痰 が 絡む 病気。 喉に痰が絡む原因は!色でわかる11の病気をご紹介!

〜常に痰が絡む〜【痰.com】痰が絡む原因と病気

痰 が 絡む 病気

ここでは常に痰が絡んでいるケースについて説明していきます。 日頃からいつも痰が絡んでいるという方も少なくありません。 特に高齢者の方で喫煙歴の長い方は、しょっちゅう痰が絡んでいる方も多いでしょう。 常に痰が絡む場合には様々な原因が考えられますが、やはり病気の症状として現れていることもあるので注意する必要があります。 常に痰が絡む病気としては、以下のような病気が考えられます。 ・喘息 ・慢性閉塞性肺疾患 ・甲状腺の病気 sponsored link :喘息と聞くと咳込んだりヒューヒューといった呼吸音を思い浮かべますが、実は痰が絡むのも症状の一つとして挙げられます。 特に喘息はアレルギー反応によるものが多く、ホコリや煙、気温の変化などの刺激に気管支が過敏に反応してしまうものです。 人によってアレルギーの原因は違いますが、アレルゲンが身近な場合は常に喘息の症状が現れてしまいます。 :慢性閉塞性肺疾患(COPD)は別名タバコ病とも呼ばれる病気で、咳や痰や息切れなどの症状が日常的に現れます。 その原因はタバコの煙などの有害物質を長期間吸入し続けることです。 これにより気道の炎症や肺胞が傷付き、呼吸器の閉塞によって日頃から常に息切れや咳と痰などの症状が現れます。 :バセドウ病や橋本病などに代表される甲状腺の病気も、常に痰が絡むことのある病気として挙げられます。 甲状腺の病気は甲状腺機能亢進症と甲状腺機能低下症に分けられ、簡単に言うと亢進症は機能が常にフル稼働な状態、低下症は機能が落ち込んだ状態で、どちらにしても体に支障を来たします。 このように長期間ずっと痰が絡むと悩んでいる方は、何かしらの病気の症状として現れている可能性も考えて、早めに医療機関で診てもらうようにしましょう。 sponsored link このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

次の

痰が絡む原因と対処法!5つの病気の可能性について徹底解説!

痰 が 絡む 病気

本調査では、まず、痰が絡む症状は病気の徴候かという質問を行ったところ、40%の医師が「ややそう思う」と回答。 その後を、「どちらともいえない」「そう思う」が続きました。 続いて痰が絡む咳で多い呼吸器疾患について質問したところ、「急性気管支炎」と答えた方が最も多く、次いで「感冒」「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」という結果になりました。 また、薬を服用する以外に自分でできるおすすめの痰の対処法について最も多く挙げられたのが「空気が乾燥しないように加湿する」であり、その後「水分を摂取する」「咳をして痰を切る」が多かったです。 薬以外のセルフケアを試したいという方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。 しかし、痰は病気の徴候だとの見解もあることから、あまりに痰が絡む症状が続く場合には病院を受診することをおすすめします。 痰が絡むという症状に苦しめられた経験のある方は多いのではないでしょうか。 このような症状が続くと、なにか疾患を抱えているのではと不安に思う方もいらっしゃるとおもいます。 もしも疾患であれば、どのようなものが多いのでしょう? また、薬以外で痰を出せる対処法があれば知りたいところだと思います。 そこで今回は、「痰は病気の徴候か」、「痰が絡む咳で多い呼吸器疾患は何か」、「薬を服用する以外に自分でできるおすすめの対処法は何か」について、一般内科医、総合診療医、呼吸器内科医の計530名に聞いてみました。 痰が絡む症状は病気の徴候か? 「痰が絡む症状は病気の徴候ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。 そう思う• ややそう思う• どちらともいえない• あまりそう思わない• そう思わない• 50代男性 一般内科 「ややそう思う」 痰の色にもよりますが、黄色だと危険です。 40代男性 一般内科 「ややそう思う」 痰が増えていることは鼻水などの気管支への流入が増えていることを指すため、病気の可能性が高いです。 50代男性 一般内科 「ややそう思う」 慢性気管支炎が多い印象があります。 50代女性 呼吸器内科 「ややそう思う」 慢性気管支炎が考えられます。 60代女性 一般内科 「ややそう思う」 慢性気管支炎の表れでしょう。 40代男性 総合診療 「ややそう思う」 痰が出るのはタバコの吸いすぎだと考えられます。 50代女性 一般内科 「どちらとも言えない」 慢性的に出ている方もいますが、鼻水が落ちてくるのを痰だと思っている方もいるようです。 50代男性 一般内科 「どちらとも言えない」 のどの乾燥によるものも多いと思います。 50代男性 一般内科 「どちらとも言えない」 口や喉が乾燥気味という場合もあります。 40代女性 一般内科 「どちらとも言えない」 喫煙者に多く見られます。 50代男性 一般内科 「どちらとも言えない」 鼻汁が痰となって出ている場合もあるため、どちらとも言えません。 40代男性 呼吸器内科 「どちらとも言えない」 鼻汁の後鼻漏の場合もあると思います。 50代男性 一般内科 「そう思う」 何もないのに痰が絡むことは、まずないと思います。 60代男性 一般内科 「そう思う」 慢性気管支炎など呼吸器系炎症性疾患の症状です。 50代男性 一般内科 「そう思う」 喫煙によるものはニコチン中毒という病気です。 60代男性 総合診療 「そう思う」 慢性気管支炎などが気になります。 50代男性 呼吸器内科 「そう思う」 慢性気管支炎や鼻炎の可能性があります。 80代男性 一般内科 「あまりそう思わない」 喫煙によるものだと思うので、病気というほどではないと思います。 50代男性 総合診療 「あまりそう思わない」 喫煙の影響が圧倒的に高いと思います。 50代男性 呼吸器内科 「そう思わない」 喫煙者の場合、病的意義がなく痰が出やすいです。 回答内容を問わず医師の間では、 『慢性気管支炎』という疾患名がよく目立ち、痰が絡んだ時の症状として多く挙げられた病気となっています。 ちなみに、慢性気管支炎については以下のように説明されています。 慢性気管支炎に伴って気流閉塞が起こると、慢性閉塞性気管支炎とみなされます。 また、今回の調査では「タバコ・喫煙」に関する意見が多く挙げられており、 「タバコの吸いすぎが原因で痰が出る」「喫煙者は病気じゃなくても痰が出る」「喫煙の影響が圧倒的に高い」などのコメントが多くありました。 喫煙者の場合は、タバコの吸いすぎが原因で痰が絡む症状が起こっている可能性があるようです。 続いて、痰が絡む咳で考えられる疾患について聞いていました。 痰が絡む咳で多い呼吸器疾患について 「痰が絡む咳で多い呼吸器疾患は何ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。 急性気管支炎• 慢性閉塞性肺疾患(COPD)• 気管支喘息• 気管支拡張症• 副鼻腔気管支症候群• その他 以下が結果となります。 30代女性 一般内科 「急性気管支炎」 頻度の高い疾患を考えると急性気管支炎ではないでしょうか。 50代男性 一般内科 「急性気管支炎」 慢性の気管支炎が多いと思います。 40代男性 一般内科 「急性気管支炎」 喫煙や空気の汚れでも出ます。 50代男性 一般内科 「急性気管支炎」 ニコチン依存症もあります。 50代男性 一般内科 「急性気管支炎」 痰が絡んだ咳の症状があれば、とりあえず気管支炎と診断します。 50代男性 一般内科 「感冒」 いわゆるウイルス性の感冒が最も多いです。 60代男性 総合診療 「感冒」 経験した数では感冒が一番多いです。 40代男性 一般内科 「感冒」 頻度としては感冒が圧倒的に多いと思います。 40代男性 一般内科 「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」 タバコの影響が一番だと思います。 50代男性 一般内科 「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」 喫煙者全般に言えることだと思います。 30代女性 一般内科 「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」 喫煙との関連が深いと考えます。 調査をしたところ、 痰が絡む咳で多い呼吸器疾患として最も多く挙げられたのは「急性気管支炎」、次いで「感冒」「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」という結果となりました。 上位3つに回答された疾患は以下のように説明されています。 原因はほぼ常にウイルス感染である。 病原体が同定されることはまれである。 最もよくみられる症状は咳嗽であり,発熱は伴うことも伴わないこともあり,また喀痰産生を伴うことがある。 また、「喫煙や空気の汚れでも出ます」、「ニコチン依存症もあります」など、タバコが原因で痰が絡み、急性気管支炎を患うのではないかと指摘する意見もありました。 感冒と回答した医師からは経験した数をもとにコメントが寄せられています。 さらに慢性閉塞性肺疾患(COPD)と答えた方のほとんどは、タバコについて言及しており、やはり最初の質問でもあったように、タバコの吸いすぎが、痰が絡む症状につながるという意見は多いようです。 最後に、痰が絡んだ場合の薬以外で出来る対処法について質問しました。 痰が絡む場合のおすすめの対処法について 「痰が絡む場合、薬を服用する以外に自分でできるおすすめの対処法は何ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。 水分を摂取する• 空気が乾燥しないように加湿する• 室温を一定に保つ• 温かい飲み物を飲む• 味の濃いもの、辛いものは避ける• 咳をして痰を切る• その他 以下が結果となります。 40代男性 一般内科 「空気が乾燥しないように加湿する」 保湿と去痰剤が有効と思います。 60代男性 一般内科 「空気が乾燥しないように加湿する」 乾燥しているとそれだけで痰が絡んだ咳が出ます。 50代男性 呼吸器内科 「空気が乾燥しないように加湿する」 十分に加湿し寒冷を避けることが大事です。 70代男性 一般内科 「水分を摂取する」 脱水を防ぎ、痰切れをよくします。 40代男性 呼吸器内科 「水分を摂取する」 多くの水分を取って、痰の喀出に努めるべきと思います。 50代男性 一般内科 「水分を摂取する」 水分とって痰を出しやすい状況作って、咳をするしかないでしょう。 60代男性 呼吸器内科 「咳をして痰を切る」 咳をして痰を出したほうがいいと思います。 50代男性 呼吸器内科 「咳をして痰を切る」 水分摂取で粘稠度を下げ、咳で喀出できるように鎮咳薬は体力消耗時以外はなるべく最小限にします。 調査の結果、痰が絡む場合、薬を服用する以外に自分でできるおすすめの対処法について 最も多く挙げられたのが「空気が乾燥しないように加湿する」であり、次いで「水分を摂取する」「咳をして痰を切る」となりました。 加湿を推奨している方は全体の約7割であり、 「空気が乾燥しているとそれだけで痰が絡んだ咳が出る可能性がある」と指摘するコメントもあります。 おすすめの対処法として2番目に多かった回答は「水分を摂取する」であり、水分を摂って痰を出しやすい状況を作ることを推奨する意見もありました。 水分を摂取することにより、脱水を防ぐだけでなく痰が出やすくなるとのコメントもあります。 一方、咳を和らげたり我慢したりするのではなく、むしろ咳をして痰を切る方が良いと考える医師もいました。 セルフケアとして、このようなことを試してみても良いのではないでしょうか。 痰は病気のサインの可能性もある 本調査では、まず、痰が絡む症状は病気の徴候かという質問を行ったところ、過半数の医師が肯定的な見解を示しました。 医師のコメントによると、「鼻水などの気管支への流入が考えられる」、「痰が出るのはタバコの吸いすぎ」、「痰が黄色だと危険」などの考えから、痰は病気の兆候だと判断するようです。 また、痰が絡む咳で多い呼吸器疾患について質問したところ、「急性気管支炎」と答えた方が最も多く、次いで「感冒」「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」という結果になりました。 タバコが原因となるケースもあるようですが、このような疾患を発症している可能性もあるため、なるべくなるべく医師に診てもらった方がよいかもしれません。 また、痰が絡む場合、薬を服用する以外に自分でできるおすすめの対処法について最も多く挙げられたのが「空気が乾燥しないように加湿する」であり、その後「水分を摂取する」「咳をして痰を切る」が続いています。 薬以外のセルフケアを試したいという方は、ぜひこちらを参考にしてみてください.

次の

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

痰 が 絡む 病気

痰はなぜ出るの? 痰がなぜ出るのかご存知でしょうか? 私たちは呼吸をする際に、多くの異物を吸い込んでしまっています。 異物とは、細菌やウイルス、花粉、ホコリやカビのことです。 そして、異物が体内に侵入するのを防ごうという防御反応で、気道の分泌物が増加します。 分泌物と異物が混じったものが痰として排出されているのです。 痰は、原因となっている事によって色が違ってきます。 下記に挙げた、痰の原因となる病気とともに、痰の色もチェックしてみてください。 急性気管支炎 気管支にウイルスが入り込むことで気管支の粘膜に炎症が起こり、咳や痰の症状が引き起こされます。 風邪やインフルエンザを併発することも多く、 発熱を伴うことがあります。 通常の急性気管支炎が原因の場合、痰は 透明に近い状態ですが、 細菌感染してしまうと痰の状態は 黄色くなります。 慢性気管支炎 原因がわからない咳や痰の症状が3ヶ月以上続き、しばらく治まってはまた3ヶ月以上続く…が2年以上にわたって繰り返されている状態を慢性気管支炎と呼びます。 原因は不明とされていますが、長期間の喫煙が原因となっているのではないかと言われています。 慢性気管支炎で 細菌感染の場合、痰は 濃い黄色または緑色をしています。 スポンサードリンク 気管支拡張症 気管支が拡張したまま元に戻らなくなる病気を気管支拡張症といいます。 慢性気管支炎と併発していることが多い病気です。 こちらも慢性的に咳が続き、多いと1日に100ml以上の痰が出ることもあります。 痰の色は 黄色または緑色ですが、 悪化した場合には血が混じることもあります。 急性咽頭炎、急性肺炎 体内に侵入した、ウイルスや細菌によって、咽頭が炎症を起こした状態を急性咽頭炎、肺が炎症を起こした状態を急性肺炎といいます。 どちらも風邪やインフルエンザを併発することが多く、 発熱や喉の痛みを伴うことがあります。 ウイルスや細菌が原因の場合は、 黄色く粘り気のある痰が出るといった症状が起きます。 びまん性汎細気管支炎 気管支と肺をつなぐ呼吸細気管支と呼ばれている部分が炎症を起こす病気です。 こちらの特徴は、 長期的に咳や痰、息切れの症状があらわれます。 また、副鼻腔炎を併発していることも多いようです。 40~50代に発症することが多く、びまん性汎細気管支炎の場合には 濃い黄色をした痰が出ます。 アレルギー性気管支炎 花粉やハウスダストなどにより、気管や気管支が炎症を起こした状態をアレルギー性気管支炎といいます。 痰以外にも喘息のような 咳や胸の痛みなどの症状があらわれることもあります。 喘息になった状態は気管支喘息と呼ばれます。 痰は 無色透明で粘り気のある痰です。 非細菌性感染症 急性気管支炎や急性肺炎などのような細菌感染ではなく、 ウイルス感染による気管支炎のことを非細菌性感染症と呼びます。 アレルギー性気管支炎と同じように痰は 無色透明で粘り気のある痰です。 慢性閉塞性肺疾患(COPD) せきや痰、息切れなどの症状を引き起こす慢性閉塞性肺疾患は高齢者によく見られる病気です。 痰は粘り気があり 無色透明ですが、 気管支炎や肺炎を併発すると 黄色または緑色になることもあります。 長期間の喫煙が原因で引き起こされる病気です。 スポンサードリンク 肺ガン 肺ガンになると 咳や痰、息切れなどの症状が引き起こされます。 原因のほとんどは喫煙とされています。 ガンの中で最も死亡者が多いのが肺ガンですが、早期発見できると助かる可能性が高くなる病気です。 痰の色は 無色透明、または血が混じることもあります。 肺結核 結核菌が肺に侵入することで引き起こされる感染症を肺結核といいます。 せきや痰、胸の痛み、発熱などの症状が引きおこされます。 血の混じった痰が出ることがあります。 肺梗塞 肺梗塞症は肺の一部に血が行き渡らなくなり壊死してしまう病気です。 血栓が肺動脈に詰まる肺塞栓症が原因になることが多く、症状としては 咳や痰の他に 胸の痛みがあげられ、 悪化すると血の混じった痰が出ます。 まとめ のどに痰が絡む原因にはさまざまな病気の可能性があることがわかりました。 今回ご紹介した病気以外にもストレスや乾燥が原因で痰の症状がでることもあります。 風邪などで一時的な症状の場合には心配いりませんが、痰が重大な病気につながることもあります。 長期間痰が絡む症状がある場合には 耳鼻咽喉科か 内科を受診しましょう。 痰の対処法についてはこちらの記事をご参考下さい。

次の