伊達 安倍。 【コロナウイルス】サンド伊達「安倍さんに文句あるなら、お前らが総理大臣になればいい。有事なんだから文句言うな、まず一致団結」

【コロナウイルス】サンド伊達「安倍さんに文句あるなら、お前らが総理大臣になればいい。有事なんだから文句言うな、まず一致団結」

伊達 安倍

5月16日放送の「! 大好き芸人」(朝日系)でが披露した首相のものまねが、ネット上で大絶賛を呼んでいる。 でものまね部分を抜粋した動画を見たが、思わずなるほどとうならされた。 ネタは非常にシンプル。 伊達が国会答弁風に共演者の質問に答える。 安倍の甲高い声、やたら多い句読点、そして早口を忠実にコピーしつつ 「先ほど、私、カの、トランプ、大統領と、電話で、会談しました。 内容は、確実に、一致、しました」 基本的にこれの繰り返しであるw らが「新が発表されましたけど…」「景気回復については…」と質問するが、伊達は 「しかし、ですね」とこれも安倍首相が脈絡なく用いる接続詞を取り入れて同様の回答をするというね。 動画を見た人は分かると思うが、この伊達の安倍ものまねは質問を重ねるごとに観覧者の笑いが増幅している。 単に似ているだけなら(確かに声色が非常に似ている)こうはならない。 共演者の質問がカレートすればするほど、このものまねは破壊力が倍加すると私は見ている。 「は優勝しますか?」「金貸してください」とかね。 そういう意味では、もっと長く見たかったくだりではある。 この伊達の安倍ものまねのくだりで、興味深いやりとりがある。 司会の・が 「すぐトランプに電話する」とツッコむと、伊達はこう返す。 「電話で会談するんですよ、必ず」 この伊達の回答には非常に感心した。 実際に安倍は、何かといえばにすぐ電話して信頼関係をアピールしているからである。 の機関紙「」2018年9月28日付では「対米屈従外交 歯止めなし」と題した特集記事が組まれた。 当時行われた日米首脳会談を取り上げたものだが、この特集でのコメントを紹介している。 「今回が8回目の首脳会談、電話会談は26回やっている」 こうした発言に代表されるように、は安倍首相との個人的な親密さをマスコミに繰り返し宣伝している。 この手の閣僚発言に乗っかったちょうちん報道が、今回の伊達の安倍ものまねの元ネタではないかと私は勝手に想像する。 そうした安倍とトランプの「親密さ」を下敷きにしたであろうから、伊達のものまねは面白い。 結局は安倍がトランプとの電話会談を頻繁にしたり、会えばゴルフをやったりした結果、米国の農産物の関税引き下げとか、F35戦闘機はじめ武器の浪費的爆買いとか日本国民に負担ばかり募るような交渉を受け入れているからだ。 そうした「米国いいなり」の安倍政権の姿勢を「! 」観覧者も薄々気づいており、だからこそ伊達の安倍ものまねが繰り返されるほど爆笑になっていったのではないか。 まさに「共感の笑い」である。 の漫才で「犬の散歩」というネタがある。 によると、伊達は「か!」とツッコんでいるらしい。 と言えば、その時々の話題になった政治家に扮する風刺コントを行ってこの道30年といういわくつきの集団である。 実際の交流があるかは知らないが、伊達の安倍ものまねはへのリスペクトが込められていると俺は思うんだが、どうかね。 さて世間では、原作の実写映画「空母いぶき」出演のが話題となっている。 佐藤が演じる首相について、自身の提案でおなかが弱い設定にしたら「安倍首相を揶揄(やゆ)している!」と炎上した件だ。 この件については別の拙ブログで取り上げたので。 そちらを見てほしい。 佐藤の件もあって、ネットで伊達の安倍ものまねをどうみるか注視していたが、放送後1日たっても炎上する気配はみじんもない。 佐藤を炎上させた連中が伊達の所業を知らぬはずはない。 明らかにダンマリしていると思う。 理由はいろいろ考えられる。 一つは佐藤を叩いたノリで伊達を叩いても何のメリットもないこと。 何しろサンドは、今やを押しのけて好感度タレント1位である。 架空の人物である首相に設定を加えた佐藤より、実在する安倍首相を徹底して「トランプ言いなりの無能」に描いた伊達の方がよほど炎上案件だと思うが、かみついても無様な負け戦になると思った人が多いのかな。 もう一つの考えられる理由は「サンドを叩くよりも 政治利用した方がはるかにメリットが大きい」ということ。 そうした親玉の意図をくみ取って、佐藤を炎上させた連中…圧倒的多数が安倍政権支持であろう…も伊達を叩かないというか。 先日も安倍首相は、所属のと会食し、その事実をマスコミに書かせている。 今回の伊達のものまねも、向こうからものまねをしてくれたのを幸いにを図るのではないか。 ましてサンドは今をときめく好感度1位タレントなわけだし。 そういうわけで、私としてはの安倍ものまねに惜しみなく称賛を送る一方、なき祖父の悲願であったに執念を燃やすのなりふり構わぬ政治利用にサンドが巻き込まれないよう警鐘を鳴らしたい。 2カ月後は、かつ衆参ダブル選挙も可能性が高いと言われているからね。 もっともサンドが好感度1位に収まる前の話だが。 だからこそ安倍が改めてサンドにすり寄る可能性も高い。 masa10ishi96sham69.

次の

【正論】サンドウィッチマン伊達さん「テレビを見てると文句ばかりが目立つが…」安倍批判してる人に言いたいことがこれ

伊達 安倍

Contents• サンドウィッチマン伊達の安倍首相に「激似!」の声 2019年5月に「アメトーーク!サンドウィッチマン大好き芸人」が放送されました。 伊達さんが下町ロケットでの阿部寛のものまねを披露した後、安倍首相のものまねをすると、あまりにもそっくりで「激似」と話題になりました。 相方の富澤さんもお腹を抱えて大爆笑!コンビ愛を感じますね。 話のテンポやタメ具合、声のトーンだけでなくて、すぐにトランプ大統領に電話会談するという皮肉まで込められていて、まわりの芸人からも 「電話しすぎや」とつっこまれたり、スタジオの爆笑をかっさらっていました。 『アメトーーク! 』で「サンドウィッチマン大好き芸人」。 サンドウィッチマン自体も、それを語る芸人たちも、いつになくほのぼのとした雰囲気になるのがいい。 日本一エモい芸人。 伊達さんが安倍首相のものまねをしたときに富澤さんが上を向いて大笑いするのもかわいかった。 伊達ちゃんの安倍首相のものまね、「トランプに電話しました」めっちゃ笑ったwww 毎回くるってわかってるのに笑っちゃう😂 サンドウィッチマン好きだわ~😆💓 — こっこ0318 Nyazilla0318 実は、2017年のライブツアーの「喫茶店」というコントでも、伊達さんが安倍首相のものまねをしています。 このコントはほんとに面白いですよ! ・聞かれた質問に答えない安倍首相 ・同じ答弁を繰り返す安倍首相 ・政治家が政策で完全に一致することなどないのに恥じる事なく言ってしまう安倍首相 という特徴があります。 伊達さんの安倍首相は、なにかというとすぐ「アメリカのトランプ大統領と、電話で、会談を、致しました。 」って言うんですよね。 笑 伊達さんはものまねする中で「電話で会談するんですよ。 必ず」と言っていますが、そう言われると、安倍首相はトランプ大統領に電話をして意見が一致した、と信頼関係をアピールしている気がします。 自民党の政見放送に安倍晋三がでてる。 — ㄹㄹㄹ リの씨 Leexxxx39 伊達ちゃんがテレビ出てると思って眼鏡かけて見たら安倍総理だった — 末よぴっぴ harukadegogo えぇ、そういう私も、安倍首相を見ると伊達さんのものまねで再生されてしまう病にかかってしまった1人です^^; 他にも安倍首相のものまねをしている人を見た気がするんですが、伊達さんのものまねの破壊力がすごすぎて思い出せないぐらいです。 サンドウィッチマン伊達は芸達者!ものまねレパートリー 突っ込み担当の伊達さんですが、意外にもものまねのレパートリーは多くて、安倍首相のほかにもこれだけあります。 【伊達さんのものまねレパートリー】 ・哀川翔 ・下町ロケット TBS の阿部寛 ・竹内力 ・野村克也監督 ・梅沢富美男 哀川翔のものまねは本人も公認するほどクオリティが高いものまねです。 梅沢富美男さんのものまねは「 だてざわとみお」という名前でしているんですが、伊達さんは「いつか怒られないか不安でもある」とブログに書いていました。 「だてざわとみお」のものまねにお墨付きをもらっていました^^ 梅沢さんもおちゃめで素敵ですね~!いつか2人の共演を見てみたいですね! 最後に 漫才もトップレベルで好感度1位のサンドウィッチマン。

次の

サンド伊達、“安倍首相モノマネ”で話題に 絶妙なタイミングで「うまい風刺」の声も

伊達 安倍

伊達みきおオフィシャルブログより 伊達よ、お前もか! 漫才への評価はもちろん、東日本大震災の時に見せた真摯な取り組みなどで、幅広い世代から人気のサンドウィッチマンの伊達みきおが4月8日、自身のオフィシャルブログでこんなことを主張し物議を醸している。 〈安倍総理大臣を含め、誰もが生まれて初めての『緊急事態宣言発令』…。 そりゃ、支援策や制度に対して言いたい事はあるかも知れないけど、あんまり文句ばっかり並べても今は特に仕方ない。 有事なんだから。 国民全員が納得する策なんて難しいし、きっと…ない。 文句が止まらない方は、落ち着いたら選挙に立候補して国会議員になって総理大臣になればいい。 家で、関連の番組見てると文句ばかりが目立つ。 今は、まず一致団結してコロナウイルスをやっつける事で同じ方向を見ないと乗り越えられないですからね〉 伊達はいったい何を言っているのだろう。 そもそも、文句がある奴は国会議員になれ、総理大臣になれって、「有事なんだから、総理大臣以外の国民は全て黙れ」と言っているのも同じではないか。 まさに、こういう同調圧力がファシズムを生み、日本をあの最悪の戦争に駆り立てていったのではないか。 しかし、伊達の今回の発言がさらに問題なのは、今回のコロナ対策をめぐる経緯がまったくわかっていないことだ。 そもそも安倍政権は検査体制も治療体制も後手後手で、生活支援策もほとんどやろうとしていなかった。 それを国民が声を上げ、少しずつではあるが、政府を動かし、支援策を引き出してきたのだ。 ここにきて、ようやく一律10万円給付が決まったのも、国民とメディアがほとんど誰ももらえない30万円給付に批判の声をあげてきた結果である。 しかも、まだまだ声を上げて求めていかなければならない政策は山ほどある。 自粛店舗に対する国としての休業補償、妊婦の休業義務化、休業手当の義務化、家賃補償、雇用調整助成金のさらなる簡略化……。 それを「もう文句言うな」って、伊達は国民に黙って死ねとでもいうのか。 しかし、「今は政府を批判している場合ではない」「一致団結」などと嘯き、政府批判を封じ込めようとしている有名人は、決して伊達だけではない。 本サイトでは、糸井重里や山下達郎、太田光などが、伊達と同様の主張をしていることを批判、記事化している。 伊達にはこの記事を読んで、その考えを改めて欲しい。 多くのファンのためにも。 (編集部).

次の