烏滸がましい。 【1分でわかる】「おこがましい」の意味や使い方をわかりやすく解説!

「烏滸がましい(おこがましい)」の意味や使い方 Weblio辞書

烏滸がましい

「おこがましい」の漢字と語源 「おこがましい」は漢字で <痴がましい><烏滸がましい><尾籠がましい>と3つの書き方があります。 それぞれに諸説があると言われていますので、解説していきます。 「おこがましい」の漢字・語源[1]痴がましい 「痴がましい」の語源は「痴」という時には「愚か」という意味があったためです。 「おこがましい」の元々の表記は「をこがましい」と書いていました。 「をこ」は「ばかばかしい」「愚かな」といった意味があります。 それにより「痴がましい」となりました。 「おこがましい」の漢字・語源[2]烏滸がましい 次に「烏滸がましい」となった語源ですが、「をこ」が「愚か」という意味なのは、昔の中国で揚子江や黄河のほとりで騒ぐ烏の様子を「烏滸(をこ)」と言っていました。 それが転じて、そのように馬鹿騒ぎをする愚かな人たちを「烏滸(をこ)」と呼んでいたことから、「烏滸がましい」と表記されるようになったというものです。 目下の人が目上の人に対して生意気な言動をした場合に指摘することができます。 ただ、ビジネスシーンでは主に次に説明する自分自身の言動を謙遜した表現として使います。 相手に対して「おこがましい」と言うのは失礼になるので気を付けましょう。 ・「彼のおこがましさには、いい加減呆れた」 ・「入ってきたばかりで、新しいプロジェクトのことで口出しするのはおこがましい」 「おこがましいですが」で自分自身の言動を謙遜した表現 「おこがましいですが」「おこがましいようですが」などと使うと 「自分の立場において、出過ぎた発言や行動」といったニュアンスを含み使われている言葉です。 特にビジネスシーンで、年齢や役職などが目上の人に対して身の程をわきまえずに発言したり行動したりする場合に使われています。 つまり、 自分自身の言動を謙遜している表現として使われています。 目上の人が間違った解釈をしていたり、納得できないことを言っていたり行動したりしている場合など、目下の立場でありながら意見をする際に用います。 ただそういったことに対して発言や意見をすると「生意気だ!」と思われてしまうため、まず自分から「おこがましいですが」と使うことで謙遜していることを伝える事ができます。 「おこがましい」と同様、目上の人に意見などをする時に自分自身のことを「厚かましいですが」と表現します。 「おこがましい」と「厚かましい」の違いは、 「おこがましい」が「身の程をわきまえないさま」を表すのに対して、「厚かましい」は「遠慮がないさま」を表す点です。 「厚かましいですが」と使う場合は「遠慮がないのですが」「図々しくありますが」となります。 「おこがましいですが」と使う場合は「目下である私が言うのは申し訳ないのですが」といったニュアンスになります。 そのため、 目上の人に対して謙遜していることを 強調して伝えない時は「おこがましい」を使うことが適切です。 お願いごとをする時は「厚かましい」を使い、上司に対して意見などをする時は「おこがましい」を使うなど、シーンによって使い分けましょう。 「必要以上におせっかいなことや厚かましいことなどをするさま」といった表現で使われています。 語源は、古語の「でしゃばる」「出過ぎたことをする」という意味の動詞「差し出づ(さしいづ)」に、「〜らしい」「〜みたい」という意味の接尾語「がましい」が付いたものです。 それが現代ではひとつの単語になり、読み方も「さしいでがましい」から「さしでがましい」になりました。 「おこがましい」は身分不相応な様を表し自分自身の行動のみを指して使うのに対して、「差し出がましい」は、自分と相手の行動についての内容に対しても使います。 そのため、目上の人だけではなく部下などの言動を注意する際にも使う事ができます。 ビジネスシーンでは「おこがましい」と「差し出がましい」がよく使われています。 「図々しい」の語源は、漢語の「図」から来ています。 「図」には「計画」とか「企み」などを意味します。 その「図」を「図」を重ねて形容詞化し、「図に乗る」とか「図に当たる」という意味になりました。 無神経な人、平気で列に割り込みをする人、人の物をもらおうとする人のことを「図々しい人」と言いますよね。 ビジネスシーンなどでは、「図々しいですが」と使うと「遠慮がないのですが」「自分勝手ではありますが」となります。 「おこがましい」などと同様に自分のことを謙りながら意見やお願いを言う時に使います。 しかし「図々しい」という言葉のイメージがあまり良くないので、 目上の人に対して謙遜を表する場合は「おこがましい」や「差し出がましい」を使うことをオススメします。

次の

おこがましい

烏滸がましい

「おこがましい」の意味は? まずは「おこがましい」の意味を見ていきましょう。 「おこがましい」を使う大体の方が「調子に乗ってすみません」のようなニュアンスの時に使っているかと思います。 果たしてこの使い方が合っているのか、語源からたどってみてみましょう。 「おこがましい」というのは、 元々は「馬鹿馬鹿しい」「馬鹿げている」という意味で、古語で 「おこ」というのが「馬鹿」を意味であったことが由来となっています。 この「馬鹿馬鹿しい」というのが、時代が進むにつれ転化し、「生意気」「調子に乗っている」という意味で使われるようになりました。 「生意気」「調子に乗っている」というのを言い換え、 「身の程をわきまえていない」という意味が現代ではメインに使われています。 「おこがましい」に対する私たちが思う、 「調子に乗ってすみません」という意味は合っていたということです。 「おこがましい」を漢字で書くと? 続いては「おこがましい」の漢字についてです。 先ほどから「おこがまし」と平仮名で書いていますが、「おこがましい」の漢字があるのはご存知ですか? 携帯やパソコンで「おこがましい」を変換すると、 「痴がましい」と 「烏滸がましい」二種類の漢字表記が出てきます。 読み方はどちらも「おこがましい」ですが、二種類には微妙な違いがあります。 痴がましい まず「痴がましい」ですが、「痴」には「おろか・知恵が足りない」という意味があることから、 「(知恵が足りず)おろかな様」という意味になります。 前述の元々の由来にとても近いので、しっくりきますね。 烏滸がましい 一方「烏滸がましい」ですが、「烏滸」というのは中国から始まった言葉です。 「鳥」はカラス、「滸」は水辺を表す字であることから、 水辺でやかましくする人々のことを「水辺で騒ぐカラスの群れ」に見立てて、このような漢字が使われるようになりました。 どちらも元々の「馬鹿馬鹿しい」の意味の「おこがましい」と結び付けてできた表記なので、ニュアンスは似ていますが、漢字が違えば意味も微妙に変化します。 とはいえ、これらはあくまで漢字が出来た由来であり、 意味としてはどちらも現代の「身の程をわきまえていない様」の意味で使用しても問題はないでしょう。 ・厚かましい:遠慮のない様・図々しい様 ・生意気:一人前、あるいはその地位でもないのに、偉そうな・差し出がましい様 ・失礼:礼儀と葉反する振る舞い・他人に接する心得が成っていない(わきまえていない) 見比べてみても、どれも態度や姿勢に対することという点では、よく似ていますね。 「おこがましい」は「私なんかが」というように自分を謙遜する気持ちが強く感じられますが、 類語については「やってしまう・言ってしまう」のように相手自分の区別なく、その行動や言動に対して使われるようなイメージがありますね。 【関連記事】 「おこがましい」は覚えておくと便利です! ビジネス会話ではもちろん、日常会話でも「おこがましい」は使えます。 「身の程知らずな感じ」や「そんな調子に乗ったような感じ」と似たようなニュアンスを伝えたい時には「おこがましい」を使うと文章にまとまりが出ます。 逆に「おこがましいとはなんか違うんだよな」という時のためにも、類義語を合わせて覚えておくことで、表現方法のバリエーションが増えますね。

次の

「おこがましい」とは?類語や敬語、ビジネスでの使い方を解説!

烏滸がましい

「おこがましい」の漢字と語源 「おこがましい」は漢字で <痴がましい><烏滸がましい><尾籠がましい>と3つの書き方があります。 それぞれに諸説があると言われていますので、解説していきます。 「おこがましい」の漢字・語源[1]痴がましい 「痴がましい」の語源は「痴」という時には「愚か」という意味があったためです。 「おこがましい」の元々の表記は「をこがましい」と書いていました。 「をこ」は「ばかばかしい」「愚かな」といった意味があります。 それにより「痴がましい」となりました。 「おこがましい」の漢字・語源[2]烏滸がましい 次に「烏滸がましい」となった語源ですが、「をこ」が「愚か」という意味なのは、昔の中国で揚子江や黄河のほとりで騒ぐ烏の様子を「烏滸(をこ)」と言っていました。 それが転じて、そのように馬鹿騒ぎをする愚かな人たちを「烏滸(をこ)」と呼んでいたことから、「烏滸がましい」と表記されるようになったというものです。 目下の人が目上の人に対して生意気な言動をした場合に指摘することができます。 ただ、ビジネスシーンでは主に次に説明する自分自身の言動を謙遜した表現として使います。 相手に対して「おこがましい」と言うのは失礼になるので気を付けましょう。 ・「彼のおこがましさには、いい加減呆れた」 ・「入ってきたばかりで、新しいプロジェクトのことで口出しするのはおこがましい」 「おこがましいですが」で自分自身の言動を謙遜した表現 「おこがましいですが」「おこがましいようですが」などと使うと 「自分の立場において、出過ぎた発言や行動」といったニュアンスを含み使われている言葉です。 特にビジネスシーンで、年齢や役職などが目上の人に対して身の程をわきまえずに発言したり行動したりする場合に使われています。 つまり、 自分自身の言動を謙遜している表現として使われています。 目上の人が間違った解釈をしていたり、納得できないことを言っていたり行動したりしている場合など、目下の立場でありながら意見をする際に用います。 ただそういったことに対して発言や意見をすると「生意気だ!」と思われてしまうため、まず自分から「おこがましいですが」と使うことで謙遜していることを伝える事ができます。 「おこがましい」と同様、目上の人に意見などをする時に自分自身のことを「厚かましいですが」と表現します。 「おこがましい」と「厚かましい」の違いは、 「おこがましい」が「身の程をわきまえないさま」を表すのに対して、「厚かましい」は「遠慮がないさま」を表す点です。 「厚かましいですが」と使う場合は「遠慮がないのですが」「図々しくありますが」となります。 「おこがましいですが」と使う場合は「目下である私が言うのは申し訳ないのですが」といったニュアンスになります。 そのため、 目上の人に対して謙遜していることを 強調して伝えない時は「おこがましい」を使うことが適切です。 お願いごとをする時は「厚かましい」を使い、上司に対して意見などをする時は「おこがましい」を使うなど、シーンによって使い分けましょう。 「必要以上におせっかいなことや厚かましいことなどをするさま」といった表現で使われています。 語源は、古語の「でしゃばる」「出過ぎたことをする」という意味の動詞「差し出づ(さしいづ)」に、「〜らしい」「〜みたい」という意味の接尾語「がましい」が付いたものです。 それが現代ではひとつの単語になり、読み方も「さしいでがましい」から「さしでがましい」になりました。 「おこがましい」は身分不相応な様を表し自分自身の行動のみを指して使うのに対して、「差し出がましい」は、自分と相手の行動についての内容に対しても使います。 そのため、目上の人だけではなく部下などの言動を注意する際にも使う事ができます。 ビジネスシーンでは「おこがましい」と「差し出がましい」がよく使われています。 「図々しい」の語源は、漢語の「図」から来ています。 「図」には「計画」とか「企み」などを意味します。 その「図」を「図」を重ねて形容詞化し、「図に乗る」とか「図に当たる」という意味になりました。 無神経な人、平気で列に割り込みをする人、人の物をもらおうとする人のことを「図々しい人」と言いますよね。 ビジネスシーンなどでは、「図々しいですが」と使うと「遠慮がないのですが」「自分勝手ではありますが」となります。 「おこがましい」などと同様に自分のことを謙りながら意見やお願いを言う時に使います。 しかし「図々しい」という言葉のイメージがあまり良くないので、 目上の人に対して謙遜を表する場合は「おこがましい」や「差し出がましい」を使うことをオススメします。

次の