テドロス 署名。 WHOテドロス事務局長は「即座に辞任すべき」。52万筆のオンライン署名が世界中から集まる

テドロス事務局長辞任要求の署名は日本からもできる?参加方法を調査

テドロス 署名

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長の辞任を要求する署名活動がインターネット上で活発化している。 米国発の署名サイト「Change.org」で署名活動が行われており、賛同者は7日時点で30万人を超えている。 同サイトの情報によると、署名活動の発起人は、テドロス氏が1月22、23日に開催されたWHOの緊急委員会で「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を見送ったことが、新型コロナウイルスの感染拡大につながったと指摘。 「テドロス氏はWHOの事務局長にふさわしくないと強く考えている」と主張している。 引用:産経新聞 テドロス事務局長のだめっぷりこれまでも指摘してきました。 中国への忖度が科学的な考察よりも優先される事実はあり得ないことだと思います。 世界中の人も同様に感じてたのですね。 今回辞任を要求するための署名活動が動き出しました。 今回は署名活動によって自主的な辞任を促すことを目的にしていますが、過去の例から署名以外で辞任に追い込まれた例を探ってみました。 直近の例としては、職権乱用疑惑が浮上していた国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のトップ、ピエール・クレヘンビュール事務局長が2019年11月6日、辞職しています。 「マネジメント上の問題がある」と指摘した内部監査を受け、グテーレス事務総長が休職とすることを発表した直後で事実上の更迭となった(引用:朝日新聞)。 国連環境計画のトップが2018年11月に過剰海外主張問題を指摘され辞任に追い込まれています。 事務局長の辞職は、基本的には拒否権をもつ5大国による弾劾か、事務総長による更迭がメインですね。 事務総長の辞職は拒否権の発動が基本です。 やはり現WHO事務局長を辞職に追い込むには、署名によって事務総長に訴えるのが一番でしょう。 WHOの現状に納得のいかない方は、以下のアドレスで署名をしてもよいと思います。 国連に自分の意思を伝える機会になります! こんにちは、比呂介といいます。 このブログは、子育てにおける父親ならでは役目とはなんだ?と考えた結果の産物です。 主には子供とのコミュニケーションと社会教育を目的にニュースの疑問点を勉強した内容と、子供と楽しむために始めたアウトドアについてまとめています。 子供とのコミュニケーションのためにたまに芸能関係の軽いニュースも扱ってます。 私の職業は、会社員であり内科医でもあります。 病院勤務と並行して、会社では薬剤にまつわる情報を管理しています。 ニュースの疑問点については、職業柄、専門馬鹿になってしまうことを防ぐ目的もあり、分野にこだわることなく、四方にアンテナを向けています。 結果として様々な分野の知識が子供と一緒に蓄積できるよう作っていきたいと思います。 アドバイスやコメントあれば、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。 最近の投稿• カテゴリー• 最近のコメント• に 比呂介 より• に だいやさん より• に より• に 比呂介 より• に おけー より 当サイトについて• メタ情報• アーカイブ•

次の

【コロナ戦犯】WHOテドロス事務局長の辞任を求める署名が50万人を突破

テドロス 署名

世界保健機関 WHO のテドロス事務局長の辞任を要求するオンライン署名が全世界で100万人に到達目前となった。 署名サイト「Change. org(チェンジ・ドット・オーグ)」でのテドロス氏解任キャンペーンは1月31日からスタートし、22日までに99万3000人を上回る署名が集まっている。 テドロス氏はエチオピア出身で、他のアフリカ諸国と同様に近年は急速に導入されている中国資本が母国経済を支えている。 これまでも発言が、中国擁護と指摘されていた。 急速な感染拡大に見舞われている米トランプ大統領は14日、WHOへの米国の資金拠出を停止すると発表した。 「WHOが中国寄りの運営で新型コロナウイルスの誤った情報を各国に提供したため、感染拡大を招いた」と責任を追及した。 米国は最大の拠出国で昨年には4億ドル(約440億円)以上を拠出しているとされている。 また、トランプ大統領は感染爆発の中心地である中国・武漢市にあるウイルス研究所が、新型コロナウイルスの起源とする疑惑を主張している。 これに対し、WHOの報道官は21日、トランプ氏の発言を否定している。

次の

テドロス事務局長の発言を時系列まとめ!中国擁護で炎上?(コロナ2020)|Media Sunshine

テドロス 署名

【ロンドン=板東和正】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は1日、ジュネーブでの記者会見で、新型コロナウイルスについて、最高度の警戒を呼びかける「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を継続すると表明した。 4月30日にテレビ会議方式で招集した専門家らによる緊急委員会の勧告を受け、継続を判断した。 WHOは1月30日に緊急委を開き、新型コロナについて緊急事態を宣言した。 緊急委は少なくとも3カ月ごとに招集される仕組みになっており、現状分析と今後の対応を検討した結果、緊急事態宣言の継続を勧告することが決まった。 緊急委は、WHOが動物由来と主張する新型コロナの発生源についての調査を進めることも求めたという。 一方、テドロス氏の辞任を求める米国発の署名サイト「Change.org」で、賛同者が今月1日までに102万人を超えた。 署名活動の発起人は近く、集まった署名を国連とWHOに提出する方針。 発起人は、テドロス氏が1月22、23日に開催された緊急委で緊急事態宣言を見送ったことが、感染拡大につながったと非難している。 これに対しテドロス氏は5月1日の会見で、「(1月30日時点で)中国以外では感染例がたった82で死者もいなかった」と指摘。 にもかかわらず緊急事態を宣言したことは「世界が(新型コロナに)対応するのに十分な時間を与えた」として、宣言の時期は「適切だった」と主張した。

次の