坂本真綾きめつの刃。 鬼滅の聖杯 (きめつのせいはい)とは【ピクシブ百科事典】

鬼滅の刃 無料 1巻

坂本真綾きめつの刃

展開時期が近い(特に『』とは、展開時期が完全に被っている)ことから、両方の作品に出演しているも非常に多く(後述の「共通出演者」の項を参照)、所謂も多い。 ちなみに、Fateシリーズのシナリオライターとして活動している氏は、『鬼滅の刃』の愛読者として知られており、 ジャンプ内で同作を絶賛し、単行本の帯にコメントを寄せたこともある。 更にの制作会社は、Fateシリーズのアニメーション制作に関わり深いが務めている。 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00• 2020-07-14 17:00:00• 2020-07-13 19:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 16:17:57• 2020-07-16 16:17:33• 2020-07-16 16:17:30• 2020-07-16 16:15:53• 2020-07-16 16:15:05 新しく作成された記事• 2020-07-16 15:53:05• 2020-07-16 15:58:33• 2020-07-16 15:54:22• 2020-07-16 15:18:09• 2020-07-16 15:16:00•

次の

『鬼滅の刃』人気キャラランキング【投票有】名前の読み方・声優一覧付!1位は誰? │ anichoice

坂本真綾きめつの刃

2019年、間違いなくマンガとアニメの歴史に名を刻んだ作品『鬼滅の刃(きめつのやいば)』という作品を知っているだろうか。 【『鬼滅の刃』初の公式ファンブック発売決定!! 描き下ろしや秘蔵資料満載の、まさに鬼殺隊士必携の書! カバーも吾峠先生描き下ろしです!! 待ちきれない皆様にチラ見せ…! どうぞお楽しみに!! アニメ公式サイトは。 今回はなぜ鬼滅の刃が人気があるのか、心理的に5つの理由を考えたというテーマで進めて行こうと思います。 あくまで個人的な主観も入っているので、他の方と考えの誤差はあると思いますので予めご了承くださいませ。 【ストーリー】 主人公である炭次郎(たんじろう)はある日、鬼に家族を皆殺しにされてしまいます。 唯一、生き残った妹の禰豆子(ねずこ)は鬼となってしまっていたのです。 炭次郎は鬼に殺された家族の仇を討つため、そして妹を人間に戻す方法を探すために鬼狩りの道を進む事を決意します。 こんな感じで物語の序盤でいくつもの悲劇に襲われてしまう主人公の炭次郎が日々の戦いの中で成長していく姿と兄妹の絆についても描かれているので魅力な所が満載の作品となっています。 人気の理由は?? 鬼滅の刃が人気の理由を考えた時に大きく言って以下の内容を思いつきました。 それがこちら。 暗いストーリーは惹きつけられる• キャラクター達のギャップ• 噂が信頼性を強化した これらについて心理的に解説していきます。 ドイツ語で シャーデンフロイデとも言って、どんな意味かというと自分が手を下さずに他人が不幸や悲しみなど、負の感情を見たり聞いたりする事で喜んでしまう事です。 悲しい事ですが、人間は感情を持っていて他人の不幸を喜んでしまう人は少なくありません。 家族が鬼に殺されるんだ? 妹も鬼になるの? 可愛そうだなぁ、でも面白そうだ。 このように、鬼滅の刃は序盤で家族を殺され妹は鬼になってしまうので作品を見る側としては、悲劇の出来事を演出する事でストーリーの続きは気になりますよね。 これは心理学で「 アンダードッグ効果」とも言われています。 詳しくは下記の記事も合わせてお読みください。 【関連記事】 悲劇の連続を経験した炭次郎を応援したくなりますし、「なんて可哀そうなんだ」とも感じて同情もしたくなりますよね。 そういった演出が注目を集める作品になったとも考えられるのが理由のひとつです。 現実ではあまり良くないかもしれない心理ですが、フィクションですので良しとしましょう。 さらにそれだけではありません。 メインキャラクター達のギャップに惹かれたという人も多いでしょう。 初めの段階でキャラクターは見た目しかわかりませんし、ストーリーが進むにつれて素性がわかり、好きになったという事があると思います。 これを コントラスト効果と言います。 【コントラスト効果】 人の脳の客観的な価値ではなく相対的な価値で反応する心理。 (ギャップ提案術とも言います) 簡単に言うと、 2つ以上の物事があると最初と次の物に差があると実際の差より大きく感じるという事です。 あの人は体格が良くて、強くて男らしいけど キレイに整理整頓したり繊細な一面もあるのね。 こういうのがコントラスト効果の一部です。 それが鬼滅の刃にも心理効果が使われているので、メインキャラクターである3人の剣士たちを見てみましょう。 竈門炭次郎(かまど たんじろう)• 我妻善逸(あがつま ぜんいつ)• 炭次郎は「真面目」「優しい」という性格の持ち主ですが、私たちの現実世界で言うのは少し恥ずかしく感じるセリフを気取らずに行ったり、人と解釈が少しズレたりなど「天然」というギャップの持ち主です。 善逸は極度のビビリで、いつも戦いを避けようとします。 しかし、彼には別の人格があり緊張が極限まで高まると失神してしまい本来の強さを覚醒させます。 その姿は本当にあの善逸か!?と思わせるほどの豹変ぶりのギャップが多くのファンの心を掴んだことでしょう。 伊之助は「短気」「バカ」「がさつ」というおバカキャラクターです 笑。 個人的に1番好きなキャラクターです。 伊之助のギャップは何と言っても、素顔です。 ワイルドかつ筋肉質な体系なので、どんな顔をしているのかと思いきや非常に美少年なのです。 しかも中性的な顔をしています。 これは心理学で言う「 ウィンザー効果」という物です。 【ウィンザー効果】 第三者から間接的に伝えられた情報の方が信憑性・信頼性が増える事 大人気作品は火が付くと宣伝を大きく出してきます。 それに対して「ほんとうにおもしろいのか?」と疑問に思うと思います。 これは自分に対して一方的な情報の為、半信半疑になってしまい作品を見るか迷ってしまいます。 しかし、他の人から紹介されると「あの人も読んで面白いと言ってたから、そうかもしれないな」と間接的に伝えられると、作品を読んでみようと思いますよね。 このウィンザー効果が連鎖を繰り返し、噂が広まり大人気になったのも理由のひとつでしょう。 声優が好きな人は間違いなくたまらない。 それが人気理由のひとつでしょう。 一部ではありますが出演されている方を書きますとこんな感じ。 【男性声優】 【女性声優】 花江夏樹 鬼頭明里 下野紘 悠木碧 松岡禎丞 坂本真綾 櫻井孝宏 早見沙織 梶裕貴 花澤香菜 大塚芳忠 小松未可子 千葉繁 小清水亜美 その他のキャストはにリンクを貼っておきます。 上記以外にも、本当に豪華キャストが出演しているので間違いなく面白い作品だと感じることが出来ると思う。 まさに、心理学の認知的不協和の効果が発揮している事もわかります。 【認知的不協和】 人が自分の中で矛盾する「新しい事実」を突き付けられた時に感じる不快感 鬼滅の刃?? あんま興味ないけど・・・。 え!声優が豪華すぎる!じゃあ見てみようかな。 というのが認知的不協和です。 鬼滅の刃に興味がない(事実)、声優が豪華(新しい事実)、これだけ声優が豪華なら悪い作品なわけがないし見よう(矛盾を解消しようとする) 人は認知的不協和になると、そのストレスを解消するために行動をしたりして新しく認知を追加する傾向にあります。 しかし 注意しないといけない事があり、 機械的に答えを生み出している事には変わりありません。 そのような行動ばかりとっていると思考停止、自分のしたくない行動をとってしまうので、普段の生活では出来るだけ自分で考えてから行動する事が良いでしょう。 鬼滅の刃を無料で見る方法 アニメ鬼滅の刃を無料で見れる方法がありますのでご紹介します。 (怪しくないですよ 笑 ) 下記のいずれかのVOD(動画配信サイト)に会員登録をすると、サイト内のサービスを全て利用する事ができます。 それぞれ 会員登録、解約、サイト内サービスがトライアル期間中でしたら全て無料ですのでお試しをしてみてはいかがでしょうか。 個人的にオススメのサイトはです。 ポイントが付与されて電子書籍と交換出来たり、映画館のチケット等にも交換できるのでサービスは良いです。 VOD(動画配信サイト)について詳しく書いた記事もありますので、そちらも合わせてお読みください。 【関連記事】 さいごに 以上、個人的に鬼滅の刃の理由を心理的に考えてみたという内容でした。 復習しますと今回は5つの心理学が登場しましたので、まとめておきます。 シャーデンフロイデ• アンダードッグ効果• コントラスト効果• ウィンザー効果• 認知的不協和 楽しく心理学を覚えて頂ければ幸いです。 他にもいろんな心理学や心理術を使った場面もあると思いますので、ただ見るのではなく考えながら見ると面白いかもしれませんね。 今後は劇場版の公開もあるので、ますます鬼滅の刃の人気は広がるでしょう。 私も楽しみです。

次の

なぜ鬼滅の刃が人気なのか?心理的に理由を考えた【楽しく学べる5つの心理学】

坂本真綾きめつの刃

概要 1980年生まれ。 子役を経て、などのに進出。 通算すると同世代の声優の中でも群を抜く長い芸歴を持つ。 広くアニメファンに注目され始めたのは1996年の初主演作となった『』の役からとなる。 2011年の『』のに続き、2013年6月公開の『』にて主人公の声を勤めており、作品の両キャラクターを同じ声優が演じるのはに続いて二人目である。 歌手として デビュー曲となった、先述の『エスカフローネ』主題歌「約束はいらない」を皮切りに活動も精力的に行っており、中でも初期を象徴するとのタッグはある意味「 二人による『坂本真綾』と言う名のユニット」とも表現できる鉄壁のコラボレーションとなった。 2003年でこのタッグはひとまず発展的解消となり、以降は自身が(田村充義との共同名義で)プロデューサーも兼ねるようになるが、2008年の『』主題歌「」において久々のコラボレーションが実現。 以降も折に触れてライヴでの共演や楽曲提供を受けるなどしており、師弟の絆の強さを伺わせる。 『』の「」「」 『』の「」「サンクチュアリ」「」「さいごのマメシバ」 『』の「DOWN TOWN」 等、 自身が声優として出演していない作品の主題歌を担当する=純粋に歌手として作品に起用される事が多いというのが特徴の一つ。 一方で『』や『』等、 主演を務めながら歌っていないという事例もある。 過去のインタビューにおいて、「声優と歌手の仕事は別個に分けて行っており、声優として歌うことはしない」と発言している。 物語からリアルへ 2011年8月8日、同じく声優であるとのが発表された。 両名の演じたキャラのカップリングから.

次の