ペイル ライダー。 ペイルライダー

ペイルライダー[陸戦重装備仕様]

ペイル ライダー

映画『ペイルライダー』の作品概要 『ペイルライダー』( Pale Rider )は、 1985 年のアメリカ西部劇映画。 西部劇の名作『シェーン』『荒野のストレンジャー』とを合わせたような作品。 クリント・イーストウッド自身が過去に出演・監督した作品の随所をあえて取り入れている。 後の『許されざる者』へが名作になった足がかり的な映画である。 映画『ペイルライダー』のあらすじ・ネタバレ ゴールドラッシュに沸く 1880 年頃のアメリカ・カルフォルニア。 金脈を探し採掘の権利を手にすることで巨万の富を築けた時代があった。 しかしカーボン渓谷と言われる谷あいの。 らでは金採掘の権利を巡って小競り合いが起きていた。 圧倒的な資金力で重機を用いて強引に金を採掘するもの、あるいは人力だけで採掘するもの。 そこには強者と弱者の構図があった。 偶然通りかかった男は神父であり、弱き者を助けることになる、、、。 映画『ペイルライダー』の感想・評価・内容・結末 クリント・イーストウッドにとって『アウトロー』以来 10 年ぶりの西部劇作品です。 そしてこの作品の 7 年後、映画史上名作中の名作『許されるざる者』が撮られます。 言い方は悪いですがその通過点としてこの『ペイルライダー』が撮られたといっても過言ではありません。 ですからイーストウッド作品というより映画人・イーストウッドにとってとても大きな意味がある重要な作品です。 しかしながらこの『ペイルライダー』の評価は散々たるものが多いです。 『シェーン』と『荒野のストレンジャー』を合わせたような作品との意見が多いですが、確かにその通りです。 演出的にも「金塊ってあんな風に取れるの?」とか「母娘の双方から恋のアプローチはありえないだろ」とか「荒れ果てた荒野だったり、雪が降っていたりとかめちゃくちゃだ」などの声もあります。 確かにその通りです。 確かにツッコミどころはたくさんあります。 そういう視点で本映画を観るのも 1 つの方法だと思います。 でも先に述べたように『許されざる者』の続く道と考えればこの映画は存分に楽しめるのです。 クリント・イーストウッドの映画人生にとって西部劇とはとても重要な要素なのです。 ですからイーストウッドは過去の西部劇作品へのオマージュを込めて制作していると考えましょう。 映画の始まりはクリント・イーストウッド定石のロングカットから入ります。 イーストウッドの西部劇作品はとにかく冒頭で全体像の表現として広大な大地を映し出します。 それはアメリカが大きいというイメージを伝える手段にもなっていますが、やはり観客に全体像を提示することで安心感を与える目的もあります。 本作では遥か彼方の雄大な山々のふもとから馬の一団が割って出てきます。 雪をかぶった山々から想像するともうすぐ冬が降りてくる、あるいは冬が終わった季節と想像できます。 しかし草原を見ると草が枯れていますからおそらく秋の終わりであることがわかります。 馬の一団の足音に注目してください。 最初は無音ですが小さい音が聞こえてきます。 そしてカットはある村の映像へと変わります。 人々が忙しく働いている様子を捉えて、再び馬の一団へ変わります。 馬の足音が少し大きくなります。 そしてまた村の映像へ。 村人の表情を捉え始めます。 その繰り返しを何度も行うことで安心感から緊迫感へとつなげていく手法にまずは圧倒されます。 「さすが、イーストウッド」と手を打ちます。 もう馬の一団が無法者というか悪の集団であることがわかります。 彼らの暴れっぷりがまだ凄まじいのです。 拳銃を容赦なく撃ち鳴らすし、村人の家を破壊し火もつけます。 さらに少女が大事にしている犬を殺し、家畜も殺します。 こんな酷い奴らは許せないという感情をわたしたちに与えます。 ということは勧善懲悪な映画だとわかってしまいます。 たぶんこれから正義のヒーローが登場すると期待していたところに千両役者クリント・イーストウッドが現れてカッコ良く現れて全てを持っていきます。 素晴らしい。 いやいあやここまででも随分ツッコミが入ってきます。 あれだけ激しく村を破壊されたのに人は村人は一人も死んでいないこと、そしてクリント・イーストウッドが村へ入った時には、襲撃された混乱や破壊された家などはあまり見られない事など。 でもそんなことはどうでもいいのです。 ここで振り返ってみましょう。 冒頭の村を襲撃する場面は『アウトロー』のジェシーの妻子が襲われる場面に似ています。 さらにイーストウッドが町で悪党たちを退治する場面は『夕陽のガンマン』にも見受けられます。 これだけでほくそ笑んでしまいます。 イーストウッドファンにとっては垂涎たるものです。 お約束、鉄板ネタなのです。 町で助けた村人の 1 人は勇気がありますが、彼はイーストウッドを村へ連れて行きます。 そしてイーストウッドは用心棒的な存在になります。 もうお分かりですよね?『荒野の用心棒』です。 再びイーストウッドファンはニヤリとしてしまいます。 またメーガン演じるシドニー・ペニーにはイーストウッド作品の『白い肌の異常な夜』でエミーを演じたパメリン・ファーディンを思い出させます。 あの作品も少女との恋愛要素が盛り込まれています。 さらにガンファイトに持ち込む場面でイーストウッドは帽子を地面に置いています。 この場面は『夕陽のガンマン』のリー・ヴァン・クリーフとの初対面の場面に似ています。 その他ツッコミどころと言っては失礼ですが、あちこちに自身の西部劇作品から他の作品の演出場面を盛り込んでいます。 これは決してパクリではありません。 イーストウッドがあえて西部劇への愛を込めているのです。 先にも述べましたがこの作品から 7 年後に世紀の名作が生まれます。 『許されざる者』への通過点と言っては失礼ですが、イーストウッドの遊び心、あるいは「さらば、西部劇よ」的な愛を込めて撮っているとしか言いようがありません。 ですからこの映画はイーストウッドにとっても、ハリウッドにとってもとても重要な作品と言えるのです(今ではほとんど西部劇作品は撮られません。 今年一本『シスターブラザーズ』という名作が公開されました)イーストウッドは相変わらずカッコいいです。 自分がどのようにスクリーンい映るのかをちゃんと知っています。 しかもこの映画にはちゃんとした正義があります。 イーストウッドの西部劇映画の主人公には正義がないキャラクターが多いことをご存知でしょうか?単に町にフラリと寄って争いに巻き込まれたとか、町の人々に頼まれて用心棒になって悪党を殺しまくったとか、本人とは違う怨恨を片付ける作品が多いです。 『アウトロー』は妻子を殺された復讐に燃えますから多少は正義があります。 そして本作には一応は正義はあります。 村人たちのために戦うのです。 そして究極の作品『許されざる者』には全く正義はありません。 強いて言えば悪党なのです。 悪党を主役に持ってきます。 正義がない世界にイーストウッドは戻りします。 映画の大義名分は娼婦を切り刻んだ悪党退治のためと言いますが、実際はお金に困った元が子供を養うために一稼ぎするという話です。 何も殺す必要はありません。 繰り返しますが、クリント・イーストウッドには殺す理由が皆無なのです。 ですから本映画『ペイルライダー』は『許されざる者』へ至る過程で本作を撮っているイーストウッドの映画人としての底の深さを垣間見ることができるのです。 なぜ『許されざる者』へ至ったのか、それはアメリカの正義は正しいのか、それとも正しくないのかと言う葛藤もあったのでしょう。 本作品は 1985 年製作です。 この当時のアメリカの経済や産業はどうだったのでしょうか。 それを洗いざらいすると、なぜイーストウッドが本作をとったのか見えてきます。 ベトナム戦争終結後 10 年です。 アメリカン・ニューシネマも終わりました。 マグナムを容赦なくぶっ放す『ダーティーハリー』の時代も終わっています。 映画業界も新しい才能が活躍しています。 若者を中心に『フラッシュ・ダンス』などのダンシング&音楽映画到来。 さらにスピルバーグ、ルーカスの冒険ファンタジー、宇宙映画時代の到来などです。 もう西部劇は流行りません。 日本でも時代劇が受け入れられなくなった時代があります。 古いとかカッコ悪いなどの理由とは違います。 人々は何か刺激があるもの、何か変わったものへの欲求が強くなったからです。 それは過去を払拭したい現れであって、新しい息吹を入れることの重要性でもあります。 ですからその混沌としているアメリカの 1985 年に西部劇を撮ったイーストウッドの決意を垣間見る作品としては高評価されるべきものです。 *ペイルライダー( pale rider )とは、キリスト教の聖書『ヨハネの黙示録』の中に登場する災厄を引き起こす「黙示録の四騎士」の一人である。 映画の中でクリント・イーストウッドが神父の役をしていた意味がわかる。 災厄を起こす実は厄介な存在なのである。

次の

ペイルライダー・デュラハン

ペイル ライダー

ペイルライダー[陸戦重装備仕様]LV1の性能詳細• COST:400• 地形出撃制限:地上• 環境適性:地上• カテゴリ:汎用• 機体HP:12000• 耐実弾補正:13• 耐ビーム補正:13• 耐格闘耐性:16• 射撃補正:15• 格闘補正:25• スピード:120• 高速移動:205• スラスター:55• 旋回:60• 格闘優先度:中• カウンター:強 連撃• スキル 緊急回避制御:LV1 高性能バランサー:LV1 格闘連撃制御:LV1 高性能レーダー:LV2 高性能スコープ:LV2 能力UP「HADES」:LV1 シールドタックル:LV1 コスト400の汎用機。 HPがかなり低くピーキーな機体でしたが、最近は強化フレームの種類が増えたのでHPを盛りやすく、カスタムパーツさえあれば弱点を比較的簡単になくすことができます。 バルカン、ビームガン、脚部ミサイル、そして180mmキャノンと4種類の豊富な副兵装を持ちますが、どれもクセが強め。 そしてショートカットが足りません。 私はビームガンと180mmキャノンを登録しています。 この設定なら、バルカンを使いたい時はサーベルから武器送り一回で、脚部ミサイルがビームガンから同じく一回で呼び出せます。 兵装が全部リロード中で何もできないという時間が存在せず、常に何かしら火力を発揮できるのはポイントです。 クセがあるだけで、しっかりと使えばどれも仕事をしてくれます。 なお、陸戦型ガンダム用ビーム・ライフルとロケット・ランチャーから主兵装を選択可能。 どちらも良さがありますが、個人的にはロケランを推しておきます。 理由は後述の兵装解説にて。 さらに、タッチパッドを押すことで1出撃に1回「HADES」を起動可能。 起動すると以下の効果が得られます。 ただでもHPが低い本機から耐性を奪ってしまうと、ちょっとした被弾から即蒸発しかねません。 代わりに、火力系の上昇に加えて部位ダメージを全快する効果が優秀。 使わないのも勿体ないです。 脚部装甲を積んで任意のタイミングで起動するか、脚部装甲を積まずにある程度ダメージを受けてから起動するかの2択になります。 この辺は積みたいパーツと相談しましょう。 いずれにせよ、主兵装の選択とカスタムパーツで自分用に調整してなんぼな機体です。 プレイ初期のうちに入手した場合は、ガンダムなど他の堅実な機体の方が戦いやすいでしょう。 ・兵装種別:実弾 ・威力:1500 ・弾数:6 ・射程距離:325m ・クールタイム:7. 4秒 ・リロード時間:17. 5秒 ・武装切り替え時間:2. 2秒 ・よろけ値:80% ・即よろけ有 陸戦型ガンダムやEz-8などが持つロケラン。 ハイパー・バズーカと比べると威力が高く、弾数とクールが長め。 こちらもコスト400の主兵装としては若干心許ない性能です。 先述したBRとの最大の違いは、やはりよろけ値。 即よろけに加えよろけ値が80%あるため、少し追撃を入れれば蓄積よろけが取れます。 私個人としては火力は他副兵装でも埋め合わせが効く点と、格闘補正や副兵装を活かすなら前線で使いたいMSである点を踏まえて、BRよりはこちらを推します。 静止射撃な上に一発で30秒ものリロードがありますが、代わりに威力3000、さらに大よろけを与えることができる強力な兵装です。 爆発範囲もあるため足元に撃つのが基本ですが、通常のBZ系のように肩に構えていないため、相手より高い位置から撃たない場合はほぼ直当ての感覚で撃つ必要があります。 ストライカーシールド サイズM、HP3500を持つシールド。 動画でもまだ動きが甘いので、もっと使いこなしたいですね。 180mmキャノンは中距離戦の切り札のようなところはあるものの、撃たずに置いておく方が火力的にもったいないので、撃てる時には撃っちゃった方が良いように思います。 よろけ取りのビームガン、火力のミサイル、どんな時でも撃てるバルカンも含め、常に何かの兵装は撃てる状態。 相手からすればリロード中か確認はできないので、撃った直後でなければ180mmに関してはチラつかせているだけでも効果はあります。 とにかく出来ることが多い本機。 乗っていて楽しいMSなので、ある程度手元にカスタムパーツが揃っているなら、一度自分なりにカスタマイズして乗ってみてはどうでしょうか。 強化フレームLV2、LV3。 余ったところにシールド補強LV1を装備。 HPが低すぎて耐性を盛っても微妙なので、HPにガン盛りしています。 脚部装甲はHADESで直すことを考えて装備せず。 ある程度被弾 脚部を考えるとHP6割が目安 したところでHADES起動といった感じですね。 以上だ! また会おう!!.

次の

ペイルライダー[陸戦重装備仕様]

ペイル ライダー

ペイルライダーの系統でありつつ、 最大の特徴であった「HADES」を非搭載のまま 実戦運用された不遇の機体。 秘密裏に行われた次世代MS開発計画、 「ペイルライダー計画」の集大成としてペイルライダーの量産検討機 、ペイルライダー・キャバルリーが開発されたが、機体及びHADESに関連する全記録と実機が失われ、計画は中止となった。 しかし組み立て途中で投棄されたキャバルリーが発見され素体復元に成功。 「HADES」が非搭載であることから 首なし騎士「デュラハン」のコードネームが与えられた。 次世代主力機 を目指していただけあって機体性能は申し分なかったが、実戦運用にあたり、失われた専用武装を補うために 他の機体で運用されていた特殊装備を集めて使用する こととなった。 35秒 425 450? 移動射撃可 収束可 収束時間:5. 5秒 収束倍率:1. 733倍? 武装切替:0. ノン:ノンチャージショット• フル:フルチャージショット• 即:即撃ち(ノンチャージショット)• OH:オーバーヒート• 5倍 脚部補正:2. 0倍 武装切替:0. 0秒 180m 180 移動射撃可 武装切替:0. 5秒 LV2 31 84 186 LV3 33 88 198 LV4 37 100 222 LV5 39 104 234 LV1 2000 2. 85秒 - - - - 武装切替:0. 7秒 LV2 2100 LV3 2200 LV4 2500 LV5 2600 ガーディアン・シールド LV1 LV2 LV3 LV4 LV5 耐久値 10000 10500 11000 11500 12000 スキル情報 スキル名 機体LV 効果 説明 Lv3 1~4 着地時の脚部負荷を軽減。 5秒増加。 ブースト長押し継続時間増加 LV4 5 回避行動後の最大継続時間を、1. 66秒増加。 1~ 既存スキル「」と「」の複合スキル ジャンプ性能向上&着地の硬直時に、格闘攻撃が出せ、隙が減る。 Lv2 1~5 格闘攻撃を最大3回まで連続で使用可能になる。 1~5 回避行動の着地動作をキャンセルし、再び回避行動が可能になる。 再度の回避行動開始時にはより多くのスラスター消費量が必要となる。 1~5 タックル時のダメージが通常より高くなる 基本威力は機体Lvによって異なる 基本Lvダメージ1800 .や勲章によりダメージはさらに増加する.公式のスキル情報には載っていない攻略Wiki独自表記スキル. 備考 「押し返せ!デュラハン!!」キャンペーン• イベント期間• イベント内容(キャンペーン機体)• イベント期間中のみ設計図報酬として特別な汎用タイプ1機の設計図がドロップします• ドロップするMS設計図• (適正階級=大尉Lv1)• 期間中さらに以下の機体がドロップ• 本イベント終了後は週間任務専用設計図となるため、バトルメモリーでの開発はできません。 本イベント期間中はプレイヤーの階級に関係なく対象のMSで出撃可能です。 本イベント期間終了後、対象のMSの【適正階級】未満のプレイヤーは、「演習場(自由に行動)」意外では出撃ができなくなります。 所有リスト内から消えるわけではなく、出撃だけができない状態となります。 【適正階級】まで昇格することで本イベントで入手したMSは再び利用可能になります。 機体情報• 出典は漫画「機動戦士ガンダム外伝ミッシングリンク」より。 運営曰くデュラハンがゲーム作品に登場するのはバトオペが初とのこと。 ペイルライダー計画の量産試作機の内の1機。 機体自体はペイルライダーキャバルリーそのものなのだがペイルライダーの最大の特徴であるHADESシステムを搭載していない。 またキャバルリーが使用していた複合兵装「シェキナー」も装備していない。 武装はハイパーバズーカとジーラインアサルトアーマーのヒートランス、さらにジムガードカスタムのガーディアンシールドを装備している。 本機は「押し返せ!デュラハン!!」のイベントで実装されたキャンペーン機だが、イベント終了後は週間任務専用設計図となるためバトルメモリーでの開発ができないという特別な仕様になっている。 機体考察• 格闘寄りの汎用機。 長い槍と巨大な盾を持って戦う姿はまさに重装歩兵といった風体である。 格闘武器のヒートランスは威力・リーチ・モーションともに優れ、スキルの格闘連撃制御LV2と強タックルも相まって格闘戦で大暴れすることができる。 再開発の格闘連撃強化も必ず付けておきたい。 3連撃する都合上敵機のタックルには注意が必要。 また巨大で頑強なガーディアンシールドのおかげで本来の耐久力以上の粘り強さをみせる。 一方で射撃戦は苦手。 射撃補正が低めで主兵装のよろけから追撃できる飛び道具がバルカンしかないため、ハイバズ装備時の射撃火力はジム改と大差ないレベルである。 スキル面はペイルライダー最大の特徴であるHADESが無い。 格闘連撃制御LV2と強タックルによって格闘戦の火力は中々のものだが、緊急回避のスキルが無いため複数の敵機に囲まれた場合袋叩きにされかねない。 強制噴射装置を持つが使用するには素のスラスター量では少々心許ない。 カスタマイズパーツや再開発で補強するといいだろう。 総評すると、是が非でも接近戦を仕掛けたい本機だが、緊急回避スキルの欠如により無闇な突撃は死を招く。 味方機と連携しつつ突撃のタイミングを図ろう。 強制噴射装置とガーディアンシールドを上手く扱えるかで生存力が左右される。 格闘戦に持ち込めば自慢の槍と強タックルによって敵機を薙ぎ払うことができるだろう。 主兵装詳細• 基本兵装。 やることはシンプル、これでよろけを取り格闘攻撃を叩き込む。 武器の威力はそれなりだが本機の射撃補正がいまいち低いためダメージは期待できない。 素早くよろけを取り接近戦を仕掛けたい本機とはミスマッチ。 本機で使う意味は無い。 封印安定。 副兵装詳細• 普通のバルカン。 障害物に隠れる歩兵はヒートランスで叩き潰したほうが早いかもしれない。 ジーラインアサルトアーマーが装備しているものと同じもの。 格闘モーションはジムストライカーと同じ。 以下ジーラインアサルトアーマーのページから流用。 N格闘• 上から下への斬撃。 モーションがかなり早い上振り終わりの硬直も短め、キャンセルができない場合横だけでなく此方も選択肢に入れられる。 隣接している敵や転倒中の敵にも当たる。 ちなみに隣接時は脚部に命中する事が多い。 尚、追従もよくコンボ中に敵機が移動してしまった場合でも60度程度まで捕らえる事ができるので、Nを振る場合はモーション中の微調整も行おう。 真っ正面の足下に当たるので歩兵掃討にも便利。 補給基地のコンテナ中継で呑気に制圧行動しているヤツや拠点に爆弾を仕掛けているヤツを真っ二つにしてやろう。 ハーグ陸戦条約は宇宙世紀には存在しないのさ!• 横格闘• 左右への薙ぎ払い。 相手機体サイズにもよるが転倒中の敵にだいたい当たる。 振りまわす範囲が広大なため、周囲の味方を巻き込みやすい難点がある。 注:右格闘は腕を伸ばしきる為、他のモーションに比べ当たり判定部と機体との隙間が大きくなっている事に留意するように。 下格闘• 正面への突き出し。 本作最長のリーチを誇る格闘。 中心を突くためにプロトタイプガンダムような死角が少なく、より遠方に当たるため奥にいる敵機を巻き込むことも可能。 ブーストからの下格闘連携は思いの外伸びるのでカウンターを取られづらい。 汎用機などに有効である。 真っ直ぐ攻撃するため、ビーム・サーベルより旋回での角度調整がしやすいのも利点。 スキル• Lv2• カスタム• 何か書く 機体攻略法• 敵機として出会った際の対処法をかく. コンボ一覧• 共通コンボ• 愚痴・修正要望のコメントは予告なく削除・書込禁止処置 を取る場合がございます.ご了承下さい.• カスパ談義用テンプレ(コピーしてお使い下さい)• 脚部21 簡易脚部21 頭部21 強フレ654321 新フレ21 簡易フレ21 射プロ54321 格プロ54321 高出力21 耐衝7654321 耐弾7654321 耐ビ7654321 シールド補強54321 強化装甲321 噴射54321 高スラ21 ホバー4321 クイブ アブソ321 フィルモ 4321 デタベ21 クイロ321 補助ジェネ321 リング21 近凸21 タイプ特化21 簡易特化21 【HP20000 射補 格補 耐衝 耐弾 耐ビ スラ】 名前• 2での実装はかなり後になりそうだな…… - 名無しさん 2019-12-31 21:17:36• こいつはホントに好きだった・・・もっと早くに出ていればもっと使えたのに・・・バトオペ2でまた会いたいなぁ - 名無しさん 2018-04-06 18:26:00• Lv5開放がもっと早ければ最多搭乗機になったぐらい好きな機体だったよ。 デュラハンよ、またどこかで。 - 名無しさん 2017-08-05 21:18:58• 肉化は無理だしゲームチェンジャーというほどのスペックじゃないが、フルハン再開発勲章で十二分遊べる程度の性能にはなる気がする - 名無しさん 2017-06-29 22:32:33• 足回りか耐久面上げて出直してこいって感じ - 名無しさん 2017-06-10 20:35:09• ただでさえ的がでかく、緊急回避ないからHP装甲共に伸ばしたいんだけど、スロも少ないし3色にしたらHPがね。 同コストの高ゲルや陸ゲルVDのがマシかな。 - 名無しさん 2017-06-11 10:27:47• 6が来れば普通に使えるんじゃないかな、スロ増えるだろうし。 どの機体も5はイマイチだし - 名無しさん 2017-06-15 09:31:51• 格闘範囲と強制噴射のお陰で回避狩りのしやすさno1 ラグ滑りのドムもなんのその - 名無しさん 2017-06-07 17:15:49• ガーカス大好き(見た目的に)な俺からしたらたまらない機体。 今後も他のゲームでも登場してほしい。 - 名無しさん 2017-06-05 04:12:21• ガーカスの盾が好きなのはわかった - 名無しさん 2017-06-05 18:40:12• たんのしーなこれ。 盾がいい意味でも悪い意味でもよく仕事する。 - 名無しさん 2017-06-03 21:09:00• 密着で横降るとかなりの場合スカるな。 生三連撃の距離感が地味に難しい。 - 名無しさん 2017-06-02 14:34:45• デュラハンもLV6解放されてるのかな? - 名無しさん 2017-06-01 00:34:32• 今の所、Lv5までしか来てないよ - 名無しさん 2017-06-01 02:10:37• 上位来てもお通夜状態 笑 - 名無しさん 2017-05-31 23:01:38• 頭部バルカン 39 104 ヒート・ランス 2600 ガーディアン・シールド 12000 - 名無しさん 2017-05-31 15:25:09• 秘密裏に行われた次世代MS開発計画、 「ペイルライダー計画」の集大成としてペイルライダーの量産検討機 、ペイルライダー・キャバルリーが開発されたが、機体及びHADESに関連する全記録と実機が失われ、計画は中止となった] - 名無しさん 2017-05-21 19:43:48• 私のミスですね、訂正ありがとうございます。 - hihingaburu 2017-05-31 21:07:40• lv4を作ったから無制限で乗ってみたけど緊急回避の内汎用の立ち回りはレイスで慣れてるからかそんなに違和感無かったな 軽ペイルよりも扱いやすい感じだったな - 名無しさん 2017-05-10 17:01:33• 既に素ガンより強くないか? - 名無しさん 2017-05-10 13:33:47• そら素ガンはMS開発初期機体だからねぇ、アムロが乗らなければゲルググ相当というのは妥当じゃない? - 名無しさん 2017-05-10 16:00:05• うーん... 微妙 - 名無しさん 2017-05-03 10:50:37• 数回Lv4フルハン再開発連撃スラMAX使ってみたけど450なら問題なく使える気がする。 盾で攻撃受けるよう意識すれば思いのほか長生きできるし相手のイフシュナが目に見えて嫌そうにしてたw - 名無しさん 2017-05-07 22:06:33• ガトゲル板かどっかにジャンプ時に撃ち落とされた際の倒れ方があったよね。 あれ知ってれば、咄嗟に盾を上に向けて寝れるよ。 あの情報は為になる。 - 名無しさん 2017-05-08 21:36:04• いや、すまんすまん。 こっちは汎用とはいえ無課金機で舐めて粘着してきた最高Lvのシュナを数回返り討ちにして途中から寄り付かなくしただけの話でここまで噛み付かれるとは思わんかった。 説明不足でしたごめんなさい - 名無しさん 2017-05-10 01:00:16• この機体は緊急回避使えない分、噴出制御がよく生きるわ - 名無しさん 2017-05-01 00:56:48• デュラハンは久々に燃える機体だったので課金機待ってたんだがなー - 名無しさん 2017-04-29 16:17:20• 5月末まで課金はあるからコイツがまずlv4出されたのかもね。 - 名無しさん 2017-05-03 06:29:12• デュラハン作れなかったから次で本気出そうと思ったら終わっちゃうのか… - 名無しさん 2017-04-28 00:02:33.

次の