バニラ エッセンス と バニラ オイル の 違い。 バニラオイルとバニラエッセンスの違いや値段・使い方は?プリンにはそれぞれ代用可能か検証!

【手作りアイスクリーム用基礎知識】バニラビーンズ(さや)・バニラエッセンス・バニラオイルについての基礎知識を解説!!

バニラ エッセンス と バニラ オイル の 違い

プリンはバニラエッセンスなしでも作れる? バニラエッセンスなしでも、プリンを作ることは可能ですよ~。 ふんわりとした甘い香りがプリンをより美味しくしてくれるもの。 あれが無いプリンなんて・・・。 バニラエッセンスはお菓子作りではよく使われるもので、お菓子に甘い香りを付けるのに使います。 また、牛乳や卵の臭みを消す役割も担っています。 ですので、バニラエッセンスが無くても、プリン自体は固まりますし、味も美味しいはずなのですが、どうもイマイチになってしまいそうです。 そこで、次ではバニラエッセンスの代用品を紹介しますので、ぜひ、使ってみてください。 プリンを作る時にバニラエッセンスがない場合の代用品 バニラエッセンスが無い・・・と諦める前に、キッチンにバニラエッセンスの代わりになりそうなものを探してみてください。 但し、液状の代用品は使用量に注意しないと、固まりにくくなってしまいます。 少量でも加熱すると香りが強くなってくることが多く、バニラエッセンスを使う時も2,3滴程度ですから、使用量には気を付けてくださいね。。 レーズンを使ったパウンドケーキとか、洋酒を効かせたチョコレートとか。 どれも濃厚な甘い香りで高級感があり、バニラエッセンスの代用品にバッチリです! カルーアはカルーアミルクという甘いカクテルに使うコーヒーリキュールで、これを使うと、バニラエッセンスの代用品というより、甘い香りのコーヒープリンになります。 どれも、アルコール度数が高いお酒ですが、プリンの加熱工程でアルコール成分はなくなってしまいますので安心してください。 ただし、小さいお子さんや年配者など、アルコールが苦手な人にプリンを食べさせる予定なら、アルコール成分が無くなるとしても、この香り自体で気分が悪くなることもあります。 使用の際は、注意してください。 メープルシロップを入れると甘い香りだけでなく、プリン自体を甘くしてしまいますので、砂糖の量を減らして調節しましょう。 通常、固形になっていますので、プリンに入れる時は液体にしてから混ぜましょう。

次の

バニラエッセンス、バニラエクストラクト、バニラオイルの違いは?

バニラ エッセンス と バニラ オイル の 違い

バニラオイルとは バニラオイルはその名の通り、バニラの香り成分をオイルに抽出したものです。 因みにバニラの香りは基本的にバニラビーンズから抽出します。 バニラビーンズとはバニラの種子のことです。 こちらがバニラビーンズです。 ただバニラビーンズは高価なため、代わりに人工香料が使われることも間々あります。 またカラメル色素などの添加物も使われていることが多いです。 バニラエッセンスとは バニラエッセンスはバニラの香り成分をアルコール 主にエタノール に抽出したものです。 日本では最もポピュラーなバニラ香料だと思います。 こちらも高価なバニラビーンズの代わりに人工香料が使われることが多いです。 またこちらもカラメル色素などの添加物が使われていることがあります。 濃縮度が高いので、2,3滴で十分にバニラの香りが楽しめます。 バニラエクストラクトとは バニラエクストラクトはバニラエッセンスと似ていますが、バニラをアルコールに漬けて香りを出したものです。 人工香料などを使わずに、バニラビーンズを直接アルコールに漬けて香りを抽出します。 バニラエッセンスに比べると濃縮度は低いので、小さじ等で計測をすることが多いです。 この二つは日本と海外 欧米 で全く扱いが違います。 日本ではバニラエクストラクトというのはほとんど知名度がなくバニラエッセンスが主流ですが、欧米では逆にバニラエクストラクトが主流でバニラエッセンスはあまり見かけません。 美容と健康的に選びたい商品は? 美と健康的には人工香料や添加物が入っていることが少ないバニラエクストラクトがオススメです。 バニラオイルやバニラエッセンスももちろん無添加の商品もありますが、普通のスーパーの製菓コーナーに置いてあるバニラオイルやバニラエッセンスは人工香料や添加物が含有している商品のことが多いですね。 最もバニラエクストラクトでも原材料チェックはしっかり行ってください。 オーストラリアのスーパーで見つけたバニラエクストラクトには保存料が添加されている商品も見かけました。 バニラエクストラクトは普通のスーパーにはまず置いていません。 自然食品店かネットで入手するのが良いでしょう。 日本で手に入る商品ではこちらがオススメです。

次の

バニラエッセンスとバニラオイルの違いと正しい使い方!

バニラ エッセンス と バニラ オイル の 違い

バニラエッセンスとバニラオイルの違い まずはバニラエッセンスとバニラオイルの違いについて紹介していきます。 バニラエッセンス バニラビーンズの香りをアルコールに移して作ったものがバニラエッセンスと呼ばれています。 バニラの濃度により価格が異なり、天然成分が多ければ多いほど価格が高いという特徴があります。 またバニラエッセンスは、以下の二つに分類が可能。 ピュア・バニラエッセンス• イミテーション・バニラエッセンス ピュア・バニラエッセンスとは 天然成分を配合した「ピュア・バニラエッセンス」は、バニラビーンズのエッセンスとエチルアルコールと水に溶かして抽出したものを指します。 ピュア・バニラエッセンスは様々なメーカーから販売されていますが、フレーバーの違いはそんなにありません。 イミテーション・バニラエッセンスとは 一方、人工的に作られた「イミテーション・バニラエッセンス」を使用するなら、なるべく節約してお菓子作りをしたい時に使うのがポイント。 やはり人工の香りは天然のものに劣ってしまいますが、簡単に大量生産することができるので、安く購入することができます。 バニラエッセンスは、アルコールが主成分となっているので熱で香りが飛びやすいという特徴があります。 したがって冷たいお菓子やドリンク類に使用するのがおすすめです。 バニラオイル バニラオイルとは、バニラビーンズの香りをオイルに移して作られたものです。 過熱しても香りが残るという特徴があるので、焼き菓子に使用するのに向いているでしょう。 逆に冷やしてしまうと分離してしまう恐れがあるので注意が必要です。 バニラオイルがなぜ過熱しても香りが残るかというと、アルコールを使用していないので揮発性がないため。 バニラオイルは主成分が油なので水と混ざりにくいという性質を持っています。 したがってドリンク類に使用するのには向いていないといえます。 手作りプリン 手作りプリンを作ると卵独特の匂いが気になるという方が多いかと思いますが、バニラエッセンスにはその匂いを消す効果もあります。 焼き菓子 焼き菓子にも使えないことはありませんが、熱に弱いのでその際には少し多めに使用することがポイントになります。 ドリンク お菓子作り以外にもコーヒーなどのドリンクに使ってみても香りに変化が付いてオススメ。 コーヒーにバニラエッセンスを数滴たらすことによって、バニラの甘い香りが漂い、華やかな気分にさせてくれます。 コーヒー以外にもバニラミルクシェイクやホットカクテルなどに使うことが可能です。 シェイクというとお店で買うというイメージがありますが、自宅でも簡単に作ることができます。 作り方は、ミキサーの中にアイスクリームとバニラエッセンスを混ぜるだけでとても簡単。 カクテルでは、ホット・バタード・ラムやホット・ラム・カウなどの温かいカクテルに使用することができます。 このように大人の楽しみ方もできるのがいいですね。 食べる以外の使い方 他にもバニラエッセンスは、食べる以外の用途にも使用することが可能です。 食べる以外の使用方法には、アロマオイルとして使用する方法があります。 甘いバニラの香りはリラックス効果をもたらしてくれるので、リラックスしたい時に部屋で使用したり、お風呂に数滴たらして入浴剤として使用したりすることも可能。 さらにバニラの甘い香りは、嗅いでいると食欲を抑える効果もあるのでダイエットにも有効だといわれています。 バニラエッセンスの甘い香りは、砂糖の量が少なくても十分に満足できる効果が得られるでしょう。 オーブンを使用して作るクッキーやフライパンで焼くパンケーキなどの調理にバニラオイルを数滴たらすと、バニラの甘い香りが加わって美味しさが倍増します。 バニラエッセンスの選び方 バニラエッセンスを選ぶ基準は、できるだけ身体に安全なものを選ぶことです。 どういったものが体に安全なのか、それぞれ確認していきましょう。 人工香料などが含まれていないか 安全なバニラエッセンスを選ぶためのポイントは、人工香料などの添加物が含まれていないことを確認することです。 購入する際には、人工香料をはじめとする添加物が含まれているかどうかよくチェックすることが大切であるといえます。 バニラの色を出すために、カラメル色素を使用している市販品もあるので注意する必要があります。 人工甘味料にも注意が必要 また甘味を出すために人工甘味料のソルビトールが含まれていることがあります。 ソルビトールは糖尿病の原因になることがあるので注意が必要です。 原産国などの表示もしっかり出ている商品を購入することもポイントの一つとなります。 なるべく無添加なものを選ぶようにしましょう。 いいものは少量サイズでもOK バニラエッセンスの中でも安全なものを選びたいけど、「そんなにお金をかけられない!」というのであれば、少量で販売されているものを選ぶのが最適です。 少量であれば比較的安く購入することができ、賞味期限までに使い切ることもできるからです。 そもそもお菓子作りの際に使用するバニラエッセンスの量はほんの数滴なので、賞味期限内に使い切るためにも少量サイズが最適であるといえます。 家庭でたまにお菓子作りをするだけであれば、天然の原料を使用した上質なバニラエッセンスの小さいサイズを購入するようにしましょう。 オーガニックのものが無難 子供が口にするので、できるだけ安全な材料を使ってお菓子作りをしたいなら、オーガニックの中から選ぶことが有効です。 オーガニックなら無農薬でバニラ栽培をしている農園と契約していることが多いので、子供のお菓子作りに安心して使用することができます。 もちろん、人工香料や防腐剤などは含まれていません。 オーガニックのものは手間がかかる分、値段が高めですが、風味も豊かなので仕上がりにも差が出るのでおすすめです。 バニラフレーバーを代用 お菓子作りをするのに、バニラエッセンスかバニラオイルのどちらを購入しようか迷っているのであれば、バニラフレーバーを代用するのがおすすめです。 特に一度温めてから冷やす作業を行うプリン作りには最適であるといえます。

次の