会計士 転職 サイト ランキング。 公認会計士受験を断念したときにおすすめの就職・就活方法まとめ

公認会計士受験を断念したときにおすすめの就職・就活方法まとめ

会計士 転職 サイト ランキング

とにかく急いで転職したい人にはおすすめ。 希望すれば連日求人を紹介してもらえるので、とにかく質より量という感じですね。 僕の場合、急いで転職したかったので、登録してから2週間で転職先を見つけることができました。 43歳 男性 WEBソフトウェアの営業職 40代の転職は厳しい?転職を成功させるには? 20代のときと比べると、40代は転職が難しいと思っている人も多いですが、実際のハードルはそこまで高くありません。 実績を積んだ業界・職種であれば、いきなり管理職待遇で転職することも可能です。 しかし管理職としての経験や、専門職としてのスキルがなければ、なかなか求人が市場に出回っていないのも現実です。 そのため40代の転職では、自分の市場価値を冷静に分析し、転職すべきかどうか、またどのレベルの求人を狙うのか見極めることが重要です。 40代の転職を成功させるコツは、こちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。 40代女性も近年採用熱が高まっているチャンス! 最近は深刻な人手不足から、子育てが一段落ついた40代女性への採用熱が急激に高まっています。 また大手企業であれば、男女雇用機会均等法の影響から、女性管理職の需要も高まっているのでキャリアアップのチャンスでもあります。 女性におすすめの転職サイト、また40代女性の転職事情については、こちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。 40代の転職で有利になる資格とは? 同業種への転職においては、資格を保有していても大きなアドバンテージになることはありません。 40代となれば新卒から20年近くのキャリアを積んでいるので、求められるのは数字で表せる明確な結果や経験です。 資格を持っていなくても、面接でうまくアピールすることができれば、問題なく転職はできるでしょう。 またリーダー職や管理職の経験がない方は、いくら資格を持っていても転職するのは難しくなります。 ただし異業種へ転職する際には、最低限のスキルや知識をアピールするためにも、資格を取得しておいた方が有利になることは多いです。 特に難関資格を取得しておけば、転職先が見つからない…と絶望することもないでしょう。 40代以上の転職で有利になる資格、また資格なしで転職する方法などはこちらの記事で解説しています。 40代の転職ではどんな志望動機・自己PRでアピールすべき? 40代となればある程度の実績を積んでおり、仕事にも自信を持っている一番脂がのっている時期です。 しかし面接の場で、過度に過去の実績や経験をアピールするのはやめておきましょう。 それよりも過去の実績・経験を活かして、どんな良い影響を会社に与えることができるのか。 未来の話をメインに据えるのは面接官に好印象を持たれる志望動機・自己PRです。 また仕事の内容だけでなく、人間としての器の大きさが感じられるエピソードなども用意しておくと、面接官が年下の場合にも好印象を与えることができます。 大体どれくらいの年収から転職を考えるべき? 40代の平均年収はおおよそ495万円です。 しかしこれはあくまでも平均値の話で、役職の有無や男女の違いによって年収には大きく差がつきます。 役職のついていない一般職の方の場合、年収400万円以下の方は転職をした方が年収が増える可能性が高いです。 しかし40代の転職は最後のチャンスでもあり、最大のリスクを背負うピンチでもあります。 ここで失敗してしまうと、後々の生涯年収に大きく影響を与えるので、自身の市場価値を正しく判断することが大切です。 これまで転職をしたことがないという方は特に、転職エージェントなどプロに相談して、総合的に判断するようにしましょう。

次の

会計事務所の転職・スカウト転職実績ランキング

会計士 転職 サイト ランキング

ページコンテンツ• ライバル多数!そもそも独立して成功するのは至難の業? 資格を取るのも取ってからも大変 公認会計士は大変難しい国家試験をパスしなければ就けない職業です。 資格さえ取ればその後の人生は安泰、と思われがちですが、独立開業後も全員が成功者の地位を得られるわけではありません。 増え続ける公認会計士 現在公認会計士の資格を持っている人は日本全国で約30000人です。 今度も毎年合格者は増え、 定年がなくシニアになっても働ける仕事であるため公認会計士の人数はこれからも増え続けます。 独立開業で成功するには、 専門分野を持っていないと生き残れず、競争が激しい業界といえます。 公認会計士が独立失敗する理由 営業力・人脈が足りない 独立して個人事務所を開設すると、公認会計士としての能力だけでなく 経営者としての才覚が求められます。 特に人脈をつないで営業をかけ、 クライアントを獲得するスキルは大切ですが、営業力は監査法人で自然に身につく能力ではありません。 公認会計士として能力の高い人でも営業力を思ったように発揮できず開業で失敗するケースは山のようにあります。 コンサルティング能力の不足 独立した公認会計士の個人事務所が請け負う仕事の多くが小~中規模の企業です。 監査法人時代に担当していた大企業や中堅クラスのクライアントの仕事と求められるものが大きく変わってきます。 個人事務所の公認会計士は、 クライアントの会計や経営に関するアドバイスをする コンサルティング能力が求められます。 コンサルティング能力も監査専門業務をこなしてきた公認会計士に自然に身につくものではなく、自分のスキル不足を開業してから痛感する公認会計士がたくさんいます。 景気で仕事が左右される 小~中規模の企業クライアントを抱えている個人会計事務所は、 景気に仕事が左右されるというリスクを抱えています。 メインのクライアントが景気の影響で倒産してしまうと、会計事務所の収入が激減という可能性もあります。 リスクを減らすために特定の顧客に依存しない経営をすることが大切ですが、限られた人数で 抱えられるクライアントの数は限られており、安定した収入を得る難しさに悩む個人事務所は数多くあります。 税理士と仕事が競合 公認会計士は税理登録をおこなえば税務の業務をおこなうこともできます。 税理士登録すれば毎月安定した収入が得られるので、 税理業務の顧問料をあてにして開業にふみきる公認会計士もたくさんいます。 ですが税理士業界も会計士同様に資格保有者が多く競争が厳しく、税理を専門に扱う税理士であっても仕事が獲れない状況にあります。 税理業務による収入が確保できず資金難から廃業に追い込まれる個人事務所もあります。 中間管理法人での職務経験を持つ公認会計士の転職市場における評価は高く、再び監査法人に出戻りするケースもかなりあります。 Big4も中途採用を強化 中小規模の監査法人や個人事務所の立ち上げを経験した転職者は、会計士として鍛えられているためBig4をはじめとする 大手監査法人からも需要があります。 経験者の場合はシニアマネージャーのポストで中途採用されるケースが多いです。 特に 監査以外の業務をおこなうセクションの求人では、監査法人は生え抜きの会計士にないキャリアを持つ人材を募集することもあるので、以前と同クラスの中堅監査法人よりも大手の監査法人で働いてみたい気持ちがあるのなら積極的に応募してみましょう。 公認会計士で独立失敗した人におすすめの再就職先 経験スキルを活かすならコンサルティングファーム 監査法人に出戻り以外にも、公認会計士で独立に失敗した人におすすめの転職先はあります。 監査法人や独立後の経験をいかす転職先に、 コンサルティングファームがあります。 会計のスペシャリストとしてクライアントにコンサルティング業務をおこないます。 安定を求めるなら一般事業会社 開業の失敗から とにかく安定を求めたいという気持ちが強い人には、 一般事業会社の会計部門への転職がおすすめです。 企業内会計士の採用をおこなう中堅・大手クラスの企業は多く、年齢とキャリアを考慮の上年収が決まる一般企業なら、 顧客確保に奔走する必要がなく会計士の仕事に打ち込むことができます。 再就職したいと思ったらまずは求人をストックしておこう 再就職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まります。 良い求人に出会えるかどうかは 運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。 あらかじめ 転職サイトに希望条件を登録しておけば、 条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、 良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。 転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。 リクナビNEXT 転職希望者の8割が利用する 求人数No. 1の転職サイト。 希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、 優良求人を見逃すこともありません。 会員登録することで 履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、 作成したレジュメは保存できるので、応募の度に作成する必要がなくなります。 転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが良い求人に出会う第一歩です。 独立失敗からさらに転がり落ちていかないための転職方法 求職活動での独立失敗の影響を最小限に 転職活動では志望動機や退職理由が合否に大きく影響します。 独立失敗という経験をマイナスに受け取られないために 応募書類作成や面接対策で入念な準備が必要となります。 廃業の影響が及ばない転職先を選ぶ 公認会計士同士の横のつながりでは、事務所廃業など悪い噂ほど早く伝わる傾向があります。 転職の際にこれまでの人脈を頼りたくなる気持ちは理解できますが、イメージダウンをさけるため、 以前の職場と横のつながりがある職場を避けるのがおすすめです。 ブランクをつくらない 個人事務所をたたむ際には、抱えていたクライアントや雇用していた従業員への対応など責任の重い作業がつきものです。 責任感の強い人ほどこれらの対応に追われて自分の今後の身の振り方は後回しになりがちですが、 会計士としての長いブランクを作らないことが今後のキャリアの立て直しにとって大切です。 転職エージェントの活用 独立失敗からの転職を考えている公認会計士にとって、おすすめしたいのは総合型転職エージェントの活用です。 残務処理に追われる人でも転職エージェントから求人紹介を受けることで効率よく、 人脈に頼らず転職活動をすすめることができます。 大手の転職エージェントであれば、公認会計士専門の転職エージェントや大手監査法人とも取引があるため、今後のキャリア選びに必要な情報を担当のコンサルタントから入手することができます。 書類や面談の対策といった転職者サポートも充実しているため、 独立失敗の影響を最小限にとどめ最適な転職を見つけることができます。 リクルートエージェント リクルートエージェントは約20万件もの非公開求人を抱える国内最大の転職エージェントです。 転職実績も非常に高く、さまざまな理由から転職を希望する転職者が手厚いサポートを受けられる総合型の転職サービスです。 リクルートエージェントは公認会計士や税理士といった士業の転職も得意で、 業界に精通する専任のキャリアアドバイザーがひとりひとりに最適な求人紹介を行うので、忙しい社会人でも効率よく転職活動をすすめることができます。 税理士・公認会計士の転職におすすめの転職エージェント・転職サイト24社を比較してランキング形式で紹介しています。 税理士・公認会計士として年収アップ転職したい人、税理士・公認会計士から異業種転職したい人、未経験で税理士・公認会計士に転職したい人それぞれおすすめの転職エージェントを紹介します。 まとめ 公認会計士は資格保有者が多いためその後の キャリア形成でも競争が激しい業界です。 営業力・コンサルティング能力不足や、税理士との競争や景気の影響を受け、独立に失敗する公認会計士もたくさんいます。 独立開業に失敗しても公認会計士には ・ 監査法人 ・ コンサルティングファーム ・ 一般事業会社 などの活躍の場があります。 志望動機や退職理由を念入りに準備し、 ブランクを作らない迅速な転職を意識すれば、独立失敗の影響を最小限にすることができます。 求人紹介をおこなう転職エージェントの力をかりて、公認会計士としてのキャリアの立て直しをはかり転職を無事成功させ、公認会計士としてのリスタートを切りましょう。

次の

公認会計士で独立失敗、廃業した後の転職先は?

会計士 転職 サイト ランキング

マイナビ税理士のおすすめポイント 転職において抜群の知名度と実績を誇る、マイナビが運営する税理士向けの転職エージェントが「マイナビ税理士」です。 他の転職エージェントと比較した場合、受けることができるサービス内容に大きな違いはありません。 ですが大きく違っているのが「求人数とサポートの質」です。 豊富な求人の8割は非公開求人となっていますので好条件な案件を多数紹介してもらうことが可能です。 さらに紹介される求人は正社員ばかりとなっていますので「アルバイトや派遣で働きたくない」と考えている方には最適な転職サイトと言えます。 もちろん「キャリアカウンセリング・面接、書類対策・スケジュール調整」などのサポートの質も大手ならではの高品質です。 マイナビ税理士を実際に利用した人たちの口コミ・評判 ビズリーチのおすすめポイント ビズリーチはハイクラスの転職に特化している転職サイトで、扱っている職種は多岐にわたっています。 会計士や税理士などの求人も豊富にあり、そのキャリアを活用して管理職や専門職で働きたいという人に向いているサイトです。 ヘッドハンターからスカウトを受けられると有利なので、登録前にキャリアをしっかりと構築しておくことが重要になります。 勤務経験が5年以上はあることが求められている求人が多いので、少なくともミドルクラス以上でないとなかなか求人が見つからないでしょう。 その分、給与や待遇はかなり高いものばかりになっています。 自信を持って人に見せられるキャリアシートを作れる人にとってビズリーチに登録するのは合理的です。 ビズリーチを実際に利用した人たちの口コミ・評判 MS-JAPAN(ジャパン)のおすすめポイント 経理・会計士・税理士などの転職に役立つ「管理部門特化型エージェント」として、業界ナンバーワンの実績を誇るのが「MS-JAPAN」です。 求人数の多さも魅力ですがエージェントの質とサービス内容の高さも評判で、専門性への理解度も高く面接対策なども行ってくれます。 また応募書類に関してはサンプルの提出や添削も受けられます。 関東・東海・関西の主要都市に大手からベンチャーまで様々な企業とのネットワークを持ち、「第2新卒から40代以上」までの幅広い年代の方の転職をサポートしてくれます。 会計士や税理士などの資格を持つ方が年間3,000名以上登録しており、創業よりの25年間で20,000名以上の方の転職を成功させている実績も豊富な安心して使える転職サイトです。 REXアドバイザーズのおすすめポイント 「REXアドバイザーズ」は公認会計士や税理士の方の転職を専門的に取り扱いながらも、会計事務所など以外の一般事業法人への転職も可能な頼りになる転職サイトです。 どの年代の方の転職にもお使いいただけますが、サイトとしてもっとも得意としているのが「シニア・マネージャー、幹部候補」の転職のサポートです。 また30代40代の働き盛りの方も多く利用しています。 取り扱う求人の大半は「会計・税務スペシャリスト」ですが、その他の業種の案件も取り扱っており「資格を活かした他業種への転職」においても細やかなサポートが期待できます。 面接や書類選考に向けての客観的なアドバイスなどにも定評があり、面接通過から内定率アップへの手助けもしてくれます。 大原キャリアナビのおすすめポイント 「大原キャリアナビ」はCMでも見かけたことがある方も多いはずの、「資格の大原」でお馴染みの大原学園グループが運営する会計・財務などを専門とした総合人材サービス会社です。 知名度の高い企業が運営していることで高い安心感がありますが、面接や書類作成に関するサポートを行うなどサービス面でも優秀です。 求人数については他の求人サイトよりも豊富とは言えませんが、非公開案件を抱えており「ここでしか見つからない求人」も期待できます。 キャリアスタッフからの非公開求人を待つだけでなく公開求人を自分で検索して応募することもできますので、「自ら動きたい」という方にもおすすめできる転職サイトです。 アカナビのおすすめポイント 「アカナビ」は詳細な求人情報が掲載されており、「求人情報が比較しやすく転職後の失敗も少ない」転職サイトです。 実際の職場の風景などが見られる場合もあり、「条件だけでなく雰囲気も重視したい」という方にも向いています。 また会計事務所・経理に特化した求人サイトなだけでなく、正社員・派遣・アルバイトなど様々な働き方に対応した求人を多数紹介しており「自分の希望にピッタリな求人が見つかりやすい」と評判です。 さらに求人検索が使いやすいのもアカナビの特徴の1つです。 「給与・雇用形態・資格」など以外にも拘り条件を追加することができますので、他のサイトでは中々見つからない細かな条件を満たす働き先も見つかる可能性があります。 人材ドラフトのおすすめポイント 転職エージェントとしても求人情報サイトとしても使える「人材ドラフト」は、経理・税務・財形などの求人を取り扱っており、会計士や税理士の資格を持つ方の転職に役立つサイトです。 このサイトでは担当エージェントからの紹介と求人検索を使って自ら応募するだけでなく、「ドラフトメール」という企業側からのスカウトを受けることもできます。 ドラフトメールは企業側の目に止まったという証拠ですので、応募すれば内定が受けられる期待も高くなります。 また収入や業務内容だけでなく「職場の雰囲気調査」も行っていますので、自分に合う職場かどうかを働く前から知ることができ転職の失敗を減らすことが可能です。 会計求人プラスのおすすめポイント 「会計求人プラス」はわずらわしく感じてしまう登録やカウンセリングの手間を省き、スピーディーに転職活動が可能となる、会計求人に特化した転職サイトです。 登録も手間がかからず約1分で完了することができ、登録後にはすぐに気に入った求人情報へのエントリーが可能です。 また「アピールポイント」をサイトに登録しておくことで、匿名で企業からのスカウトを受けることもできます。 電話や事前カウンセリングを必要とせず、WEB上とメールを使って企業とやり取りすることになるので誰にもバレずに転職活動がしやすいというメリットもあります。 ただ「100%公開求人のみを掲載」する転職サイトとなっていますので、非公開求人に期待することはできません。 リクルートエージェントのおすすめポイント 人材業界で知らない人はいないほど大手のリクルートが行っている総合エージェントサービスがリクルートエージェントです。 経理・会計士・財務に強いというわけではないですが、求人が豊富にあるので自分のレベルや希望にあった転職先を探しやすいでしょう。 未経験から中級クラスの人は特に転職先の候補が多くなっています。 大手で経験豊富なことからエージェントのレベルも高く、行き届いたサポートを受けることが可能です。 特化型ではないのでミドルクラス以上の人の場合には求人があまり見つからないという面はあります。 しかし、大手から管理職候補の求人が出されることもあるため、リクルートエージェントにも登録して求人紹介を受けておくのは賢明です。 リクルートエージェントを実際に利用した人たちの口コミ・評判 リクルートエージェントは四つ登録していたエージェントの一つでした。 コンサルティングが丁寧だったのが印象的です。 何となく信頼できるという感じがしたので腹を割って希望を伝えていたら良い転職先を紹介してもらうことができました。 30代 男性 税理士・会計士としてのキャリアを考えて転職サイトを選びましょう! 税理士や会計士の方の転職に特化したサイトであっても「サイトごとの個性」があります。 30代・40代の転職に強いサイトもあれば、若手やシニア向け管理職向けのサイトも存在します。 ネットの情報だけではわかりにくいこともありますが、求人検索やキャリアドバイザーとの面談を通して「自分に合っているか?」を判断することも重要です。 場合によっては複数の転職サイトに登録を行い、対応を見ながら絞り込んで行くという方法もありますよ。 同じ経理でも職場によって全く違うという覚悟が必要です 経理から経理への転職の場合に「次の職場でも同じ様な仕事をすることになる」と思いがちですが、違う職種への転職となると必要となる知識に大きな違いがあることを理解すべきです。 例えば製造業の経理へ他の業界から移ってきた場合などは、原価計算ができる必要があったりと以前と全く違う知識が必要となってきます。 これらは実際に働いてみないとわからないことですが、転職エージェントを利用する場合などは担当者に仕事内容と前職との違いについて詳しく聞いてみることをおすすめします。 覚悟を持って転職するか、経験を活かせる職場で経理の仕事をするかを考えてくださいね。 若手なら大手税理士法人も狙える!ベテランなら中堅や個人事務所がおすすめ! 規模の大きい税理士事務所は先を見据えた採用を行っていますので、20代の若手の方も将来性があれば採用される可能性は大です。 30代でも採用される可能性は充分にありますので申込んで見る価値はあります。 40代以上ともなると大手は人材も充分に抱えていますので内定を取るのは難しくなりますが、即戦力を求めている中堅や個人事務所なら逆に歓迎されるはずです。 中々内定を取れずに困っている方も「自分を必要としている場所」を考えてみれば、すんなりと内定が取れるかも知れませんよ。 会計士の転職は少しでも早い方が有利?! 会計士の資格は様々な企業で求められる価値の高い資格ですが、もし監査法人から一般企業の経理などに転職をしようと思うのなら少しでも早い方が内定率はアップします。 それは会計士としての知識が活かせることは変わらないとしても、求められるスキルに違いがあるからです。 若ければ企業的にも育てる価値がありますが、年齢が増す毎に教育も難しくなっていきます。 40代など年齢がある程度に達している場合は中堅の会計事務所から個人の会計事務所という様に、職種が変わらず経験が活かせる仕事を選ぶ様にすることが大切です。 会計士・税理士に転職する際に気を付けたいポイント 会計士・税理士として転職をする際には、転職エージェントを利用するだけでなく、注意すべきポイント押さえて転職活動を進めることが重要です。 そこで以下では、会計士・税理士の皆さんが転職をする際に気を付けたいポイントについて紹介します。 年齢別で求められるスキルを把握しておく 会計士や税理士は資格を取得しているからといって、簡単に転職できるわけではありません。 それぞれの年代で転職者に求められるスキルが変わります。 20代のうちは、実務経験が豊富でなくとも転職が可能です。 しかし30代、40代ともなってくると実務経験の他に監査を担当したことがあるか、マネジメント経験の有無など経歴相応のスキルが求められます。 転職をする際は、自分のスキルをしっかりと棚卸したうえで、年齢に見合ったものかを判断していきましょう。 自分一人では判別がつかない方は、転職エージェントに相談すると、第三者の目線からアドバイスしてくれます。 会計士・税理士として今後どう活躍したいかを明確にする 会計士・税理士として転職活動を始める際は、転職先で今後どう活躍していきたいかを明確にし、キャリアプランを立てるようにしましょう。 転職を検討する理由は人それぞれですが、基本的に転職理由は職場への不満からくるものが多いです。 その不満を解消して転職先でどのように活躍していきたいかを明確にし、目的意識をもって転職活動を進めるようにしましょう。 転職サービスをフル活用して情報収集をする 会計士・税理士が転職活動を行うときに多いのが、求人だけを見て応募して業務内容や企業の情報を把握しないことです。 大体の内容は一緒だと考えていても、入社してみたら想像と違っていた…。 ということも少なくありません。 イメージと現実の違いは、ミスマッチにつながりますので長期的に働くことができなくなる可能性があります。 そのため会計士や税理士に専門性を持つ転職エージェントをフル活用して、情報収集しっかり行うようにしましょう。 今回記事の上部で紹介したような転職サイト・エージェントは、会計士や税理士の転職に強みを持っていますから、ぜひ利用してみてくださいね。 TOEICのハイスコア取得を目指す 会計士や税理士で転職する際に、「語学力があるか」を重視されることがあります。 最近では日本の企業でも、国際会計基準を導入し始めているため、語学力堪能な会計士の取得が重要になってきています。 そのため会計士や税理士で転職する際には、語学力をアピールできるようにTOEICのハイスコアを取得しておくようにしましょう。 会計士・税理士が転職エージェントを利用する際の注意点 3~4個の転職エージェントに登録する 転職エージェントは無料で転職活動をサポートしてくれる、とても便利なサービスですが、場合によっては担当のコンサルタントと相性が合わないこともあります。 そのため1つの転職エージェントに集中せず、複数の転職エージェントに登録して、担当のコンサルタントの質を比較することをおすすめします。 サービス内容で比較するのもいいのですが、転職エージェントにおいて転職活動を左右するのは担当コンサルタントの質も関係してきますので、しっかり見定めることが重要です。 もしもコンサルタントに不満がある場合は、運営側に変更を申し出るかすぐに他のサービスのコンサルタントに切り替えるようにしましょう。 できるだけコンサルタントとの対面面談を行う 転職エージェントの中にはコンサルタントと実際に会って、面談を行います。 実際に担当者と顔を合わせてヒアリングをしてもらうことで、より自分の希望している条件を伝えやすくなります。 もし都合がつかなかったり、面談会場が遠い場合は仕方ありませんが、できる限り対面で面談を行うようにしましょう。 転職をする意思をアピールする 転職エージェントを利用するうえで、転職をする意思を担当のコンサルタントに見せることは、サポートを受ける上で非常に重要になります。 担当のコンサルタントはあなただけでなく、他の利用者のサポートも並行して行っています。 転職する意思の薄い転職者は、他の利用者に埋もれてサポートが薄くなってしまうことがあります。 定期的に連絡を取る、求人の紹介を依頼する、いつまでに転職を終えたいなど転職をする意思をアピールしていきましょう。 経理・税理士・会計士にあった転職サイト・エージェントを利用しよう! いかがでしたか? 今回は経理・税理士・会計士に合った転職サイト・エージェントを紹介しました。 経理・税理士・会計士が転職を効率的に進めていくためには、専門的なサービスの利用が不可欠です。 利用する際の注意点も把握したうえで、どんどん活用していきましょう。 また転職サイト・エージェントに頼るだけではなく、ご自分でも英語のスキルを磨く・情報収集を進めるなど、積極的に活動していきましょう! みなさんが、希望の条件を実現できる転職先を見つけられることを祈っています。

次の