くん ろく。 目黒区立図書館

クンロクとは (クンロクとは) [単語記事]

くん ろく

クンロクとは、に9と6にまつわるのこと。 次のいずれかが相当する。 その筋での用。 めいた説諭の意。 になどの口止めに使われ、「~を入れる」と用いる。. 親が点をアガること。 4符、3符、2符の3がある。 15日分の取組のうち、9勝6敗で越すこと。 その他、にまつわる。 用での「」など。 香料の一「陸」。 クンロクの脂のであり、にして香などに用いる。 香でも使われる重要な香料である。 本記事では2のみを扱っている。 概要 子では00点で満貫になるため、必然的に親の時のみ。 4符、3符、2符の3。 もう一つのクンロク 親のまたは子のトリプルが直撃した場合、「0点」と言う点数が発生する。 0点も食らえば、圧倒的からでもほぼぶっ飛びなので、食らったらになりかねないである・・・が、それゆえにあえて「なんだただのクンロクか」等と言う場合が(のでは)多い。 関連動画 関連項目•

次の

ツイキャス録画君

くん ろく

クンロク• の通称。 キューロクとも。 ISO規格のうち、高さが96 2,896mm のハイ・キューブ・コンテナ(背高コンテナ)の通称。 で、ひとの成績が9勝6敗(クンロク)止まりで、勝ち星が2桁とならない力士を揶揄する言葉。 に対して使う場合が多く「クンロク大関」などという。 昇進の条件「大関で2場所連続優勝、もしくは準ずる成績」(近年は13勝以上とも)はおろか二桁勝利(10勝5敗)以上達成できないもの や、力が衰えるもクンロクをなんとか維持し現役を続けているものなどに対して使用する。 類義語として「ハチナナ」も存在しており、力不足であるも都合よくて大関を維持する力士への揶揄を意味する語でありクンロクよりさらに辛辣な意味合いとなる。 となる寸前の脅しを意味する。 主に「クンロクを入れる」という風に使う。 で親が上がった9600点の略称。 のにおける9600や9600bpsを意味する俗称。 の薫陸のこと。 関連項目 [ ]• 5場所連続9勝6敗の成績を記録し「クンロク大関」と呼ばれた。 5場所連続8勝7敗の成績を記録し「ハチナナ大関」と呼ばれた。 大関時代後半は9勝6敗・8勝7敗がほとんどだったため「クンロク大関」と呼ばれた。 大関昇進後5場所中4場所が8勝7敗(残りの1場所は負け越し)。 また昇進後9場所での最高成績が9勝。 脚注 [ ].

次の

ツイキャス録画君

くん ろく

クンロク• の通称。 キューロクとも。 ISO規格のうち、高さが96 2,896mm のハイ・キューブ・コンテナ(背高コンテナ)の通称。 で、ひとの成績が9勝6敗(クンロク)止まりで、勝ち星が2桁とならない力士を揶揄する言葉。 に対して使う場合が多く「クンロク大関」などという。 昇進の条件「大関で2場所連続優勝、もしくは準ずる成績」(近年は13勝以上とも)はおろか二桁勝利(10勝5敗)以上達成できないもの や、力が衰えるもクンロクをなんとか維持し現役を続けているものなどに対して使用する。 類義語として「ハチナナ」も存在しており、力不足であるも都合よくて大関を維持する力士への揶揄を意味する語でありクンロクよりさらに辛辣な意味合いとなる。 となる寸前の脅しを意味する。 主に「クンロクを入れる」という風に使う。 で親が上がった9600点の略称。 のにおける9600や9600bpsを意味する俗称。 の薫陸のこと。 関連項目 [ ]• 5場所連続9勝6敗の成績を記録し「クンロク大関」と呼ばれた。 5場所連続8勝7敗の成績を記録し「ハチナナ大関」と呼ばれた。 大関時代後半は9勝6敗・8勝7敗がほとんどだったため「クンロク大関」と呼ばれた。 大関昇進後5場所中4場所が8勝7敗(残りの1場所は負け越し)。 また昇進後9場所での最高成績が9勝。 脚注 [ ].

次の