宮原 智子 2019 コーチ。 フィギュア 2019

世界フィギュアスケート選手権女子オネエ展望!ズバリ優勝は!?

宮原 智子 2019 コーチ

皆様、寝不足でないかしら? あたしはローレウス賞の放送に 振り回されてほとんど寝てないわ笑 それでも楽しかったわ、 久々にユヅの話題で盛り上がれたんですもの! 前の記事なんて、眠気でガクン言いながら 書いてたから、最後の大坂なおみの 扱いがすごく雑になって終わってるわ~涙 それはさておき、 四大陸が終わって、ちょっと 心に穴が開いた方もいるんじゃないかしら? そんな貴女はアタシと一緒に 楽しいフィギュア妄想しましょうよ笑 なんて言ってたら、 世界フィギュアスケート選手権までちょうどあと1カ月じゃない! 大変! 皆様! さあ熱く語る時間が来たわよ!笑 女子は、 紀平梨花 のスコアを中心に動いていくはず あたしの予想だと SP、FP完全優勝を描いているんだけど、 皆様どうかしら? もしSP、FPを揃えることができれば、 彼女のスコアに勝てるオンナは、 今季いないんじゃないかしら? 紀平梨花 ショート 82. 51点(GPF) フリー 154. 72点(NHK杯) 計 237.23点 ザギトワ ショート 80. 78点(ロステレコム杯) フリー 158.50点(ネーベルホルン杯) 計 239. 28点 同一大会でないものの、 今季最高得点を獲得した、 ザギトワとの得点比較よ。 こう見てみると、 ザギトワがノーミスなら、 梨花と接戦の高いレベルでの 接戦が見れるかもしれないわね。 スケート靴の状態、小指の怪我をしながらの 今季、大会を重ねるごとに、 経験を重ねて戦う術を覚えてきた 梨花に死角はないと思うわ。 そして欲を言うと彼女には ぜひ来季を見据えた意識を持って、 滑ってほしいと思うの。 今大会で優勝できないようでは、 来季から来る北京での本当のライバル達に、 勝つことなんて到底無理よ。 すごわよね、順位で段差があるのよ笑 国の威信をかけて、彼女たちは 何が何でも勝ちにくるもの。 ザギトワは今季最後に自分らしいカルメンを演じれるか? 梨花とは対照的に、 今季調子を落としてきている彼女。 世界選手権まで、どれだけ 調整して来れているかが鍵よね。 ポテンシャルは間違いなく金メダリストの 名に恥じないものを持っているけれど、 今季、心と体がうまく噛み合っていないのよ。 だから見ている側にも 焦りが伝わってきて、演技が世話しなくなり、 「カルメン」の情熱さがイマイチ 響いてこないのよね。 彼女の演技は繊細で細かい。 だからジャンプンミスをすると、 全体のリズム、演技の流れから遅れてしまうのよね。 そういった慌ただしさも「カルメン」を 伝える難しさと相まっているのかもしれないわね。 それだけ紀平梨花の力が迫ってきているからよ。 一気にメダル圏外へとなってしまう可能性もあるわ。 坂本花織、宮原にも十二分にメダルのチャンスがあるわ 四大陸で人一倍悔しい思いをした、 坂本花織 今度こそ、彼女はノーミスで 決めてくると思うわよ! 鮮やかなループジャンプ見たいわ! 宮原知子 ホント彼女の演技はブレなくて、 あたしは好きだわ~ どうしてもジャンプの高さが 試合のジャッジのさじ加減によって、 回転不足を取られてしまったり、 するのよね。 若手の台頭もあって、 トリプルアクセルの練習を始めている との報道もあったけど、 彼女はまずは今できるジャンプの 矯正を最優先にした方がいいんじゃないかしら? 日本VSロシアの 構図で女子は進みそうね。 気になるのはロシア代表がまだ 確定していないことと、 コス姐ことコストナーの復帰よ。 北島マヤ 梨花 が 「仮面をかぶるのよ!」 と月影千草 エテリ にプレッシャーをかけるなんて濱田コーチの入れ知恵でしょうか? 月影千草も 「おそろしい子!!」 と思ったかも知れませんね! 宮原智子は手直ししてる途中ですが、世界選手権までに間に合うか…、間に合って欲しいな~ そうすれば表彰台に届くはず! SPで回転不足取られなければ、かなりの高得点を貰えると思います。 坂本香織も梨花ちゃんの上を虎視眈々と狙ってるでしょうね? 読めないのがカルーセル麻紀ですよ! ノーミスの演技ができるかどうか? ちょっと分からないです。 カルーセル麻紀だけはbeautiful stormに巻き込まれない様な気がします。 ザギトワと宮原智子が復調すれば最終滑走組は凄絶な戦いになりますね! さてさて今回は何人がbeautiful stormに巻き込まれるか? そうそう! KOSEのホームページにアスリートのインタビュー記事が沢山乗ってるの知ってますか? 2011年からフィギュアスケーターのインタビューも沢山乗ってるので面白いですよ! ってか、もう知ってるかな?.

次の

宮原知子の両親はどっちも医師?出身大学と羽生結弦とのお似合い説とは?

宮原 智子 2019 コーチ

皆様、寝不足でないかしら? あたしはローレウス賞の放送に 振り回されてほとんど寝てないわ笑 それでも楽しかったわ、 久々にユヅの話題で盛り上がれたんですもの! 前の記事なんて、眠気でガクン言いながら 書いてたから、最後の大坂なおみの 扱いがすごく雑になって終わってるわ~涙 それはさておき、 四大陸が終わって、ちょっと 心に穴が開いた方もいるんじゃないかしら? そんな貴女はアタシと一緒に 楽しいフィギュア妄想しましょうよ笑 なんて言ってたら、 世界フィギュアスケート選手権までちょうどあと1カ月じゃない! 大変! 皆様! さあ熱く語る時間が来たわよ!笑 女子は、 紀平梨花 のスコアを中心に動いていくはず あたしの予想だと SP、FP完全優勝を描いているんだけど、 皆様どうかしら? もしSP、FPを揃えることができれば、 彼女のスコアに勝てるオンナは、 今季いないんじゃないかしら? 紀平梨花 ショート 82. 51点(GPF) フリー 154. 72点(NHK杯) 計 237.23点 ザギトワ ショート 80. 78点(ロステレコム杯) フリー 158.50点(ネーベルホルン杯) 計 239. 28点 同一大会でないものの、 今季最高得点を獲得した、 ザギトワとの得点比較よ。 こう見てみると、 ザギトワがノーミスなら、 梨花と接戦の高いレベルでの 接戦が見れるかもしれないわね。 スケート靴の状態、小指の怪我をしながらの 今季、大会を重ねるごとに、 経験を重ねて戦う術を覚えてきた 梨花に死角はないと思うわ。 そして欲を言うと彼女には ぜひ来季を見据えた意識を持って、 滑ってほしいと思うの。 今大会で優勝できないようでは、 来季から来る北京での本当のライバル達に、 勝つことなんて到底無理よ。 すごわよね、順位で段差があるのよ笑 国の威信をかけて、彼女たちは 何が何でも勝ちにくるもの。 ザギトワは今季最後に自分らしいカルメンを演じれるか? 梨花とは対照的に、 今季調子を落としてきている彼女。 世界選手権まで、どれだけ 調整して来れているかが鍵よね。 ポテンシャルは間違いなく金メダリストの 名に恥じないものを持っているけれど、 今季、心と体がうまく噛み合っていないのよ。 だから見ている側にも 焦りが伝わってきて、演技が世話しなくなり、 「カルメン」の情熱さがイマイチ 響いてこないのよね。 彼女の演技は繊細で細かい。 だからジャンプンミスをすると、 全体のリズム、演技の流れから遅れてしまうのよね。 そういった慌ただしさも「カルメン」を 伝える難しさと相まっているのかもしれないわね。 それだけ紀平梨花の力が迫ってきているからよ。 一気にメダル圏外へとなってしまう可能性もあるわ。 坂本花織、宮原にも十二分にメダルのチャンスがあるわ 四大陸で人一倍悔しい思いをした、 坂本花織 今度こそ、彼女はノーミスで 決めてくると思うわよ! 鮮やかなループジャンプ見たいわ! 宮原知子 ホント彼女の演技はブレなくて、 あたしは好きだわ~ どうしてもジャンプの高さが 試合のジャッジのさじ加減によって、 回転不足を取られてしまったり、 するのよね。 若手の台頭もあって、 トリプルアクセルの練習を始めている との報道もあったけど、 彼女はまずは今できるジャンプの 矯正を最優先にした方がいいんじゃないかしら? 日本VSロシアの 構図で女子は進みそうね。 気になるのはロシア代表がまだ 確定していないことと、 コス姐ことコストナーの復帰よ。 北島マヤ 梨花 が 「仮面をかぶるのよ!」 と月影千草 エテリ にプレッシャーをかけるなんて濱田コーチの入れ知恵でしょうか? 月影千草も 「おそろしい子!!」 と思ったかも知れませんね! 宮原智子は手直ししてる途中ですが、世界選手権までに間に合うか…、間に合って欲しいな~ そうすれば表彰台に届くはず! SPで回転不足取られなければ、かなりの高得点を貰えると思います。 坂本香織も梨花ちゃんの上を虎視眈々と狙ってるでしょうね? 読めないのがカルーセル麻紀ですよ! ノーミスの演技ができるかどうか? ちょっと分からないです。 カルーセル麻紀だけはbeautiful stormに巻き込まれない様な気がします。 ザギトワと宮原智子が復調すれば最終滑走組は凄絶な戦いになりますね! さてさて今回は何人がbeautiful stormに巻き込まれるか? そうそう! KOSEのホームページにアスリートのインタビュー記事が沢山乗ってるの知ってますか? 2011年からフィギュアスケーターのインタビューも沢山乗ってるので面白いですよ! ってか、もう知ってるかな?.

次の

世界フィギュアスケート選手権女子オネエ展望!ズバリ優勝は!?

宮原 智子 2019 コーチ

これまでの活躍 自己ベスト:299. 01 SP自己ベスト:100. 51 FS自己ベスト:198. ヴィンスなんてこと... 膝の怪我のためにSOIへ出演できなくなったと... 「ブラウン大学に入学したらスケートリンクがホッケー用で全く使えず、2時間かけてボストンまで行かねばならなくて続けられず、試合を諦めた」 「学費(800万円以上)の一部を稼ぐため12月にリンクに戻ったら、未経験者並の靴の感覚になった」 — 昌磨のように... (フビー) hubhyi ヴィンス特集の要約です。 :モットーは「人生は常に学びの連続」。 昨季は、コンフォートゾーンを抜け出し、新しい場所で一番自分に合う方法を模索した。 来季は、9月から1学期だけブラウン大学に通い、12月に期末試験を受け、全米。 その後北京五輪までスケートに専念。 この練習ではコーチ無しだが、自分の事はよく解っているので、一人でもやっていけると思う。

次の