わがまま ファッション ガールズ モード。 攻略情報 | 3DS「わがままファッション ガールズモード よくばり宣言」攻略するよ!

わがままファッションガールズモード―任天堂公式ガイドブック Nintendo DS (ワンダーライフスペシャル NINTENDO DS任天堂公式ガイドブック)

わがまま ファッション ガールズ モード

新規タイトルにして既に70万本を突破した大物 ガールズモードの躍進を予想できた人は中々いないでしょう。 2008年年末商戦におけるまさかの伏兵です。 ゲームソフトという商品は、価値を伝えるのがとても難しいと言われることがあります。 画面写真を見せたり、ストーリーを語ったり、最近ではインターネットの発達により動画も多数配信されるようになりました。 しかしそれでも、最終的にはやっぱりプレイしてみなければ本当に面白いかどうかは分かりません。 そうすると、どうしても既にユーザーからの評価が固まっているシリーズ続編ものが売りやすく、新規作は売りにくいという状況になってしまいます。 そんな中で、無名の新作タイトルにして、いきなり 70万本を超える売上げをたたき出したのが、2008年10月23日に、ニンテンドーDS(以下DS)用ソフトとして任天堂から発売されたわがままファッション ガールズモード(以下ガールズモード)です。 タイトルを聞いただけで、いわゆる今までのゲーム業界における売れ筋ではないことは分かります。 それに、画面を見ても何か超美麗グラフィックとやらが用意されているわけでもありません。 では、何でこのゲームが売れているのでしょうか。 それを知るにはじっくりプレイしてみるのが1番ですよね。 というわけで、ガールズモードというゲームが持つ魅力をさぐるべく、真剣にやりこんでみました。 ガールズモードってどんなゲーム? お客さんが最高に気に入った時に入るバラの演出。 これが気持ちよくてやめられないんですまず、ガールズモードがどんなゲームなのかというところからお話しなければいけないと思います。 基本的にはアパレル、ファッションの お店ごっこをするゲームだと思ってもらえれば間違いないでしょう。 最初は店員からはじまり、ゲームを進めるとお店をまかされて、服の仕入れ、内装やお店でかける音楽、マネキンに着せる服なども自分で選ぶようになります。 ゲームの基本はお店にくるお客さんの接客です。 要望にあわせて、商品をオススメしていきます。 その時、スカートが欲しいとか、パンツが欲しいといった直接のオーダーや、予算などはもちろん、お客さんが今来ている服なんかを見て、ギャル系ファッションがいいのか、ポップにはじけたいのか、清楚な感じにまとめたいのか、またどんなブランドの服が好みなのかを見抜くと、喜ぶ商品をお勧めすることができます。 希望にピッタリのアイテムを提案できると、一瞬画面が白く光り、真紅のバラが舞う演出が入り、お客さんが大感激します。 実はこれがかなりの快感。 悩みぬいて選んだアイテムを試着してもらった時に、バラが舞い散ると思わずガッツポーズしてしまいます。 お客さんはさらに追加注文をしてくれたり、全身コーディネートを頼んできたりもします。 自分のセンスを気に入ってくれたんだ、という感じがたまりません。 実に楽しくお店ごっこができるガールズモード。 でも、です。 1万点のファッションアイテム ファッションアイテムはお客さんにオススメするだけではなく、自分でも着こなすことが必要です。 服にあわせてメイクや髪型も変えることができますガールズモードがお店ごっこのゲームであることは分かっていただけたと思いますが、このゲームがすごいのはここからです。 ただのお店ごっこなら、すぐに飽きてしまうかもしれません。 しかし、中々飽きない秘密があります。 それはファッションアイテム数。 ガールズモードには 16ものブランドが存在し、それぞれがトップス、インナー、アウター、ワンピースに靴にアクセサリー、メガネに帽子などなど、実に豊富な種類のアイテムを用意してます。 その数なんと1万点以上。 しかも、DSの日付機能と連動する形で季節ごとに仕入れられるアイテムが変化していきます。 これが何を意味するのか。 1万点もあれば、やってもやっても新しいアイテムが登場することになります。 試しても試しても色んな組み合わせを発見することになります。 春には春の、夏には夏の装いをすることができます。 お店をレトロな感じにしたり、ブリティッシュなアイテムで揃えてみたりすることができます。 とにかくとっかえひっかえしておしゃれを楽しむ遊びが徹底的に追求されていて、その結果が1万点を超えるアイテム数なのです。 着せ替えするだけでもテンションがあがる女の子達 きせかえごっこの楽しみを、アパレル店経営という切り口でとことん突き詰めたのがガールズモードだともいえます。 ガイドが一生懸命ああでもない、こうでもないとプレイしていると、忍び寄る影が。 ガイドの奥さんがやってきました。 猛烈に興味を持っているようです、ただならぬテンションでやらせろやらせろと言ってきます。 ガイドの手からDSをひったくり、1時間以上も離さずに、黙々とタッチペンで画面をつつきまわします。 どのアイテムが似合うとか、この色は合わせるのが難しい色だとか、もう夢中です。 その姿を見て、やっぱりここに人気の秘密があるのだなあとガイドは感じました。 子供の頃、女の子向けの雑誌の付録で、ボール紙に印刷されている女の子と、その女の子の洋服ってありましたよね。 洋服をとっかえひっかえしてコーディネートする遊び。 男性の視点からすると、とっかえひっかえしたからって何かいいことがあるわけでもなく、どうしてそんなに楽しいのかと思ってしまいます。 でも、女の子にとっては、そのとっかえひっかえする行為そのものに価値があって、楽しいわけです。 ウィンドウショッピングが楽しいのと一緒なんです。 通販カタログを見てるだけで楽しいのと一緒なんです。 そういう遊びをしていた女の子達が、このゲームを手にとったらどうでしょうか。 1万点以上ものファッションアイテムがあって、毎日新しい服が登場して、ずーっと着せ替えて遊べる。 しかも上手にコーディネートしたらハートやらバラやらがたくさん飛んできて、気持ちよく褒められる。 自分のお店を自分の好きにして、雑誌に載ったり、コンテストに出たり、女の子達が喜びそうなことがこれでもかと詰め込まれています。 欲しくなるのも無理はありませんよね。 さて、女性の文化の中から生まれてきたガールズモード。 やっぱり楽しみ方も 攻略しない方が面白いゲーム 2008年末のガールズモード、2007年末のWiiFitと、年末商戦での女性向けゲームの躍進が目にとまるようになりましたねガイドは子供の頃からゲームをずっとやり続けていますから、意識しなくても自然にゲームを攻略しようとします。 それはガールズモードでも同じで、お客さんが喜ぶパターンを把握して、そのパターンの中でなるべく高い商品を売りつけようとするんです。 なんかいやな店員ですね。 プレイを続けていて、ある時、今着ているトップスに合ったスカートを探して欲しいとお客さんに頼まれました。 まずブランドを確かめます。 同じブランドのスカートは残念ながらありませんでした。 それならと、近い色のスカートをオススメするも、首を振られてしまいます。 それを横から見ていたガイドの奥さん。 トップスのブランドとも、色とも全く違う、アジアンな感じのスカートを指さして、これが似合うと言い出しました。 ガイドは、このお客さんは別にアジアンなアイテムは身につけていないし、色もあってないしと言ったのですが、奥さんに押し切られてお客さんに見せてみます。 すると、そうです、あの演出です。 画面が白くなって、バラが舞い散ります。 ガイドが唸っている横で奥さんは得意満面。 だから似合うって言ったでしょ! と喜びました。 これってゲームを攻略していては出会えない楽しみ方ですよね。 純粋にゲームの世界の中に入っていって、ごっこを楽しまないと、この喜びには到達しません。 でも、これが女性らしいゲームの楽しみ方なのかもしれません。 今、ガールズモードが70万本以上も売れて、100万本も目指せるかという勢いです。 こんな風に楽しんでいる女の子達がきっとたくさんいることでしょう。 それはゲーム業界の中に、女性らしい新しい文化が育っている、そんな風にも考えられるかもしれません。 【関連記事】.

次の

PUKKA RUMBA

わがまま ファッション ガールズ モード

新規タイトルにして既に70万本を突破した大物 ガールズモードの躍進を予想できた人は中々いないでしょう。 2008年年末商戦におけるまさかの伏兵です。 ゲームソフトという商品は、価値を伝えるのがとても難しいと言われることがあります。 画面写真を見せたり、ストーリーを語ったり、最近ではインターネットの発達により動画も多数配信されるようになりました。 しかしそれでも、最終的にはやっぱりプレイしてみなければ本当に面白いかどうかは分かりません。 そうすると、どうしても既にユーザーからの評価が固まっているシリーズ続編ものが売りやすく、新規作は売りにくいという状況になってしまいます。 そんな中で、無名の新作タイトルにして、いきなり 70万本を超える売上げをたたき出したのが、2008年10月23日に、ニンテンドーDS(以下DS)用ソフトとして任天堂から発売されたわがままファッション ガールズモード(以下ガールズモード)です。 タイトルを聞いただけで、いわゆる今までのゲーム業界における売れ筋ではないことは分かります。 それに、画面を見ても何か超美麗グラフィックとやらが用意されているわけでもありません。 では、何でこのゲームが売れているのでしょうか。 それを知るにはじっくりプレイしてみるのが1番ですよね。 というわけで、ガールズモードというゲームが持つ魅力をさぐるべく、真剣にやりこんでみました。 ガールズモードってどんなゲーム? お客さんが最高に気に入った時に入るバラの演出。 これが気持ちよくてやめられないんですまず、ガールズモードがどんなゲームなのかというところからお話しなければいけないと思います。 基本的にはアパレル、ファッションの お店ごっこをするゲームだと思ってもらえれば間違いないでしょう。 最初は店員からはじまり、ゲームを進めるとお店をまかされて、服の仕入れ、内装やお店でかける音楽、マネキンに着せる服なども自分で選ぶようになります。 ゲームの基本はお店にくるお客さんの接客です。 要望にあわせて、商品をオススメしていきます。 その時、スカートが欲しいとか、パンツが欲しいといった直接のオーダーや、予算などはもちろん、お客さんが今来ている服なんかを見て、ギャル系ファッションがいいのか、ポップにはじけたいのか、清楚な感じにまとめたいのか、またどんなブランドの服が好みなのかを見抜くと、喜ぶ商品をお勧めすることができます。 希望にピッタリのアイテムを提案できると、一瞬画面が白く光り、真紅のバラが舞う演出が入り、お客さんが大感激します。 実はこれがかなりの快感。 悩みぬいて選んだアイテムを試着してもらった時に、バラが舞い散ると思わずガッツポーズしてしまいます。 お客さんはさらに追加注文をしてくれたり、全身コーディネートを頼んできたりもします。 自分のセンスを気に入ってくれたんだ、という感じがたまりません。 実に楽しくお店ごっこができるガールズモード。 でも、です。 1万点のファッションアイテム ファッションアイテムはお客さんにオススメするだけではなく、自分でも着こなすことが必要です。 服にあわせてメイクや髪型も変えることができますガールズモードがお店ごっこのゲームであることは分かっていただけたと思いますが、このゲームがすごいのはここからです。 ただのお店ごっこなら、すぐに飽きてしまうかもしれません。 しかし、中々飽きない秘密があります。 それはファッションアイテム数。 ガールズモードには 16ものブランドが存在し、それぞれがトップス、インナー、アウター、ワンピースに靴にアクセサリー、メガネに帽子などなど、実に豊富な種類のアイテムを用意してます。 その数なんと1万点以上。 しかも、DSの日付機能と連動する形で季節ごとに仕入れられるアイテムが変化していきます。 これが何を意味するのか。 1万点もあれば、やってもやっても新しいアイテムが登場することになります。 試しても試しても色んな組み合わせを発見することになります。 春には春の、夏には夏の装いをすることができます。 お店をレトロな感じにしたり、ブリティッシュなアイテムで揃えてみたりすることができます。 とにかくとっかえひっかえしておしゃれを楽しむ遊びが徹底的に追求されていて、その結果が1万点を超えるアイテム数なのです。 着せ替えするだけでもテンションがあがる女の子達 きせかえごっこの楽しみを、アパレル店経営という切り口でとことん突き詰めたのがガールズモードだともいえます。 ガイドが一生懸命ああでもない、こうでもないとプレイしていると、忍び寄る影が。 ガイドの奥さんがやってきました。 猛烈に興味を持っているようです、ただならぬテンションでやらせろやらせろと言ってきます。 ガイドの手からDSをひったくり、1時間以上も離さずに、黙々とタッチペンで画面をつつきまわします。 どのアイテムが似合うとか、この色は合わせるのが難しい色だとか、もう夢中です。 その姿を見て、やっぱりここに人気の秘密があるのだなあとガイドは感じました。 子供の頃、女の子向けの雑誌の付録で、ボール紙に印刷されている女の子と、その女の子の洋服ってありましたよね。 洋服をとっかえひっかえしてコーディネートする遊び。 男性の視点からすると、とっかえひっかえしたからって何かいいことがあるわけでもなく、どうしてそんなに楽しいのかと思ってしまいます。 でも、女の子にとっては、そのとっかえひっかえする行為そのものに価値があって、楽しいわけです。 ウィンドウショッピングが楽しいのと一緒なんです。 通販カタログを見てるだけで楽しいのと一緒なんです。 そういう遊びをしていた女の子達が、このゲームを手にとったらどうでしょうか。 1万点以上ものファッションアイテムがあって、毎日新しい服が登場して、ずーっと着せ替えて遊べる。 しかも上手にコーディネートしたらハートやらバラやらがたくさん飛んできて、気持ちよく褒められる。 自分のお店を自分の好きにして、雑誌に載ったり、コンテストに出たり、女の子達が喜びそうなことがこれでもかと詰め込まれています。 欲しくなるのも無理はありませんよね。 さて、女性の文化の中から生まれてきたガールズモード。 やっぱり楽しみ方も 攻略しない方が面白いゲーム 2008年末のガールズモード、2007年末のWiiFitと、年末商戦での女性向けゲームの躍進が目にとまるようになりましたねガイドは子供の頃からゲームをずっとやり続けていますから、意識しなくても自然にゲームを攻略しようとします。 それはガールズモードでも同じで、お客さんが喜ぶパターンを把握して、そのパターンの中でなるべく高い商品を売りつけようとするんです。 なんかいやな店員ですね。 プレイを続けていて、ある時、今着ているトップスに合ったスカートを探して欲しいとお客さんに頼まれました。 まずブランドを確かめます。 同じブランドのスカートは残念ながらありませんでした。 それならと、近い色のスカートをオススメするも、首を振られてしまいます。 それを横から見ていたガイドの奥さん。 トップスのブランドとも、色とも全く違う、アジアンな感じのスカートを指さして、これが似合うと言い出しました。 ガイドは、このお客さんは別にアジアンなアイテムは身につけていないし、色もあってないしと言ったのですが、奥さんに押し切られてお客さんに見せてみます。 すると、そうです、あの演出です。 画面が白くなって、バラが舞い散ります。 ガイドが唸っている横で奥さんは得意満面。 だから似合うって言ったでしょ! と喜びました。 これってゲームを攻略していては出会えない楽しみ方ですよね。 純粋にゲームの世界の中に入っていって、ごっこを楽しまないと、この喜びには到達しません。 でも、これが女性らしいゲームの楽しみ方なのかもしれません。 今、ガールズモードが70万本以上も売れて、100万本も目指せるかという勢いです。 こんな風に楽しんでいる女の子達がきっとたくさんいることでしょう。 それはゲーム業界の中に、女性らしい新しい文化が育っている、そんな風にも考えられるかもしれません。 【関連記事】.

次の

わがままファッション ガールズモードとは

わがまま ファッション ガールズ モード

たくさん喜んでもらうことで人気も上がります。 また、お店のインテリアやBGM、アイテムの品揃えまで自分の好みとセンスで決めることができます。 さらに洋服に合わせてメイクやヘアアレンジも可能です。 ゲームを進めることで、アイテムが増え、おしゃれの幅が広がっていきます。 Amazonより 洋服からアクセサリーまで、10,000点以上のアイテムで「こだわりのファッション」を自由にコーディネート。 『わがままファッション ガールズモード』は、来店するお客様を洋服やアクセサリーなどのアイテムでコーディネイトしながら カリスマ店長を目指す、ファッションコーディネートゲームです。 たくさん喜んでもらうことでお店の人気も上がります。 またお店のインテリアやBGM、アイテムの品揃えまで自分の好みとセンスで決めることができます。 お店に置きたいアイテムは展示会で買い付けます。 お客様が気に入ってくれるとアイテムを買ってもらえます。 さらに洋服に合わせてメイクやヘアアレンジも可能です。 ゲームを進めることで、アイテムが増え、おしゃれの幅が広がっていきます。 面白いと聞いたので、購入してみました。 同じような客に似たような服のコーディネートを進めて、ひたすら服を売り金を貯め、服を買う。 経営的なことは学べないと思います。 季節感が低く、わざわざ買う必要性を感じない服がイチオシで疑問。 イベントは思ったほど力を入れていないように感じます。 *ゲームのやりこみについて どのコンテストも優勝するのはとても簡単ですし、ファッションに興味が出てきて、ゲームも適度に好きな女の子(小学校低学年~中学3年くらい)までが適齢期ではないかと感じました。 暇つぶしに長期間やって少しずつ課題をクリアするとコディネートもコンテストも長く楽しめるゲームになると思います。 流石は人気のある商品といった感じです。 ・来たお客様の好みに合わせて服を選ぶ ・マネキンを好きにコーディネートすると、そのタイプの服が好きなお客様が来てくれたり、マネキンごと買ってくれる方がいる。 (余っている洋服の処分や稼ぎ用に便利) ・ショップの内装の絵は、条件によって変える事が可能 ・ショップランクを上げるのがわりと楽しい ・自分も着替えたりヘアサロンに行ったりコスメの購入が可能 ・時々ランダムでお出かけイベントが発生する ・展示会での服の仕入れは、店の内装によって購入しやすいブランドが変わる ・DS内の時間と連動 ・ショップランクごとにファッションコンテストに出場可能で、優勝すれば何回でも一日に出場可能ですが、わりと時間がかかるのであまりやっていません。 (レアなブランドの商品が貰えるし、ランクごとにコーディネートが揃うみたいです) ・時々客以外にもキャラクターが登場 ・ショップ在庫を上げるには服をどんどん仕入れるだけではなくて、通信機能が必要 私は田舎に住んでいますし、今は全然通信の機会も無いので、これが残念です。 通信機能によって制限されてしまうのは、ちょっと痛いかなー^^; 全体的に、今この値段なら非常にお買い得です! 最初は子供向けのゲームと思って敬遠していたのですが ファッションの勉強(笑)がてら購入してみました。 プレイしてみると、やはり作りは小学生向きな感じでしたが コーディネートやアイテム選びの判断がなかなかシビアで 子供には難しいんじゃない?(=大人でも楽しめる)と思わせる一面もあります。 また、操作は単純で作業ゲーに近い感じなのですが ついつい時間を忘れて接客に勤しむ自分がいます。 アイテム数が豊富だとは思いますが、多数の色違いで量増ししてるな〜と感じます。 あと、店内の内装選びで、仕入れやすいブランドというのが決まってくるのですが これも自分で細かくジャンルを選べたら、尚更、店長気分が味わえたと思います。

次の