ひき肉 焼きそば。 ひき肉を使った人気レシピ【調理法:麺】おすすめ10選

【あさイチ】豚そぼろの四川風焼きそばの作り方。陳さんの極上のひき肉レシピ(3月3日)

ひき肉 焼きそば

焼きそばの具材の下ごしらえ 焼きそばの具材はオーソドックスな 豚バラ肉、キャベツ、にんじん、玉ねぎです(他の野菜に置き換えてもらってもOK!)。 まず、豚肉を2㎝幅に、生姜はせん切りにしてから、鍋にAの煮汁を合わせます。 生姜だけ先に入れて鍋を中火にかけて、沸いたら豚肉をほぐしながら入れて、少し火を弱めたら 4分ほど煮ます。 あとは焼きそばの他の具材を用意します。 にんじんは短冊切りにして、玉ねぎは5〜6㎜幅に切ります。 キャベツは食べやすい大きさに切って、水で洗っておきます。 これで焼きそばの下ごしらえが完了です。 1〜2分炒めて、全体に軽く火が通れば残りのキャベツを加え、炒め合わせます。 野菜にあと少しで火が通るというくらいのタイミングで、端に寄せ、麺を空いたところに入れます。 ここで、 事前に煮た豚肉と生姜を煮汁ごと麺の上に加えます。 蓋をして弱火にし、1分ほど蒸らします。 味見をしてみて、醤油大さじ1程度で最後の味付けをして、軽く炒め合わせれば完成です。 器に盛り付けてから、青のりをたっぷりとまぶします。 好みでかつお節やマヨネーズ、紅しょうがなどをそえても。

次の

ひき肉を使った人気レシピ【調理法:麺】おすすめ10選

ひき肉 焼きそば

豚そぼろを作る。 フライパンにサラダ油を入れて温め、ひき肉を入れてほぐしながら強火で炒める。 脂が透き通るまでしっかり3分ほど炒めたら、しょうゆ、酒を入れて水分がなくなるまで炒める。 仕上げに甜麵醬を加えてなじむまで炒める。 焼きそばを軽くほぐしてから下味をからめ、サラダ油(適量)をひいたフライパンで香ばしく焼く。 パリッと焼けたらひっくり返し、裏面も同様に焼いて一度取り出す。 空いたフライパンに合わせ調味料を混ぜ合わせて入れ、豚そぼろを加えてからめる。 焼きそば麺を戻し入れて強火で炒める。 ねぎ、一味唐辛子を加えて軽く炒め、酢を入れてからめる。 お皿に盛り、万能ねぎを散らせば完成です。 500wは1. 2倍、700wは0. 8倍の時間で対応して下さい。

次の

ひき肉を使った人気レシピ【調理法:麺】おすすめ10選

ひき肉 焼きそば

フライパンにサラダ油を熱し、豚ひき肉を加えてほぐしながらよく炒める。 油が透き通るくらいまでしっかり炒めたら、醤油・酒を加えて水気がとぶまで炒める( ひき肉はしっかり火を入れることで臭みが消える)。 さらにテンメンジャンを加え、全体に馴染ませるように炒めればOK。 サラダ油(適量:分量外)を熱したフライパンに入れて両面にしっかり焼き目をつける( 焼き目をつけることで香ばしさがアップ)。 3、合わせ調味料の材料(醤油・オイスターソース・砂糖・こしょう・鶏がらスープ)を混ぜ合わせたら、(1)のフライパンに加える。 焼き目をつけた(2)の焼きそば麺を加え、強火で全体を炒め合わせる。 ( 鶏がらスープを加えることで豚そぼろの旨味がしっかり溶けだし、麺によく絡むようになる) 4、ねぎ みじん切り ・一味唐辛子を加えて軽く炒めたら、仕上げに酢を加えて味を調える。 器に盛り、万能ねぎをお好みで散らせば出来上がり。 フライパンに入れる時は、塊で落とさずに菜箸で崩しながら入れるのがオススメです。 さらに旨味も引き立ててくれます。 「普段食べてるソース焼きそばと全然違う!見た目は似てるのに…」それが一口食べた時の印象でした。 まるで 本格四川料理のお店でいただくような、深い味わいの焼きそばができて大満足でした! 旨味たっぷりの豚肉に、牡蠣のエキスを濃縮したオイスターソース、甘くてコクのあるテンメンジャン、ところどころ焦げ目がついて香ばしい麺がプラスされ、仕上げのお酢でしつこさを緩和して味が引き締まっており、 辛い中に味の深みがあってとても美味しかったです。 麺のところどころにつけた 焼き目が本当に良い仕事をしていました。 辛さの奥に感じる甘味をじんわり味わっていたら突然やってくる焼け目の 香ばしさと食感が、食欲をそそりましたよ。 辛い物が大好きな旦那は、さらに一味唐辛子を振りかけてビールを飲みながら食べていました(笑)お子さんがいるご家庭や辛さが苦手な方の場合は後で調整できるように辛さ控えめで作ると良いかと思います。 「豚そぼろの四川風焼きそば」はリピ決定です!皆さんもぜひ作ってみてください。 参考参考同日に放送されたひき肉レシピはこちらです。

次の