お願いしたく存じます。 「したく」の使い方と例文・敬語の種類・したくの別の敬語表現

依頼のフレーズ

お願いしたく存じます

相手にお願いするときのポイントと注意点 「お願いする」とは、願う、依頼するなどの行為を丁寧に言った言葉です。 何かを他の人に依頼する際、相手への敬意を表しつつ、負担や迷惑をかけるかも知れないとの配慮も含んでいるのが「お願い」です。 社会人になるとお願いするときには、相手が取引先や顧客、上司や同僚と年齢層も地位も様々。 だからこそ、丁寧な言葉でスムーズな会話が必要になります。 誰とでも良好なコミュニケーションができることは、ビジネススキルのひとつでもあります。 ビジネスシーンでは、メールでお願いや依頼、要望などを送ることが多くなるでしょう。 その際には、最も丁寧な敬語:自分の動作を「謙譲語」にした上で「丁寧語」をあわせて使用するのがベストです。 さらに、お願いをする前には相手の状況を考える配慮も必要です。 手間や時間を取ることへの配慮の気持ちを、クッション言葉を添えて表現するのがいいでしょう。 お願いするときの前置きのクッション言葉としては、 ・「お忙しいところ申し訳ございませんが…」 ・「お手数をおかけいたしますが…」 ・「お手間をかけ申し訳ございませんが…」 などがあります。 お願いするときの他の表現 お願いをするときには、相手に合わせて適切な丁寧さがある言葉を選びましょう。 丁寧さに欠けることは誰でも配慮しますが、丁寧すぎるのもビジネスパーソンとして恥ずかしい時もあるので、注意しましょう。 「お願いしたく存じます」は正しい敬語か 動詞「願う」の丁寧な活用形「お願いしたい」+動詞「存ずる」の連用形「存じ」+丁寧語の「ます」と分解できて、文法的に間違いではありません。 しかし、ビジネスメールで使うには、回りくどい言い方だ、古めかしい言い方だと感じる人もいるかも知れません。 お願いするのは自分なので、この場合は文法的に誤りです。 「お願いできますか」としましょう。 「お願いできますでしょうか」は二重敬語 ひとつの言葉「お願い」に対し、「ます」と「です」の疑問形、2つがかかっているので二重敬語で、文法的に間違いです。 ビジネスシーンで使うならば、「お願いできますか」で十分です。 もしくは、相手が断りやすいように否定疑問形で「お願いできませんか」と聞くと、配慮の気持ちが加わります。 その他のお願いするときのフレーズ集 ビジネスシーンでよく使われる、お願いする時のフレーズを挙げます。 先に挙げたクッション言葉と一緒に使うと有効です。 まとめ 何かをお願いするときには、丁寧さと相手への配慮が大切です。 社会人になるとお願いをする場面も多くなりますが、相手に合わせた丁寧さと配慮を忘れずに、お願いしましょう。 謙譲語と丁寧語の組み合わせやクッション言葉の活用がポイントです。 「お願いしたく存じます」は間違いではありませんが、「お願いいたしたく存じます」の方が敬語のバランスがいいでしょう。 「お願いいただけますか」は、自分の行為(お願いする)に対して「~いただけますか」は使えないので、文法的に間違いです。 「お願いできますでしょうか」は二重敬語で誤りなので、「お願いできますか」「お願いできませんか」を使いましょう。 お願いするときに間違った表現では失礼なので、自信のない人はまとめたフレーズを丸覚えして使い回しながら、表現力をつけていくのもいいですよ。

次の

「お願いしたく存じます」の正しい意味や使い方!上司への依頼の仕方

お願いしたく存じます

株式会社BBBの広報部、田中です。 新商品の広報企画に関しまして、 広報戦略等の打ち合わせをお願いしたく存じます。 つきましてはお忙しいところ恐れ入りますが、 下記日程のいずれかで 訪問させていただくことは可能でしょうか。 所要時間は一時間を予定しております。 よろしくお願い申し上げます。 掲題の件、定例の営業会議につきまして 開催日時をお伝えいたします。 開催場所:大崎事務所 4F会議室 ---------------------------------- なお、今月につきましては、 都合により1時間前倒しの日程となっております。 お手数おかけしまして恐縮ですが、 お間違いのないようにお越し願います。 以上、宜しくお願い申し上げます。 営業二部 〇〇 =================== 例文3:面接の日程調整 ================== 件名:【日程調整】二次面接の面接候補日です。 2018年度の新卒採用を受けさせていただいている 〇〇大学の内田と申します。 面接通過のご連絡、誠にありがとうございました。 つきましては二次面接の日程候補日を送らせていただきますので、 ご都合のよろしい日程で組んでいただけたらと思います。 ===================.

次の

「お願いしたく存じます」の意味と使い方、ビジネスにおける『お願い』の様々な表現

お願いしたく存じます

1-2.「させていただきたく」は「させてもらいたい」という意味 「させていただきたく」は、この一文が敬語表現で、「相手にその行為をする許可をもらい、相手に遠慮しながらする」という意味です。 「」だけでも相手を敬う表現ですが、「存じます」をつけることでよりな表現になります。 また「」と、「させて」がつかない場合には、「して欲しいのですが」と相手にお願いをする意味になります。 1-3.「頂く」と「いただく」の違い 漢字表記の「」は謙譲語ですが、ひらがな表記の「いただく」は謙譲語ではありません。 「いただく」は、漢字で「頂く」と変換すると「食べる・飲む・もらう」のになります。 一方、ひらがなの「いただく」は「」のように動詞につけて使います。 ひらがなの場合は「何かを〜してもらう」という意味です メールなどで使う場合、変換してしまいがちなので注意が必要です。 違いについて、例文で詳しく見てみましょう。 <例文>• 「いただく」を使う場合 「担当者が不在ですので、改めてお電話 させていただきたく存じます」 最初の例文では、「ジュースをもらった」ということを丁寧に表現して「頂く」と漢字に変換しています。 この場合はあったことをそのまま表現しているだけなので、漢字でもひらがなでもかまいません。 2つめの例文では、「電話をしてもいいか」相手に許可を願っていますので、漢字ではなくひらがなの「いただく」を動詞の「電話する」につけて使います。 この場合の「いただく」は補助動詞として使います。 補助動詞は動詞と結びつくことで意味を持つ言葉です。 「謙譲語」は漢字表記、「補助動詞」はひらがなというルールを覚えておきましょう。• <使いがちな二重敬語と正しい表現>• しかし、 「させていただく」は、助動詞の「させる」+接続助詞「て」+補助動詞「いただく」で、「敬語連結」と呼ばれ、正しい敬語表現として認められています。 2.「させていただきたく存じます」の使い方 「させていただきたく存じます」は、目上の方や上司に対して使うことができる謙譲語です。 ただし間違った使い方をすると、相手に失礼になるばかりでなく正しくこちらの気持ちが伝えられないことにもなりかねません。 そこで「させていただきたく存じます」を使う際に、注意したいポイントをご紹介します。 2-1.謙譲語を重ねない 「させていただきたく存じます」を使う場合、「させていただきたく」の前に謙譲語を使ってはいけません。 「させていただきたく」は一つの表現で、謙譲語です。 そして「させて」の前には「相手に了解を得てする行動」である動詞がつきます。 この動詞が謙譲語だと、二重敬語になってしまうのです。 例文で正しい使い方を見ていきましょう。 2-3.相手にお願いするときに使う 「させていただきたく存じます」は、「相手に許可を得た上で、自分がそれをおこなう」ため、相手にお願いをする場合に使います。 「相手のや許可が必要な場合」や「相手の意に反したりそぐなわない場合」に使います。 相手に許可を取る必要がないことにまで「させていただきたく存じます」を使うと、くどい表現になってしまいます。 どういった場合が当てはまるか、例文で見ていきましょう。 逆に「ことでもない」と思われることに対しては、「させていただきたく存じます」ではなく「いたします」など別の表現を使った方が、相手に伝わりやすいので、そちらを使いましょう。 続いては、「させていただきたく存じます」の言い換え表現をご紹介します。 3.「させていただきたく存じます」の言い換え表現 「させていただきたく存じます」を多用すると、くどくなったり、相手にこちら側の意図を伝えづらくなってしまうことがあります。 そこで「させていただきたく存じます」の言い換え表現を4つご紹介します。 <例文>• できればご参加 いただきますようお願い申し上げます。 お忙しいとは存じますが、アンケートにお答えいただきご返送 いただきますようお願い申し上げます。 「いただきますようお願い申し上げます」と似た表現に「いただけますようお願い申し上げます」があります。 「き」と「け」の違いですが、「いただけ」の場合は「~してもらえるよう」という可能の表現となり、「もしよければ~」という意味が加わります。 「いただき」でも「いただけ」でも間違いではありませんが、「いただけますよう」のほうが丁寧な表現です。 言い換え表現3.「なさってください」 「なさってください」は「してください」の丁寧な表現です。 相手に依頼をする際、「させていただきたく存じます」の繰り返しをしたくない場合に、言い換えることができます。 例文で詳しく見てみましょう。 言い換え表現4.「願いたく存じます」 「願いたく存じます」は、「お願いしたいと思う」の謙譲語です。 謙譲語は自分がへりくだり、相手を敬う表現のことです。 「存じます」は「思っています」「知っています」という意味があるほか、相手に何かをお願いするときに使います。 「願いたく存じます」は、「させていただきたく存じます」と同じように、相手に許可を得る必要がある場合に使うことができます。 「させていただきたく存じます」を何度も繰り返さないように、「願いたく存じます」で言い換えるといいでしょう。 文例で見ていきましょう。

次の