よろしい なら ば クリーク だ。 よろしいならば戦争だとは (ヨロシイナラバクリークダとは) [単語記事]

よろしいならば戦争だとは (ヨロシイナラバクリークダとは) [単語記事]

よろしい なら ば クリーク だ

少佐とは、軍隊における階級の一つである。 佐官に属する。 概要 少佐 准尉 曹長 では所属に応じて三等陸佐や三等佐(・三佐)、では少校、英独ではと表記される。 少佐の下位はだが、諸において佐官は「」としてのもめられるため、からの昇進には特別な専門とを受けることが必要とされる場合が多い。 このためから少佐への昇進は一つのとみなされているもある。 「軍隊を扱う」描写においてこの位のは地位的にも上官的にも扱いやすく、また必要とあらば大隊のにも任命されたり、極稀に幕僚末席にわせられる立場にある。 このため、やなど作品に登場する軍人の階級としては、やと並んで登場頻度が高い。 詳しくは参照。 主な少佐• 軍属でないに共通。 ギザンダー・デグチャレヴ( of Py)• イ・ヴィッチ・カリーニン ()• 加()• この関係でのさんが関わるも少佐という称で呼ばれる。 ス・ンツ・フォン・デム・エーベル(よりをこめて)• ・バロッサ・バンン()• /デイビット・オウ()• ドクロ少佐()• ( )• ラウンデル()•

次の

少佐とは (ショウサとは) [単語記事]

よろしい なら ば クリーク だ

諸君! 私は単位が好きだ 諸君! 私は単位が好きだ 諸君! 私は進級が大好きだ!! 前期中間が好きだ 前期期末が好きだ 後期中間が好きだ 後期期末が好きだ 小テストが好きだ 再試験が好きだ 追認試験が好きだ 教室で 図書館で 平原で 街道で 塹壕で 草原で 廊下で 校庭で 凍土で 砂漠で 海上で 空中で 部室で 風呂で 泥中で 湿原で この地上で行われるありとあらゆる留年行動が大好きだ!! 机をならべた劣等生の一斉留年が悲鳴と共に単位を吹き飛ばすのが好きだ 空中高く放り上げられた単位が追認試験でバラバラになった時など心がおどる! 留年生の持ち込む過去問のコピーが定期試験を撃破するのが好きだ 悲鳴を上げて教官室から飛び出してきた友人を追認試験でなぎ倒した時など胸がすくような気持ちだった 視線の先をそろえた学生の横隊が試験の問題を蹂躙するのが好きだ! 留年状態の学生がが既に間違えた公式を何度も何度も使用している様など感動すら覚える 進級主義の退学生達を掲示板上に吊るし上げていく様などはもうたまらない! 泣き叫ぶ退学生達が教官の振り下ろした手の平とともに金切り声を上げばたばたと落とされるのも最高だ 哀れな留年生達が雑多な勉強で健気にも立ち上がってきたのを物理学の某教授がクラスごと木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える! 教授の追認試験に滅茶苦茶にされるのが好きだ 必死に守るはずだった単位が蹂躙され、再試資格が取り消され消えていく様はとてもとても悲しいものだ 数学の公式に押し潰されて留年されるのが好きだ 留年生保護団体に追いまわされ害虫の様に地べたを這い回るのは屈辱の極みだ メモリーズ 諸君! 私は留年を、地獄の様な留年を望んでいる!! 諸君! 私に付き従う留年戦友諸君! 君達は一体何を望んでいる? 更なる留年を望むか? 情け容赦のない糞の様な留年を望むか? 追認再試の限りを尽くし留年社会の単位を殺す嵐の様な退学を望むか? 『留年! 留年! 留年!』 メモリー! メモリー! メモリー! よろしい ならば留年だ!! メモリー 我々は満身の力をこめて今まさに消えゆかんとする亡者だ だがこの暗い闇の底で1年もの間堪え続けてきた我々にただの留年ではもはや足りない! 退学を!! 一心不乱の退学を!! 我らはわずかに一個分隊 10人に満たぬ留年生に過ぎない だが諸君は一騎当万の古強者だと私は信仰している ならば我らは諸君と私で総力10万と1人の留年生となる 我々を退学の彼方へと追いやりいばりこけている連中を叩き起こそう 髪の毛をつかんで引きずり降ろし眼を開けさせ思い出させよう 連中に単位の味を思い出させてやる 連中に我々の悲鳴の声を思い出させてやる 天と地のはざまには奴らの勉強では思いもよらない事があることを思い出させてやる 10万人の留年生の戦闘団で世界を燃やし尽くしてやる 第二次 メモリーズ 留年 作戦 状況を開始せよ 征くぞ 諸君! さてさて。 ではでは。 元ネタ 元ネタは 「ヘルシング」に登場するある人の台詞より。 以下、コピペ。 諸君 私は戦争が好きだ 諸君 私は戦争が好きだ 諸君 私は戦争が大好きだ 殲滅戦が好きだ 電撃戦が好きだ 打撃戦が好きだ 防衛戦が好きだ 包囲戦が好きだ 突破戦が好きだ 退却戦が好きだ 掃討戦が好きだ 撤退戦が好きだ 平原で 街道で 塹壕で 草原で 凍土で 砂漠で 海上で 空中で 泥中で 湿原で この地上で行われるありとあらゆる戦争行動が大好きだ 戦列をならべた砲兵の一斉発射が轟音と共に敵陣を吹き飛ばすのが好きだ 空中高く放り上げられた敵兵が効力射でばらばらになった時など心がおどる アハトアハト 戦車兵の操るティーゲルの88mmが敵戦車を撃破するのが好きだ 悲鳴を上げて燃えさかる戦車から飛び出してきた敵兵をMGでなぎ倒した時など胸がすくような気持ちだった 銃剣先をそろえた歩兵の横隊が敵の戦列を蹂躙するのが好きだ 恐慌状態の新兵が既に息絶えた敵兵を何度も何度も刺突している様など感動すら覚える 敗北主義の逃亡兵達を街灯上に吊るし上げていく様などはもうたまらない 泣き叫ぶ捕虜達が私の振り下ろした手の平とともに金切り声を上げるシュマイザーにばたばたと薙ぎ倒されるのも最高だ レジスタンス ドーラ 哀れな抵抗者達が雑多な小火器で健気にも立ち上がってきたのを80cm列車砲の4. 8t榴爆弾が都市区画ごと木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える 露助の機甲師団に滅茶苦茶にされるのが好きだ 必死に守るはずだった村々が蹂躙され女子供が犯され殺されていく様はとてもとても悲しいものだ 英米の物量に押し潰されて殲滅されるのが好きだ ヤーボ 英米攻撃機に追いまわされ害虫の様に地べたを這い回るのは屈辱の極みだ 諸君 私は戦争を地獄の様な戦争を望んでいる 諸君 私に付き従う大隊戦友諸君 君達は一体何を望んでいる? 更なる戦争を望むか? 情け容赦のない糞の様な戦争を望むか? 鉄風雷火の限りを尽くし三千世界の鴉を殺す嵐の様な闘争を望むか? クリーク クリーク クリーク 『戦争! 戦争! 戦争!』 クリーク よろしい ならば戦争だ 我々は満身の力をこめて今まさに振り降ろさんとする握り拳だ だがこの暗い闇の底で半世紀もの間堪え続けてきた我々にただの戦争ではもはや足りない!! 大戦争を!! 一心不乱の大戦争を!! 我らはわずかに一個大隊 千人に満たぬ敗残兵に過ぎない だが諸君は一騎当千の古強者だと私は信仰している ならば我らは諸君と私で総力100万と1人の軍集団となる 我々を忘却の彼方へと追いやり眠りこけている連中を叩き起こそう 髪の毛をつかんで引きずり降ろし眼を開けさせ思い出させよう 連中に恐怖の味を思い出させてやる 連中に我々の軍靴の音を思い出させてやる 天と地のはざまには奴らの哲学では思いもよらない事があることを思い出させてやる カンプグルッペ 一千人の吸血鬼の戦闘団で世界を燃やし尽くしてやる 全フラッペン 発動開始 旗艦デクス・ウキス・マキーネ 始動 離床!! 全ワイヤー 全索引線 解除 「最後の大隊 大隊指揮官より 全空中艦隊へ」 目標 英国本土 ロンドン首都上空!! 第二次ゼーレヴェー あしか 作戦 状況を開始せよ 征くぞ 諸君 で、それを何を思ったか 「よろしい、ならば留年だ」と置き換えたリキペディア。 まぁ、はい、ちょうど今友人からヘルシング借りてますし。 そういうことですよ、はい。

次の

よろしい、ならば戦友大戦(クリーク)だ

よろしい なら ば クリーク だ

そんなに上機嫌で」 「え?知りたいんですか?聞きたいんですか?(ズイッ」 「いや、別にいいです。 興味ないですから」 「・・・聞く気はないんですか;; ・・・聞いてください;;(プリケツ土下座)」 「仕方ないですね。 聞いてあげましょう。 私は優しいですから」 「やっと許しが出たか! 吉乃様は今月のファミ通をご覧になりましたか? 新カードの情報が載ってるアレです」 「勿論ですよ。 お鍋ちゃんがすごい形相で薦めてきましたから・・・」 「ああ・・・イケメン多かったですからね・・・。 (そういや、私も一応イケメンなのにお鍋様が絡んでこないなぁ・・・) まぁ、その中に光秀君いたでしょう?」 「織田SR枠でしたからね、当然覚えてますよ。 それがどうかしたんですか?」 「光秀君の二つ名「織田五大将」ってなってるでしょう? 実は私、丹羽長秀も「織田五大将」の1りなんですよねぇ。 これらが指し示す事実は1つ! 次VerはSR「織田五大将」丹羽長秀が出る!(ババーン! 」 「あぁ・・・なんだそんなことですか ガーンですね・・・出鼻を挫かれました・・・」 「えっ」 「いいですか?そもももSRというのは大名とか一騎当千の猛将と か、深算鬼謀の軍師とか、大きいお友達を狙った女性武将とか がなるものなんですよ? あなたは確かに織田を支えた名臣です。 功績も大きいです。 でも、なんか地味。 地味さが個性かってぐらい地味です」 「そ、そんな・・・安土城建てたり、秀吉に内蔵送ったり・・・ 結構派手なことやってきたつもりなんですけど・・・」 「ではわかりやすく、お隣の大陸大戦で例えましょうか。 諸葛亮はSRになります。 でも、諸葛謹はSRになりません。 馬超はSRになります。 でも、馬岱はSRになりません。 SRになるっていうのは生半可なことじゃァないんです。 わかりますね、五郎左」 「・・・hai;; (SEGAさんに毎日手紙を送るぐらいはしておこう・・・カキカキ)」 「まぁ五郎左の与太話はこれぐらいにして・・・ ってあれ?静葉さんからのお知らせを書いた手紙が・・・ あ、預かってき・・・ふぇ?ど、どこー?」 「(あ、この紙・・・裏に何か書いてあるな・・・?) 大丈夫ですよ、吉乃様。 私が覚えておりますゆえ、 代わりに皆様にお伝えしましょう(ドヤァ…」 「ほ、本当ですか! さすが織田家の縁の下の力持ちは格が違った!」 「物は言いようだな・・・。 あ、それでは静葉ちゃんからの伝言を。 今週の木曜日、土曜日、日曜日に皆様と戦友対戦を したいとのこと。 時間は木曜日なら三時から。 土日は皆さんのご要望に沿うとのことです」 「縛りとかレギュレーションはどうしますか?」 「特に設けるつもりはありません。 1,2,3戦目とも全部違うデッキでやる、ぐらいですか。 こちらはすべてガチデッキでやる予定らしいですよ?」 「Verうp後は戦友対戦しづらくなりますからね。 今のうちに皆さんとガチで戦いたいのでしょう」 「ええ。 というわけで、戦友対戦してくださる方は大戦. netで申し込みを お願いします。 こちらのコメント欄にも一言いただけると嬉しいです」 「Verうp前で全国に行きたくないけど、ピローを集めたいという 人にはオススメですよ。 突撃の練習にもいいかもしれません。 中の人が勘違いして何人でもこちらから申し込めると思ってましたorz 錯綜してしまって申し訳ありませんが、何卒お願いいたします。 現在の予定 6月30日 木曜日 15:00〜 障害之意地さん 18:00〜 シロ犬さん 19:00〜 ZEROさん 7月2日 土曜日 14:00〜 ベイルアウトさん 15:00〜 なんとか人形さん 16:00〜 猫の宅急便さん 7月3日 日曜日 12:00〜 いう〜ごさん 13:00〜 風見 幽香さん 14:00〜 キョンキョンさん 多くの方から申し込みをいただいたので、木曜日は締め切らせていただきます。 (すべての人に公開).

次の