年賀状 やめる。 年賀状を出すのをやめるには?やめるタイミングや文例も解説!|終活ねっと

年賀状のやめ方 出さないといけないの?やめるときは?

年賀状 やめる

年賀ハガキの発売時期になると毎年のように「年賀状どうしよう」って悩んでます。 かれこれ5年以上。 年賀状を書こうか、やめようか。 最後ってことにして「今年で年賀状やめます」って一言入れようか、などなど。 結局いつも決断できずに、元旦に間に合うかギリギリって状態を繰り返してきました。 そんな私がとうとう年賀状じまいをすることに決めました! 理由はというかきっかけは 元号が変わったからです。 年賀状じまいというと、高齢で年賀状を書くのが体力的に辛くなったという理由での書き方は多く紹介されてます。 でも私みたいに、高齢ではないけど年賀状をやめたいと思ってる人にとっては参考にならない。 でも!「元号が変わったのをきっかけに」って理由なら辞めやすいなって思ったんです。 年賀状じまいとは? 年賀状のやりとりを辞退する旨を伝えること。 年賀状終了宣言ですね。 高齢になって年賀状を書くのがしんどくなったり、自分で書けなくなったりして、やりとりを辞める決断をするのが一般的のようです。 ただ、そういった体力的な問題ではなくても、年賀状を辞めたいと思ってる人って意外にいると思います。 私もそのひとり。 ただ、年賀状をやめる=お付き合いをやめたいってことではなくて、年賀状はやめるけれどこれからもお付き合いはよろしくねって気持ちがあるからこそ、きちんとご挨拶をしてやめたい。 自分は出してないのに年賀状が届くと、やっぱり申し訳ない気持ちになるもんです。 終活には早い40代での年賀状じまいについて 私は今48歳ですが、数年前から年賀状を辞めるタイミングを考えていました。 辞めたい理由は次の3つ。 年賀状を作るのが億劫になってきた• 年賀状だけのやりとりに疑問がある• 年賀状によって寂しい気持ちになる 両親他界、親戚づきあいもない私はいわゆる寂しい身の上です。 バツイチですしね。 普段はひとりが寂しいとか辛いとか感じずに生活してますが、年賀状によって自分はやっぱり孤独なんだなぁって再確認してしまう自分に気付きました。 なんかね、正直気持ちが重たくなるんですよね。 友達もあんまりいないので、年賀状を出す人もそれほど多くありません。 この「多くない」っていうのがまた曲者で、めんどくさい気持ちが年々大きくなってきたんです。 「年賀状出すね」って気軽な感じでやりとりが始まったものの、だんだん疎遠になり(もう会うこともないだろうな)って状態になっても、やめるタイミングが分からず、出したのに来ないとガッカリしたり、出してないのに届くと申し訳なく感じて遅れて出したり。 子供が大きくなると干支のイラストと印刷された挨拶文という年賀状が多くなります。 一筆添えられてるとメッセージをみる楽しみがありますが、印刷だけの年賀状だとほとんど見なかったりします。 今はメールやラインなどで気軽に連絡が取れます。 話したいな、会いたいなってどちらかが思えば、すぐに繋がれる時代です。 年賀状で近況報告をしながら交流を続けるのもアリだと思う一方で、年賀状にこだわらなくてもいいんじゃないかなって思うんですよね。 でもまぁ、もらって嬉しい年賀状もあったので毎年葛藤してたわけです。 ずーっと悩みながらも決心がつかずにきましたが、平成が終わり一区切りついた今が、辞めるチャンスだって思いました! 何も言わずに出さないって方法や、これで最後と決めた年賀状に「来年から年賀状をやめます」って一筆を入れる方法などがありますが、私は喪中のハガキを出す時期に合わせて年賀状じまいのハガキを出すことにしました。 ご挨拶なので丁寧に、といって堅苦しくなりすぎず。 そのへんのバランスに頭を悩ませながらできた年賀状じまいのハガキをご紹介します。 私の作成した年賀状じまいのハガキ 先日行った、椿神社のライトアップを撮影した写真を使いました。 年賀状は辞めるけどお付き合いは引き続きお願いしますの気持ちを、メールアドレスとラインIDを記載して表します。 (気持ちが伝わるかは分からないけど。 ) 似顔絵っぽいイラストをワンポイントに完成したハガキ、なかなかの出来栄えで気に入りました。 私、亥年でちょうど年女でございました。 なので最初はイノシシの写真を用意したんですけど、もらった方は「なんでイノシシ?」って思うかなと思いとどまり、やめました(笑) さいごに 日本の文化を守りたい気持ちはあるのですが、ごめんなさい、年賀状は卒業しようと思います。 私の人間関係がますます寂しいものになりそうですが、年賀状で感じるマイナスの感情に比べたらスッキリと清々しい気分で嬉しいw やっと年賀状から解放されると思うとホっとしています。 これを機に終活についても考えていきたいです。

次の

年賀状をやめる方法とは?タイミングや挨拶文と手順をご紹介

年賀状 やめる

年賀状を出すのをやめると相手を不愉快にさせてしまうかもしれない。 出す相手がお世話になっている上司であればなおさらそんな風に思ってしまいますね。 毎年送っていて急にやめると相手はどんな風に感じるのでしょう。 来なくなって寂しい、こっちは出したのに返してこないのは失礼、年賀状を出す枚数が減って内心ほっとしているなど人それぞれありますが、 この記事では年賀状を出すのをやめる手順について書いていきます。 30代サラリーマンの私は年賀状を2年前にやめました。 かなり悩んだ末にやめました。 やめてから仕事およびプライベートでなにか不具合が生じているかというとほぼ問題ありません。 こんなことならもっと早くやめてもよかったなと思っています。 年賀状を書かない、やめるということは近く少数派でなくなるのではないかと感じています。 自分は40代だけど、できれば新聞のラテ欄みたいに、年賀状に[終]って最終回マーク付けて送りたい。 年賀状をやめるなら事前にお知らせするのがよい 年賀状をやめる方法として一番ポピュラーなのはこちらから送るのをやめて自然消滅させるものかと思います。 ただこの方法だと相手の方が、こちらの意図に気づくまで年賀状が数年送られてきて大変申し訳ない気持ちになります。 罪の意識を軽くするため頂いた年賀状に対し寒中見舞いで返信をするとさらに泥沼化します。 白ヤギさん黒ヤギさん状態のエンドレス状態となりかねません。 こういうラリー状態に陥らないようにするには、こちらから『年賀状はもうお送りしません』とはっきりお伝えすることが必要です。 受け取る方次第では、終わりにすることをわざわざ伝えられると快く思わない人もおられますが、せっかく送って頂いた年始の挨拶に対し返信をせず無言で自然に終わるのを待つほうが余程失礼なことだと思います。 年賀状辞退ハガキを送るタイミングは? さて、送るタイミングについてですが時期については喪中ハガキを送るタイミングでよいです。 一般的には11月中旬から12月の初旬にお送りする相手の手元に届くようにするのがよいでしょう。 年賀状辞退ハガキ例文 ここでは私が実際に送った文例をご紹介します。 【辞退ハガキ例】 イラストデザインは実際に送ったものと違いますが、 12月にお送りするのでクリスマス~年末のイメージであまり暗い印象のものでないほうがいいと思います。 文章には 年賀状を来年は送りませんということをはっきり書きます。 そしてあまり言い訳っぽい内容は書かず『やめます』ということだけを伝える内容としました。 時代の流れで~、これからはメールで~などということを書かれている方をまれに拝見しますが余計なことは書く必要はないかと思います。 年賀状を送らなくなるだけで、これからもお付き合いは変わらずお願いしたい旨を伝えます。 ご自身でお考えになったほうがよいですが時間のない方は下の文章をコピーしてご利用下さい。 寒さも本格的になってきましたが いかがお過ごしでしょうか 誠に勝手ではございますが都合により どなた様にも年賀状による年始のご挨拶を控えさせていただくことに致しました 何卒ご理解をいただきますようお願い 申し上げますとともに今後も変わらない お付き合いをよろしくお願い申しあげます 令和〇〇年 十二月 寒中見舞いで翌年から辞めることをお知らせする方法 年賀状辞退ハガキを送れなかった場合は寒中見舞いを年賀状の返信として、その書中に翌年から辞退することを伝える方法があります。 送るタイミングとしては松の内が開けてから立春までの間となるようですので、2020年は1月8日から2月3日までの間に送れば問題ありません。 【寒中見舞い例】 こちらの内容も時間のない方は下の文章をコピーしてご利用下さい。 寒中お見舞い申し上げます このたびはご丁寧な年賀状をいただきありがとうございました 新年のご挨拶が遅くなり申し訳ございません 誠に勝手ではございますが都合により どなた様にも年賀状による年始のご挨拶を 控えさせていただくことに致しました 何卒ご理解をいただきますようお願い申し上げますとともに 今後も変わらないお付き合いをよろしくお願い申しあげます まとめ いかがでしたでしょうか。 今回ご紹介した年賀状をやめる方法は、相手にやめる宣言をするものですので相手によっては失礼にあたるかもしれません。 ですが、これまで続けてきた書面での年始のやり取りを黙ってやめることに私は抵抗があったので敢てお伝えする形を選びました。 年賀状をやめてから2年たちましたが今では年賀状は1枚も書きませんし1枚も来ません。 やめることで仕事やプライベートの人間関係に支障をきたしているかといえば全く影響はありませんでした。 もう何年も会っていない相手に年一回年賀状で今年もよろしくお願いしますと書くことと、やめてしまうことを天秤にかけて私はやめることを選択しました。 自分の選択に後悔はありませんし、なにより毎年年末に悩まされていた年賀状を書くという大仕事から解放されたことのプラスしか感じていません。 この記事を書いた人のプロフィール ザ・サラリーマン 1981年生まれ。 奥さんと小学生の子供が2人います。 私立大学文系学部を卒業後、全国転勤のあるくらいの規模の会社に入社し、現在3場所目の地で勤務する普通過ぎるサラリーマンです。 普通のサラリーマンだからこそ共感できるサラリーマンの悲哀、他愛もないボヤキからお役立ち情報まで幅広く雑多に更新していきます。 趣味は海釣りで家族でよくでかけます。 釣った魚をさばいて料理することが最近の楽しみです。 最近の投稿• 最近のコメント• に より• に より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

年賀状をやめる時の文例集!挨拶はいつ送る?ラインやメールでも可?

年賀状 やめる

年賀状をやめるタイミングは? 年賀状をやめるのに最適なタイミングはいくつかあります。 ・不幸があったとき。 喪中はがきを出した翌年は年賀状のやめどきです。 ・退職や転職、離婚などにより人間関係に変化があったとき。 ・引越しなどで住所が変わったとき。 このようなときには、自然消滅の形で年賀状をやめることができます。 年賀状をやめたいときには、年末に年賀状を出さず、正月に届いた分だけ年賀状(1月7日以降は寒中見舞い)を返しましょう。 また、年賀状をやめたいときには、以下のタイミングで年賀状をやめることを相手に伝えておくとよいです。 ・直接相手に会ったとき、年賀状を出さないことを相手に伝える。 ・暑中お見舞いやお歳暮、クリスマスカードなどに年賀状を出さない旨を書いておく。 ・年賀状や寒中見舞いに「来年以降は年賀状を出さない」旨を書いておく。 新年の挨拶である年賀状で、 「今後の付き合いをしない」と書くのは失礼であると考える方もいます。 正月に来た年賀状に対しては、年賀状ではなく寒中見舞いで返し、そこに「今後は年賀状は出さない」ということを書いておくのがおすすめです。 また、年賀状をやめるときには「やめる」旨をはっきり相手に伝えるよりも自然消滅の形でやめる方が角が立ちません。 誰だって「今後は付き合いをしない」と言われれば、不快ですので。 「なんとなく」終わっていくのが一番です。 なので、「来年以降は年賀状をやめたいな」というときには、最後の年賀状に「年賀状をやめる」という文言は書かず、さらに「本年もよろしくお願いいたします」も抜いて、 相手の健康やご多幸を祈る文言だけを書いておきましょう。 察しのよい方なら、「今年もよろしく」の文言がないのを見て「もう年賀状の付き合いはしないのだな」と気付いてくれます。 次の正月からは、届いた年賀状にだけ年賀状や寒中お見舞いを返します。 こうすれば、年々届く年賀状が減り、数年で自然に年賀状をやめることができますよ。 下は 年賀状や 挨拶状などでよく使う、 言葉の使い方に関する記事です。 もしよかったら、参考にしてください。 年賀状をやめたいときには、はっきり相手に「やめる」と伝えず、自然消滅の方向で徐々にやめていくのがおすすめです。 相手に「やめる」ことをはっきりと伝えるときには、伝えた方に気を付けてください。

次の