東京電力 電気料金。 電気料金プラン|東北電力

東京電力EP:電気料金の計算方法

東京電力 電気料金

東京電力圏内でおすすめの電力会社ランキング! まずは結論からお伝えしていきたいと思います!ここでは料金を含めて様々な要素を比較して総合力でおすすめの電力会社をランキング形式でご紹介していきたいと思います。 1位 ハルエネでんき ハルエネでんきは全国で電力を供給する会社で、特に飲食店や店舗におすすめの電力会社です。 豊富な電気料金プランと店舗サポートのためのサービスが充実しており、どの電気消費量に関わらず電気代を安くすることが可能です。 電力会社の中には消費電力が少ない場合、逆に料金が高くなってしまう場合もあるのですが、ハルエネでんきならそのような心配をしなくて良いのです。 2位 はなカメくん電気 はなカメくん電気は従量料金が一律で、毎月の消費電力が少ない場合には料金が高くなってしまいますが、消費電力が多ければ多いほど電気料金が安くなります。 具体的には毎月の消費電力量が1,000kWhを超えてくる頃…電気代で言うと3万円くらい使っている場合はおトクに契約することができます。 一般家庭の場合はそこまで大量の電気っを消費しないため、やはり事業者向けの色が強いかもしれませんね。 3位 グリーナでんき 電気料金は東京電力のプランと全く同じ料金であるため、安くなることはありませんが、最近は色々な場所に配慮することがトレンドですから、少しくらい高くても環境に良いものを使って社会貢献をしたいという殊勝な心意気をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そんな方におすすめなのはグリーナでんきです。 グリーナでんきはFIT電気と呼ばれる再生可能エネルギーによって発電された電気だけを提供する電力会社です。 比較する前に電気料金のシミュレーション方法は既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、念のためご説明いたします。 電気料金は「従量料金」と呼ばれるモデルが多く使用されており、これは使えば使うだけ料金がかかるというものだ。 さらに、一般的に東京電力を始めとする一般電気事業者が採用しているのは3段料金と呼ばれるものだ。 これは使用電力によって料金単価が変わるというもので、東京電力圏内の場合は以下の3パターンの料金単価があります。 1段料金(最初の120kWhまでの料金)• 3段料金(300kWh以上の料金) 一般電気事業者は、1段目の料金が安く、3段目の料金が高く設定されている。 電気とは公共性の高いものであるため、貧乏人である筆者にも気軽に使えるようにしてくれているのだ。 図にすると以下のような感じ。 例えば、1ヶ月に150kWhしか使用しなかった場合は電気料金は以下のような計算式になる。 月の電気消費量が500kWhだった場合の計算式は以下の通り。 52円 26. 00円 30. 02円 ハルエネでんき 19. 52円 26. 00円 29. 12円 ENEOSでんき 19. 52円 24. 09円 25. 75円 Looopでんき 27. 00円 27. 00円 27. 00円 シンエナジー 19. 42円 22. 20円 22. 48円 HTBエナジー 18. 46円 24. 62円 28. 44円 あしたでんき 25. 50円 25. 50円 25. 50円 ソフトバンクでんき 19. 33円 25. 74円 29. 72円 楽天でんき 19. 43円 25. 91円 26. 85円 東京ガスのでんき 23. 21円 23. 21円 25. 99円 はなカメくん電気 24. 06円 24. 06円 24. 06円 myでんき 18. 26円 24. 36円 28. 13円 niftyでんき 19. 52円 24. 73円 25. 54円 丸紅新電力 19. 43円 25. 91円 26. 85円 ミツウロコでんき 21. 43円 22. 63円 25. 24円 auでんき 18. 07円 24. 07円 27. 79円 グリーナでんき 19. 52円 26. 00円 30. 電気料金がどれくらい安くなるのか検証してみた さて、ここでは実際の電気料金を比較していくために、便宜上パターンを決めておきたいと思います。 というのも、233kWhの場合、234kWhの場合と比較していっても、読者の皆様にメリットはないからです。 そこで、誠に勝手ながら以下の3パターンで比較させていただきます。 毎月の消費電力が250kWh(電気代5,722円)• 毎月の消費電力が500kWh(電気代13,026円)• 毎月の消費電力が2,000kWh(電気代58,056円) この3パターンで東京電力から新電力会社に乗り換えるとどれくらい安くなるのかを以下の表でまとめてみた。 最安値はシンエナジー 今回比較してみた結果、東京電力エリアで使用できる電力の中で電気量料金が最も安い電力会社はシンエナジーとなりました。 ただ、最近は再エネを利用できる電力会社やガスとのセット割など電気料金以外の部分でお得な電力会社も多数でてきています。 本項では電気料金のみの比較をしましたが、ここで比較してきた内容はあくまで参考にしていただき、常に新しい情報を確認してそれぞれの電力会社のメリット・デメリットを検討した上で電力会社を選ぶことをおすすめします。

次の

料金・使用量のご確認│くらしTEPCO web

東京電力 電気料金

世帯人数別におすすめの電力会社を紹介します。 一人暮らし世帯には 条件 おすすめの電力会社 東京ガスのガスを契約中 ずっとも電気1 東京ガスの契約無し 2・3人世帯で、かつ東京ガスのガスを契約している場合は、の「ずっとも電気1」というプランがおすすめです。 月275円のセット割引があるので、トップクラスの低料金となります。 関連記事• 東京ガスのガスを使っていない場合は、がおすすめです。 電気料金だけでトップクラスの安さを実現しています。 関連記事• 4人以上の世帯には 電気を多く使う4人以上の世帯では、が安いです。 新電力大手のF-Power社が提供しています。 注意点としては1年以内に解約すると2千円の違約金が発生します。 違約金が発生するプランを避けたい場合にはがおすすめです。 入会特典としてキャッシュバックがあるので、ピタでんよりもお得に使える場合もあります。 関連記事• オール電化住宅には オール電化プランを契約している場合は、上で紹介した新電力のプランに切り替えることで、かえって料金が高くなってしまいます。 必ずオール電化用プランに切り替えてください。 関連記事• ガスの自由化も 2017年4月からは、ガス会社も選べるようになりました。 元々の料金が安いため乗り換えのメリットは電気よりも小さいですが、年間数千円以上の節約になります。 内容 ガス料金 電気料金 月合計 月の差額 東京ガスのガスと 東京電力の電気 5007円 9306円 14313円 - 電気・ガスともに東電 4857円 9156円 14013円 -300円 電気・ガスともに東ガス 5007円 8573円 13580円 -733円 のガスと 4797円 8620円 13417円 -896円.

次の

東京電力と東京ガスどっちにまとめるべき?セット料金を比較!

東京電力 電気料金

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか? 電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。 電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか? 電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです! インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!• 質問に答えるだけの簡単診断• 詳細な条件で比較したい方はこちら• 詳細な条件で比較したい方はこちら 東京ガスの電気料金プランの特徴とは? 電力自由化によって電気供給に参入した東京ガスは、北関東にエリアを広げ東京電力と販売シェアを競い合う存在になっています。 その人気の電気料金プランを紹介します。 大きく3つが準備されています。 一般の家庭向けの「」(東京電力の「」相当)、商店や店舗向けの「」(東京電力の「」相当)が主流です。 さらにモーターの動力を使う商店などに向けて「ずっとも電気3」(東京電力の「低圧電力」相当)があります。 これらのプランの料金体系 上のリンク先参照 と比較してみると、基本料金については東京電力、東京ガスともに同じ金額で変わりがないことがわかります。 東京ガスの特徴は、3段階の電力量料金のうちの2段階目と3段階目がかなり割安となっていること。 つまり使用量の多い家庭ほど東京電力よりも東京ガスで契約をした方がお得になるのです。 また東京ガスは、東京電力と比較して第1段階料金と第2段階料金の差が小さいため、毎月の電気使用量が350kWh程度であれば、割高の第3段階料金を払う必要がなくなり電気料金が安くなる仕組みになっています。 東京ガスと東京電力どっちがお得? 実際には東京ガスと東京電力を比較すると、どちらがどれくらいお得なのでしょうか。 東京電力の一般家庭向け基本プラン「東京電力従量電灯B」と、これに相当する東京ガスの一般家庭向けのプラン「ずっとも電気1」をインズウェブのにてシミュレーションしてみました。 まず電気使用地の郵便番号を入力、続けて世帯の人数や、アンペア数、電気の使用量などの情報を入力します。 次に検針票記載の供給地点特定番号・お客さま番号などを入力すると、算出された年間電気使用量から1年分の電気料金がシミュレーションされます。 今回は40アンペアで契約しているものとし、8月の電気使用量を400kWhとしてシミュレーションしました。 各月の使用量は、電気事業連合会の電力需要実績のデータをもとに自動入力されます。 もちろん、各月の使用量を個別に入力することも可能です。 結果は東京電力では年12万606円であるのに対し、東京ガスは11万6,579円です。 その差は4,027円で東京ガスの電気料金の方が安くなることがわかりました。 また都市ガスで東京ガスを契約していれば「ガス・電気セット割」の適用でさらに年間3,300円が割引になり、東京電力との年間電気料金の差額は7,327円になります。 (10%消費税) 電力自由化による節約効果がはっきりとわかるシミュレーション結果になりました。 さらにお得に!東京ガスならではのサービスとは 東京ガスの最も特徴的なサービスは、各メニューに付け加えることができる「ガス・電気セット割」です。 これは都市ガスを東京ガスで契約していれば、ガス・電気両方にセット割が適用となり電気料金は月額275円割引になります。 「電気とガスの使用場所が同じであること」「契約者が同じであること」「ガス料金と電気料金を合算して支払うこと」が適用条件になりますが、ガス供給会社ならではの特典と言えます。 そのほかにも東京ガスは生活に関するさまざまなサービスを提供しています。 「ガス・電力セット割」を契約すると、水まわり・鍵・ガラスのトラブル時に24時間対応してくれる「生活まわり駆けつけサービス」が最大2年間無料になります。 また、レシピ動画サービスの「クラシル」の有料機能が利用できたり、インターネット接続サービスも加えた「トリプル割」、myTOKYOGAS会員を対象にした「パッチョポイント」サービスなども魅力的です。 他の電力会社のポイント還元率は0. 5%が多い傾向なのに対し「パッチョポイント」の還元率は1. 5%となっています。 電気料金1,000円につき15ポイントが付与され、支払いのたびにどんどんポイントが貯まります。 東京ガスの電力を契約するときの注意点とは? 電気料金も格安なうえ、さまざまなサービスや特典のある東京ガスの電力ですが、契約の際に注意することがあります。 電気料金メニューの特徴により、お得感を感じることができるのは、すでに東京ガスを利用し電力をある程度消費している世帯となります。 電気をあまり多く使わない世帯はかえって高くなる可能性も。 また「ずっとも電気1」の契約アンペアは30アンペアから60アンペアに限られ、20アンペア以下は申し込みができないので気をつけましょう。 ひとり暮らしなどの世帯では東京電力の従量電灯Bの方がお得になる可能性が高いので、シミュレーションで確認してみるのが良いでしょう。 また東京ガスには「オール電化」向けプランの設定はありません。 電気料金の単価は一律で時間帯によって変わらないので、オール電化プランで安い夜間電力を使っている家庭ではお得感を感じにくいかもしれません。 東京ガスの電力は電気料金の節約に期待できる! 東京ガスは、電気を多く使うファミリー世帯には非常にお得感のあるプランをそろえていることがわかりました。 一方、電気をあまり使わないひとり暮らしなどの世帯にとっては割高になってしまうこともあります。 などを利用した簡単なシミュレーションでいくつかのプランを比較し、電気使用量と世帯に合った電力会社を選びましょう。 ひとり暮らし以外のほとんどの世帯で電気料金が節減できるうえ、契約を解除しても違約金が発生しないので乗り換えをして試してみる価値はあります。 また、東京ガス以外にも多くの電力会社が参入しています。 条件によって東京ガスよりもお得になる電力会社もありますので、この機会に一度電力会社の乗り換えを検討してはいかがでしょうか。 この記事のまとめ 東京電力の従量電灯Bから東京ガスのずっとも電気1に切り替えることで、電気使用量が少ない人以外は節約することができます。 自分がどれだけ節約できるのか、他にもっと電気代を安くできる電力会社はないのか知るには比較サイトを利用すると便利です。 当サイトでもを提供しているのでぜひご利用ください。

次の