ビリヤード ナイン ボール。 ビリヤード ナインボール|無料ゲーム

エイトボール

ビリヤード ナイン ボール

>> ナインボール ナインボールには、ローカルなルールなど様々なものがありますが、世界的に主流のルールが 「テキサスエキスプレスルール」です。 このルールは大会でも採用されているルールです。 <テキサスエキスプレスルール>• ゲームの概要 白球1個と1〜9番までのボールを使い、最終的に9番ボールをポケットへ落とした方が勝ちとなります。 始め方 まずは1〜9番までのボールを並べます(ラックするという)。 バンキングで決めた先攻のプレーヤーが ブレイクショットにより始めます。 ブレイクショットは、手球をヘッドライン内に置き、勢いよく撞きます。 ここで、最初に1番ボールに当てなければなりません。 得点 手球をテーブルにある一番小さい番号のボールから当てなければならず、仮に他のボールに先に当てた 場合はファールとなります。 そして、9番ボールを落とした側に1点(1セットをとる)が入ります。 もちろんブレイクのときに9番ボールを落とせば勝ちで(ブレイクナインという)、また1〜8番ボールを 落としている間に9番ボールを落としてもその時点で勝ちとなります。 そして、勝ったプレイヤーが次のセットでブレイクします。 ファールについて ファールは共通ルールの他に、手球が最小番号のボールに先に当たらなかったときや最小番号のボールと 他の的球に同時に当たった場合のときがそれに該当します。 ファールになると、相手と交代し、手球は相手が自由に置きなおして撞き始めることができます。 また、ファールプレーのときにポケットへ落ちたボールはそのまま落ちたことにし、9番ボールが落ちたときだけ フットスポットに戻します。

次の

ビリヤードのルールを簡単解説!定番の9ボール・8ボールから初心者向けまで

ビリヤード ナイン ボール

ビリヤードのナインボールの質問です。 基本的なルールとしてテーブル上の最小番号のボールに最初に当てる。 これに違反した場合は、ファールとなるわけなんですが、 例えば、オブジェクトボールが他のボールで隠れてい て、手玉をジャンプやクッションで当てにいった際に当たらずファールになってしまいました。 ショットした後に完全にファールと分かっていても手玉や他のボールが止まるまで、手玉に触ったりするのは良いのでしょうか? オブジェクトボールに当たらない事は確実に分かっていても、他のボールに手玉が当たりテーブル状況が変化する、完全に手玉が止まるまで、見ていなければならないのでしょうか。 説明が下手ですみません。 ダメですね。 ルール上、すべてのボールが動きを停止することでプレーが成立しますから。 また、スクラッチしそうな手玉を受けようとポケットに手を出し、セーフだと分かって慌てて手を引っ込めましたが、「手玉に触った」と主張されファールを取られたり。 ともかく、ビリヤードは「疑わしきは撞き手の不利」ですから、まぎらわしい行為をしないように普段から徹底するべきですね。 上記の場合はいずれにせよファールだからペナルティやもめ事に発展することはありませんが、球聖戦にも出るようなプレイヤーなら慎むべき行為でしょう。

次の

ナインボールのルール!並べ方やゲームの進め方&ブレイクのコツをチェック

ビリヤード ナイン ボール

ビリヤードのルールは案外、簡単に覚えられるってしていましたか? 最近ではビリヤードは ネットカフェやゲームセンターにも 置かれています。 ネットカフェに行くなら合わせて読みたい! そんな私たちの身近な娯楽として簡単にビリヤードで遊べるように なってきました。 そんなビリヤードもルールを知らなければ楽しさが半減してしまいますよね。 今回はビリヤードの基本的なルールや ナインボールやエイトボールといった ビリヤードゲームのルール説明、 置き方などを簡単に説明していきます。 ファウルはビリヤードのほとんどのゲームのルールに適応します。 ファウルしてしまうと、プレイヤーの交代になってしまうので覚えておきましょう。 ファウルになってしまう行為は、 ・キューが手球以外のボールに触れてしまったとき ・身体や衣服にどのボールでも触れてしまったとき ・両足が床から離れる ショットするとき床に足がついていない状態 ・ショットするとき手球(キューボール)をキューですくい上げる ・2度撞き ショットするとき手球に2度以上当ててしまったとき ・手球がポケットしてしまったとき ・どのボールもポケットできなかったとき ・球場外 手球がテーブルから落ちてしまったとき ビリヤードではどのゲームでもだいたいこれらのファウルが適用してしまうので ファウルにならないように注意してくださいね! 友人間で遊ぶ場合は ファウルはなしで遊ぶのは良いですが、 ・床に足がついていない状態でのショットや ・手球をキューで救い上げるようなショットは マナーなどもあるので控えめにしましょう!! ・バンキングでのプレイ順番決め ビリヤードは先行、後攻のプレイする順番を バンキングというもので決めます。 バンキングはビリヤード台に2人並び、 ヘッドライン内に手球を置きます。 短クッションに向かって手球を撞き、 戻ってきた手球が自分側の短クッションに近い方が勝ちという力加減を競うものです。 ナインボールの動画での説明はこちら このナインボールのルールを簡単に説明していきます。 先攻後攻を決め、ラックを配置します。 ラックの置き方は ・先頭に1番 ・真ん中に9番を置きます ・残りの置き方は適当で構いません ナインボールゲームのラックの置き方は 1番、9番だけが置き方の配置が決まっています。 ブレイクショットをします。 ブレイクショットは、まず9つのボールをセットし、 手球をヘッドライン内に置きます。 そして手球を勢いよくショットします。 ここで、最初に1番ボールに当てなければいけないので 注意しましょう。 ブレイクショットでどれかのボールがポケットに入れば そのままそのプレイヤーはプレイを継続できます。 ナインボールは 的となる的球は番号が一番低いボールを狙います。 手球が的球に当たった後なら、 他のボールをポケットしても構いません。 2,5,8,9の球が残っているとすると、 的球は2番になります。 ナインボールの目的は相手より先に9番ボールを落とすことなので 9番の的球をポケットに落とした人が勝利です!! また、プレイ中にファウルをしてしまうと相手のターンに移り、 次のプレイヤーは手球を好きな位置に置いてからプレーできます!! 勢いよくブレイクショットしなければ9つの固まった球がバラバラにならないので 的球が狙いにくいです。 ナインボールと違い、 ポケットしていく順番が決まってないのでビリヤードが初心者の方におすすめです!! エイトボールは2人で行うゲームです。 エイトボールは1番から15番まで使います。 ラックの置き方は ・8番ボールを中心に置く ・ラックの2つの底辺のうち片方に1番~7番のローボール ・片方に9番~15番のハイボールを配置 ・他の球の置き方は自由に配置します 一般的なエイトボールのラックの置き方は上記のように配置するのですが 他にもハイボールとローボールを交互に配置するパターンのルールもあります。 友人たちとエイトボールゲームをするなら、 好きな方の置き方でで遊びましょう! ラックの置き方は自分たちが簡単にで大丈夫です。 そしてブレイクショットです。 エイトボールはブレイクショットでポケットに落ちたボールにより ローボール組、ハイボール組に分かれます。 自分のグループボールをすべて落とすことができたら、 8番ボールをどのポケットに落とすかコールします。 コールしたポケットに見事8番を落とせれば勝利となります。 エイトボールゲームの目的は8番ボールを落とすことです。 しかし、8番ボールを狙うには 自分のグループボールをすべて落とした後でないといけません。 ルールが難しそうに見えますがエイトボールは ビリヤードのゲームの中でも簡単で面白いので 初心者の人は是非プレイしてみてほしいです。 関連記事.

次の