スズキさん速報。 [B!] メルカリ転売ワイ、売れまくりで大忙し! : 鈴木さん速報

[B!] パチンコバーをやろうと思うんだが… : 鈴木さん速報

スズキさん速報

初っ端から話の展開が早く、物語もスリリングではあります。 幸せそうな家族描写から一転、父親が亡くなり母親は風俗で働くように、何かから逃げるように怯えて暮らしています。 母親は何かを知ってるようだが、息子の誕生日に息子の目の前で母親が殺されます。 隣には住む静かに暮らしたい殺し屋のスズキさんが住んでおり、殺しの現場に偶然居合わせ、息子が殺されるのを阻止し、その息子と一緒になんだかんだで逃げることになる。 母親を殺した相手は警察関係者で、その後も警察関係者が殺しに来ます。 どうやらこの家族はとある事件の目撃者?のようで、父親も殺されてしまった模様。 警察関係者自ら、襲撃に来たり、とある事件の背景に警察の汚職が絡んでいるような警察=悪というような描き方があからさますぎる気もしますが、今度静かに暮らしたいのに巻き込まれてしまった殺し屋と男の子の行方が気になる展開でした。 絵柄も妙にリアルな所があり、男の子の時々ぞっとする表情をしています。 警察が犯罪に関与している場合は、犯罪者に仕立て上げる工作を噛ましてくるし、警察官を嗾けるまでに、既にTV放送の映像によって、警察に対する不信感を植え付けたいのかな?みたいな編集がなされた映像を流すわけですけど、現実的な犯罪攻撃としてもリアリティがないなぁと。 「TV局による捏造報道とか、しこみ特番」とかの昭和の手口を知っていれば犯罪支援する警官とか直接接触もほぼなく、改造銃や武器なんかも犯罪者側が加害者側への報復のための道具として売ろうとしますけど、そもそも犯行手口をばら撒くような連中って、小学生、中学生ぐらいから学校内で工作活動していますし、TVの影響を受けており、警察をゴキブリ呼ばわりしていますからキモかったんですね。 犯罪実行犯と繋がりがある警察官なんかも「警察官になる学生に犯罪側の人間が寄生する」のですから、面倒くさいんですけどね。 現実のいくつかのケースなんかを顧みても、1巻では何がテーマで何を目指すのか?なんていうセットアップに失敗しているような内容。 一昔前なら「水戸黄門ゴッコ、必殺仕事人ゴッコ」を始めちゃう大人みたいな?1巻では「正義に目覚めちゃった作者」って感じが漂い、絵の練習に没頭した代償として現実をみてこなかった印象を受け、そんな方が描く漫画では、どのように世界を誤認して脚色を加えて、娯楽作品として発表するのか?という興味は出る程度。 漫画は作者の内面を映し出すので、安易に物語で「殺害」を描く時点で「被害者側、加害者側、被害者家族、加害者家族」への配力が足りないなぁと。 TV脅迫では「自殺の強要する映像」やら「殺害を強要する映像」なんかも放送しますし「犯罪組織側にとって都合の良い情報」のほうが多い。 現実での加害者側への配慮は「TV映像、ラジオ放送などでも嗾けられている場合」も想定できるためです。 そもそもなんらかの分野でトップレベルの成果を持ち、さらに犯罪者側の駒となるのを拒否すれば、経験可能な世界が待っていますし、「何十もの人の死に触れず」に死を扱い「経験不足」で引き出しがなく、展開がチープだなぁと感じる近年の漫画に多いパターンです。 人の死を短絡的なネタにすれば、浅ましさと、死を銭に変えようとする時点で、心の豊かさも感じられず、死者に集って銭儲けしようとする「犯罪支援してきたマスコミ、映像業界」に似ているなぁと呆れるだけですね。 なんらかの成果があれば「権力側、犯罪側」の双方から勧誘が来ますが、双方に共感できないのでウンザリする。 なんていうのを思い出し、内容がつまらないなぁと。

次の

スズキさんはただ静かに暮らしたい 1 (ゼノンコミックス)

スズキさん速報

初っ端から話の展開が早く、物語もスリリングではあります。 幸せそうな家族描写から一転、父親が亡くなり母親は風俗で働くように、何かから逃げるように怯えて暮らしています。 母親は何かを知ってるようだが、息子の誕生日に息子の目の前で母親が殺されます。 隣には住む静かに暮らしたい殺し屋のスズキさんが住んでおり、殺しの現場に偶然居合わせ、息子が殺されるのを阻止し、その息子と一緒になんだかんだで逃げることになる。 母親を殺した相手は警察関係者で、その後も警察関係者が殺しに来ます。 どうやらこの家族はとある事件の目撃者?のようで、父親も殺されてしまった模様。 警察関係者自ら、襲撃に来たり、とある事件の背景に警察の汚職が絡んでいるような警察=悪というような描き方があからさますぎる気もしますが、今度静かに暮らしたいのに巻き込まれてしまった殺し屋と男の子の行方が気になる展開でした。 絵柄も妙にリアルな所があり、男の子の時々ぞっとする表情をしています。 警察が犯罪に関与している場合は、犯罪者に仕立て上げる工作を噛ましてくるし、警察官を嗾けるまでに、既にTV放送の映像によって、警察に対する不信感を植え付けたいのかな?みたいな編集がなされた映像を流すわけですけど、現実的な犯罪攻撃としてもリアリティがないなぁと。 「TV局による捏造報道とか、しこみ特番」とかの昭和の手口を知っていれば犯罪支援する警官とか直接接触もほぼなく、改造銃や武器なんかも犯罪者側が加害者側への報復のための道具として売ろうとしますけど、そもそも犯行手口をばら撒くような連中って、小学生、中学生ぐらいから学校内で工作活動していますし、TVの影響を受けており、警察をゴキブリ呼ばわりしていますからキモかったんですね。 犯罪実行犯と繋がりがある警察官なんかも「警察官になる学生に犯罪側の人間が寄生する」のですから、面倒くさいんですけどね。 現実のいくつかのケースなんかを顧みても、1巻では何がテーマで何を目指すのか?なんていうセットアップに失敗しているような内容。 一昔前なら「水戸黄門ゴッコ、必殺仕事人ゴッコ」を始めちゃう大人みたいな?1巻では「正義に目覚めちゃった作者」って感じが漂い、絵の練習に没頭した代償として現実をみてこなかった印象を受け、そんな方が描く漫画では、どのように世界を誤認して脚色を加えて、娯楽作品として発表するのか?という興味は出る程度。 漫画は作者の内面を映し出すので、安易に物語で「殺害」を描く時点で「被害者側、加害者側、被害者家族、加害者家族」への配力が足りないなぁと。 TV脅迫では「自殺の強要する映像」やら「殺害を強要する映像」なんかも放送しますし「犯罪組織側にとって都合の良い情報」のほうが多い。 現実での加害者側への配慮は「TV映像、ラジオ放送などでも嗾けられている場合」も想定できるためです。 そもそもなんらかの分野でトップレベルの成果を持ち、さらに犯罪者側の駒となるのを拒否すれば、経験可能な世界が待っていますし、「何十もの人の死に触れず」に死を扱い「経験不足」で引き出しがなく、展開がチープだなぁと感じる近年の漫画に多いパターンです。 人の死を短絡的なネタにすれば、浅ましさと、死を銭に変えようとする時点で、心の豊かさも感じられず、死者に集って銭儲けしようとする「犯罪支援してきたマスコミ、映像業界」に似ているなぁと呆れるだけですね。 なんらかの成果があれば「権力側、犯罪側」の双方から勧誘が来ますが、双方に共感できないのでウンザリする。 なんていうのを思い出し、内容がつまらないなぁと。

次の

スズキさんはただ静かに暮らしたい 1 (ゼノンコミックス)

スズキさん速報

初っ端から話の展開が早く、物語もスリリングではあります。 幸せそうな家族描写から一転、父親が亡くなり母親は風俗で働くように、何かから逃げるように怯えて暮らしています。 母親は何かを知ってるようだが、息子の誕生日に息子の目の前で母親が殺されます。 隣には住む静かに暮らしたい殺し屋のスズキさんが住んでおり、殺しの現場に偶然居合わせ、息子が殺されるのを阻止し、その息子と一緒になんだかんだで逃げることになる。 母親を殺した相手は警察関係者で、その後も警察関係者が殺しに来ます。 どうやらこの家族はとある事件の目撃者?のようで、父親も殺されてしまった模様。 警察関係者自ら、襲撃に来たり、とある事件の背景に警察の汚職が絡んでいるような警察=悪というような描き方があからさますぎる気もしますが、今度静かに暮らしたいのに巻き込まれてしまった殺し屋と男の子の行方が気になる展開でした。 絵柄も妙にリアルな所があり、男の子の時々ぞっとする表情をしています。 警察が犯罪に関与している場合は、犯罪者に仕立て上げる工作を噛ましてくるし、警察官を嗾けるまでに、既にTV放送の映像によって、警察に対する不信感を植え付けたいのかな?みたいな編集がなされた映像を流すわけですけど、現実的な犯罪攻撃としてもリアリティがないなぁと。 「TV局による捏造報道とか、しこみ特番」とかの昭和の手口を知っていれば犯罪支援する警官とか直接接触もほぼなく、改造銃や武器なんかも犯罪者側が加害者側への報復のための道具として売ろうとしますけど、そもそも犯行手口をばら撒くような連中って、小学生、中学生ぐらいから学校内で工作活動していますし、TVの影響を受けており、警察をゴキブリ呼ばわりしていますからキモかったんですね。 犯罪実行犯と繋がりがある警察官なんかも「警察官になる学生に犯罪側の人間が寄生する」のですから、面倒くさいんですけどね。 現実のいくつかのケースなんかを顧みても、1巻では何がテーマで何を目指すのか?なんていうセットアップに失敗しているような内容。 一昔前なら「水戸黄門ゴッコ、必殺仕事人ゴッコ」を始めちゃう大人みたいな?1巻では「正義に目覚めちゃった作者」って感じが漂い、絵の練習に没頭した代償として現実をみてこなかった印象を受け、そんな方が描く漫画では、どのように世界を誤認して脚色を加えて、娯楽作品として発表するのか?という興味は出る程度。 漫画は作者の内面を映し出すので、安易に物語で「殺害」を描く時点で「被害者側、加害者側、被害者家族、加害者家族」への配力が足りないなぁと。 TV脅迫では「自殺の強要する映像」やら「殺害を強要する映像」なんかも放送しますし「犯罪組織側にとって都合の良い情報」のほうが多い。 現実での加害者側への配慮は「TV映像、ラジオ放送などでも嗾けられている場合」も想定できるためです。 そもそもなんらかの分野でトップレベルの成果を持ち、さらに犯罪者側の駒となるのを拒否すれば、経験可能な世界が待っていますし、「何十もの人の死に触れず」に死を扱い「経験不足」で引き出しがなく、展開がチープだなぁと感じる近年の漫画に多いパターンです。 人の死を短絡的なネタにすれば、浅ましさと、死を銭に変えようとする時点で、心の豊かさも感じられず、死者に集って銭儲けしようとする「犯罪支援してきたマスコミ、映像業界」に似ているなぁと呆れるだけですね。 なんらかの成果があれば「権力側、犯罪側」の双方から勧誘が来ますが、双方に共感できないのでウンザリする。 なんていうのを思い出し、内容がつまらないなぁと。

次の