たら レシピ。 たらのレシピ

たら(鱈)レシピ クックパッドで人気1位 つくれぽ1000人以上

たら レシピ

鍋に昆布と水を入れ30分置いておく。 たらの切り身を2~4等分に切り、熱湯(分量外)に入れる。 表面の色が白くなったら冷水にとる。 白菜の葉はざく切り、芯は薄くそぎ切りに。 皮をむいたにんじんは輪切りに。 しいたけはいしづきをとる。 長ねぎは斜め切り、せりはざく切りに。 豆腐は一口大に切る。 鍋に酒を入れ中火で熱する。 沸騰する直前に昆布をとり出し、たら、豆腐、野菜を入れる。 煮えたものからぽん酢などをつけていただく。 たらは一口大に切って表面に小麦粉をまぶす。 じゃがいもは良く洗い皮つきのまま、丸ごとラップでくるみ5分加熱し、熱が冷めたらくし切りにする。 フライパンにオリーブ油(大1)を敷き、切ったじゃがいもを中火で焼く。 表面にきつね色に焼き目がついたら取り出す。 にんにく、たまねぎ、ベーコンを中火で炒め、取り出す。 たらをオリーブオイル(大1)で焼き目がつくまで、あまりいじらずに焼く。 片面に焼き目がついたらローズマリー1枝の葉をちぎって加え、たらの両面をきれいに焼く。 工程2の材料を戻して軽く混ぜ、耐熱皿に移しローズマリー1本を載せ、180度のオーブンで15分ほど度焼く。

次の

夕飯に困ったら参考にしたい人気レシピ50選!ネタ切れ・マンネリを救う毎日ごはん

たら レシピ

たらの基本情報 たらの特徴 漢字で「鱈」と書く、冬の代表的な魚。 一般に「たら」というと「まだら」をさします。 生のもの(生だら)は、寒さが厳しくなる初冬ごろ、身がしまって、おいしくなります。 塩をしたもの(塩だら)は、年間を通して手ごろな価格で出回っています。 「生だら」「塩だら」ともに、和洋中を問わず、使いやすい素材です。 ほかに、素干しにした「棒だら」、塩にしてから干した「干しだら」などに加工されるほか、卵巣は生たらことして、精巣は白子や菊子として出回ります。 また、外食産業などでよく利用される「メルルーサ」もたらの仲間です。 たらの選び方ガイド たらはほとんどが切り身で出回ります。 生だらはピンクがかった色で透明感があり、しっかりと弾力のあるものが新鮮。 パックの中に汁がたまっているものは、時間がたっている可能性が高いので避けて。 塩だらは切り口がシャープで、身のしっかりしているものを選んで。

次の

夕飯に困ったら参考にしたい人気レシピ50選!ネタ切れ・マンネリを救う毎日ごはん

たら レシピ

塩たらは鍋に焼き物にと、普段の食卓でも人気のある大活躍してくれる食材です。 ですが実際食べてみると塩分が濃くて食べられなかったり、次は塩抜きしようとしたらなんだか水っぽくなってしまってガッカリ、なんてこともあるのではないでしょうか? さらに塩たらには 甘塩たらというのもあり、何が違うのか迷ったり、甘塩たらも 塩抜きしたほうがいいのか悩んだこともあるのではないでしょうか?ではそんな塩たらや甘塩たらという食材は、どんな違いがある食材のことをいうのでしょうか? 塩たらとは 生たらを3枚におろして塩漬けにしたものを指していいます。 身の 塩分濃度が3%以上6%未満のものを 塩たらといい、 3%未満になると 甘塩たらと呼ばれたりしますが、 明確な基準があるわけではありません。 塩分濃度の差から、一般的に甘塩たらはそのままでも食べられますが、塩たらは塩抜きしてから食べます。 塩たらにするのは 通常はまだらという種類のたらです。 日本で食べられているたらには数種類ありますが、主なものはまだらとすけそうだらです。 銀だらは「たら」とはいいますが、タラ目タラ科のまだらやすけそうだらとは全く違う、カサゴ目ギンダラ科の魚なのです。 塩たらは塩を振ることで、たらの身に含まれる 余分な水分とともに臭みの元を抜くことができます。 さらに余分な水分が抜けることで身が締まり、 身崩れの防止にもつながります。 もし塩たらのパックにドリップが出ていたら、その水分がたらの身に含まれていた余分な水分と、たらの身の臭みの元になります。 ドリップの出ていない塩たらを選ぶのも大切ですが、もし料理しようと思ったときにドリップが出ていた場合にはどうしたら良いのでしょうか? 塩たらは見方によっては 「ふり塩」という、 魚の臭みを取るための下処理をしてくれた状態で売られている食材です。 ですのでふり塩の残りの過程を行うことで、 たらの臭みを簡単に取り除くことができるのです。 まずは塩たらの水分をキッチンペーパーなどで 丁寧にふき取ります。 水分をふき取った塩たらを、今度は 1cmほどの深さに日本酒などの 清酒をはったバットなどに並べて、 両面をそれぞれ30秒ずつほど浸してください。 最後にキッチンペーパーなどで水気をふき取れば、 下処理は全て終了します。 塩たらはかなりの塩分量を含んでいることはすでに紹介した通りです。 そんな塩たらをそのまま水に浸けると、 塩たらと水の塩分濃度の差が大きすぎて、塩たらが余分な水分を吸ってしまいます。 さらに塩たらの塩分と一緒にたらの旨味が外に流れ出てしまうのです。 塩たらを水に浸けて塩抜きした場合、水っぽくなって美味しくなくなってしまうのも、この 浸透圧の差が原因なのです。 そのため迎え塩では塩を使って余分な塩分だけを抜き、旨味と適度な塩分を残す塩抜き方法としておすすめなのです。 塩たらの旨味をそのままに余分な塩分だけを抜くのには、使う塩水の塩分濃度も濃すぎず薄すぎずである必要があります。 塩たらの塩加減にもよりますが、 塩分濃度1%~1. 5%くらいの塩水に 4時間~5時間浸けておくようにします。 時間をかけたくない場合は、 10分浸けておくだけでもそれなりに塩分が薄まります。 塩たら切り身4枚• しめじ1袋• ブロッコリー適量• 牛乳250cc• にんにく1片~2片• 鶏ガラスープの素大さじ1• オリーブオイル大さじ2強• 小麦粉大さじ2• 塩たらは熱湯に サッと湯通しします。 水気をキッチンペーパーでふき取り、小麦粉を満遍なくまぶします。 フライパンにオリーブオイルを入れたらみじん切りにしたにんにくを入れ、 弱火でオイルに香りを移します。 オイルに香りが移ったら塩たらを入れて、みじん切りにした玉ねぎを塩たらの周りに入れます。 塩たらの両面を軽く焼いたら、しめじ、牛乳を入れて、 鶏ガラスープの素で味をつけます。 ブロッコリーはレンジで 2分ほど加熱して、火を通しておきます。 しめじが煮えたら器に盛り付け、ブロッコリーを飾って完成です。 塩たら切り身3枚• ミックスチーズ約50g• ポテトチップス 荒く砕いたもの 約5枚• 粗挽きコショウ少々• バジル ドライ ひとつまみ• タイム ドライ ひとつまみ• ローズマリー ドライ ひとつまみ• パセリ みじん切り 少々• ハラペーニョソース少々• 塩たらの切り身は薄い塩水に 5分ほど浸けて、少し塩抜きしておきます。 キッチンペーパーなどで、浸けておいた塩たらの水気をふき取ります。 軽く粗挽きコショウを振りかけます。 魚焼きグリルで 焦げ目が付かないように焼いて、さらに水分を飛ばします。 耐熱容器のプレートにトマトと玉ねぎ、ミックスチーズを それぞれ半分だけ敷きます。 オーブントースターで 約5分間加熱して焼きます。 取り出したプレートに焼いた塩たらの切り身を並べます。 砕いたポテトチップス、残りのトマト、玉ねぎ、チーズをまぶします。 バジル、タイム、ローズマリーをそれぞれまぶします。 再度オーブントースターで 約5分間加熱して焼きます。 焼きあがったらパセリを散らして、ハラペーニョソースを周りに垂らして完成です。 塩たら切り身3枚• シーフードミックス200g• トマト2個• 玉ねぎ1個• モロッコインゲン5本~6本• 小ネギ1本~2本• にんにく2片• ココナッツミルク250cc• レモン汁大さじ1~2• オリーブオイル大さじ1• コリアンダー パクチー 5本~6本• パプリカパウダー あれば 適量• 玉ネギとにんにくを粗みじん切りにしたら、オリーブオイルを入れたフライパンで、 中火で5分ほど炒めます。 食べやすい大きさに切ったトマト、モロッコインゲンも入れて、さらに 5分程度炒めます。 1切れを3等分に切った塩たらとシーフードミックスを入れます。 さらにココナッツミルク、塩、小ネギのみじん切りも加えて蓋をして、 5分ほど煮込んで火を通します。 乱切りにしたパプリカ、レモン汁、パプリカパウダーを入れて、塩コショウで味を調えます。 コリアンダー パクチー が好きならば、 鍋にみじん切りしたものを入れて混ぜ合わせて完成です。 塩たら切り身4枚• ベーコン4枚• ミニトマト6個• にんにく みじん切り 1片• 粉チーズ適量• コショウ適量• 小麦粉小さじ2• オリーブオイル大さじ2• 白ワイン150cc• A・オリーブ 種無しを半分に切ったもの 10粒• A・ドライトマト 3分ほどお湯に戻し、粗みじん切りにしたもの 3個• A・コンソメ お湯に顆粒出しを溶かす 500cc• A・オリーブオイル適量• 小麦粉 まぶし用 適量• キャベツ、ブロッコリーは食べやすい大きさに切ります。 塩たらは半分に切ってコショウをし、ベーコンは 縦半分に切ったら塩たらに巻き、小麦粉を薄く両面にはたきます。 フライパンにオリーブオイルを入れて 中火で熱し、2の塩たらをベーコンの 巻き終わりを下にして並べ、軽く焦げ目が付くまで焼きます。 反対側も焦げ目が付くまで焼いて取り出します。 土鍋にAを入れて、沸騰したら4を加えて混ぜ合わせます。 キャベツ、ブロッコリー、しめじを加えて、しんなりしてきたら3とミニトマトを加えて、火が通ったら粉チーズをかけて完成です。

次の