ポケモン 剣 盾 素早 さ。 【ポケモン剣盾】技・持ち物・特性で素早さを上げる方法

【ソードシールド】トゲキッスの育成論!単体完結した高火力特殊アタッカー!【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 素早 さ

5倍 0. 25倍 無効 解説 高い特攻と安定した耐久を持ち、技範囲にも秀でて素早さも低くないという 総合的に秀でた特殊アタッカー です。 その性能を活かして「じゃくてんほけん」や「わるだくみ」による特攻上昇からのダイマックスを利用して「ダイジェット」で素早さを上げて全抜きを狙うアタッカー型が多く見られます。 素の耐久が高いのでほとんど耐久に振らずともダイマックス状態であれば弱点は耐えますが、 物理且つ超高火力弱点の攻撃は耐えないので他の対応策を用意しておきましょう。 最後の枠は積む隙を作れるのであれば火力上昇が可能でダイマックス時にはダイウォールにもなる「わるだくみ」、より抜き性能を高めたい場合は自分の構築や環境に合わせてサブウエポンを採用するのがおすすめです。 ダイジェットを使用した際の 素早さ実値は217となり、最速ドラパルト 213 よりも速いので環境に居るほとんどのポケモンに先手を取れますが、ヒヒダルマやドリュウズなど「こだわりスカーフ」を持っている可能性のあるポケモンには注意して運用しましょう。 ダイマックスを使用せずともダメージを出しやすく、 他のダイマックスアタッカーとの併用も可能なので選出や立ち回りで柔軟に動かしやすいのが大きな特徴です。 急所率を上げるアイテムである「ピントレンズ」に加えて急所率が上昇する特性の「きょううん」によって50%の確率で急所に当たるようになっており、急所に当たった際は相手の「ひかりのかべ」や特防ランク上昇を無視してダメージを与えられるので 抜きエースとしても申し分ない性能となっています。 火力や耐久に割いた分ダイジェットを使用した際に抜ける相手が減っており、ドラパルトやエースバーンと言ったこちらにも安定したダメージを与えてくる可能性が高い相手には注意が必要です。 猛毒状態などの状態異常になると「たべのこし」の回復分が相殺されてしまうのでそれを防ぐ事が出来る「みがわり」や、トゲキッスに大きな打点を持たない相手に対して更に粘れる「ねがいごと」が有力な技候補ですが、ドラゴンタイプに圧力をかけるなどフェアリータイプとしての仕事は最低限こなしたいという場合は片方を削って「マジカルシャイン」を入れるのもおすすめです。 耐久型ポケモン相手や、トゲキッスよりも遅いポケモン、トゲキッスに安定したダメージを与えられないポケモンには滅法強く、こちらのHPが満タン且つみがわりが残った状態で突破する事も可能です。 状態異常などに頼るポケモンにはみがわり、そうでない相手にはでんじはという形で 初手の技はしっかりと使い分けて運用しましょう。 でんじはが無効になってしまう電気タイプや地面タイプ、みがわりを貫通して効果がある「のろい」や連続技、音技持ちのポケモンには十全に強みを発揮できないので注意が必要です。

次の

ソードシールド攻略|剣盾|鎧の孤島|ポケモン徹底攻略

ポケモン 剣 盾 素早 さ

実数値:159-x-104-149-116-168@おくびょう 努力値:HP148 防御188 特攻148 特防4 素早さ20 調整先; ・陽気珠ミミッキュのダイフェアリー耐え ・陽気ドラパルトのダイホロウ耐え 備考:ダイマックスすれば陽気ドリュウズのダイアースも耐えるぞ! オススメの型 自分が使ってみて強かった代表的な型を紹介します。 そのうちしれっと入れ替わってる可能性もあります。 素早く、特化することで抜群に高い特攻からボルトチェンジや雷ダイサンダー 威力140 が打てる。 雷or10万ボルトor放電はご自由にどうぞ!好みです。 注意する必要があるのは ダイマックスした瞬間メガネの特攻1. 5倍が無くなること。 その代わり技の「こだわり」効果も無くなって自由選択になる。 初手ダイマックスなら終了後、自由選択。 今作、上記仕様の影響で最大火力はこだわりメガネではなく 「いのちのたま+ダイマックス」です。 命の珠はパーティ全体で考えたとき持たせない選択肢が無いほど強力なので「ハマれば鬼強いサンダース」が持つよりは 「ある程度範囲のある汎用ポケモン」が持ったほうが良いのかな、と思います。 「ウェザーボール」のところはダイマックス前提の「どろかけ」やダイウォールにもなる流し用「あくび」「でんじは」、なんなら打ち分け用で10万ボルトもありです。 好み枠。 性格を臆病に変更し、素早さラインを引き上げてインテレオン 120族 を抜くかどうかは流行り次第です。 12月4日現在でアイアント 109族 がめちゃくちゃ増えてますので、そこは最低限抜いておきたいところです。 めざパ、毒毒没収により相性不利ポケモンに対して出来ることが少ない• こだわりメガネを持つとその傾向が如実になり、地面こわい。 草こわい• 10万ボルトや放電もあり。 「かみつく」はダイマックス前提で、「ダイアーク」は相手の特防を1段階下げることができます。 これによって 「 弱点保険 じゃくてんほけん トゲキッス」や 「ミミッキュ」に対して打ち勝つことができます。 ダイマックスしないと使わない技なので、パーティ次第で汎用性の高い「あくび」「でんじは」辺りに変更しても良いでしょう。 イーブイズパーティだと死活問題なので「かみつく」は強い。 努力値調整は「調製例」で紹介した 「珠ミミッキュ 陽気 のダイフェアリー、陽気ドラパルトのダイホロウ耐え」に近いのですが、ミミッキュ 陽気 の剣の舞ダイフェアリーが 「261~308ダメージ」なので、乱数次第ではダイアーク時の珠反動 15 込みで倒されてしまいます。 この調整だと 「255~302ダメージ」となるので、珠反動込みで確定耐えします。 意地っ張りとか2回目の攻撃で相打ちになるとかは知らん。 ミミッキュに対するダメージは特防ランク-1でダイホロウが 「226~268ダメージ」です。 対面はもちろん、後出しでもミミッキュがなんとかなることが多くイーブイズ使いの中でこの調整は流行中です。 防御をもっと上げて命の珠反動を2回耐えるようにもできますが、火力も大事なのでお好みで。 陽気珠ミミッキュの剣の舞後ダイフェアリー+珠反動2回耐えはHPそのままで防御全振り(実数値112)です。 スカーフサンダースを使うと「あれ、はやあし強くない?」ってなる。 もくろみ通り3タテを何度も発生させた。 「ふるいたてる」がめちゃくちゃ強かった。 なんとなく入れただけなのに、これが一番強かったまである。 持ち物は自由です。 エンターテイメントな「スターの実」が好みですが、確実に仕事したい場合は地面半減の「シュカの実」とかね。 匿名 いつもはyoutube見ているだけなのですが、試してみてもらいたい型があってコメントします。 壁張りオーロンゲ意識のサンダースです。 【技構成】 かみなり or 10まんボルト シャドーボール きあいだめ ひかりのかべ 【持ち物】 ピントレンズ 【努力値・性格】 ここのおすすめにある調整で きあいだめ+ピントレンズで急所必中なので壁もソウルクラッシュもおきみやげも問題なくなぐれて、ついでにでんじは無効。 後ろに控えてることの多いキッスギャラドスにも強くでれます。 どうでしょう? オーロンゲどうにかしたいなあと思って考えたのですが、まだスーパーボウルから抜け出せず、周りには既にオーロンゲがいないので(泣) 良かったら使ってみてください。

次の

【剣盾対応】ポケモン素早さ努力値調整ツール 『Speed Calc』

ポケモン 剣 盾 素早 さ

5倍 0. 25倍 無効 解説 高い特攻と安定した耐久を持ち、技範囲にも秀でて素早さも低くないという 総合的に秀でた特殊アタッカー です。 その性能を活かして「じゃくてんほけん」や「わるだくみ」による特攻上昇からのダイマックスを利用して「ダイジェット」で素早さを上げて全抜きを狙うアタッカー型が多く見られます。 素の耐久が高いのでほとんど耐久に振らずともダイマックス状態であれば弱点は耐えますが、 物理且つ超高火力弱点の攻撃は耐えないので他の対応策を用意しておきましょう。 最後の枠は積む隙を作れるのであれば火力上昇が可能でダイマックス時にはダイウォールにもなる「わるだくみ」、より抜き性能を高めたい場合は自分の構築や環境に合わせてサブウエポンを採用するのがおすすめです。 ダイジェットを使用した際の 素早さ実値は217となり、最速ドラパルト 213 よりも速いので環境に居るほとんどのポケモンに先手を取れますが、ヒヒダルマやドリュウズなど「こだわりスカーフ」を持っている可能性のあるポケモンには注意して運用しましょう。 ダイマックスを使用せずともダメージを出しやすく、 他のダイマックスアタッカーとの併用も可能なので選出や立ち回りで柔軟に動かしやすいのが大きな特徴です。 急所率を上げるアイテムである「ピントレンズ」に加えて急所率が上昇する特性の「きょううん」によって50%の確率で急所に当たるようになっており、急所に当たった際は相手の「ひかりのかべ」や特防ランク上昇を無視してダメージを与えられるので 抜きエースとしても申し分ない性能となっています。 火力や耐久に割いた分ダイジェットを使用した際に抜ける相手が減っており、ドラパルトやエースバーンと言ったこちらにも安定したダメージを与えてくる可能性が高い相手には注意が必要です。 猛毒状態などの状態異常になると「たべのこし」の回復分が相殺されてしまうのでそれを防ぐ事が出来る「みがわり」や、トゲキッスに大きな打点を持たない相手に対して更に粘れる「ねがいごと」が有力な技候補ですが、ドラゴンタイプに圧力をかけるなどフェアリータイプとしての仕事は最低限こなしたいという場合は片方を削って「マジカルシャイン」を入れるのもおすすめです。 耐久型ポケモン相手や、トゲキッスよりも遅いポケモン、トゲキッスに安定したダメージを与えられないポケモンには滅法強く、こちらのHPが満タン且つみがわりが残った状態で突破する事も可能です。 状態異常などに頼るポケモンにはみがわり、そうでない相手にはでんじはという形で 初手の技はしっかりと使い分けて運用しましょう。 でんじはが無効になってしまう電気タイプや地面タイプ、みがわりを貫通して効果がある「のろい」や連続技、音技持ちのポケモンには十全に強みを発揮できないので注意が必要です。

次の