シャイン ホーン。 メインクエストTRADE SECRETS

advertising.socialvibe.com: インフィニット シャイン ISLU20 オーピーアイ グラブズ ザ ユニコーン バイ ザ ホーン: ラグジュアリービューティー

シャイン ホーン

1990-1995 年までストックホルムのKonstfact(国立美術工芸大学)に在籍し、現在スウェーデンの陶磁器産地GUSTAVSBERG(グスタフスベリ)に工房をもつJonas Lindholm(ヨナス・リンドホルム)のお菓子マカロンのような可愛い蓋ものmacaron(マカロン)のマーブルピンク(桜色)です。 Jonas Lindholm(ヨナス・リンドホルム)のマカロンの色目は同じピンクでも毎回微妙にことなりますので毎回新入荷となります。 ヨナスリンドホルム・マカロンの形状はホーン(角有り)とフラット(角無し)の2タイプで、表面の状態も色によって艶のある「シャイニー」と艶なしの「マット」の2タイプとなっています。 こちらは角ありのホーン、シャイニータイプのピンクです。 こちらのピンクは一色でなく白とピンクが混じったマーブル(大理石)のような濃淡が混ざったニュアンスのある薄めで桜を思わせるピンクです。 お菓子の「マカロン」に似せたこのキュートなセラミックケースはティータイムにはシュガー入れとして、化粧前ではアクセサリーケースとして、楽しくお使いいただけます。 「キャンドルスタンドとしてご使用しています」というお知らせをいただいたこともあります。 可愛いマカロンはこのままギフトにも、また、素敵なギフトを忍ばせたギフトボックスにも、、、アイディア次第で楽しいご利用法がいっぱいです。 それぞれのキュートなカラーとフォルムをお楽しみください。 Jonas Lindholm(ヨナス・リンドホルム)のマカロンは入荷量がとても少なく、カラーも同じものが入荷することが極めて少なく、全て【限定】とも言えます。 それぞれのキュートなカラーとフォルムをお楽しみください。 ご了承ください。 また、サイズ表記は目安としてお買い求めください。 また、ヤマト運輸宅急便にて発送の場合もございますが、配送会社のご指定はお受けできません。 また、海外転送サービスを利用してのご注文はお断りしております。 転送サービスをご利用いただいた場合はご注文を取消し キャンセル 致しますので、あらかじめご了承ください。 International shipping is not available. Your order of using the overseas transfer service, we have refused. Sorry.

次の

コロンブス Boot Black 「ブートブラック」ハイシャイン ベース(鏡面磨き用下地ワックス)【靴磨きセットの銀座大賀靴工房】

シャイン ホーン

お礼品の内容・特徴 創業以来50年もの長きに渡って、主に紳士靴の製造をしている株式会社ヒロカワ製靴・スコッチグレイン。 グッドイヤー製法にこだわり、東京都・墨田区での自社工場による一貫生産が技術と安定を担っています。 中でも「革」は、職人である社長自らが、世界各国の一流タンナーと直接交渉し、「質」にこだわり厳選。 底面は独特のひねりから生まれる素晴らしい履き心地。 オールソールやヒールなど修理も可能で長くお履きいただけます。 【生産者の声】 撥水シリーズのストレートモデルです。 多少の雨でしたら甲革が水滴を弾きます。 もちろん晴れ日にもお使い頂けます。 ソールは合成底「SGソール」を使用しています。 ブラックでサイズ26. 0cmのEEEウィズです。 付属品もシューズキーパー、乳化性クリーム、エコホーン、モーモーが付いています。 2726 ストレートチップ 【カラー】ブラック 【サイズ】26. ご使用により浸入することがございます。 ・革底は雨天等でご利用頂くと寿命が短くなることがございます。 ・汗を吸い易い為、毎日同じ靴をお履きにならず交互にお履きください。 ・中底は環境や体に配慮された天然皮革を使用している為「色落ち」する恐れがあります。 ・素材に合ったクリーム等でお手入れしてください。 ・防水スプレーやクリーナー等のご使用で、効果が得られず、シミや色落ちの原因になることがございます。

次の

コロンブス Boot Black 「ブートブラック」ハイシャイン ベース(鏡面磨き用下地ワックス)【靴磨きセットの銀座大賀靴工房】

シャイン ホーン

昔、革靴が黒のブーツタイプしかなく、磨くことにより黒さをアップさせたことから、 このように表現されたと言われています。 日本を代表するシューケア用品メーカーの「コロンブス」。 その最高級シューケア用品シリーズが「ブートブラック」です。 「ブートブラック」シリーズの中でも最高峰の製品が黒いフタの製品です。 選ばれた店舗しか取り扱いが出来ないシューケア用品。 クレジットカードのグレードに例えるならば、まさにブラックカードとも言える最高峰の逸品です。 さらにコロンブスをおすすめする理由として、気候の問題があります。 ヨーロッパと比べ、日本の夏は高温多湿です。 夏に使うシューケア用品は、日本の気候・風土に合った日本製のコロンブス製品をおすすめしています。 「ブートブラック」シリーズを使って、当店の紳士靴を磨きました。 まずは、ブラシで大きなホコリを取り除きます。 続いて、レザーローション(汚れ落とし)を使い、古いワックスやクリームを取り除きます。 布が真っ黒になりましたね。 汚れが取れています。 汚れが落ちた状態です。 ツヤがなくなりました。 ちなみに、この紳士靴の革は「」です。 続いて、シュークリームを塗り皮革に栄養を与えます。 クリームを塗るこつは、薄く塗ることです。 たくさん塗ればいいというものではありません。 布に少量をとって薄く伸ばしてください。 厚く塗り過ぎると、革が呼吸を出来ないと言われています。 靴クリームを塗り終えると、一度きれいな布で全体を磨いてください。 余分なクリームが取れるとともに、光沢も出てきます。 上の写真は「ハイシャイン・ベース」。 名前の通り、ハイシャイン仕上げをするための下地となる専用のワックスです。 ハイシャインベースは靴全体に塗ってもかまいません。 上の写真は靴全体に塗ったところです。 ハイシャインベースは、油性のワックスで、革の毛穴を埋め表面を均質化するために使います。 靴全体に薄く塗り、1〜2分乾かしますと、全体が白っぽくなってきます。 その後、メーカーさんの説明では、「布を湿らせて」と書いていますが、私のやり方は違います。 私は、「はあ〜!」と靴に息を吹きかけて、磨くポイントをまんべんなく湿気で覆います。 これがちょうどいい感じの湿り気となります。 また、つま先をピッカピッカに光らせたい場合は、つま先部分にハイシャインベースを2回重ね塗りをしてください。 ハイシャインベースは 薄く塗って下さい。 厚く塗るとまだらになる場合があります。 ハイシャインベースで磨きました。 ハイシャイン仕上げ専用のクロス ポリッシュクロスも販売しています。 続いて、ハイシャインコートを使います。 ハイシャインコートは乳化性のワックスです。 きれいな輝きのある皮膜を作るために使います。 乾くと硬い皮膜が出来ますので、使う場所が限られています。 靴のつま先部分及びかかと周辺のみにお使いください。 もう少し厳密に言うと、靴のつま先やかかとには「カウンター」と呼ばれる硬い素材が入っており、その硬い素材が靴の形状を保っています。 要は、カウンターの上部だけ、このハイシャインコートをお使いください。 革が曲がる部分などに使うと、コーティングがひび割れを起こします。 明るいところで、光沢を確認しながら磨いてくださいね。 また、ハイシャインコートも薄く塗って下さい。 厚く塗るとまだらになる場合があります。 ハイシャインコートで磨き上げました。 つま先とかかとはハイシャインコートで磨きましたが、それ以外の部分はシューポリッシュ(油性ワックス)を使って磨きます。 ハイシャイン仕上げ部分にシューポリッシュが重なっても問題はありません。 シューポリッシュも 薄く塗って下さい。 シューポリッシュを塗り終わったら、次に、きれいな布で磨き上げてください。 最後にパンストで全体を磨くとさらに光ります。 仕上がりました。 写真では分かりにくいかもしれませんが、ピカピカのハイシャイン仕上げです。 従来のハイシャイン仕上げは、何度もワックスを重塗りをしたり、適量の水を使ったりと、高度な技術が要求される技でした。 しかし、このハイシャインシリーズを使うと、誰でも簡単にハイシャイン仕上げが楽しめます。 しかも、一度ハイシャイン仕上げをすると、普通のワックスでハイシャイン仕上げをした時よりも、光沢が長持ちします。 靴磨き3回に1回ぐらいの割合でハイシャイン仕上げをしてください。 それで十分効果が続きます。 社長の井場元は、今まで、何千足もの靴を磨き続けてきましたが。 この「ブートブラック」ハイシャインワックスは一押しの靴用ワックスです。 自信を持ってお勧めできます。 写真左:。 従来のコバ用着色材は、コバ以外の箇所に液が付くと取れません。 しかし、このコバ用クレヨンならばその心配もなく、また傷などで少し凹んだところはパテのような感覚で傷を埋めることも出来ます。 なかなかの優れモノです。

次の