クレジットカード 入会キャンペーン。 価格.com

【2019年12月】クレジットカード新規入会キャンペーン徹底比較11選

クレジットカード 入会キャンペーン

キャンペーン内容• 家族カード同時申込みで最大2,000円分プレゼント• 友達紹介で最大4,000円分プレゼント• 申込み時にキャッシング枠セット+入会後のショッピング利用で500円キャッシュバック 家族カード新規入会における2,000円分のJCBギフトカードプレゼントやスマリボの利用における5,000円のキャッシュバックを受けるには、 参加登録が必要ですのでご注意ください。 また申込み時のキャッシング枠セットについては、 0円以外に設定すればOKです。 上記のように5つのキャンペーンが合わさっての最大16,500円分プレゼントとなっていますので、 参加できるものだけでも参加していくとお得になりますよ。 さらにJCB CARD Wでは、あわせて次のキャンペーンを実施中です。 JCB CARD Wで貯めることができるのは Oki Dokiポイントなのですが、ポイント還元率はポイントを使う用途によって異なります。 基本的には0. ちなみにJCBオリジナルシリーズパートナーとは、通常よりOki Dokiポイントが貯まる優待店のことです。 また、入会時にスマリボ登録をするとその後3ヵ月間は ポイント10倍、Amazon. jpでの支払い時も ポイント10倍となります。 JCB CARD Wの発行を検討している方は、これらのお得なキャンペーンをぜひご活用ください。 キャンペーン内容• インターネットからの新規入会で2,000円分のJCBギフトカードプレゼント• 家族カード新規入会で最大2,000円分のJCBギフトカードプレゼント• お友達紹介で最大4,000円分のJCBギフトカードプレゼント• また、上記でご紹介したJCB CARD W同様、家族カード新規入会における最大2,000円分のJCBギフトカードプレゼントやスマリボの利用における4,000円のキャッシュバックを受けるには、 参加登録が必要ですのでご注意ください。 また、JCB一般カードは、インターネット申込みで 初年度年会費が無料となります。 2年目以降は、MyJチェックに登録のうえ年間50万円 税込 以上ショッピング利用するという条件を達成すれば、 年会費無料にすることが可能です。 条件を達成しなかった場合の年会費は、 1,250円 税別 です。 こちらのカードも初年度年会費が無料という特長を利用して 1年間お試しで利用してから、使い続けるか解約するかを判断するというのもよいでしょう。 気になった方は、ぜひこのお得なキャンペーンが実施されているうちにJCB一般カードを発行しましょう。 【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン セゾンアメックスゴールドはセゾンが発行しているアメックスとの提携カードで、アメックスよりも安い年会費で、アメックスの特典が一部利用できるコストパフォーマンスに優れたクレジットカードです。 海外に頻繁に行く人には嬉しいサービス「プライオリティ・パス」に、年会費10,000円 税抜 で入会でき、ラウンジを無料で利用できます。 なお、国内主要空港のラウンジは登録しなくても無料で利用可能です。 国内でのカード利用でポイントが1. 5倍貯まります。 セゾンアメックスゴールドは 初年度の年会費が無料となるため、ステータスのあるゴールドカードを一度持ってみたいと思っている方に大変おすすめできるカードです。 ステータスカードの代名詞、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード アメックスゴールド は、海外のホテルが割引で宿泊できたり、世界中にあるレストランを優待価格で利用できたり、空港ラウンジが使えたりとトラベル好きにはうれしい特典やサービスが満載です。 さらに本人会員と家族カード会員に国内外1,200ヶ所以上のラウンジを利用できるプライオリティ・パスの会員権が付帯。 1回32ドルのラウンジ利用料が年に2回まで無料となります。 また、海外旅行の際、スーツケース等を1個無料で配送してくれる手荷物無料宅配サービスや、怪我や病気などで出張やコンサートに行くことができなくなった場合に支払い済みの費用を補償するキャンセル・プロテクションなど、そのステータスを実感できる手厚いサービスを受けることができます。 そんなハイステータスカードのアメックスでは以下のキャンペーンを実施しています。 入会後3ヶ月以内に3回のカード利用で1,000ポイントプレゼント• 入会後3ヶ月以内に20万円のカード利用で3,000ポイントプレゼント• アメックスゴールドは旅行に関するサービスが充実しているため、このキャンペーンで獲得したポイントをマイルに代えて旅行にでかければ、いつもよりも優雅な旅になることでしょう。 キャンペーン内容 キャンペーン期間 通常入会ボーナス1,000マイル 常時 ANA便に搭乗で1,000マイルプレゼント【ANA主催】 2020年3月2日~8月31日 カードご利用金額に応じて最大27,000マイルプレゼント【ANA主催】 2020年8月31日まで ANAカードファミリーマイルに登録で500マイルプレゼント【ANA主催】 2020年3月2日~8月31日 WEB明細サービス「MyJチェック」登録で最大4,500マイル相当プレゼント【JCB主催】 2020年3月1日~2020年7月31日 カードご利用金額に応じて最大22,800マイル相当プレゼント【JCB主催】 〜2020年7月31日 キャンペーンの対象となるには、カードが手元に届いたあとにすべてのキャンペーンに対して 参加登録をする必要があります。 さらに、ソラチカカードでは、あわせて次のキャンペーンを実施中です。 新規入会で1,000マイルプレゼント• 入会後3ヶ月以内に10万円のカード利用で2,000ポイントプレゼント• 30万円のカード利用で4,000ポイントプレゼント• ポイントをマイルに移行するには、年会費 6,600円 税込 のポイント移行コースに登録する必要があるのでご注意ください。 ANAアメックスで貯まるポイントは、ポイント移行コースに登録すると有効期限が 無期限になるのでその面でもメリットがあります。 また、基本情報としてANAアメックスの年会費は 7,700円 税込 です。 つまり、合わせてポイント移行コースに登録する場合は、 年会費14,300円 税込 の支出が必要と考えておきましょう。 空港や機内でカードを提示することでお買いものもお得になりますので、よく飛行機を利用する方におすすめしたいクレジットカードです。 【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社) ANAダイナースでは2020年6月30日までの申し込み限定で、なんと最大100,000マイル相当が獲得できるキャンペーンを実施中です! 100,000マイルと聞いてもどこまで行けるか想像できない方もいるかもしれません。 100,000万マイルあると、シーズン問わず日本からヨーロッパでもオセアニアでもビジネスクラスの往復券と交換することが可能です。 また、105,000マイルまで貯めることができれば、シンガポールやバンコク、クアラルンプールといったアジア諸国への ファーストクラスの往復券とも交換することだってできます。 気になるキャンペーンですが、ANAダイナースは三井住友トラストクラブとANAの提携カードとなるため、それぞれのキャンペーンを合算することで100,000マイルとなります。 期間中に100万円以上の利用で53,000マイル相当のポイントプレゼント【三井住友トラストクラブ主催】• 家族カードとビジネス・アカウントカードに追加の入会で2,000マイル相当のポイントプレゼント【三井住友トラストクラブ主催】• 新規入会で2,000マイルプレゼント【ANA主催】• 対象期間中にANA便にご搭乗で5,000マイルプレゼント【ANA主催】• 期間中に100万円以上の利用で27,000マイルプレゼント【ANA主催】• また、貯めたポイントの有効期限もなく、移行上限もないため、ポイントの失効を気にすることなく、自分のペースでマイルを貯めることが可能です。 そのほか、空港までの手荷物無料宅配サービスや空港送迎サービス、空港ラウンジの無料利用など、旅に関わるサービスが充実しているのが特長です。 クレジットカードはすぐに解約してもOK? ここからは、クレジットカードの解約に関する疑問や注意点を解説していきます。 入会キャンペーンを利用してカードを作る前に一度確認しておきましょう。 解約ができない期間はなし よく、通販の商品を1カ月ごとなどに届ける「定期コース」には、「3回分必ず受け取ること」などの決まりがありますが、クレジットカードは別物です。 つまり契約してから一定期間解約できないという決まりはありません。 基本的に 解約手数料無料で、カード裏面に載っているカード会社へ電話をして「解約したい」と伝えるだけで済む場合がほとんどです。 よって 特別な場合を除いて解約申込書などの提出は必要ありません。 不要なクレジットカードも、自分で処理すれば問題ありません。 具体的には、 ICチップや磁気ストライプの部分をはさみで切ったり、シュレッダーにかけたりすればOKです。 解約する理由は、カード自体を使わなくなった、年会費が高い、クレジットカードはほかの会社の1枚だけでよくなったなど、その理由はさまざまです。 解約手続きの際にアンケートなどで理由を聞かれることがありますが、回答する義務はありませんのでご安心ください。 クレジットカードの解約時に注意すること ただしクレジットカードの解約には、以下のような注意点があります。 知っておかないと、あとで不利益を被ってしまうかもしれませんので確認していきましょう。 解約時の注意点• 同時発行したETCカード・家族カードも解約される• 公共料金や携帯電話料金などの支払いに設定しているときは、事前に変更が必要となる• 貯まったポイントは解約と同時に無効になる• エントリーしている各種キャンペーンは無効になる• 支払い残高やキャッシング残高が残っている場合は支払いが終わるまで請求される 申込み者本人のカードを解約すると、それに 付帯しているETCカード・家族カードも使えなくなります。 うっかり高速道路のETCゲートをとおろうとしてしまい、立ち往生してしまう可能性もあります。 家族カードについても、解約したことを知らない家族がお店でカードを出してしまう可能性があるので、 事前に解約したことを伝えておきましょう。 また毎月支払う公共料金などは、支払い期限を過ぎると「延滞料金」がかかってしまいます。 支払いが遅れたという理由で個人の信用情報に傷がつく可能性もあるので、カードを解約することが決まった時点で ほかの支払い方法へ変えておきましょう。 またクレジットカードを利用するたびにコツコツ貯めてきた ポイントは解約と同時に無効になってしまいます。 せっかく貯めてきたポイントなので、解約前にお得な商品に交換するなどして使っておくとよいでしょう。 本記事で紹介した入会キャンペーンはもちろん、カード会社が実施しているキャンペーンにエントリーしている場合は 抽選結果がわかるまで、もしくは特典をもらうまでは、解約をせずそのままにしておきましょう。 仮に豪華なツアー旅行が当たったとしても、無効になってしまいます。 最後に忘れてはならないのが、クレジットカードは現金がなくてもその場でお買いものができる 後払い方式の決済手段ということです。 つまりカードを解約したとしても、支払いは免除されません。 支払い残高が残っている場合は、解約後も以前と同様に月ごとに請求がきます。 支払いが全て完了するまで請求は続くので注意しましょう。 特典目当てでクレジットカードを作成する際に注意すること 入会してから解約までの期間に制限がないということは、いつでも解約が可能だということになります。 つまり、 入会キャンペーンなどの特典を狙ってカードを発行しても、入会の理由としては問題ありません。 しかし解約後にトラブルが起きないためにも、いくつか注意しておくことがあります。 特典目当てでクレカを発行するときの注意点• 特典を受け取る前に解約手続きをしない• 入会後半年以内の解約は避ける• 入会金・年会費は戻ってこない 特典を受け取る前に解約手続きをしない 特典は入会後すぐにもらえることは少なく、1カ月後の口座引落日など一定の期間がもうけられています。 特典が抽選の場合は当選日以降になりますし、半年後にしか受け取れない特典などもあります。 特典をもらうために入会キャンペーンに申込んだのであれば、少し辛抱して特典をもらってから解約した方がよいでしょう。 特典をもらう前に解約してしまうと、受け取れなくなるので注意です。 クレジットカード会社からの印象を悪くするので半年以内の解約はできるだけ避ける 入会キャンペーンは、わたしたち消費者にもっと自社のカードを知ってもらい、そして会員を増やすためにおこなわれています。 また、入会時は申込み者に対しての「カードの発行・郵送」などの費用をカード会社が負担しているのです。 つまり 入会後すぐに解約してしまうと、カード会社からの印象が悪くなることがあるのです。 今後その会社が発行するカードを作りにくくなる可能性があるので、できるだけそのようなリスクはとらないようにしましょう。 入会金・年会費は戻ってこない 入会金や年会費は、入会してからはじめの口座引落日に支払うことが多いです。 気になるのは、1年間の会員費として支払った年会費の行方ですよね。 残念ながら、解約すると1年間のうちで 消費していない月があったとしても、その分の年会費は戻ってきません。 ただし、カードのなかには「 年会費初年度無料」などお試し期間をもうけている会社もあるので、解約するなら1年以内というケースも考えられます。 入会キャンペーンと同時に、入会金・年会費の有無をチェックしておくとよいですね。 すぐに解約したら特典は返さないといけない? 特典をもらってすぐにカードを解約すると、特典目的で入会したことを気付かれてしまうかもしれませんね。 しかし、ご紹介してきたように解約までの期間にルールはないので、もらった特典を返す必要はないといってよいでしょう。 ただし、 解約後に新規入会の特典を狙って再度同じカードを作っても特典はもらえません。 これは、キャンペーンの条件のなかに「 はじめて申し込みをした人」と指定されていることがあるためです。 また、カード会社には会員の利用履歴が残っているので、たとえ5年・10年後に申し込みをしたとしても「新規入会」に関するキャンペーンに参加して特典をもらうことはできないでしょう。 クレジットカードの入会特典まとめ 本記事ではクレジットカードの入会特典や、解約時の注意点について解説してきました。 クレジットカードの解約には基本的に手数料はかからないため、 特典目当てに申し込むことについては問題はありません。 ただし、 入会してすぐに解約をするのは、カード会社に対して悪い印象を与えてしまいがちですので注意しましょう。 また、クレジットカードは何年も使わずに持っている人もいるように、利用する義務もありません。 新規入会の特典を狙ってクレジットカードを作ったとして、もし利用する機会がなさそうであれば、 半年以上などある程度時間が経ってから解約をするとよいでしょう。

次の

価格.com

クレジットカード 入会キャンペーン

クレジットカードの入会キャンペーンを利用する時の注意点 入会キャンペーン目的だけでクレジットカードを申し込むことはおすすめしませんが、キャンペーン目的で入会できないわけではありません。 しばらく使って退会する場合もあるかもしれませんが、これを繰り返すとカードを作れなくなるリスクもあるので、その点は注意してクレジットカードの申し込み・退会を行います。 特に気をつけたい点は以下です。 短い期間に複数枚申し込まないこと クレジットカードは短期間でたくさんのカードを申し込むと、審査で否認される場合があります。 これは多重申し込みといって、「どうしてこんなにたくさんのクレジットカードに申し込む必要があるのだろう?資金繰りが怪しいのではないか。 」ということで、審査落ちすることがあります。 できるだけ審査落ちを避けるためには、1ヶ月に2枚程度に留めておいたほうが安全です。 短い期間に複数枚は申し込まない! クレジットカードを検討するときにチェックすること クレジットカードを申し込む時には、年会費や還元率、どんな特典があるのか、入会キャンペーンはどんなものが実施されているのか気になりますよね。 クレジットカードをチャージに利用したり登録できなくても、銀行口座からチャージする方法があります。 電子マネーと相性のよいクレジットカード Suica等の電子マネーへのチャージでポイントが付与されるかされないかは、クレジットカードによって異なります。 電子マネー チャージでポイント付与がある代表的なクレジットカード モバイルSuica ビックカメラSuicaカード PASMO TOKYU CARD ClubQ JMB 楽天Edy リクルートカード(VISA,Master) nanaco セブンカードプラス WAON イオンカードセレクト その他のクレジットカードについては以下の記事で紹介しています。 が、クレジットカードは入会する時に一番ポイントをもらえたり、キャッシュバックを受けられたりするので、 入る時が肝心。 同じようなスペックのクレジットカードで悩んでいるなら入会キャンペーンで決めるのも一つの手段です。

次の

【全35枚】クレジットカードの入会キャンペーン特典一覧比較表|クレジットカード 入会キャンペーンハンター

クレジットカード 入会キャンペーン

SMBCファイナンスサービス• アプラスカード• アメリカン・エキスプレス・カード• イオンカード• 出光カード• エポスカード• エムアイカード• オリコカード• 京王カード• シェルカード• 静銀セゾンカード• シナジーカード• ジャックスカード• セゾンカード• セブンカード• ソニーカード• タカシマヤカード• 東急カード• 東武カード• ビックカメラカード• ビューカード• ファミマTカード• ポケットカード• みずほカード• 三井住友カード• 三井住友トラスト・カード• 三菱UFJ銀行カード• ミライノ カード• ヤフーカード• ライフカード• 楽天カード• リクルートカード• りそなカード• Amazonカード• ANAカード• auカード• DCカード• dカード• ENEOSカード• JALカード• JCBカード• JFRカード• JTBカード• J-WESTカード• MUFGカード• NTTグループカード• OMCカード• OPカード(小田急カード)• P-oneカード• SuMi TRUST CLUBカード• To Me CARD• TS CUBIC CARD• Tカード• UCSカード• UCカード• VIASOカード• カード名・会社名.

次の