女の子 の 名前 古風。 女の子の一文字の名前210例!存在感のある可愛らしい漢字は?珍しい・古風・三音etc

古風でかっこいい女の子の名前を483個集めてみた

女の子 の 名前 古風

歴史上の人物からとった名前 古風な名前といえば、歴史上の人物が代表格です。 歴史に名を遺した女性たちからとった名前• 持統天皇…うの・さらら• 濃姫・帰蝶…蝶子(ちょうこ)・妃姫()• 紫式部…紫()・紫花(・あいの)• 高台院…寧々(ねね)・寧(ねい)• お市の方…市香()・市子(いちこ)• 清少納言…清香(きよか)・清乃(せいの、きよの)• 天璋院篤姫…姫香(ひめか)・篤姫(あつき)• 小野小町…小町(こまち)・恋町(こまち)• 巴御前…巴(ともえ)・巴笑(ともえ)・御巴留(みはる)・巴子(はこ)• 葵の上…葵()・葵花()・葵依()• 春日局…春日(かすが・はるひ)• 卑弥呼…弥子(やこ・みこ)・弥生(やよい)・愛弥() 日本らしい漢字を使った名前 日本らしい雰囲気を醸し出す漢字を使うと、読み方が今風であっても、 漢字表記した場合に古風に感じられます。 古風さを感じる1文字名前 桜()・雅(みやび)・京(みやこ)・都(みやこ)・花()・美(よし)・和(のどか・かず)・幸(さい・こう・みゆき)・藤(ふじ・かつら)・忍(しの・しのぶ) 古風さを感じる漢字を使った名前• 桜…桜子(さくらこ・ようこ)・桜良(・)・ 桜来(・)・桜香(おうか)・未桜()・有桜(ありさ)• 雅…雅実(まさみ)・優雅(ゆうが)・雅枇(みやび)・春雅(はるか)・綺雅(きなり)・麗雅(れいか)• 京…京羽(きょう)・京香(きょうか)・京子(みやこ・きょうこ)• 都…小都(こと)・都音(とおん)・都心(みやこ)・有都(あると)• 花…花音()・心花()・瑠花(るか)・花奈(かな)• 美…真美(まみ)・美子(みこ・よしこ)・美心(みこ)・亜美(あみ)• 和…和花(のどか・わか)・和生()・和彩(あいさ・かずさ)・和愛(あいな)・和里(あいり)・和音(あのん)・和心(・あみ)・和琴(わこと)• 幸…幸知(さち)・幸依(ゆきえ)・幸希(ゆき・ゆうき)・杏幸()・梓幸(あずき)・有幸(ありさ)・季幸(きこ)・幸心(きり)・幸羽(こう)• 藤…藤子(とうこ)・藤香(ふじか)・奈藤(なつ)・舞藤花(まどか)• 忍…忍葉(しのは)・心忍(しのぶ)・亜忍(あしの)・由忍(よしの) なお、和風な名前に関しては「」で、詳しくご紹介しています。 [co-8] 止め字に『子』を付けた名前 ひと昔前は、女の子の名前の象徴でもあった『子』の付く名前。 今はほとんど見られなくなったからこそ、新鮮で可愛らしさのある名前になるでしょう。 止め字に『子』が付く2文字名前 亜子()・恋子(ここ)・実子(みこ)・瑠子(るこ)・華子(かこ)・佳子(かこ)・綺子(きこ)・真子(まこ)・莉子()・羽子(わこ)・歩子(ほこ)・愉子(ゆこ)・弥子(やこ)・紗子(さこ)・菜子(なこ)・埜子(のこ)・唯子(いこ)・笑子() 止め字に『子』が付く素敵な3文字名前 鈴子(すずこ・りんこ)・凛子(りんこ)・蘭子(らんこ)・唯子(ゆいこ・いちこ)・由宇子(ゆうこ)・璃々子(りりこ)・璃衣子(りいこ)・瑠衣子(るいこ)・恋子(れんこ)・灯子(とうこ)・芽愛子(めいこ)・萌子(もえこ)・未唯子(みいこ)・埜々子(ののこ)・菜々子(ななこ)・雛子(ひなこ)・姫子(ひめこ)・寧々子(ねねこ)・杏子(あんこ・ももこ)・埜子(のんこ)・爽子(さわこ) 止め字に『子』が付く素敵な4文字名前 翔子(しょうこ)・涼子(りょうこ)・桜子(さくらこ)・薫子(かおるこ)・菫子(すみれこ)・翠子(みどりこ)・桂子(かつらこ)・柊子(しゅうこ)・恭子(きょうこ) 日本人の女性らしさを表す名前 日本の女性らしい『古風な美しさ』を感じる名前を、ご紹介します。 古風な女性の雰囲気 昔の日本では、家庭の中で家族を支える強さを持ちながら、清楚で淑やかな雰囲気のある女性が、『女性らしい』とされてきました。 時代が変わり、女性が社会進出するようになった頃から、その考え方も少しずつ変わり、清楚で淑やか、上品で洗練された美しさは、古き良き日本の女性を印象付けるようになりました。 たとえ、女性が男性と肩を並べて歩く時代になったとしても、古風な女性らしさは大切にし続けていきたいですね。 『清』の付く名前 清香(きよか・せいか・すみか)・清奈(きよな・すみな・)・清良(きよら・せいら)・清心(きよみ)・清恋(しょうこ・せいこ)・花清(かすみ・かすが)・清音(きよね)・清世(きよ)・清衣(きよえ)・清乃(きよの)・清愛(きよあ)・亜清(あすみ・あきよ) 『楚』の付く文字名前 楚乃香(そのか)・楚乃(その)・楚乃美(そのみ)・楚愛(そあ)・楚代(そよ)・楚夜風(そよか)・美楚乃(みその)・衣楚乃(いその)・楚羽歌(そうか)・楚奈(そな) 『淑』の付く文字名前 淑香(きみか・すみか・よしか)・花淑(かよ・かすみ)・淑恵(よしえ・きよえ・としえ・すみえ)・淑良(きよら)・真淑(まよ・ますみ)・淑奈(よしな・すみな・きよな)・淑蓮()・淑乃(よしの)・理淑(りよ)・晴淑(はるよ)・淑美(よしみ・きよみ) 『静』の付く文字名前 静(しずか)・静香(しずか・せいか・きよか)・静音(ちかね・しずね・せね)・静和(しずか)・静良(きよら・せいら)・真静(まちか・まきよ)・美静(みしず・みちか)・静子(しずこ・せいこ・きよこ・ちかこ)・静菜(・きよな・しずな) 『凛』の付く文字名前 凛()・凛子(りんこ・)・凜音(りんね)・凜花(りんか・りか)・真凛(まりん)・愛凛(あいり)・愛凛沙(ありさ)・凛佐(りさ)・凛都(りと)・凛々(りり)・凛名(りな・りんな)・華凛(かりん)・凛乃(りんの・りの) 艶やかで美しい織物にちなむ名前 日本文化の代名詞とも言える『着物』。 四季のある日本の風土に適した衣服として受け継がれてきました。 生地には織物と染物がありますが、その細かな模様や色彩の洗練された美しさは、古い時代から日本の女性たち魅了し続けてきました。 着物にちなむ名前は、日本の古き良き日本人女性の美しさを表す名前であると言えるでしょう。 『絹』の付く名前 絹江(きぬえ・まさえ)・絹香(きぬか)・絹子(まさこ)・絹美(まさみ)・絹笑(きえ・きぬえ・まさえ)・早絹(さき)・絹奈(まさな)・絹夜(きぬよ・まさよ)・絹(きぬ・まさ・しるく)・絹乃(きぬの・まさこ)・絹葉(きぬは・まさは)・美絹(・みま)・絹希(まさき) 『紗』の付く名前 紗和(さわ)・紗都(さと)・里紗(りさ)・紗月(さつき)・紗々(ささ)・紗々花(ささか)・紗音(さお)・真紗子(まさこ)・真紗美(まさき)・紗江子(さえこ)・紗百合(さゆり)・紗都音(さとね)・紗希(さき)・紗倉()・紗愛()・紗更(ささら)・愛紗(あいさ)・千紗(ちさ)・紗雪(さゆき)・紗友(さゆ)・紗良()・更紗(さらさ)・麗紗(れいさ) 『紬』の付く名前 紬(つむぎ)・美紬(みつむ)・愛紬(あつむ・あづみ)・紬美(つむみ)・紬衣()・紬江(ゆえ)・和紬(かづみ)・紬花(つむか・ゆいか)・静紬(しづむ・しづみ・しゆ)・都紬(つづむ・つづみ)・名紬(なづむ・なづみ)・里紬(りづむ)・紬乃(ゆの) 『綸』の付く名前 綸()・花綸(かりん)・綸音(りんね・かんね・おね)・綸華(りんか・いとか)・綸(くみ)・綸子(りんこ・くみこ)・花綸里(かおり)・真綸(まりん)・愛綸(あいと)・綸和(・りんな)・綸子(りんこ・くみこ)・綸都(おと・りと・いと)・来綸(こいと・らいと)・綸沙(りさ)・綸奈(りな・・かな)・和綸(わか) 『紋』の付く名前 紋(・あき)・紋奈(あやな・あきな)・紋子(あやこ・あきこ)・紋寧(あやね・あきね)・紋良(あきら)・千紋(ちあき)・愛紋(ああや)・紋弥(・あやや)・紋早(あきさ)・紋流(あやる)・紋歩(あやほ・あきほ)・美紋(みあや・みあき・みあ)・紋花(あやか・あきか)・紋江(あやえ・あきえ) 『織』の付く名前 華織(かおり)・織江(おりえ・りえ)・織花(おりか・りか)・織(おり・しき)・早織()・璃織(りり・りおる)・織子(りこ)・織真(りま)・愛織(あいり)・織華(しきか・りか)・織歩(しほ・りほ)・織吹(しぶき)・美織(みおり・みり)・心織(・みり)・万織(まおり・まり) 『羽』の付く名前 美羽(みわ・みはね・みう)・羽実(うみ)・愛羽(あいは)・和羽(かずは)・綺羽(きわ)・恋羽(こう)・志羽(しう)・早羽花(そうか)・千羽(ちはね)・優羽(ゆう)・日羽(ひわ)・琴羽()・心羽(みはね)・羽子(わこ・はこ).

次の

和風・古風な女の子の名前556選!かわいいから珍しいまで一覧で紹介!

女の子 の 名前 古風

女の子同士の双子の一文字の名前の付け方コツは「漢字の画数や意味を調べる」ということです。 以前から好きだった漢字を名前に使いたいという人や、名前の読みを先に決めて後から漢字を探すという人がいると思います。 どちらの方法でも名前をつける方法として間違っていません。 漢字には名前に使う場合の意味や縁起の良い画数というものが存在します。 かわいい名前だと思っても調べてみると自分がイメージしている名前とは反対の意味の意味があったり、姓名判断で見たときに縁起が良くない画数ということもあります。 誕生する子どもに込めたい想いやどのような人に成長してほしいのかという望みに合う意味の漢字を使う。 素敵な人生を送れるように縁起が悪くない画数の漢字を使う。 そうすることがより良い女の子同士の双子の名前を付けるコツになります。 女の子同士の双子の二文字の名前の付け方コツ「同じ漢字を使う」 女の子同士の双子名前ランキングで人気の漢字一文字の名前TOP3を紹介します。 漢字一文字の名前は双子の名前に限ったことではなくシンプルで呼びやすいためとても人気があります。 名前の読み方や響きが似た漢字を選んだり、名前に使ったときの意味が共通する漢字、名前から受けるイメージが同じ漢字をそれぞれの名前に使うことが女の子の双子の名前で人気の高い名前です。 漢字に共通点がなくても好きな名前を同時に付けられることが双子にしかできない特別なことでもあります。 人気の漢字一文字の名前TOP3• 第3位 唯(ゆい)舞(まい)• 第2位 杏(あん)琳(りん)• 第1位 萌(もえ)望(のぞみ) 女の子双子名前ランキング|人気の漢字二文字の名前TOP3 女の子双子名前ランキングで人気の漢字二文字の名前TOP3を紹介します。 二文字の名前は一文字を同じ漢字にしてもう一文字を違う漢字にして似た響きにする名前がランキング上位に入っています。 一文字や三文字の名前でもかわいい名前はたくさんありますが二文字の名前にすることでアイディアが広がり、よりかわいい名前にすることができます。 女の子の名前は二文字の名前が特に響きがかわいいため人気があります。 人気の漢字二文字の名前TOP3• 第3位 美恋(みれん)華恋(かれん)• 第2位 美月(みづき・みつき)美晴(みはる)• 第1位 瑠奈(るな)瑠香(るか) 女の子双子名前ランキング|人気の漢字三文字の名前TOP3 女の子同士の双子のかわいい名前で明るいイメージの一文字の名前TOP3を紹介します。 明るくてかわいい名前は光輝くイメージや心の温かさをイメージする名前がランキングの上位に入っています。 明るいイメージの名前TOP3に入っている名前は名前に使われる漢字で人気が高い漢字が多いです。 他の漢字と組み合わせてひとつの名前にする人気がある漢字を思い切って一文字で使うことでシンプルでありながら存在感のある名前にすることができます。 明るいイメージの一文字かわいい名前TOP3• 第3位 彩(あや・さやか)晶(あきら)• 第2位 優(ゆう)心(こころ・しん)• 第1位 光(ひかり)陽(はる・あき) 女の子双子名前ランキング|音をイメージする二文字のかわいい名前TOP3 女の子同士の双子のかわいい名前で音をイメージする二文字の名前TOP3を紹介します。 音をイメージする名前は個性的な女の子の名前として人気があります。 「音」や「奏」「歌」など音楽に関係する漢字を名前に使ったり名前の響きから音をイメージできる名前がランキングの上位に入っています。 「音」は日常では「おと」という読み方をすることが多いです。 また「奏」は「かなでる」「そう」という読み方をすること多いです。 けれど調べてみるとそれに限らず様々な読み方ができることを知ることができます。 知らなかった読み方を知ることで名付けの幅を広げることができます。 音をイメージする二文字のかわいい名前TOP3• 第3位 美奏(よしか)風奏(ふうか)• 第2位 史音(しおん)佳音(かのん)• 第1位 歌鈴(かりん)茉鈴(まりん) 女の子双子名前ランキング|優しいイメージの三文字のかわいい名前TOP3 女の子同士の双子のかわいい名前で優しいイメージの三文字の名前TOP3を紹介します。 優しいイメージのなまえは「ゆ」から始まる読み方の名前がランキングの上位に入っています。 優しい意味のある漢字が「ゆ」の読み方で始まる漢字が多いことも理由としてあります。 例えば第3位の名前で使われている「佑」には「思いやりや愛情のあふれた人に」という意味があります。 第3位の名前で使われている「友」には「友達を助ける優しい人に」という意味があります。 第1位の名前で使われている「優」には「温かい心を持った優秀な人に」という意味があります。 このように名付けの際に名前に使いたい漢字にある意味や想いに目を向けると、思い描いているイメージにピッタリの名前にすることができます。 優しいイメージの三文字のかわいい名前TOP3• 第3位 佑衣香(ゆいか)佑衣菜(ゆいな)• 第2位 友梨絵(ゆりえ)友美絵(ゆみえ)• 第1位 優羽佳(ゆうか)優羽奈(ゆうな) 女の子同士の双子の花に関する名前ランキング 女の子双子名前ランキング|花に関する一文字の名前TOP3 女の子同士の双子の花に関する名前で一文字の名前TOP3を紹介します。 花をイメージする名前や花の名前を使った名前は女の子の名前では常にランキングの上位に入っているほど人気があります。 シンプルに「花(はな)」という名前はとてもかわいいですが双子の女の子になるともう一人の名前も考えなければなりません。 花から連想される漢字をそのまま名前にしたり同じ季節に咲く花をそれぞれの名前にするということも良い方法です。 花に関する一文字の名前TOP3• 第3位 華(はな)蕾(つぼみ)• 第2位 桜(さくら)桃(もも)• 第1位 咲(さき・さく)花(はな) 女の子双子名前ランキング|花に関する二文字の名前TOP3 女の子同士の双子の花に関する名前で三文字の名前TOP3を紹介します。 三文字の名前になると直接花の名前を使うという名前よりも花を連想できる漢字を使った名前がランキングに入ってきます。 三文字の名前にすることで華やかな印象の名前にすることができます。 花に関する三文字の名前TOP3• 第3位 恵梨花(えりか)百合花(ゆりか)• 第2位 華里奈(かりな)茉里華(まりか)• 第1位 向日葵(ひまり)菜乃葉(なのは) 女の子の名前はかわいいイメージの名前を付けたいという人が多いでしょう。 そのため花の名前を使った女の子の名前はとても人気が高いです。 下の記事で女の子につける花の名前を紹介しています。 参考にしてかわいい双子の女の子の名前を考えてみましょう。 女の子同士の双子の古風な一文字の名前TOP3を紹介します。 ここ最近は他の人とはかぶらないようにという思いからキラキラネームと呼ばれるとても珍しい名前や個性的な名前が増えています。 その反面古き良き日本を感じる古風な名前の人気も高まってきています。 古風は古いだけではなくその中に美しさや上品さ伝統を感じることができます。 日本独特の文化を感じる名前がランキングの上位に入っています。 今時の名前が多い中でおしゃれで目立つ名前とも言えます。 古風な一文字の名前TOP3• 第3位 和(なごみ・かず)雅(みやび)• 第2位 茜(あかね)葵(あおい)• 第1位 梓(あずさ)楓(かえで) 女の子双子名前ランキング|古風な二文字の名前TOP3 女の子同士の双子の古風な三文字の名前TOP3を紹介します。 三文字の名前になると古風なイメージの漢字を使うことよりも音の響きから和を感じる名前の人気が高くなります。 昔から人気のある名前を使う漢字のチョイス次第で古さと新しさが融合したかわいい名前にすることができます。 古風な三文字の名前TOP3• 第3位 明日香(あすか)明寿紗(あずさ)• 第2位 香央織(かおり)沙央織(さおり)• 第1位 穂乃香(ほのか)野乃香(ののか) ドレスを着たプリンセスのようなキラキラネームよりも着物が似合う姫のような名前を付けたい人は古風な名前がおすすめです。 下の記事で女の子の古風な名前を紹介しています。 参考にして日本を感じる素敵な名前を考えてみてください。 女の子同士の双子の名前をつけるときは「珍しすぎる名前にしない」という点に注意しましょう。 誰とも一緒にならない唯一無二の名前にしたいという思いが強すぎるあまり誰にも読めない、説明してもピンとこない名前になっていませんか。 子どもからすると「なぜ私の名前はいつも間違われるの」「なぜ名前を言うとびっくりされるの」というマイナスの感情になることもあります。 名前を使うのは親ではなく子ども本人です。 度を越し過ぎた珍しい名前はなるべく避けた方が良いでしょう。 女の子同士の双子にかわいい名前を付けましょう 女の子同士の双子の名前を一文字、二文字、三文字と分けランキング形式でご紹介しました。 お気に入りの名前は見つかりましたか。 女の子の名前はかわいい名前のアイディアがどんどん湧いてきて最終的にどの名前にしようか迷ってしまいます。 親の想いやの望みを託しながらも親のエゴにならないように、子どもが自分の名前が大好きと言ってくれるような素敵な名前を付けてあげましょう。

次の

古風な男の子の名前200選!伝統を感じる素敵な名前をつけよう!

女の子 の 名前 古風

古風でかわいらしい女の子の名前26選 近年では個性的な名前が話題になっていますが、古風で日本的な美しさを連想させる女の子の名前も人気です。 こちらでは古風でかわいらしい名前を26選ご紹介していきます。 漢字の組み合わせや音の響きも大切ですが、それぞれの漢字にどのような意味があるか考えながら、名付けを考えてみましょう。 「いろは」色葉、彩羽 「いろは」と聞くと、「いろはにほへとちりぬるを…」という「いろは歌」を連想する方が多いでしょう。 「色」という漢字にはやわらかさ、「彩」という漢字には色彩豊かなイメージがありますね。 平仮名のままでも、女の子らしくやわらかい印象の名前になるでしょう。 「うた」詩 東貴博さん・安めぐみさん夫妻のもとに生まれた女の子が、「詩歌」と書いて「うた」ちゃんという名前を付けられたことが記憶に新しいですね。 「詩」という漢字には文学的なイメージがあり、ロマンチックな雰囲気が好まれることが多いようです。 「かなで」奏 「奏でる」という言葉から、管弦楽器を演奏するイメージを持つ方も多いと思います。 古風でも現代風でもある名前の一つで、女の子だけでなく男の子にも人気があるといわれています。 音楽的な才能や人との調和を願って名付けに用いられることが多い漢字です。 「とうか」藤花、桃花 藤の花は古くから親しまれている日本の花木で、万葉集にも詠まれています。 薄紅や紫、白、黄色などさまざまな色をもち、4~5月にかけて満開を迎えます。 気品のある花なので、上品なイメージが持たれます。 一方で桃の花は、3~4月にかけてころんとした丸い花を咲かせます。 「桃の節句」ともいわれるように、ひな祭りで使われる代表的な花です。 どちらも春生まれの女の子にぴったりの名前でしょう。 「ひより」日和 「日和」は、晴れたよい天気のことを指します。 「小春日和」という言葉は、晩秋から初冬のポカポカした晴天の日を指します。 生まれた季節にとらわれず、あたたかい晴天の日に生まれた女の子の名付けにぴったりですね。 「ほたる」蛍 俳句や和歌でもよく使われている「蛍」という言葉。 やわらかいほのかな光は、日本人の奥ゆかしさをイメージできるため、女の子の名付けにふさわしいのではないでしょうか。 「みこと」美琴 「琴音」の名前でも触れましたが、昔から伝わる琴の美しい音色を連想します。 琴は日本の伝統楽器で、とても上品な音色であることから、古風でおしとやかな女の子のイメージの名付けにぴったりです。 「みやび」雅 「雅」という漢字は、洗練されている美しさや風流な意味があります。 古風ながらも気品のある印象で、華やかさのある名前です。 「ゆかり」紫 「ゆかり」という名前はよく聞きますが、「紫」という漢字を名付けに使うことによって、ぐっと古風な雰囲気が出ますね。 漢字でも平仮名でも自然な印象を与えてくれる名前ですね。 「るり」瑠璃 七宝の一つの宝石でラピスラズリの和名です。 天然石意味辞典によると幸運のお守り石として古くから人々に愛されてきたとされています。 瑠璃色は深く美しい紺色で、自然や宝石を連想させるため、凛 りん とした女の子のイメージの名付けにぴったりですね。 「わか」和歌、和華 漢字の通り日本に伝わる和歌をイメージし、昔ながらの印象を受けます。 「和華」はさらに華やかな印象を与えますね。 「和」という漢字は周囲をなごませ、穏やかな子に育つように、という思いを込めて名付ける人が多いようです。 「こはる」小春 「春」という漢字は四季を表す漢字の中で、夏とともに人気の高い字です。 冬から春にかけて、自然が息を吹き返す生き生きとしたイメージの名前ですね。 「あおい」葵 いつの時代も、変わらず人気のある名前です。 フユアオイやタチアオイなど、アオイ科の植物のことを指す漢字で、特にタチアオイは夏に大きくて優美な花を咲かせます。 明るいイメージの名前ですね。 「ちほり」千穂理 漢字の組み合わせは古風ですが、少し変わった名前をつけたいときにおすすめです。 ありそうでない珍しい響きですが、読み方が易しく、誰でも読むことができる字であることも高ポイントです。 「さと」 平仮名の名前というのも、粋でよいものですね。 響きは古風ですが、親しみやすい名前を付けると、周囲から覚えてもらいやすいのも魅力です。 「ももこ」桃子 「子」がつく昔ながらの名前も人気です。 女の子といえば、桃の節句。 桃の花を連想させる名前で、とてもかわいらしいです。 「りつ」 昔の名前のような響きですが、呼びやすく、覚えやすい名前です。 「律」や「利津」など好きな漢字をあてはめてみても、平仮名のままでもよいでしょう。 「はな」花、華 昔からある名前ですが、なじみやすく覚えてもらいやすいです。 赤ちゃんのころからおばあさんになるまで、違和感なく名乗れる素敵な女の子の名前です。 最近では「葉奈」「葉菜」など、名付けに二文字使うパターンも人気のようです。 「あいこ」愛子 昔ながらの親しみのある名前でありながら、歌手のaikoさんを連想させるおしゃれな雰囲気もあります。 愛情深く優しい女の子に育ってほしい、という思いがこもった素敵な名前です。 「みと」美都 名前の響きは今風ですが、漢字が古風で素敵な名前です。 「都」という字にはにぎやかで洗練された印象があるとされています。 「都」の字は「美都」以外の名前にも、女の子の名付けの止め字として使用されていますよ。 出典元一覧• 西東社編集部(編)「赤ちゃんの名前ハッピー漢字辞典」50-455(西東社,2014)• 栗原里央子「赤ちゃんのしあわせ名前辞典」327-422(ベネッセコーポレーション,2016)• 小川環樹「新字源改訂版」1-1176(角川書店,1994)• 山田忠雄「新明解国語辞典」1-1642(三省堂,2015)• 星の種「天然石パワーストーン意味辞典」(,2019年6月24日最終閲覧) 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の