ロレックス 購入 制限。 価格.com

126660ディープシー購入記!これから正規店の規制が凄い事に⁈

ロレックス 購入 制限

ロレックスの正規代理店では、11月より人気モデルの購入制限が導入されました。 内容は、 同一モデルは5年間、他人気モデルは1年間購入不可 対象• コスフ (Ref. 116500LN)• サブマリーナー(Ref. 114060)• サブマリーナー デイト(Ref. 116610LN、Ref. 116610LV)• シードゥエラー(Ref. 126600)• ディープシー(Ref. 126660)• 116710LN、Ref. 116710BLNR、Ref. 126710BLNR、Ref. 126710BLRO)• ー(Ref. 214270)• 216570)• 116680)• エアキング(Ref. 116900)• ミル(Ref. 116400GV) 更なる展開の可能性。 ロレックス新品買取価格が更に高騰!? 時計の買取業界では、つい最近まで新品として査定・買取できる条件のひとつが 裏蓋のシールが付いていることでした。 そのため日本のロレックス正規販では(転売を減らすため?)販売時に裏蓋シールをはがしてから、手渡されるようになりました。 現在では、この方法は世界のロレックス正規販に広がっています。 この裏蓋シールの件と同様に、購入制限が世界に広がっていくと、どういった事が考えらえれるでしょうか? 店は、海外で購入された新品の時計を輸入し、販売しています。 しかし、購入制限が世界に広がると、新品のロレックス(SS スポーツモデル)は、れが難しくなり、並行店の新品人気モデルの在庫が大幅に減少。 ロレックスの新品が欲しいファンが正規店に流れるようになっていく。 二次流通したわずかな新品ロレックスの販売価格は、更に高騰。 並行品の新品ロレックスの買取価格は更に高騰。 そんな事がもしかしたら起こるかもしれません。 既に海外のなどは、バイヤーに対してタックスフリーで時計を売らない動きがでており、二次流通の動きにてこいれが図られています。 ロレックスをはじめブランド時計の取引価格は、また新たなる潮目を迎えるかもしれません。 という妄想でした。。 それにしてもなぜでしょうか。 購入制限が始まってしばらく経つ現在でも、新型のやマスターなど、正規購入品の買取り相談は頻繁にございます。 ロレックス買取のご相談をおまちしております。 アンティグランデ 買取担当 [お問合せ電話番号] 時計の買取:0120-55-1430 運営:株式会社Altomare 所在:東京都中野区中野2-11-5 吉田ビル2階 古物商許可証:東京都員会 第304391103588号 altomare-group.

次の

転売防止‼購入制限でスポーツロレックスが買える日が来るのか⁈

ロレックス 購入 制限

購入制限対象モデル 以下の記事にて 購入制限対象モデルのことを書いている場合、こちらに記載しているモデルを表しています。 購入制限除外モデル 上の一覧表を見るとクラシックモデル(ドレスモデル)を除いたプロフェッショナルモデルの人気・プレミアムモデルが中心となっています。 そのため、• エアキング• ミルガウス• ヨットマスター2 は購入制限から除外されていることがわかり、これらが対象に入ってないということは ある意味正式に不人気モデルであったことが公開されたようなもので所有者にとってはちょっと不満が残るものですね。 購入制限ルール 現時点で実施されているルールが以下のような感じになっています。 購入制限対象モデルで同一リファレンスは購入後5年間購入は不可• 購入制限対象モデルを2019年11月1日以降に購入した場合、1年間購入制限対象モデルの購入は不可• 購入時には本人が顔写真付きの身分証明書提示必須 この言葉だけだと分かりづらいのでもうちょっと詳しく補足します。 デイトナ116500LN黒文字盤を購入した場合 例えばデイトナの116500LN黒文字盤を購入したら…• 5年間デイトナ116500LNの白文字盤は購入できない• 5年間以内に新作デイトナが出た場合も購入できない• 1年間は購入制限対象モデルを購入できない っていうことになります。 そろそろディスコンになりそうなモデルに関しては、新しく出る方に期待するかどうかっていうことになります 例えば、サブマリーナなんかはそろそろディスコンになると予想されており、現在のグリーンサブを購入すれば新型サブマリーナを5年間は我慢しないといけなくなります。 提示する身分証明書 ロレックス正規店に確認してきましたが、以下のように決められているとのこと。 運転免許証• 個人番号カード(マイナンバーカード)• 健康保険証+パスポート パスポートの場合、住所を自分で書くことができます。 どこに在住の方であるのかを調べているようなので、パスポートの場合には自分で偽ることが可能な以上、証明にはなりません。 だから保険証と一緒に提示しないといけないとのこと。 撤廃された購入制限ルール 一部のルールが実施後に撤廃されました。 日本国内在住の方にのみ販売 販売制限が実施されてからは海外の方には売りません、日本国内在住の方のみですとのことでしたが、 2020年1月くらいから外国人への販売制限は撤廃されました。 おそらく 外国人が買ってくれないと売上に相当響いたのではないかなと考えられますね。 銀座とかを見ていても外国人のお客さんは非常に多かったのでそこの売上がなくなったら大変ということで対策が取られたのかなと。 元々販売制限ルールはそう簡単にルール変更はしないじゃないかと思ってましたが、こんな簡単に変更されるならば今後も色々と変更したり撤廃したりはあると思います。 現在は コロナショックも起こってるので、海外からのお客さんは相当減っているはずで売上も減少してるはず。 近い内に販売制限自体を撤廃するっていうことも考えらますね。 販売制限の抜け道 実施されている販売制限ですが、こちらには 抜け道が存在します。 同一人物による買い占め策のために実施したものだったはずですが、残念ながら同一人物が購入することは可能になっているようです。 どうやっているのかというと、今回のルールは本人が身分証明書提示をすれば購入できるということで、 別の人と一緒に正規店を巡り、その人が買うからという理由をつければ可能だということです。 例えば、夫婦でマラソンをしている方も増えており、夫がデイトナ白をすでに買っていたとしても、妻が一緒にいて妻の身分証明書を出せばデイトナ黒も買えるっていうわけです。 近年はデイトナが資産にもなるっていうことで、男性は妻を説得し一緒にロレックスマラソンをしようという方は増えているように思います。 こういった手を使えばいくらでも購入することは可能で、妻だけでなく母・父・息子・友人・・・などなど一緒にいって偶然手に入るのであればいくらでも買えちゃうって事です ちょっとずるいなーとは思うんですが、 正規店が黙認しているなら仕方ないのかなって感じですね。 最後は出してくれる店員さん次第なので。

次の

2019年11月スタート ロレックス正規店「購入制限」人気モデルは転売させないぞ!

ロレックス 購入 制限

購入制限対象モデル 以下の記事にて 購入制限対象モデルのことを書いている場合、こちらに記載しているモデルを表しています。 購入制限除外モデル 上の一覧表を見るとクラシックモデル(ドレスモデル)を除いたプロフェッショナルモデルの人気・プレミアムモデルが中心となっています。 そのため、• エアキング• ミルガウス• ヨットマスター2 は購入制限から除外されていることがわかり、これらが対象に入ってないということは ある意味正式に不人気モデルであったことが公開されたようなもので所有者にとってはちょっと不満が残るものですね。 購入制限ルール 現時点で実施されているルールが以下のような感じになっています。 購入制限対象モデルで同一リファレンスは購入後5年間購入は不可• 購入制限対象モデルを2019年11月1日以降に購入した場合、1年間購入制限対象モデルの購入は不可• 購入時には本人が顔写真付きの身分証明書提示必須 この言葉だけだと分かりづらいのでもうちょっと詳しく補足します。 デイトナ116500LN黒文字盤を購入した場合 例えばデイトナの116500LN黒文字盤を購入したら…• 5年間デイトナ116500LNの白文字盤は購入できない• 5年間以内に新作デイトナが出た場合も購入できない• 1年間は購入制限対象モデルを購入できない っていうことになります。 そろそろディスコンになりそうなモデルに関しては、新しく出る方に期待するかどうかっていうことになります 例えば、サブマリーナなんかはそろそろディスコンになると予想されており、現在のグリーンサブを購入すれば新型サブマリーナを5年間は我慢しないといけなくなります。 提示する身分証明書 ロレックス正規店に確認してきましたが、以下のように決められているとのこと。 運転免許証• 個人番号カード(マイナンバーカード)• 健康保険証+パスポート パスポートの場合、住所を自分で書くことができます。 どこに在住の方であるのかを調べているようなので、パスポートの場合には自分で偽ることが可能な以上、証明にはなりません。 だから保険証と一緒に提示しないといけないとのこと。 撤廃された購入制限ルール 一部のルールが実施後に撤廃されました。 日本国内在住の方にのみ販売 販売制限が実施されてからは海外の方には売りません、日本国内在住の方のみですとのことでしたが、 2020年1月くらいから外国人への販売制限は撤廃されました。 おそらく 外国人が買ってくれないと売上に相当響いたのではないかなと考えられますね。 銀座とかを見ていても外国人のお客さんは非常に多かったのでそこの売上がなくなったら大変ということで対策が取られたのかなと。 元々販売制限ルールはそう簡単にルール変更はしないじゃないかと思ってましたが、こんな簡単に変更されるならば今後も色々と変更したり撤廃したりはあると思います。 現在は コロナショックも起こってるので、海外からのお客さんは相当減っているはずで売上も減少してるはず。 近い内に販売制限自体を撤廃するっていうことも考えらますね。 販売制限の抜け道 実施されている販売制限ですが、こちらには 抜け道が存在します。 同一人物による買い占め策のために実施したものだったはずですが、残念ながら同一人物が購入することは可能になっているようです。 どうやっているのかというと、今回のルールは本人が身分証明書提示をすれば購入できるということで、 別の人と一緒に正規店を巡り、その人が買うからという理由をつければ可能だということです。 例えば、夫婦でマラソンをしている方も増えており、夫がデイトナ白をすでに買っていたとしても、妻が一緒にいて妻の身分証明書を出せばデイトナ黒も買えるっていうわけです。 近年はデイトナが資産にもなるっていうことで、男性は妻を説得し一緒にロレックスマラソンをしようという方は増えているように思います。 こういった手を使えばいくらでも購入することは可能で、妻だけでなく母・父・息子・友人・・・などなど一緒にいって偶然手に入るのであればいくらでも買えちゃうって事です ちょっとずるいなーとは思うんですが、 正規店が黙認しているなら仕方ないのかなって感じですね。 最後は出してくれる店員さん次第なので。

次の