ステイ ホーム 東京。 Save Life(セーブライフ)プロジェクト|SOKA YOUTH

新語誕生!小池都知事の言うステイホーム週間とは?外出自粛週間だとダメなの?

ステイ ホーム 東京

東京都知事選は前回あれほど小池劇場を煽っていたのとは打って変わって、今度は逆にメディアが見事なまでの黙殺を貫いている。 視聴率1%で100万人に影響力を持つなどといわれるテレビでもほとんど扱っていないし、新聞報道も似たようなものだ。 各社に共通指令でも出ているのかと思うほどシレッとしていて、公約実現ゼロだった4年間の都政についての検証だったりは皆無。 「どうせ小池百合子の一人勝ちでしょ」的な雰囲気を振りまいているような印象なのだ。 そして小池百合子ときたら、公開討論にも出ず、選挙カーによる街宣もまったくやらず、雲隠れして有権者の前に出てこない。 いやはや、候補者自身が有権者へのお願いすらせず、汗を流すこともなく首都圏トップの座を得ようなどという、見たことも聞いたこともない前代未聞の選挙模様なのである。 こうしてメディアが黙殺するのと歩調を合わせるようにして、自民、公明、補完戦力である連合が支援する小池陣営がステルス選挙を展開し、組織票に加えて一定の無党派層を取り込めば安泰というシナリオが、一連の不可思議な選挙模様からおぼろげながら見えてくる。 前回は確か自民党都連の「ドン」こと内田茂(当時幹事長)と喧嘩しているような演出で大いに盛り上げ、小泉純一郎の「自民党をぶっ壊す!」の二番煎じみたいな事をやっていた。 実際に希望の党は自民党の別働隊として民主党解体の先兵としての役割を果たしただけであったし、解散総選挙を目前にしたタイミングで、あの瞬間に必要だったというためだけに作られたのだろう。 そのせいか、フェイクの役割をこなした後はそれほどこだわりもなく分党して、いまや「希望の党? なんでしたっけ?」状態なのである。 使い捨てドラマの脚本よろしく、たった4年前の事なのに皆の記憶から消え去っているほど、陳腐な劇場型ドラマだったのである。 立憲民主を離党した須藤元気の合流はじめ、メディア的には盛り上がるポイントも目白押しなのにである。 あくまで寝た子を起こさない選挙に徹し、無党派層がワッと動き出すのを警戒している。 いわばしらけムードの演出である。 劇場型と黙殺型--。 基本的にはこの二つが近年の選挙演出の特徴である。 黙殺されるということは、それだけ存在感があることの裏返しでもある。 目立ってもらっては困るからにほかならない。 それにしても、メディアの堕落は今にはじまった話ではないが、幹部が首相に寿司を奢られるなど、要するにエサを与えられて飼い慣らされたメディアになるくらいなら、権力とはしっかりと「ソーシャルディスタンス」を保ち、書きたいことを自由に書ける野良犬メディアくらいのほうが気楽である。 誰からも首に紐などかけられないし、飼い主などいない。 ご主人様から命令されて、ジャーナリズムとして「ステイホーム」(報道機関を標榜しながら見ざる聞かざる言わざる)をしているなど、まっぴらゴメンである。 吉田充春 関連する記事• 昨年の参院選広島選挙区の買収疑惑を巡って自民党の河井案里・克行夫妻が公選法違反容疑で逮捕された。 94人に対して2500万円超をばらまいていた […]• コロナ禍で多くの人々が外出自粛をよぎなくされているなかで、一方では外出せざるをえず社会の動脈を支えている人々がいる。 食品スーパーで働く人々や […]• 週刊文春に賭けマージャンをスクープされた黒川弘務東京高検検事長が、事実関係を認めて辞意を表明した。 次期検事総長ポストを巡って、安倍政府が「余 […]• OECD(経済協力開発機構)が新型コロナウイルスとかかわって、加盟36カ国の人口1000人当りのPCR検査数を公表し、その平均が22・9人で […]• 9日の晩から、にわかにTwitter(SNS)のトレンド(話題になっている上位の言葉やハッシュタグ)で「 検察庁法改正案に抗議します」がバズ […] 著者:古川豊子 発行:長周新聞社 B5判変形 40項 上製 帯付き ISBN 978-4-9909603-0-8 価格:1,600円+税• 長周新聞の定期購読とカンパの訴え 長周新聞は、いかなる権威に対しても書けない記事は一行もない人民の言論機関として1955年に創刊されました。 すっかり行き詰まった戦後社会の打開を求める幾千万大衆の願いを結びつけて力にしていくために、全国的な読者網、通信網を広げる努力を強めています。 また真実の報道を貫くうえでは、経営の面で特定の企業や組織などのスポンサーに頼るわけにはいかず、一人一人の読者・支持者の皆さまの購読料とカンパに依拠して経営を成り立たせるほかはありません。 ホームページの愛読者の皆さまに本紙の定期購読とカンパによるご協力を訴えるものです。

次の

むしろ「ステイホーム」がコロナ感染を広げるのではないか 「公園遊具禁止」で子供の免疫力低下

ステイ ホーム 東京

人気ユーチューバーHIKAKIN(30)が10日、公式ユーチューブチャンネル「HIKAKIN TV」で小池百合子東京都知事(67)との対談動画をアップした。 HIKAKINは「小池都知事にコロナのこと質問しまくってみた」と題して、ビデオ通話で小池知事と対談。 先月にアップした「若いみんなへ ヒカキンより」という外出自粛を呼びかける動画で「#うちで過ごそう」というハッシュタグを付けたことが対談実現のきっかけになったと説明した。 まず「都知事は忙しい中、貴重な時間をいただきましたので、僕も若者代表として、たくさんの人に新型コロナウイルスの正確な情報が届くよう、たくさん質問させていただければと思っています」とした。 小池知事が登場すると、HIKAKINはまず「今できることは何があるか」と質問。 小池知事が、国の緊急事態宣言に合わせて都でも緊急事態措置を行ったことを説明し「一番大きいのは『おうちにいましょう』ということなんです。 『Stay Home』」と言うと、HIKAKINも「世界でもハッシュタグ『#Stay Home』ってすごいツイッターで書かれている」と応じた。 またHIKAKINは都内の病床数についても質問。 7日の対談時点の情報として、小池知事は「今週末には病床は1700、これから全部で4000床にしていこうということです。 重症者の方々向けには東京全体で100床、最大で700床を確保する」と説明した。 その後もHIKAKINは「自分がコロナの疑いがある時に、どういう動きをするのがベストか」「日本で若者の重症者は出ている?」「やむを得ず電車に乗らなければならない時に気をつけるべきことは」「ソーシャルディスタンスとはどういう意味か」など質問。 小池知事も約20分間、質問に応じた。 HIKAKINは最後に「僕のようなYouTuberや、インフルエンサーと呼ばれる若者に影響力を持っている人ができることは」と聞くと、小池知事はあらためて「Stay Home」のフリップを掲げ「みんなで打ち勝っていきたい」と発信を求めた。

次の

小池都知事とバーガーキングも訴える「ステイ・ホーム」 「社会的距離」の重要性

ステイ ホーム 東京

「今年は『ゴールデンウイーク』ではなく『ステイホーム週間』だ。 不要不急の旅行を控え、特に他の道府県の観光地などには行かないようお願いしたい。 」 大型連休を取る機会が少ない日本ではゴールデンウイークといえば 旅行や帰省などの移動をして休暇を過ごすことが多いですよね? そんな動きにストップをかける意味でもあえて休暇の名称を変えることで 強い印象付けを行おうとする意図があるようですね。 ステイホーム週間という名前が浸透すれば、外出することに関しても 罪悪感を感じる人もいますからね。 日本はもともと真面目な国民性を持つ国なので、このような要請ベースでも 意識的には従おうとする人も多い印象ですね。 koho. metro. tokyo. html、 ステイホーム週間の時期は4月25日(土)~5月6日(水)までとなっています。 元々あるゴールデンウイークに休暇をくっつけ 12連休とすることを呼びかけています。 ステイホーム週間は何すればいいの? 東京都は家での過ごし方を紹介するポータルサイトを立ち上げています。 若者に身近なネットというツールを用いて積極的に情報発信している姿勢は素晴らしいですよね。 そのポータルサイトですが、かなり見やすくお洒落なデザインとなっていて、一度開いたらかなり見入ってしまう内容となっています。 少し内容を紹介しますね。 shingaku. mynavi. 1587775499. EeXGz. 日本独自の文化である『 カルタ』をこのような形で応用するとはなんとも豊かな発想ですよね! みんなで考えて募集することで感染対策の意識強化にも繋がる強力な効果がありそうです。 「おうちで運動」特集だけでもすごい量のコンテンツであることが分かりますよね! また、対象者を分けてページへ誘導する仕組みになっているのでとても分かりやすいのもポイントですね。 さすが首都東京の自治体だな~と感心してしまいました。 みんなのおうちトレーニングの募集なんかも、いろんなアイデアが集まりそうでとっても楽しみですよね。

次の