マツキヨ キャッシュ レス。 マツモトキヨシの支払い方法

matsukiyo カロレスUA

マツキヨ キャッシュ レス

dカード、dカード GOLDってドコモのイメージが強いですよね。 でも、ドコモだけじゃないんです。 特典が充実していて色んなお店でポイントがザクザク貯まりやすいカードなんです。 その一つの店舗としてマツモトキヨシがあるのですが、マツモトキヨシでdポイントが貯まるようになったのは2018年4月30日という比較的最近の出来事です。 なので、ここからご紹介する方法は知っている人がかなり少ないお得な情報です。 結論から言うと、 マツモトキヨシでdカードを使って買い物をすると最大5. 超簡単で誰にでもできる方法で5. この記事ではその全貌をご紹介していきます。 2018年4月30日からマツモトキヨシでdカードを使うとポイント3倍! 日本全国に約1,600店舗あるマツモトキヨシは2018年4月30日からdポイントを貯めたり、使えるようになりました! 公式の発表では東名阪エリアの約850店舗から提供を開始し、徐々に全国へ普及させるとのことです。 では具体的にどういう風にdポイントが貯まるのか?というと、メインのベネフィットはdカードを使ってマツモトキヨシで買い物をすると ポイントが3倍になるという点です。 還元率でいうと3. 1-2. つまり、dカードで支払いをすると提示したことにもなるので、結果的に• dカード払いでの特典 =100円ごとに3ポイント• dカード提示での特典 =100円ごとに1ポイント の 合計4ポイントが貯まります。 もしクレジットカード機能のついていないdポイントカードだと、カード提示でもらえる100円ごとに1ポイントのポイントしかもらうことはできません。 さらに、マツモトキヨシでは独自のマツキヨポイントが貯まるポイントカードがあり、そのポイントカード提示でも1. 1,000円買い物したら50円相当のポイントが帰ってくるってかなりアツいですよね。 のちにご紹介しますが、マツキヨポイントカードで貯まるポイントはdポイントにも交換することができるので、全てをdポイントに集結させることも可能です。 マツモトキヨシを利用しているのであれば絶対に dカードもしくはdカード GOLDとマツキヨポイントカードは必携です。 1-3. 対象外の店舗もあるので注意! ここまでご紹介したマツモトキヨシでのdポイントがゲットできる特典がある店舗にも一部例外があります。 下記の店舗ではdカードで決済してもポイントをもらうことはできないので注意しましょう。 ちょっと残念ですが、大型施設って独自のクレジットカードを発行しているので例えばイオンモールでは「イオンカードを使ってください!」と促すのが普通ですよね。 なのでdポイント3倍特典があるのは街中の独立したマツモトキヨシということになります。 マツモトキヨシでもiDは使える! dカードやdカード GOLDには『 iD』という電子マネーが付帯しています。 iDの加盟店は日本全国約50万店舗以上あり、電子マネーの加盟店数では交通系最強の電子マネーのSuica 加盟店数約25万店舗 などを抜いてダントツ1位です。 iDはポストペイ型の支払い方法なので、チャージする必要がなく利用した金額分はdカードの請求と一緒に行われます。 iD決済ではピッと専用の機械にタッチするだけで決済が完了するのでメチャクチャ素早くお会計を終わらせることができ、レジでもたつく必要がないというメリットがあります。 もしかしたら知らない方がいるかもしれませんが、マツモトキヨシは2017年4月にiDの加盟店となりました。 結構最近ですね。 2-2. iD支払いでもポイント3倍! iDで決済できるのはいいことですが、問題は「iDで決済してもポイントはもらえるの?」という疑問です。 iDで素早く簡単に決済できたとしてもポイントがもらえないのであれば、ポイントがもらえるクレジットカード払いの方が断然お得でしょう。 結論からいうと マツモトキヨシではiD決済でもポイント3倍は変わりません! つまり、iD決済でも100円ごとに3ポイントのポイントはもらえるということですね。 つまり、マツモトキヨシでは、iD払いをして、マツキヨポイントカードを提示すればポイントを最大5. dカードで貯めたdポイントはマツキヨでも使える? 3-1. dポイントはマツモトキヨシで1ポイント1円として使える! ここまではマツモトキヨシでのポイントの貯め方についてご紹介してきましたが、次は「貯めたポイントはマツモトキヨシで使えるのか?」という疑問についてご紹介します。 まず見て欲しいのが、dポイントの使い道についてです。 貯めたdポイントは下記の用途で使う・交換することができます。 マツモトキヨシではdポイント1ポイントあたりを1ポイントとして利用することができます。 ポイントの利用方法はレジでカードを出して「dポイントを使います」と店員さんに伝えればOKです。 マツキヨポイントのポイントカードで貯めるよりもdカードがお得? 4-1. マツキヨポイントカードとdカードは両方持っててOK! 結論からいうと「どちらを持てばいいか?」という問いに対しては 「どちらも持っていてOK」です。 dカードとマツキヨポイントカードは両方持っていてOKですが、「dポイントカードとdカードはどちらを持っておくべきか?」については圧倒的にdカードです。 マツモトキヨシでお得になるのはdカードもしくはdカード GOLDでのクレジットカード決済時なので、クレジットカード機能が付帯したdカードが必要になります。 例えばマツモトキヨシでどのカードを使ってお買い物をしたのか?と表にまとめるとどれが一番お得がわかりやすくなります。 しかし、マツキヨポイントカードはdポイントカードはまた別のものなので、 カードを提示することで別途マツキヨポイントがゲットできます。 つまり、dカードとマツキヨポイントカードは両方持っておいてOKというよりも、両方持っておくべき!と言えるでしょう。 4-2. マツキヨポイントの使い道は?dポイントに交換も可能! ここで補足をしておくと、「dポイントの使い道はわかったけど、マツキヨポイントって貯めるメリットあるの?」という疑問に対して回答しておくと、マツキヨポイントには下記の使い道があります。 交換先 交換前 交換後 交換にかかる時間 交換可能な ポイント単位 JALマイル マツキヨポイント 500ポイント JALマイル 200マイル 最長1~2ヶ月程度 500ポイント ANAマイル マツキヨポイント 500ポイント ANAマイル 100マイル 約1~2ヶ月程度 500ポイント マイ・グリーンスタンプ マツキヨポイント 500ポイント マイ・グリーンスタンプ 400ポイント 約1~2ヶ月程度 500ポイント dポイント マツキヨポイント 500ポイント dポイント 350ポイント 2~3ヶ月程度 500ポイント 楽天スーパーポイント マツキヨポイント 500ポイント 楽天スーパーポイント 400ポイント 最長1ヶ月半程度 500ポイント Gポイント マツキヨポイント 500ポイント Gポイント 350ポイント 約2~3週間 500ポイント ポイントオン マツキヨポイント 500ポイント ポイントオン600ポイント 最長で1ヶ月半程度 500ポイント KNTポイント マツキヨポイント 700ポイント KNTポイント 500ポイント 最長で1ヶ月半程度 700ポイント 楽天Edy マツキヨポイント 1,000ポイント 楽天Edy 700円分 Edyギフトでの受取可能日をお知らせする「ハガキ」が送られてきます 1,000ポイント 色々なポイント交換先があり、中にはdポイントも含まれています。 ただし、dポイントを含め、マツキヨポイントを別のポイントに交換すると1ポイントの価値がガクッと下がるので 別のポイントに交換するのはオススメしません。 他に景品と交換という使い道もありますが、 景品との交換も交換レートが悪いのでオススメしません。 じゃあどういう使い道が一番いいのか?というと、 マツモトキヨシで1ポイント1円として利用すればOKです。 マツキヨポイントは200ポイント貯めるとマツモトキヨシで利用できるのになるので、200ポイントが貯まったらマツキヨで利用しましょう。 【ポイントの貯め方】• マツモトキヨシでdカード払いをするとポイント還元率3. dカード提示ポイントとマツキヨポイントカード提示ポイントでさらに1. dカードのiD決済でもdカード払い同様にポイント3倍になる!• dカードとマツキヨポイントカードは両方持っておくべき! 【ポイントの使い方】• dポイントはマツモトキヨシで1ポイント1円で利用可能!• 今回紹介した方法は現金で支払っていると貰えないポイント特典で、これからは絶対にカード社会になるので早めにこの流れに乗っておきましょう。 dカード GOLD人気記事ランキング 私はdカード GOLDの申込みをする時、公式サイトの入力フォームがややこしくて30分以上もかかってしまいました…。 1か所だけすごくわかりにくい場所があってつまづきました。 申し込む前にこの記事を読んで予め確認しておけばスムーズに申し込みを進めることができますよ。 dカード GOLDで年間6000マイルを貯める方法について解説しています。 6000マイルあれば国内便の飛行機代を往復無料にできます。 ANAマイルと比べてJALマイルって貯めにくい印象ありますが、これなら超簡単に誰でもJALマイルを貯めることができますよ!! 金額だけ見ると高い印象を感じますが、特典内容やポイントの貯まりやすさを考えると圧倒的にお得です。 むしろ年会費を払っても得することばかりです。 けど年会費はカード到着の翌月に引き落としされるのでその点だけご注意ください。 ドコモショップでスマホを乗り換える手続きをしているついでに、その場でdカード GOLDを申し込んでいませんか?それ、もしかしたら損しているかもしれません。 WEB申込だと入会特典が非常に充実しているので、dカード GOLDを検討されているのであれば絶対にWEBから申し込みしましょう!! 絶対ですよ!! dカードを使っている方、dカード GOLDのアップグレードをぜひ一度検討してみてください。 なんならスマホもdocomoに乗り換えてみてください。 dカード GOLDとdocomoは相性抜群で毎月勝手に大量のポイントを貯めることができます。 それを聞いて私もすぐにdocomoに乗り換えてdカード GOLDを発行しました。 でもこれって正直どちらがお得とかあるんでしょうか?違いってあると思いますか?VISAとMasterどちらを選べばいいか、それぞれの特徴について比較した結果をまとめています。 最近のスマホってガラケー時代と比べて乗り換え割とかキャッシュバックキャンペーンとか実施されなくなりましたね。 どのキャリアを使っても同じと思ってませんか?意外と知らない人が多いのですがdocomoのキャッシュバックキャンペーンが激アツなんです。 今乗り換えるならdocomoが一番お得ですよ!! カード発行すると入会特典でもらえる電子マネーiD。 使ったことない人も多いかと思いますがものすごく便利な電子マネーで、一度使うとやみつきになること間違いなしです。 電子マネーiDについて解説していきますね。 実は…携帯料金をdカード GOLDで払う設定にしてもポイントを貯めることはできません…。 だったらdカード GOLDで携帯料金を支払うのは損するのではないか!! 他のカードで支払った方がいいのではないか!! と思いますよね。 でも大丈夫。 さすがドコモです。 携帯料金の支払いに設定するとポイントもらえるキャンペーン実施中です!! dカード GOLDを持っていれば飛行機の待ち時間にラウンジを利用できます。 ラウンジでは飲み物無料、場所によっては軽食も無料、ゆったりとしたソファや座席でゆっくりとくつろぎながら優雅に快適に飛行機を待つことができます。 一度使うとハマること間違いなし!!

次の

キャッシュレスとは?キャッシュレス決済を比較。ポイント高還元のオススメ

マツキヨ キャッシュ レス

PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い…キャッシュレス決済を徹底比較! おすすめアプリや高還元率の組み合わせ技をプロが解説 2020年に入ってもキャッシュレス決済(スマホ決済)界隈はにぎやか。 スマホで簡単に利用できるスマホ決済アプリやキャンペーンの情報がたびたび話題になっています。 これからはキャッシュレス決済を利用できないと損をするかも! そうならないように、キャッシュレス決済(スマホ決済)の最近の動向と、有力だと思われるキャッシュレス決済アプリの使い方を紹介します。 銀行や通信事業者など大手の参入が相次ぐキャッシュレス決済 キャッシュレス決済は、現金を使わないで買い物をすること。 クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、電子マネーなどもキャッシュレス決済の一種ですが、近年、スマホでキャッシュレスに決済するアプリがたくさん登場しているのです。 主だったキャッシュレス決済アプリをざっとあげると、 ・PayPay(ペイペイ・ソフトバンク、ヤフー) ・LINE Pay(ラインペイ・LINE) ・楽天ペイ(楽天) ・d払い(NTTドコモ) ・au PAY(au) ・メルペイ(メルカリ) ・J-coin Pay(ジェイコインペイ・みずほ銀行) ・QUOカードPay(クオカードペイ・QUOカード) ・りそなウォレットアプリ(りそな銀行) ・ゆうちょPay(日本郵政) ・ファミペイ(ファミリーマート) ・モバイルSuica(JR東日本) など 出そろったという印象です。 最近は業務提携、資本提携、サービス統合など相次いでいます。 キャッシュレス決済は「QRコード決済」と「IC決済」の2種類に分かれる キャッシュレス決済(スマホ決済)アプリには、QRコード決済とIC決済の2種類があります。 QRコード決済は、支払いのときにスマホに表示させたQRコードを端末に読み取らせて決済するしくみがメジャーです。 店舗にあるQRコードをスマホで読み取ることで決済するものもあります。 IC決済は、クレジットカードや電子マネーなどを登録したスマホを端末にかざすだけで決済できるしくみです。 SuicaやWAONのような電子マネー、さらにはおサイフケータイも非接触型決済の一種です。 利用者側の利便性は、非接触IC決済のほうが上です。 対応のスマホや、専用のカードをかざすだけで、あっという間に決済が終わるからです。 QRコード決済の場合はどうしてもひと手間かかってしまいます。 QRコード決済は、店舗側で用意しているQRコードをスマホで読み取るか、スマホでアプリを開きQRコードを表示し、店舗側で読み取ってもらうという感じです。 とはいえ、店舗のシステム導入コストはQRコード決済のほうが安いといわれており、今後普及がますます進むとみられています。 クレジットカードをお持ちならば、よく使う1枚をスマホ決済のアプリに登録しましょう。 ポイントの2重取り(クレジットカードのポイントとキャッシュレス決済アプリのポイント)ができますし、クレジットカードを持ち歩く必要もなくなり、サインや暗証番号の入力も不要です。 主なQR決済サービス 画像:筆者作成 ひとことでQR決済サービスといっても、主なものをまとめてみると、仕様がさまざま異なることがわかるでしょう。 精算方法には主に事前にチャージが必要な前払い・決済と同時にお金が引き落とされる即時払い・利用金額を後からまとめて支払う後払いの3種類があります。 今回紹介しているPayPay(ペイペイ)・LINE Pay(ラインペイ)・楽天ペイ・d払い・メルペイ・au PAYのすべてが前払いと後払いに対応しています。 後払いの場合は、基本的に登録しているクレジットカードからお金が引かれます。 d払いはドコモユーザーであれば毎月の電話料金に合算して支払うことも可能です。 メルペイではクレジットカードを利用できませんが、「メルペイスマート払い」を利用することで当月の利用分を翌月末までに支払う後払いが可能です。 サービスによって還元率にも違いがあります。 PayPay・d払い・au Payでは、基本的に0. 5%の還元が受け取れます。 一定金額以上利用したり、特定のクレジットカードを使用したりすることで、還元率をより高めることができるものもあります。 LINE Payは基本的に1%の還元、最大で3%還元にすることも可能なため、お得そうです。 しかし、これらの還元は「VISA LINE Payクレジットカード」を利用した場合に限られます。 その他の支払いは還元の対象外となります。 また、楽天ペイは基本還元率0%ですが、楽天カードを紐づけて使うことで還元率が1%になります。 そのうえ、楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行口座にすることで、楽天ペイ利用時の還元率が倍の2%になります(2020年6月1日まで・要エントリー) 手に入るポイントも各社異なりますが、次の買い物の支払いに充てることができてお得です。 楽天ペイで手に入る楽天ポイントは楽天市場の系列、au PAYで手に入るPontaポイントはローソンの系列でも利用できますので、汎用性が高いといえるでしょう。 PayPay・LINE Pay・d払い・メルペイ・au PAYは出金に対応しているものの、手数料がかかります。 PayPayはジャパンネット銀行以外に出金すると手数料がかかりますが、他のアプリに比べると安めです。 また、d払いも月1回だけはみずほ銀行に出金すると手数料が安くなります。 とはいえ、出金せずにアプリ内で使うようにすれば手数料はかかりません。 なお、楽天ペイにも出金のサービスはあるのですが、2020年5月4日現在で一部を除き停止しています。 主なIC決済サービス 画像:筆者作成 IC決済も精算方法を前払い型と即時払い型・後払い型で分けて考えた方がいいでしょう。 前払い型には、Suica・楽天Edy・nanaco・WAON・Kyash Visaカードなどがあります。 いずれもあらかじめチャージして使うサービスです。 各社のサービス・店舗で利用でき、利用するとポイントがたまります。 また、オートチャージを利用すれば、決済時に残高が足りなくても、自動的にチャージして決済が完了します。 Kyash VisaカードはVisaタッチ決済に対応したVisaのプリペイドカードです。 利用額の1%がKyashポイントとして付与されます。 出金はできないものの個人間での送金が可能です。 また、ポイントの還元でおもしろいのは楽天Edy。 同社の楽天ポイントのほか、ANAマイルやPonta、Tポイントなど、合計12のポイントに変換できます。 よく利用するサービスがあるならば、そのサービスのポイントに変換すれば効率がいいでしょう。 これに対して、表の右2つ(iD・QUICPay)は、クレジットカードのように後払いで決済することが前提のサービスです。 前払いできるものもありますが、基本的には「チャージ不要」と紹介されています。 どちらも多くのクレジットカードに搭載されていて、iD・QUICPayの表示がある店舗ならどこでも使えます。 利用限度額はクレジットカードにより変わります。 通常、最低でも10万円ほどでしょうから、前述の前払い型より高額の買い物をする場合に便利でしょう。 なお、アメリカでは米アップルが「Apple Card」を発表。 チタン製のクレジットカードはカード番号が記載されていない斬新なデザインです。 このカードで支払いをすると1%のキャッシュバックが受けられます。 さらに、同社のアプリ「Apple Pay」で利用すると2%、アップル製品をアップルから直接購入すると3%と還元率が増えます。 現状、アメリカで一部ユーザーを対象にサービスがスタート。 日本でのサービス開始は未定ですが、もし日本にやってきたら、キャッシュレス決済の勢力図に大きなインパクトを与えそうです。 ポイント二重取り・三重取りの「合わせ技」 キャッシュレス決済アプリで有力なのは、たびたび大きなキャンペーンを実施して話題になった「PayPay」だと思います。 ユーザー数2500万人超、利用可能店舗数約220万店舗という規模の面で、キャッシュレス決済アプリで頭一つ抜き出た感じがあります。 ただ、還元率1. 5%を実現するには前月に50回以上、10万円以上利用することが必要です。 これは少しハードルが高いといえるでしょう。 そんななか、誰でも簡単に高還元率を実現する合わせ技があります。 それが二重取り・三重取りです。 まずは二重取り。 楽天ペイ+楽天カード、d払い+dカードを利用するのが手軽です。 d払いの還元率は0. 5%です。 しかし、楽天ペイなら支払先を楽天カードにして、楽天カードの引き落とし先を楽天銀行にすることで、還元率を2%にすることができます。 また、d払いはdカードやdカードGOLDを組み合わせると、還元率が1. 5%(実店舗)、2%(ネットショッピング)に。 アプリとカードのポイントを両方とも手に入れられるのです。 これに加えて、楽天ペイでは「楽天ポイントカード」、d払いでは「dポイントカード」を会計時にレジに提示することで、ポイントを上乗せすることができます。 ポイントの三重取りが実現できるわけです。 2019年10月〜2020年6月までの9カ月間にわたって、キャッシュレス決済を行うと5%または2%のポイント還元が受けられるようになっています。 具体的には、 ・ 中小の小売業、飲食店、宿泊施設など…5%還元 ・ 大手チェーンのコンビニ、レストラン、ガソリンスタンドなど…2%還元 です。 そうしたなか、キャッシュレス決済各社では、還元率が大きくアップする、よりお得に使えるというキャンペーンを開催することがあります。 期間限定とはいえ、うまく使いこなすことでお得度が増します。 たとえば、TOKYU CARDでは、キャッシュレス・消費者還元事業の5%還元店舗・2%還元店舗で利用した場合、さらにプレミアムポイントとして1%が付与されるキャンペーンを実施中。 多くのクレジットカードでは、還元の上限を毎月1万5000ポイントまでとしているなか、TOKYU CARDの場合は毎月最大5万ポイントまで還元が受けられます。 2020年6月末までの期間限定とはいえ、買い物の多い方はぜひ生かしたいキャンペーンといえるでしょう。 キャッシュレス決済に慣れておこう! キャッシュレス決済でお得になることがおわかりいただけたのではないでしょうか。 いよいよ現金で買い物をするのは損ということになってくることがわかると思います。 ですから、今のうちにキャッシュレス決済に慣れておいた方がいいでしょう。 スマホ決済アプリだけでなく、既存のクレジットカードや電子マネーもポイント還元の対象になります。 どの方法でもいいので、日々の買い物をキャッシュレス決済で済ませるようなしくみを利用するのがおすすめです。 消費税10%への増税はこれまで2回延期されてきました。 今回は3度目の正直。 消費税は引き上げられました。 ですから、工夫して生活を守っていくようにしたいですね。 今回紹介したキャッシュレス決済アプリでもその他のキャッシュレス決済でもいいので、導入を検討してみてはいかがでしょうか。 頼藤 太希 代表取締役/マネーコンサルタント 慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。 2015年に 株 Money&Youを創業し、現職へ。 女性向けWebメディア『FP Cafe』や月250万PV・200万UUの『Mocha(モカ)』を運営。 資産運用・税金・Fintech・キャッシュレスなどに関する執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力している。 『SNS時代に自分の価値を最大化する方法』 河出書房新社 、『入門 仮想通貨のしくみ』 日本実業出版社 、『人気FPが教える! 稼げるスマホ株投資』 スタンダーズ など著書多数。 日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャルプランナー AFP 、日本アクチュアリー会研究会員。

次の

通帳レスの実現!信用金庫でもデジタル通帳の導入が広がる(2019年最新版)

マツキヨ キャッシュ レス

公式アプリでクーポンを入手する• LINEクーポンを利用する• レシートについているクーポンを利用する• 店頭で配布してくれる割引クーポン券を利用する• マツモトキヨシのポイントカードでポイントを貯める• 1日、2日のポイント10倍デーを活用してポイントを貯める• マツモトキヨシの特別優待セールハガキで割引してもらう• 来店するだけで、ポイントが貯まるアプリを利用する• クレジットカードで買い物をしてポイントを貯める• JALカードを使ってお得にJALマイルを貯める• ANAカードは、オンラインストアでマイルを貯める• Edy支払いでマツキヨポイントを貯める• au WALLETカードの支払いでWALLETポイントが3倍に! 便利なネット通販サイトで時間の節約をする• メニュー• 228• メニュー• 228• 注目キーワード検索.

次の