083• カッター5084号 C-5084• カッター5085号 C-5085• カッター5086号 C-5086• カッター5087号 C-5087• カッター5088号 C-5088• カッター5089号 C-5089• カッター5090号 C-5090• カッター5091号 C-5091• カッター5092号 C-5092• カッター5093号 C-5093• カッター5094号 C-5094• カッター5095号 C-5095• カッター5096号 C-5096• カッター5097号 C-5097• カッター5098号 C-5098• カッター5099号 C-5099• カッター5100号 C-5100• カッター5101号 C-5101• カッター5102号 C-5102• カッター5103号 C-5103• カッター5104号 C-5104• カッター5105号 C-5105• カッター5106号 C-5106• カッター5107号 C-5107• カッター5108号 C-5108• カッター5109号 C-5109• カッター5110号 C-5110• カッター5111号 C-5111• カッター5112号 C-5112• カッター5113号 C-5113• カッター5114号 C-5114• カッター5115号 C-5115• カッター5116号 C-5116• カッター5117号 C-5117• カッター5118号 C-5118• カッター5119号 C-5119• カッター5120号 C-5120• カッター5121号 C-5121• カッター5122号 C-5122• カッター5123号 C-5123• カッター5124号 C-5124• カッター5125号 C-5125• カッター5126号 C-5126• カッター5127号 C-5127• カッター5128号 C-5128• カッター5129号 C-5129• カッター5130号 C-5130• カッター5131号 C-5131• カッター5132号 C-5132• カッター5133号 C-5133• カッター5134号 C-5134• カッター5135号 C-5135• カッター5136号 C-5136• カッター5137号 C-5137• カッター5138号 C-5138• カッター5139号 C-5139• カッター5140号 C-5140• カッター5141号 C-5141• カッター5142号 C-5142• カッター5143号 C-5143• カッター5144号 C-5144• カッター5145号 C-5145• カッター5146号 C-5146• カッター5147号 C-5147• カッター5148号 C-5148• カッター5149号 C-5149• カッター5150号 C-5150• カッター5151号 C-5151• カッター5152号 C-5152• カッター5153号 C-5153• カッター5154号 C-5154• カッター5155号 C-5155• カッター5156号 C-5156• カッター5157号 C-5157• カッター5162号型 — 60隻• カッター5162号 C-5162• カッター5163号 C-5163• カッター5164号 C-5164• カッター5165号 C-5165• カッター5166号 C-5166• カッター5167号 C-5167• カッター5168号 C-5168• カッター5169号 C-5169• カッター5170号 C-5170• カッター5171号 C-5171• カッター5172号 C-5172• カッター5173号 C-5173• カッター5174号 C-5174• カッター5175号 C-5175• カッター5176号 C-5176• カッター5177号 C-5177• カッター5178号 C-5178• カッター5179号 C-5179• カッター5180号 C-5180• カッター5181号 C-5181• カッター5182号 C-5182• カッター5183号 C-5183• カッター5184号 C-5184• カッター5185号 C-5185• カッター5186号 C-5186• カッター5187号 C-5187• カッター5188号 C-5188• カッター5189号 C-5189• カッター5190号 C-5190• カッター5191号 C-5191• カッター5192号 C-5192• カッター5193号 C-5193• カッター5194号 C-5194• カッター5195号 C-5195• カッター5196号 C-5196• カッター5197号 C-5197• カッター5198号 C-5198• カッター5199号 C-5199• カッター5200号 C-5200• カッター5201号 C-5201• カッター5202号 C-5202• カッター5203号 C-5203• カッター5204号 C-5204• カッター5205号 C-5205• カッター5206号 C-5206• カッター5207号 C-5207• カッター5208号 C-5208• カッター5209号 C-5209• カッター5210号 C-5210• カッター5211号 C-5211• カッター5212号 C-5212• カッター5213号 C-5213• カッター5214号 C-5214• カッター5215号 C-5215• カッター5216号 C-5216• カッター5217号 C-5217• カッター5218号 C-5218• カッター5219号 C-5219• カッター5220号 C-5220• カッター5221号 C-5221 伝馬船 T [ ]• 伝馬船6081号型 — 28隻• 伝馬船6081号 T-6081• 伝馬船6082号 T-6082• 伝馬船6083号 T-6083• 伝馬船6084号 T-6084• 伝馬船6085号 T-6085• 伝馬船6086号 T-6086• 伝馬船6087号 T-6087• 伝馬船6088号 T-6088• 伝馬船6089号 T-6089• 伝馬船6090号 T-6090• 伝馬船6091号 T-6091• 伝馬船6092号 T-6092• 伝馬船6093号 T-6093• 伝馬船6094号 T-6094• 伝馬船6095号 T-6095• 伝馬船6096号 T-6096• 伝馬船6097号 T-6097• 伝馬船6098号 T-6098• 伝馬船6099号 T-6099• 伝馬船6100号 T-6100• 伝馬船6101号 T-6101• 伝馬船6102号 T-6102• 伝馬船6103号 T-6103• 伝馬船6104号 T-6104• 伝馬船6105号 T-6105• 伝馬船6106号 T-6106• 伝馬船6107号 T-6107• 伝馬船6108号 T-6108• 伝馬船6109号 T-6109• 伝馬船6110号 T-6110• 伝馬船6112号 T-6112• 伝馬船6113号 T-6113• 伝馬船6114号 T-6114• 伝馬船6115号 T-6115• 伝馬船6116号 T-6116• 伝馬船6117号 T-6117• 伝馬船6118号 T-6118• 伝馬船6119号 T-6119• 伝馬船6120号 T-6120 退役• 伝馬船6027号型 — 11隻 ヨット Y [ ]• ヨット7021号型 — 4隻• ヨット7021号 Y-7021• ヨット7022号 Y-7022• ヨット7025号 Y-7025• ヨット7026号 Y-7026• ヨット7023号型 — 7隻• ヨット7023号 Y-7023• ヨット7024号 Y-7024• ヨット7027号 Y-7027• ヨット7028号 Y-7028• ヨット7029号 Y-7029• ヨット7030号 Y-7030• ヨット7031号 Y-7031 退役• ヨット7003号型 — 2隻• ヨット7003号 Y-7003• ヨット7004号 Y-7004• ヨット7005号型 — 5隻• ヨット7005号 Y-7005• ヨット7006号 Y-7006• ヨット7007号 Y-7007• ヨット7008号 Y-7008• ヨット7009号 Y-7009•

次の

8,200トン型護衛艦の命名式並びに進水式について|2019年度|プレスリリース|ジャパン マリンユナイテッド株式会社

護衛艦 はぐろ

命名・進水式 命名・進水式とは 艦艇が進水する際、防衛省では、まず、その艦艇に対して命名を実施し(命名式)、その後、会社側が進水式を実施します。 平成29年度計画音響測定艦「あき」 令和2年1月15日(水)、三井E&S造船株式会社 玉野艦船工場において、平成29年度計画音響測定艦「あき」の命名・進水式が行われました。 艦名「あき」の由来 音響測定艦の名称は、主として海湾の名を付与することが標準とされています。 本艦は、「ひびき」型音響測定艦の3番艦であり、引き続き「海湾の名」から選出することとされ、海上自衛隊の部隊等から募集しました。 「あき」は、屋代島(周防大島)の北側、斎(いつき)灘の一部である倉橋島の西側の中島から大崎下島付近までを含む「安芸灘」に由来しています。 船の交通が多く、漁業も盛んな海湾です。 艦名は募集結果及び各種検討を踏まえ、防衛大臣が決定しました。 概要 艦番号 5203 基準排水量 2,900トン 全長 67m 全幅:29.9m 深さ:15.3m 機関形式 ディーゼル4基 推進用電動機2基 2軸 馬力 3,000PS 速力 11ノット 主要装備 SURTASS装置 ヘリコプター発着甲板 バウスラスター 乗員 約40名 艤装員長 2等海佐 間宮 政信(まみや まさのぶ) 就役予定 令和3年(2021年)3月頃 写真で見る音響測定艦「あき」の命名・進水式• 平成29年度計画掃海艦「えたじま」 令和元年12月12日(木)、ジャパン マリンユナイテッド株式会社 横浜事業所 鶴見工場において、平成29年度計画掃海艦「えたじま」の命名・進水式が行われました。 艦名「えたじま」の由来 掃海艦の名称は、島の名、海峡の名を付与することが標準とされています。 本艦は、「あわじ」型掃海艦の3番艦であり、引き続き「島の名」から選出することとされ、海上自衛隊の部隊等から募集しました。 「えたじま」(江田島)は、広島県に属する島に由来し、1888年(明治21年)に海軍兵学校が東京築地から移転して以来、海軍ゆかりの島として認知されるようになり、「江田島」は海軍兵学校の代名詞となりました。 旧帝国海軍解体後も引き続き海上自衛隊第1術科学校及び幹部候補生学校が置かれています。 艦名は募集結果及び各種検討を踏まえ、防衛大臣が決定しました。 概要 艦番号 306 基準排水量 690トン 全長 67.0m 全幅:11.0m 深さ:5.2m 機関型式(軸数) ディーゼル2基 2軸 出力 2,200PS 最大速力 14ノット 主要装備 20ミリ遠隔管制機関砲 1基 掃海装置 1式 艤装員長 2等海佐 石田 浩太郎(いしだ こうたろう) 就役予定 令和3年(2021年)3月頃 写真で見る掃海艦「えたじま」の命名・進水式• 動画で見る掃海艦「えたじま」の命名・進水式 平成28年度計画潜水艦「とうりゅう」 令和元年11月6日(水)、川崎重工業株式会社 神戸造船所において、平成28年度計画潜水艦「とうりゅう」の命名・進水式が行われました。 艦名「とうりゅう」の由来 潜水艦の名称は、「海象、水中の動物の名、ずい祥動物の名」を付与することが標準とされています。 本艦は、「そうりゅう」型潜水艦の12番艦であり、引き続き「ずい祥動物の名」から選出することとされ、海上自衛隊の部隊等から募集し、防衛大臣が決定しました。 「とうりゅう」は「闘龍」と書き、兵庫県の加古川の名勝「闘竜灘」に由来し、荒々しく闘う龍を意味します。 概要 艦番号 512 基準排水量 2,950トン 全長 84.0m 全幅:9.1m 深さ:10.3m 機関型式(軸数) ディーゼル電気推進(1軸) 主要装備 水中発射管 1式 定員 約65名 艤装員長 2等海佐 藤本 孝(ふじもと たかし) 就役予定 令和3年(2021年)3月頃 写真で見る潜水艦「とうりゅう」の命名・進水式• 動画で見る潜水艦「とうりゅう」の命名・進水式 平成28年度計画護衛艦「はぐろ」 令和元年7月17日(水)、ジャパン マリンユナイテッド株式会社 横浜事業所 磯子工場において平成28年度計画護衛艦「はぐろ」の命名・進水式が行われました。 艦名「はぐろ」の由来 護衛艦の名称は、「天象、気象、山岳、河川、地方の名」を付与することが標準とされています。 本艦は、8200トン型護衛艦(DDG)の2番艦であり、「山岳」の名から選出することとされ、海上自衛隊の部隊から募集し、防衛大臣が決定しました。 「はぐろ」は「羽黒」と書き、山形県鶴岡市に位置する標高414mの「羽黒山」に由来します。 「羽黒山」は、現在の世を生きる人々を救う仏を祀り、出羽三山の中で里宮としての役割を持つことから「現在の世を表す山」といわれる。 概要 艦番号 180 基準排水量 8,200トン 全長 170.0m 全幅:21.0m 深さ:12.0m 機関型式(軸数) COGLAG(2軸) (ガスタービン主機、ガスタービン発電機、推進電動機、各2基) 馬力 69,000 PS 主要装備 62口径5インチ砲 1基 イージス装置 1式 VLS装置 1式 アスロック装置 1式 水上発射管 2基 CEC 1式など 艤装員長 1等海佐 倉光 啓介(くらみつ けいすけ) 就役予定 令和3年(2021年)3月頃 写真で見る護衛艦「はぐろ」の命名・進水式• 動画で見る護衛艦「はぐろ」の命名・進水式.

次の