混一色。 混一色

ホンイツ(混一色)の基本条件を解説!鳴くと1翻下がる喰い下がり役です【麻雀】

混一色

概要 [ ] 使用できる牌は の6種に限られる。 したがって形では作れない(七対子の4枚使いを認める場合はこの限りではない)。 の順子でが可能である(チーして作ることができる役満は、ローカル役を除けば他にとしかなく、どちらも役に関係のない部分でしかチーできないので、緑一色は役に関係するチーが可能な唯一の役満である)。 大抵の場合して和了に向かうことになるが、字牌系の役満にも劣らぬ派手な副露になって、少なからず警戒されることもある。 最終形がのある形になることもあり、待ちや待ちなどで安目に出た場合はただの(もしくは)になってしまう落差の激しい役でもある。 難易度は高いものの理論上は・との複合がありうる。 同じ6種限定の役満にはがあるが、緑一色と清老頭を比較した場合の頻度の差についての詳細はを参照のこと。 歴史 [ ] 元々の中国ルール・日本ルールには存在せず、西海岸 で考案され逆輸入された役である。 緑一色という名称も英名のAll Greenを訳したもので、そのままカタカナで オールグリーンと別称されることもある。 古くは「全緑」「総緑」とも呼ばれた。 また、一説にはが潜行するとき艦内の照明が緑の蛍光灯(Goサイン)になることから考案された役とも言われている。 なお、アメリカ発祥の役はこの他にがある。 發の有無 [ ] ルールによっては、をまたはで使うことを緑一色の必須条件としている場合がある。 そもそも緑一色が日本に入ってきた当初はが必須で、のみで構成された手(いわゆるなし緑一色)は単なる・として取り扱っていた。 現在でも伝統的なルールを踏襲して、なし緑一色を緑一色として認めないルールがある。 緑一色が日本に持ち込まれた当時、得点の上限は満貫だった。 ありの緑一色は当時から満貫役として扱われていたが、のない形でも清一色と断ヤオ九の複合により数え満貫になった。 つまりが含まれようと含まれまいと得点は変わらないため 、わざわざなしの形を満貫役と定義しておく必要がなかった。 ところがその後点数体系がどんどんインフレ化してゆき、タンヤオ清一色の価値が相対的に下がってくると、を含まない形も緑一色として認めるようになり、現在ではの有無を問わないルールのほうが一般的になっている。 逆に「を使わない」という条件を課した方が、使える牌種が5種となり難易度が上がるため、なし緑一色をダブル役満とするケースもある。 では緑一色は最高位の88点役に設定されているが、複合役を加算する結果、なし緑一色の方があり緑一色よりも価値が高くなっている。 すなわち、ありの場合は緑一色(88点)に混一色(6点)で計94点だが、なしの場合は緑一色(88点)に清一色(24点)と断幺(2点)が加算されて計114点となる。 なお、比較的よく知られたローカル役満であるにとっては唯一の複合可能役である。 また、そうなった場合は緑一色の構成する牌の種類が最少の4種になる。 牌姿は門前であれば4枚使いによるの・もしくはとなる。 牌姿の例 [ ] (例)緑一色が確定しているケース のシャンポン待ち。 (例)高目と安目があるケース のリャンメン待ち。 この牌姿では、高目と安目の差は実に16倍である。 (例)変則待ちのケース 待ちはとだが、では緑一色にならない。 この牌姿では、ので安目の待ちを消すことができる。 あるいは、引き・ポン・ポン・ポンのいずれかからを切ることで、緑一色の確定する形に受け変えることができる。 この例の他にも、緑一色が確定しない変則待ちは数多くのパターンがある。 (例)のないケース のシャンポン待ち。 ナシ緑一色を認めない場合、この手はの倍満となる。 何を切っても役満テンパイ [ ] 麻雀クイズなどで、「(槓および副露のない状態で)何を切っても役満聴牌となる牌姿を作れ」という問題が出されることがある。 正解は2つあるが、1つが緑一色に絡んだ下図の牌姿である。 ここからどの牌を切っても嵌の聴牌となる(またはの代わりにを使った形はを切った場合にの他に役満にならないの待ちがある)。 この問題は1970年代に山川肇という人物によって考案されたものと言われており 、が同じ牌姿を『』の作中で使っている。 なお、もう1つはが絡んだ下図の牌姿である。 字牌を切れば両面一四索の小四喜、数牌を切ればもう一方の数牌待ちでの大四喜四暗刻単騎となる。 数牌は搭子を形成していれば何でも構わない。 脚注 [ ]• p41。 p99。 『カラー版 麻雀教室』、1986年。 p146が緑一色の項で、カッコ付きでオールグリーンと記載されている。 p112-p113。 2012年5月23日閲覧。 2012年5月23日閲覧。 2011年1月12日閲覧。 関連項目 [ ]• - 緑一色をヒントに考案されたローカル役満。 緑一色とは逆で とを使う。 使用可能な牌種が5種しかなく、順子を作ることもできないため、緑一色より難易度が高い。 - 緑一色のをに置き換えた古役。 がないと發なし緑一色と同じ牌姿になるので、こちらはが必須である。 萬緑叢中紅一点ともいい、緑一色より歴史が古い。

次の

混一色(ホンイツ)

混一色

ホンイツ 混一色 は1種類の牌と字牌のみで手牌を構成すると成立する3翻役です。 鳴くと喰い下がり2翻となります。 漢字では「混一色」と書き、正式にはホンイーソーといいますが、大体の場合略してホンイツといい、チンイツなどと合わせて「染め手」とも言われます。 見た目よりも簡単に作ることができ、出現率はそれなりに高いです。 この記事では、そんなホンイツの基本や注意点など、詳しく解説していきます。 ホンイツのアガリ形 ホンイツ(混一色) 3翻役 鳴きOK ホンイツの基本条件 ホンイツは萬子・筒子・索子のうち、いずれか1種類と字牌のみで手牌を構成すると成立する役です。 鳴いても成立するため、見た目の割に出現率は高く、1翻役のイーペーコーよりも高いです。 ホンイツはチンイツ 清一色 、ツーイーソウ 字一色 、リューイーソー 緑一色 と合わせて「染め手」と呼ばれます。 染め手全般に言えることですが、捨て牌や鳴きで他家にバレやすいので、染め手を狙うなら上手くカモフラージュしながら打つことが大切です。 ホンイツのメリット ホンイツを目指す際のメリットとして以下の2点が挙げられます。 意外と出現率が高くアガリやすい• 他の役と複合して高得点になりやすい それぞれを解説します。 意外と出現率が高くアガリやすい 先程も紹介しましたが、ホンイツは1翻役のイーペーコーよりも出現率の高い役です。 鳴いても成立することが出現率の高い理由でもあります。 また、数牌は萬子・筒子・索子のうち1種類の牌しか使用できないため待ちが多くなり、ツモアガリ、ロンアガリともに出やすくなります。 他の役と複合して高得点になりやすい ホンイツはメンゼンで3翻、鳴くと2翻の役ですが、他の役と複合しやすく得点が高くなりやすいです。 例えば役牌と合わせるだけで4翻となり、満貫の手になります。 配牌から字牌が多かった場合などは、鳴きながら手を進め、トイトイとも複合しやすいです。 一緒に狙いたい役はこの記事の最後にまとめて紹介します。 ホンイツのデメリット ホンイツのメリットは魅力的ですがデメリットもあります。 「 」「 」ノベタンの待ち 筒子であれば「 」以外の牌すべてがアガリ牌となり、初心者の人は見落としてしまいがちです。 見逃してしまうとフリテンとなってしまうので注意しましょう。 多面張は初心者の人には分かりづらいので訓練して慣れていくしかありません。 メンホン・タテホン・バカホンとは? メンホン・タテホン・バカホンといった言葉を聞いたことがある人も多いと思います。 これらはすべてホンイツの形の呼び方です。 メンホンは門前のホンイツのことをいい、「メンゼンホンイツ」を略した言い方です。 タテホンも門前のホンイツのことをさし、その名の由来は、鳴きが入ってない状態すなわち「牌が全て立っている」ということで「タテホン」ということです。 バカホンは役がホンイツのみで、ドラも乗ってなく鳴いて作られた形のことをいいます。 由来はわかりませんが、ホンイツは他の役と複合しやすいのに、鳴いているにもかかわらずホンイツのみの馬鹿手。 といったところだと思います。 鳴きを入れる場合は「123」「456」「789」という順子になるように鳴きましょう。 ホンイツ+トイトイ すべてのメンツを刻子で揃えるトイトイとも相性が良いです。 うまく手が進めばサンアンコウも複合でき、一気に得点が上がります。 まとめ ホンイツは初心者にもわかりやすく狙いやすい役なので、鳴いて作ろうとしてしまいがちです。 鳴いて手が進むのは良いですが、他家に情報を与えてしまったり、防御力が下がってしまったりするので、安易な鳴きはしないようにしましょう。 ホンイツのポイントである、.

次の

ホンイツ

混一色

【目次】• 混全帯么九(チャンタ)が成立する条件 チャンタは、数牌の1か9(「端牌」)と字牌をすべての面子と雀頭に使って手を揃えると成立する2翻役です。 2~8の数牌だけを使って手を揃える とは真逆の役と言えるでしょう。 ただし、同様の条件で面子をすべて刻子で揃えると混老頭( )という別の役になるため、順子がひとつは必要です。 途中までチャンタになるかどうか分からない形でも、最終的に条件を満たしていれば成立します。 例: アガリ 上記の 待ちの手牌ですと、 の場合チャンタは付きませんが、 でアガれば端牌と字牌を含む面子・雀頭のみとなりチャンタが成立します。 上位役:純全帯么九(ジュンチャン) 純全帯么九( )は、チャンタの上位役です。 字牌を含まずに、数牌の1と9を含む面子と雀頭だけで手牌を揃えると になります。 純全帯么九=字牌のないチャンタ アガリ 混全帯么九(チャンタ)と相性の良い役 チャンタは、手牌のすべてが必ずしも順子というわけではありませんが、混老頭との兼ね合いの関係上、順子がひとつは含まれることになるので、順子系の役と相性が良いです。 混全帯么九(チャンタ)+ 役牌(ヤクハイ) チャンタの条件に含まれている「字牌」は、役牌であってもそうでなくても問題ありません。 可能ならば、役牌の刻子も手のなかに入れられれば打点向上につながります。 アガリ 混全帯么九(チャンタ)+ 三色同順(サンショク) 同じ数字の順子を3種類の数牌で揃える三色同順( )は、チャンタと非常に相性の良い役です。 順子を中心にチャンタを目指す場合、使える数字は123か789の2種類しかありませんので、どちらかの数字で3種類揃えれば、 との複合が可能です。 ただし、使える数牌の種類がかなり限られてしまうので、字牌を多く持っていないと難易度は高いです。 アガリ 混全帯么九(チャンタ)の注意点 待ちが悪くなりがち チャンタは、字牌や端牌を必要とする役なので、シャンポン形や12や89のペンチャン形などの愚形が残りやすい役です。 手を進めていくうえでも難易度が高いですし、最終的にはチャンタ確定の愚形か片アガリのリャンメン形になってしまいます。 待ちが悪いということは、結果的に速度が遅くなってしまったり、他家との競り合いに負けてしまったりする可能性が高くなりますので、チャンタを狙う際はその点に留意しましょう。 赤牌を使えない チャンタは456などの中張牌を使うことができない役なので、赤ありルールの場合でもドラの赤5牌を手のなかで使用できません。 チャンタ自体の打点もそれほど高いわけではないので、配牌や序盤のツモで赤5を引いたときは、無理にチャンタを狙わず他の役を視野に入れて進めることをお勧めします。 混全帯么九(チャンタ)のまとめ チャンタは、 の正反対ともいえる役であり、初心者の方でも さえ覚えてしまえば習得するのは難しくありません。 ですが、端の数牌や字牌を使う関係で愚形の形になりやすく、手を進めるのもアガるのも簡単ではありません。 配牌や序盤の時点では無理に狙わず、 や など他の役を狙って手を進めていくなかで、無理なく狙えそうな場面があったら意識してみる、というのが良いかもしれません。 以下の記事で混全帯么九をはじめ、役ごとの飜数を一覧でまとめています。

次の