節約 献立 1ヶ月。 家族4人!1週間で5000円使い回し献立集〜乾物&ストック食材使い回し編〜

【節約献立1週間分レシピ】2人で500円未満の1食ワンコインメニュー

節約 献立 1ヶ月

こんにちは、ヨムーノ編集部です。 子どもの成長とともにかさむ食費。 また、週末や連休のお出掛けのレジャー費用も考えると、節約を心がけたいですよね。 普段、ヨムーノやインスタグラムなどで100均グッズをたくさん紹介している、ヨムーノライターのつくもはるさんですが、実は100均と同じぐらい「節約ネタ」が大好きなんだとか。 今回は「5人家族で食費月2万円台」で過ごす自称ズボラでドケチ(笑)な、つくもはるさんに、無理なくできる「節約ワザ&レシピ」を教えてもらいました。 【5人家族で食費月2万円台の秘密1】食費節約の最強家計簿 家計簿と私 家計簿は実家を出てから10年近くつけていましたが、大体のお金の流れが把握できたことと、子育てで家計簿を記入する時間が捻出できなかったため、昨年から食費に関する家計簿をつけることをやめていました。 しかし今年から2人目の子どもも小学校にあがり、少し時間に余裕ができたので数年ぶりに家計簿をつけてみることに。 1ヶ月分を記録してみると、 月の半分は「出費0の日」なことが判明!節約ワザと節約レシピを紹介します! 月の半分は「出費0の日」なことが判明 これは、2018年5月のカレンダー。 黒く塗っている日が買い物をした日、白は買い物をしていない日です。 数えてみると、黒の買い物をした日が15日。 対して白の買い物をしていない日は16日。 買い物しているのは月の半分で、買い物をしていない日のほうが1日多いほどでした。 意識したことはありませんでしたが、基本的に週末~火曜日にかけて買い物。 1週間の食費と1日の平均食費を算出 続いて、使用金額を1週間ごとに見ていきます。 モモ肉100gが48円というお買い得品を見つけたので、冷凍保存用に多めに購入。 高い時は全く購入しませんが、安い時はできるだけ買い溜めしています。 解凍肉として販売されているものを、再び冷凍するのは品質が落ちるとも言われますが、あまり長期保存しなければそこまで食感や風味も気にならないので、「冷凍しても早めに消費する」というルールで冷凍保存しています。 先週、お米を10kg購入したので、お米はしばらく買う予定はありませんでしたが、10kg:2999円で販売されていたのでついつい購入。 これで来月にお米は買わなくてもよさそうです。 冷凍のお肉や残り物野菜など、あるもので料理を作りました。 今月は2回のママ友ランチ会がありましたが、どちらも自宅に呼んでおもてなししたり、手作りのおやつをいただいたりしたので、外食費は特にかかりませんでした。 結果、5月の食費の合計は 25,066円。 31日で割ると1日辺りの平均食費は、 808円ということに。 家計簿をつけるまで、大体1ヶ月あたり2万円程度かなと想像していました。 5月はお米を来月分まで購入しているので、この金額は想定内です。 総務省の2017年の家計調査報告によると、2人以上の世帯(平均2. 98人)の食費の月平均は、57,826円(酒類・外食費を除く)だそうです。 子どもたちは大人よりも食べる量が少ないので1人分と考えると、2人以上の世帯の平均人数2. 98人とほぼ同じくらいだと考えられます。 その世帯の月間の食費が57,826円と考えると、我が家の5月の食費の25,066円は、かなり節約できているのではないでしょうか! 引っ越してきた当初、近所のスーパーを周り、特に安い価格帯のスーパーで買い物するようにしています。 また、モニターや懸賞で食材やお菓子などをいただくことも多く、その辺りで節約できたのだと思います。 【5人家族で食費月2万円台の秘密2】効果が絶大!食費節約ワザ5選 節約ワザ1:「鶏肉は"むね"じゃなく"モモ"」 豚肉・鶏肉は、特売日に買って冷凍しています。 豚肉は大体「 100g/98円以下」だとお得なので、「買い」です。 それ以下の値段の時は、間違いなくお値打ちなので「まとめ買い」して冷凍しています。 それ以上の値段の場合は、買わずに買い置きしていた冷凍品を消費していきます。 節約といえば「鶏むね肉」。 私も、以前はよく100g/38円の日に大量購入して、冷凍庫をパンパンにしていました。 しかし、冷凍すると食感が余計にパサパサするのが玉に瑕。 「余ったら残そう」と思っていると、結局全部食べてしまうことが多いので、最初に少し取り分けておくのがポイントです! 私はマメな性格ではなくズボラ主婦なので、作り置きはあまりせず「おかずを一品を作ったついでにちょっとだけ置いておく」を、実践しています。 節約ワザ3:「冷凍食品・保存食品を使い、"無買デー"をつくる」 冷凍庫の中に、いつ買ったか分からない冷凍のお肉が眠っていた……なんてこと、ありませんか? 安いお肉を冷凍して保存していますが、買い物にいくと新しい食材を買うので、冷凍保存した食品がどんどん溜まってしまいがち。 我が家にも〇ヶ月前のビンテージ物(?)の冷凍お肉が眠っていたり(笑)。 買い物に行かない日は在庫を消費して、冷凍庫を整理していきます。 大体定価より1/2~1/3ほどの価格で買えることが多いので、良さそうなものがあればゲットしておきます。 早めに食べたほうがいいものが多いので、当日中か2~3日で消費するようにしています! 節約ワザ5:「もやし・豆腐は最強の食材」 スーパーで安価で手に入る「もやし」と「豆腐」は、簡単におかずをボリュームアップできる優秀選手。 豆腐とパン粉を混ぜたつなぎで豆腐ハンバーグを作ったり、野菜炒めにもやしを加えて量を増やしたり、なにかと有効活用しています。 おかずが少ないときには、冷奴を出してプラス1品できるので本当に優秀……! 【5人家族で食費月2万円台の秘密3】家族ウケ抜群の食費節約レシピ 節約レシピ1: 1食約30円!節約オムライス 冷蔵庫にあまり食材が無いときによく作るメニュー。 炊飯器に、みじん切りした人参や玉ねぎなどの野菜と、カットしたソーセージなどを入れて、いつも通りの炊飯スタート。 炊き上がったら、適当にケチャップを入れて混ぜるだけでフライパン不要の簡単ケチャップライスが完成。 節約オムライスは、卵を1つにすれば1食辺り約30円で作れます。 節約と時短を兼ねた、最強メニューです! 節約レシピ2: 「楽天」のアプリ会員特典でもらったミスドのドーナツでおやつ 最近はアプリなどの会員特典で、コンビニのペットボトル飲料やドーナツがもらえるキャンペーンがあるので、見つけたときは外出するついでにもらっています! この日は無料のドーナツを1つお持ち帰りして、家でアイスコーヒーを入れておやつに。 一銭も使わないという、徹底したドケチぶりです(笑)! 節約レシピ3:冷しゃぶサラダ 暑い季節の人気レシピとしてよく作ります。 豚肉と一緒に野菜もたっぷりとれるので、満足度が高いです。 この日はスーパーで見切り品のオクラ1パック40円、アボカド4個200円を手に入れたので、サラダに加えています。 基本的に献立を考えてからスーパーに行くことはあまりなく、スーパーで安くで手に入った食材で適当に作ることが多いです。 【5人家族で食費月2万円台の秘密まとめ】 いかがでしたか? 外食はほとんどしないつくもんさんファミリー。 節約メニューも、カフェ風の盛り付けやテーブルコーディネートで節約してるようには見えません。 みなさんも、つくもさんのように、楽しみながら節約生活を始めてみてはいかがでしょうか? 家計簿アプリ「Zaim」(ザイム)のダウンロードはこちら.

次の

節約献立40選!食費を抑えても家族みんな大満足の美味しい料理を大公開♪

節約 献立 1ヶ月

1週間の献立が3,000円でいける節約料理のレシピと買い物リストをお伝えします。 「毎日の献立を考えるのって大変じゃないですか?」。 自分だけなら適当に済まそうと簡単なご飯を食べて終わりにしてしまえばいいですが、家族がいるとそうもいかないかもしれません。 お昼のご飯と一緒にならないようにと考え始めると何にしようか迷い、とりあえず買い物に行くと余計なものを購入してしまうという悪循環に陥っていませんか? そんな人はまず、献立をギリギリ考えるのをやめて無理のない節約生活を送れるようにしましょう。 節約ができて献立も迷わない、そんな理想的な生活は難しいと考えていますか? 実はこれって案外簡単にできてしまうんです。 主婦のための賢いお買い物術。 今回は各家庭の出費も目安に記載していますので、参考にしてみてください。 住宅費:60. 000円~80. 000円 食費:40. 000円 ガス:6. 000円~10. 000円 水道:10. 000円 電気:10. 000円 携帯:20. 000円 子どもが小さいうちはご夫婦の出費とさほど変わりはありませんが、子どもが大きくなるにつれ学校で必要な経費や習い事の費用など様々な経費が必要になってきます。 また、高校・大学と進学すると高額な資金が必要になるため、小さい時からの資金準備がとても大切になってきます。 各家庭の平均支出をまとめてみました。 いかがでしょうか?ご自身の家庭の支出は平均値内でしょうか? もし大幅にズレているとお金を使いすぎている傾向があります。 でも大丈夫です! これからどうしていくかが肝心なので、今まで使いすぎていたとを後悔するより、これからこうしよう!と目標を決めて取り組むことが大切です! それでは1週間の買い物リストと節約レシピをご紹介していきましょう。 今回は2人分の量でお米はあることを前提に夕食の献立をご紹介していきます。 また節約ではなく、収入を増やしたいなら自宅でコツコツ始められる「ブログ」がオススメです。 スキマ時間に作業しながら、安定収入を築けます。 無料のブログ講座に興味があれば、下記のバナーをチェックしてみてください。 ブログで成功した主婦の声は、下記の記事で紹介しています。 興味があれば参考にしてみてください。 990円地域によって食材価格の変動があると思いますので 目安として考えてください。 使用する食材は上記の買い物リストから選んでご紹介しています。 節約レシピ1日目 【じゃがコーン炒め】 材料:ジャガイモ・コーン 【高野豆腐とかぼちゃの煮物】 材料:高野豆腐・かぼちゃ 【キャベツとにんじんのコールスローサラダ】 材料:キャベツ・ニンジン 1日目のレシピをご紹介しました。 ここでは、じゃがコーン炒めと高野豆腐とかぼちゃの煮物を多めに作って置き冷凍保存しておくと後々料理の手間が省けて節約にもなります。 作った料理を冷凍しておくと料理の手間が省けな、少しですがガス代が少し節約できるのではないでしょうか。 (これが重要なポイントです!) また、上手に食材を利用できていれば今回の食材は少し余っているかもしれません。 そうするとまた次週に利用できるため買い物リストから食材を外すことができ節約に繋がります。 ぜひ試してみてください。 (買い物リストを元にレシピをご紹介しているため、あくまで献立のご参考にしていただけると幸いです。 ) その他にもコスパがよく、栄養士さんが考えたメニューを提供してくれる宅配弁当、 などもありますので、ご飯を作る時間がない!買い物に行く時間がない!など困った時は利用するのもおすすめです。 食費を節約する4つのコツ 1. 広告を活用する 新聞に入っている広告をうまく活用できていますか?広告の商品で一番狙い目なのがその日限定の数量が限られているものです! この商品でお客さんに来店してもらい他の商品を買ってもらおうというスーパーの狙いです。 しかし、消費者もこれを上手く利用しない手はありません。 数量限定はほとんどのスーパーの場合日替わりで用意されています。 例えば「何曜日が感謝の日」・「週末激安市」など。 その日の商品をチェックしておき買う必要があるなと思った時だけ購入するように心がけましょう! 新聞を定期購読していない人は今はネットでも広告は見ることができますので、携帯からもチェックしておくといいかもしれません。 一週間の献立を決める 1週間の献立を決めておくことで今日は何にしようと悩まずにすみます。 また事前に必要な食材が分かっているため余計な買い物もしないため、節約が可能です。 ただ、1週間の献立を決めるにおいて3つポイントがあります。 ポイント1. 細かすぎる献立を考えない あまりにも細かく献立を考えようとすると、1週間分はとても多く感じてしまいます。 それが逆に悩む元になってはせっかくの節約術も負担になってしまいますので、献立を決める時は「アバウトに決める」。 今日は肉料理で明日は魚料理のようにメインに使う食材とその献立にあう野菜をある程度で考えるだけで大丈夫です。 ポイント2. 使いまわせる食材で考える 食材の中にはこの料理限定で利用できるものなど特定の料理にしか使用できないものもあります。 逆に何でも使う事ができるものもたくさんあります。 献立を考えるときはまずこの使いまわしができる食材を中心に考え購入するといいかもしれません。 ポイント3. まとめ買いしてから献立を考える 献立を一週間分考えることが難しい時は、先に買い物に行ってしまいましょう! ただし、購入金額を決めて食材を買うようにしてください。 そうすることで無駄なお金を使わず、買い物をしながら献立を考えることができるようになります。 買い物には週1回しか行かない 必ずと言っていいほど、無計画に買い物に行くと「あ!これいいな」というものが目についてしまい購入してしまう確率があがります。 それを何度も繰り返すことで節約どころか、マイナスになってしまう可能性もあります。 なので、買い物は週に1回。 献立を考えていれば食材購入のメモを作る。 買い物をしながら献立を決める人は、購入金額を決めておくと無駄は出費を防ぐことができます。 また、特売日などを利用することで、週末以外の買い物も有効です。 ただし、日曜日はスーパーも平日に比べて価格を下げるところもあるようです。 行きつけのスーパを上手く活用して節約してみてください。 食費用のお財布を作る 毎月の食費で使える金額をあらかじめ決めておきます。 ただし、買い物に行くときには全ての金額をもっていかず、その日の決めた金額で購入をします。 そうすることで無駄な買い物ができなくなります。 その他にも買い物で利用するポイントカードなどを1つにまとめておくことで今日あのカードを忘れたなどもったいない思いをすることがなくなります。 ポイントカードは1回1回に貯まるポイントは少なくても塵が積もれば山となるではないですが、貯めていけば1000円分などすぐに貯まります。 1000円分の買い物がポイントでできるのは、家計にとってとても大きいのではないしょうか。 節約レシピはネットスーパーを利用する 買い物に行くとついつい買いすぎてしまうと悩んでいる人は、ネットスーパーを利用するのも1つのてではないでしょうか? ネットスーパーを行っている会社をご紹介していきましょう。 まとめ 食費を減らす節約術をご紹介してきましたがいかがでしょうか?心がけ次第ですぐに始められるものがあったのではないでしょうか?節約は思っているだけではできません。 行動して始めて節約として成り立ちます。 1年後に始める人と今から始める人とではかなりの差が出てしまいます。 少しでもやってみようかなという気持ちになればすぐに挑戦してみて下さい! また節約だけではなく、収入を増やすことにも挑戦したい人は、ブログで稼ぐ方法がおすすめです。 弊社のスクールでは、おもにオウンドメディアと呼ばれるブログのようなもので安定的に稼ぐ方法を教えています。 実際に、弊社のスクールで成果を出した人の例を挙げると、 ・ブログで情報発信し、クラウドファンディングで書籍化も達成!自由に働く夢が叶った方 ・本業のかたわらブログをコツコツと育、稼いだお金で海外旅行を楽しんでいる方 ・会社員時代に副業でブログを始めて月300万円の収入を実現し、独立した方 といったように、 経済的な自由を獲得したり、時間や場所に縛られない生き方を実現しているのです。 あなたも安定した資産を構築する方法に興味があれば、下記ボタンから詳細を確認してみてください。 いまなら4時間45分の動画講義を無料で公開中です! \ ブログで安定資産を構築できる副業講座はこちら/.

次の

節約献立40選!食費を抑えても家族みんな大満足の美味しい料理を大公開♪

節約 献立 1ヶ月

私は休日にまとめて下味冷凍を作っています。 平日は仕事と息子の送迎でクタクタなので時短ですませるようにしています。 履歴を残して毎月使いまわせる 大袈裟にいうと、1ヶ月分の献立表を作ってしまえば 毎月ずっと使いまわせます! 実際に作ってみて、予想以上に手間がかかる料理を 減らしたり、家族のリクエストの多い料理を 増やしたりして毎月少しずつアレンジするだけで新しい献立表の完成です。 我が家の献立表と作り方 こちらが我が家の2020年3月の献立表です。 毎月事前に聞いています。 はじめから1ヶ月分の献立を考えるのは大変ですので、まずは1週間分の献立を立ててみましょう。 土日 休日の献立を考える 私はまずは休日の献立を考えます。 ポイントは3つです。 魚料理 我が家では私も夫も生魚好きなので、魚料理は購入した当日に食べられるように休日に固定しています。 例:刺身・ネギトロ丼・海鮮丼• 夫でも簡単に作れるもの 休日も私が作る場合が多いですが、気分で夫に作ってもらうことがあります。 その時のために簡単に作れる料理を設定しています。 例:チャーハン・うどん・オムライス・粉もん• 手のかかるもの 洗い物が多そうなものや、手間がかかるものは時間の余裕のある休日に作ります。 例:ハンバーグ・チキン南蛮・煮物・粉もん 家庭にあった 休日の献立を考えてみましょう。 平日の献立は簡単な料理.

次の