グレタトゥンベリ。 「声を上げる」意味…グレタさんは故郷スウェーデンでどう思われているか(福田 和子)

グレタトゥンベリの親がヤバイ?「黒幕」と言われる理由を徹底解説

グレタトゥンベリ

12月にグレタさんがスペインで開催された第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)に出席するために、米国からポルトガルにヨットで到着した際には、英公共放送BBCはライブ映像付きで速報を流していたほどだ。 グレタさんは18年から金曜日に学校を休み、スウェーデン議会の外で気候変動対策を呼びかけるストライキをしており、19年の初めは主に欧州で話題となり、欧州各地で共感する若者によるストライキが熱を帯びて広がっていった。 世界中で脚光を浴びるようになったのは9月からだ。 国連本部の気候変動サミットで各国首脳を前に対して、「私たちは大量絶滅のとば口にいる。 しかし、あなたたちが話すのはお金や経済発展が続くというおとぎ話ばかりだ」「失敗したら私たちは許しません」と声を震わせながら非難したことが全世界に配信され、日本での報道も増えた。 米タイム誌による年末恒例の「今年の人」にも選ばれ、雑誌の表紙を飾った。 19年は「グレタさん現象」が世界を席巻したと言える。 確かに若者たちはグレタさんの問題意識と行動力に共感し、声をあげている。 ストライキへの参加者数などは分からないが、実際に英国、フランス、ベルギー、イタリアなど欧州各地で若者たちのストライキを見た。 路上で楽器を鳴らしたり、歌ったりしながらも、気候変動対策を訴える若者たちは真剣だった。 若者は環境問題を感じやすいのだろうか。 我が家の息子も普段は聞き分けがいい方ではないが、環境問題には敏感だ。 それが欧州在住のため教師が環境教育に熱心だからなのか、子供特有の感性なのかは分からない。 世界中がグレタさんをチェック グレタさんを追いかけたのはメディアだけではなかった。 一般の人々も交流サイト(SNS)などを使ってグレタさんの行動を追い続けた。 グレタさんはできるだけ環境負荷をかけないように、飛行機を使わず、ヨットや鉄道で移動している。 ヨットで大西洋を横断した際には、手厚い支援を受けているという特別待遇に対して批判の声もあった。 さらに進んで、今や「普通の生活」をするだけで批判される状態にある。 象徴的だったのが、グレタさんが鉄道を利用していることに対する登山家、野口健氏の皮肉だ。 「大人げない」との非難もあったが、野口氏の意見に賛同する者も多かった。 実際、グレタさんの激しい言葉使いと巧みな戦術に反感を持つ大人は多い。 その代表的な考えが、ロシアのプーチン大統領と米国のトランプ大統領の発言に表れている。 プーチン大統領は「現代の世界が複雑で多様であることを誰もグレタに教えていない」「グレタは優しくて誠実な少女だと確信しているが、大人は未成年者が極端な状況に陥らないように全力を尽くすべきだ」などと発言。 トランプ大統領は「明るく素晴らしい未来を楽しみにしているとても幸せな少女のようだ」と評した。 こうした意見の根源には、「グレタさんの活動は偽善ではないか」という反感がある。 そのため、その活動を支持する輪が広がるほど、世界中で交流サイト(SNS)などを使ってグレタさんの「偽善」を突き止めようとする動きが強まっている。 実際、SNSなどで「グレタ」「偽善」と検索すると多くのコメントが出てくる。 英語で偽善を意味する「hypocrisy」で検索するとさらに大量のコメントがある。 まず筆者の立場を明確にしたい。 彼女の危機意識に耳を傾けることは重要だと思っているが、あまり彼女の活動そのものの賛否を論じる気になれない。 グレタさんは既に社会的に大きな影響力を持っているが、自分が彼女と同じ16歳だったときを想像すると、その発言が大人たちに寄ってたかって強く批判されるのは耐えられそうにない。 背後で大人たちが彼女を操っているならば、話は別だが。 ただ、環境問題に対する危機意識と同時に、注目すべき点があると思っている。 それは多くの人に環境負荷の善しあしを考えさせているという点だ。 例えば、既に彼女は、二酸化炭素(CO 2 )排出量が多い飛行機の利用を恥だと考える「フライト・シェイム(飛び恥)」という言葉を一般に知らしめている。 世界中の人々の目を環境負荷に向けさせたことは、非常に意味があるのではないだろうか。

次の

グレタトゥンベリの障害(アスペルガー症候群)とは?親の職業が凄い!

グレタトゥンベリ

2020年1月31日、ストックホルムにてグレタさんが会見。 アフリカの活動家もビデオ通話で参加。 17歳の環境活動家、グレタ・トゥンベリさんを中高年男性が嫌う理由 記録破りの暖冬だ。 雪国に雪がない。 世界各地で平均気温は年々上昇し、災害が多発している。 近年、日本近海でイカやサンマや昆布など多くの海産物の水揚げが激減しており、その主な要因として、海水温の上昇が挙げられている。 日常的に、地球温暖化の影響を肌で感じ、漠然とした不安感はあっても、なぜか、人々に切迫した危機感はそれほどない。 感染者が増えている新型コロナウイルスに世界中が大騒ぎしているのとは対照的だ。 人間には都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりする「正常化バイアス」という傾向がある。 真綿で首を絞められるような「じんわり」と迫る脅威には、のんきに構えるようにできているのかもしれない。 そんな大人の「能天気ぶり」に腹を据えかねて、若者たちが声を上げ始めた。 その急先鋒がスウェーデンの17歳の環境活動家、グレタ・トゥンベリさんだ。 鬼気迫る国連でのスピーチなどが話題になり、時の人として注目されているが、一部の中高年の男性からは、まるで悪魔のように忌み嫌われている。 そこまで「嫌われる理由」とは何なのか、彼女のコミュニケーション戦略の是非について考えてみたい。 コンパクトでありながら、熱情的なスピーチは共感を集めた。 その一方で、脊髄反射的に嫌悪感を覚えた人も多かったようだ。 海外でも、特に保守系の男性コメンテーターが、「ヒステリックなティーンエージャー」「精神的に病的なスウェーデンの子供」「中世の魔女」「お尻たたきの罰が必要だ」などと批判。 グレタさんを誰があやつっているのかという「陰謀論」まで飛び出すほどだった。 ここまで忌み嫌われるのはなぜか。

次の

「グレタ・トゥンベリは生理的にムリ」と話すオジサンの主張 中年男性が嫌悪する「物言い」の是非

グレタトゥンベリ

主にによってもたらされるリスクを訴えている。 トゥーンベリは、2018年8月、15歳の時に、スウェーデン語で「気候のための学校ストライキ」という看板を掲げて、をスウェーデン議会の外で呼びかけるという学生時代を過ごし始めたことでよく知られるようになった。 すぐに、他の学生も自分のコミュニティで同様の抗議活動に参加した。 彼らは一緒に「(Friday for Future)」の名前で気候変動学校スト(School Climate Strike)運動を組織した。 トゥーンベリがで演説した後、学生ストライキは毎週世界のどこかで行われた。 2019年には、それぞれ100万人以上の学生が参加する少なくとも2つの協調した複数都市でのプロテストがあった。 トゥーンベリは、公共の場で政治家、議会に対しての率直 で事実に即したスピーチ で知られ、気候変動の危機に立ち向かうため、すぐさま行動を始めるように呼び掛けている。 また、両親に飛行機旅行を断念させたり肉を食べないよう説得するなど、日常生活でもの少ないライフスタイルを実践している。 名声の獲得により彼女は世界的なリーダーとなり、また批判的な層の標的となった。 2019年5月、トゥーンベリは 誌の表紙に取り上げられ、多くの人が彼女を「次世代のリーダー」のロールモデルと見なしている。 トゥーンベリと学校ストライキ運動は、 Vice誌による30分間のドキュメンタリー「 Make the World Greta Again 」でも取り上げられた。 一部のメディアは、彼女の世界舞台への影響を「グレタ・トゥーンベリ効果」と表現した。 生活 [ ] グレタ・トゥーンベリは、2003年1月3日生まれ。 著名なオペラ歌手のと俳優 () の娘である。 彼女の父方の祖父は俳優兼監督のオロフ・トゥーンベリである。 2011年に気候変動について初めて知る。 なぜ気候変動への対策がほとんど行われていないのか理解できなかったため、落ち込んで無気力になり、その後 、 (OCD) およびと診断された。 彼女は、その診断は「以前は私を制限していた」ことを認めながら、アスペルガーを病気とは見なさず、代わりに「スーパーパワー」と呼んでいる。 その後約2年間、になり、の飛行機を搭乗せず、家族のを下げることに挑戦した。 「両親の最終的な反応とライフスタイルの変化が、彼女が人々に変化をもたらすことができるという希望と信念を与えたと信じている」と語った。 2018年後半に、学校での気候変動のストライキとスピーチを開始した。 彼女が授業を欠席することについて、教師たちの中で見解で分かれている中、「人々は私がやっていることは良いと思っているが、教師はやめるべきだと言う」と彼女は語っている。 2019年5月に気候変動への抗議スピーチ集「 変化をもたらすために未熟すぎるなんてことはない(No One Is Too Small to Make a Difference)」 を出版し、収益を慈善団体に寄付した。 気候行動を要求する最初のスピーチの一つで、選択的無言症について、トゥーンベリが「必要なときだけ話す」ことを意味すると説明した。 2019年、イギリスのバンド のテーマソングである「The 1975」のリリースのためにし、「 だから、そこにいるみんな、今は市民の不服従の時です。 反抗する時です」と締めくくった。 収益はトゥーンベリの要請に応じてに渡されることになった。 大西洋横断航海 [ ] 2019年8月、英国のプリマスから米国のニューヨークまで、ソーラーパネルと水中タービンを備えた60フィートのレーシングヨットで航海して大西洋を渡った。 またこの際、数人の乗組員がヨットをヨーロッパに戻すためにニューヨークに飛行機で飛び、ヨットの共同船長は飛行機でヨーロッパに戻った。 航海は2019年8月14日から28日まで15日間続いた。 アメリカ大陸にいる間、ニューヨークでの国連気候変動サミットに出席し、12月にはスペインで開催された(COP25)に出席した。 気候変動のための学校ストライキ [ ] インスピレーション [ ] トゥーンベリとドイツの環境活動家 ()(2019年3月1日、にて) のとのインタビューでトゥーンベリは、し、数人の若者が学校に戻ることを拒否したため、最初に気候変動のストライキのアイデアを得たと述べた。 マージョリーストーンマンダグラス高校のこれらの10代の活動家は、の強化を支援するために「私たちの生活のためのマーチ(March for Our Lives)」を組織した。 2018年5月、トゥーンベリはスウェーデンの新聞 開催した気候変動エッセイ大会で優勝した。 その一節において、彼女は「私は安心したい。 私たちが人類史上最大の危機にあることを知っているのに、どうして安心できますか?」と書いている。 この新聞が彼女の記事を発表した後、彼女は気候変動について何かをすることに興味のあるFossil Free DalslandのBo Thorenから連絡を受けた。 トゥーンベリはいくつかの会議に出席し、そのうちの1つで、Thorenは学生が気候変動のためにストライキをすることもできると提案した。 トゥーンベリは他の若者を巻き込んで説得しようとしたが、「誰も全然興味を持たなかった」ので、結局、彼女は自分でストライキを進めることにした。 始まり [ ] 2018年8月20日に、9年生に進級したばかりのトゥーンベリは、9月9日の2018年スウェーデン総選挙まで学校に出席しないことにした。 彼女の抗議は、少なくとも262年ぶりのスウェーデンの最も暑い夏の猛暑と山火事の後に始まった。 彼女はまた、「あなたの大人が私の未来を台無しにしようとしているので、私はこれをしている」と述べたリーフレットを配った。 ソーシャルメディアの役割 [ ] トゥーンベリは彼女のオリジナルのストライキ写真をInstagramとTwitterに投稿し、他のソーシャルメディアアカウントはすぐに彼女の動機を取り上げた。 スウェーデンの気候変動に焦点を当てたソーシャルメディア企業、 We Don't Have Time (WDHT)の創設者であるIngmar Rentzhogによると、彼女のストライキはフリーランスのカメラマンと出会い、彼がトゥーンベリの写真をFacebookページとInstagramアカウントに投稿した後、世間の注目を集め始めた。 また、彼は英語でビデオを作成し、同社のチャンネルに投稿し、視聴回数は約88,000回までになった。 フィンランドの代表的な銀行であるノルデアは、200,000人以上のフォロワーに対するトゥーンベリのツイートの1つを引用した。 トゥーンベリのソーシャルメディアプロフィールは、1週間も経たないうちに地元の記者を引き付け、国際的に報道されることとなった。 総選挙後、トゥーンベリは金曜日にのみストライキを続けた。 彼女は世界中の学校の生徒に学生ストライキに参加するよう促した。 2018年12月現在、20,000人以上の学生が少なくとも270の都市でストライキを行っている。 2018年10月以降、トゥーンベリの行動主義は、単独抗議からヨーロッパ全体のデモへの参加に発展した。 有名なスピーチをいくつか行い、プラットフォームで増え続けるフォロワーを動員した。 2019年3月までに、彼女は毎週金曜日にスウェーデン議会の外で定期的に抗議活動を行っていた。 彼女の活動は学業に影響していないが、自由時間はあまりない。 支持 [ ] 2019年2月、224名の学者がストライキを支持するオープンレターに署名し、彼らは自分たちの声を聞いたトゥーンベリとストライキを続ける学生の行動に触発されたと述べた。 のは、「私の世代は気候変動の劇的な課題に適切に対応できていない。 これは若い人たちに深く感じられている。 彼らが怒っているのも不思議ではありません」と認め、トゥーンベリによって始められた学生ストライキを支持した。 2019年6月、トゥーンベリは、テレビ会議で史上最年少の米下院議員であると話した。 彼らは、若いために自分の意見が真剣に受け止められていない時の気持ちと、どのような戦術が実際に機能するかについて話し合った。 国連事務総長のアントニオ・グテーレスは、2019年5月にで開催されたイベントで講演し、彼の世代は「気候変動との戦いに勝っていない」と述べ、「地球を救う」のは若者次第だと述べた。 トゥーンベリのメッセージ [ ] 2019年6月、ダボスで開催された2019年世界経済フォーラムにてキャンペーンを推進 トゥーンベリは2018年に15歳でスウェーデン議会の外で抗議を始めたとき、2つのシンプルなメッセージを持っていた。 「気候変動のための学校ストライキ」と書いたサインと「大人が私の未来を台無しにしようとしているので私はこれをしている」 と書いたリーフレットを渡していた。 彼女の抗議が勢いを増すと、彼女はさまざまなフォーラムでスピーチをするように招待され、それによって彼女はその懸念を広げることができた。 これまでのところ、彼女は4つの織り交ぜられたテーマを支持してきた。 トゥーンベリは、地球温暖化によって引き起こされた危機は非常に深刻であるため、人類は生存の危機に直面しており 、「私たちが知っているような文明を終わらせる可能性が最も高い」と主張しており、彼女は、「あなたは私たちの未来を盗んでいる」などの声明で、現在の世代の大人に責任を負わせている。 彼女は、気候危機が彼女のような若者に与える影響について特に懸念している。 では、彼女は「あなたは私たちに嘘をついた。 あなたは私たちに虚偽の希望を与えた。 あなたは私たちに未来は待ち望むものだと言った」と話した。 トゥーンベリはまた、気候変動問題を解決するためにこれまでほとんど何も行われていないため、目を覚まして変化を起こす必要があると述べている。 彼女は「状況はとても悲惨であり、私たちは皆パニックに陥るべきである」と発言している。 彼女は、2019年に「IPCC(気候変動に関する政府間パネル)によると、私たちは間違いを取り消すことができなくなるまでに12年もかかりません」 と指摘し、政治家や意思決定者は、科学者に耳を傾ける必要があると感じている。 トゥーンベリは、彼女の懸念を強調するために画像的な例えを使用し、ビジネスと政治の指導者に率直に語り、しばしば彼らの行動の欠如について彼らを叱咤している。 たとえば、彼女はダボスの著名なビジネスおよび政治指導者のパネルに、「今日ここにいるあなたの多くは、その人々のグループに属していると思います」と語っている。 彼女は続けて「あたかも家が燃えているかのように振舞ってほしい—それは実際そうだからだ」 と述べている。 2018年10月のロンドンで彼女は、「私たちはこれまで危機として扱われたことのない、今までに差し迫った前例のない危機に直面しており、指導者達は子供のように振る舞っている」と述べている。 トゥーンベリは、の一環として地球温暖化を1. 2019年1月、彼女は英国議会に、英国は「排出量を減らす」という観点から話すことをやめ、「排出を無くす」という観点から考え始める必要があると語った。 2019年2月、彼女はにおいて 、は2030年までにCO 2排出量をパリで設定した40%の目標の2倍である80%削減しなければならないと述べた。 トゥーンベリの主なテーマは、誰もが 科学に基づいて団結する(Unite Behind the Science)必要があるという ことである。 彼女は、誰もが科学者に耳を傾け、事実を認めれば、「私たち(学生)は全員学校に戻ることができる」と言っている。 トゥーンベリは大西洋を横断する旅 ( 国連のあるへ向かう途中)において、カーボンニュートラルヨットで旅をした。 ヨットの帆に大文字で飾られたのは、「科学に基づいて団結する(Unite Behind the Science)」という言葉であった。 ニューヨークに到着した後の彼女の最初の声明の1つにおいて、彼女はに対しても同様のメッセージを持っており、彼に「科学に耳を傾ける」よう警告した。 なお、トランプとは後に国連で行われた気候行動サミットで、サミット会場入り直後の短時間だけ同じ場に居合わせた。 その際にはグレタのそばを側近と通り過ぎるトランプを、グレタが睨みつける様子が見られた。 また、トランプはこのサミットで行われたグレタの演説動画 を引用して、「彼女はとても幸せな少女に見える、明るく素晴らしい未来を心待ちにしているようだ。 見ていて何とも気持ちがいい!」と投稿した。 グレタは自身のツィッターのプロフィールを「明るく素晴らしい未来を心待ちにしているとても幸せな少女」に替え、トランプのツイートへ言い返した。 影響 [ ] 「グレタ効果」 [ ] トゥーンベリは、「グレタ・トゥーンベリ効果」と呼ばれるもので多くの学生に影響を与えた。 彼女の率直な姿勢に応えて、さまざまな政治家も気候変動に重点的に取り組む必要があることを認めている。 英国の環境担当大臣、は、「私があなたの話を聴いたとき、大きく感嘆しましたが、責任と罪悪感も感じました。 私はあなたの両親の世代であり、気候変動と私たちが生み出した広範な環境危機に対処するのに十分な努力をしていないことを認識しました」と述べている。 2008年の気候変動法の導入を担当した英国の労働党政治家 、「あなたは私たちの目を覚ました。 私達は感謝している。 ストライキを行ったすべての若者たちは、私たちの社会を映し出しています…あなたは私たちに本当に重要な教訓を教えてくれました。 あなたは群衆から際立っていました」と述べている。 2019年6月、英国のYouGovの世論調査では、トゥーンベリと が「否定のバブルを打ち破った」ため、環境に対する国民の関心が英国の記録的なレベルに急上昇したことがわかった。 2019年8月、気候変動危機に対処するために出版されている子ども向けの本の数が倍増し、そのような本の売り上げも同様に増加したことが報告された。 出版社は、これを「グレタ・トゥーンベリ効果」に起因すると考えた。 トゥーンベリに触発され、米国の裕福な慈善家と投資家は、 と学校ストライキグループが気候変動緊急基金を設立するのを支援するために、約50万ポンドを寄付した。 慈善家の1人であるTrevor Neilsonは、3人の創立者が、今後数週間と数ヶ月でさらに「100倍」寄付するために、世界の超富裕層の友人と連絡をとることになるだろうと語った。 また、気候変動問題は2019年5月の欧州議会選挙で重要な役割を果たした。 緑の党は史上最高の獲得議席を記録し 、議席数が52から72に大きく増えた。 獲得議席の多くは、若者がトゥーンベリに触発され、ストリートに抗議に出ていった北欧の国々からもたらされた。 2019年6月、(SJ)は、国内旅行のために列車に乗るスウェーデン人の数が前年より8%増加したことを報告した。 これは、トゥーンベリが国際会議への向かう際に飛行機への搭乗を拒否したことでハイライトされることとなった、多大なCO2排出をもたらす飛行機の影響についての一般の関心の高まりを反映している。 受賞 [ ] グレタ・トゥーンベリは2018年5月にが開催した若者対象の気候に関するディベート記事執筆コンテストで優勝した。 また、電力会社テルテ・エネルギの持続可能な開発を推進する子供や若者を対象にした賞である「Children's Climate Prize」にノミネートされたが、ファイナリストはストックホルムまで飛行機で行かなければならないため受賞できなかった。 同年11月、Fryshuset scholarship of the Young Role Model of the Yearを受賞した。 12月、の2018年世界で影響力のある未成年25人の1人に選出された。 2019年、を記念して、 ()に選ばれた。 この賞はイニジオ研究所が ()新聞の代理で行っている調査に基づいている。 また3名のノルウェー人弁護士が2019年のに推薦した。 2019年3月31日、ドイツの ()のSpecial Climate Protection賞を受賞した。 には「」を受賞した。 著書 [ ] 共著 [ ]• 、 ()、ベアタ・エルンマン、羽根由(訳) 『グレタ たったひとりのストライキ』 海と月社、2019年10月。 騒動 [ ] トゥーンベリによる学校ストライキが勢いを増した後、彼女は信用出来ないという声があった 一方で、知名度を利用して利益を得ようとする人達も出現した。 2018年末、We Don't Have Time Foundation WDHT 設立者のイングマール・レンツホグはトゥーンベリを無給のユースアドバイザーとして招聘し、また彼女の名を利用し、彼女の知らないところでWDHTの商業子会社でレンツホグがCEOを務めるWe Don't Have Time ABのために100万の資金を調達しようとした。 トゥーンベリは会社から給料をもらうことはなかった。 結局彼女はWDHTのボランティアアドバイザーを辞めることになり「どの団体の一部でもない。 完全に独立していて、私のやってることは100パーセント無償である」と述べた。 関連項目 [ ]• - 未成年で環境問題活動家となった。 () - 2019年10月25日、イギリス自然史博物館のNatural History Museumがグレタ・トゥンベリにちなんで名付けた新種の小型甲虫 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 排出量を削減することの重要性に関してトゥーンベリが宣言した信念のデモンストレーションとしてカーボンニュートラルな大西洋横断として発表された 出典 [ ]• The Guardian. の2019年1月4日時点におけるアーカイブ。 2019年5月12日閲覧。 NBC News 2019年9月24日. 2019年10月13日時点のよりアーカイブ。 2019年10月13日閲覧。 Cohen 2019年3月19日. 2019年7月5日時点のよりアーカイブ。 2019年8月30日閲覧。 Haynes, Suyin 2019年5月24日. の2019年7月23日時点におけるアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 SBS News. 2019年4月25日. の2019年8月30日時点におけるアーカイブ。 2019年8月30日閲覧。 France 24. 2019年1月25日. の2019年9月2日時点におけるアーカイブ。 2019年8月30日閲覧。 New York Magazine Intelligencer 2019年9月17日. 2019年10月7日閲覧。 Gilliver 2019年5月16日. Plant Based News. 2019年6月30日時点のよりアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 The Guardian. の2019年8月28日時点におけるアーカイブ。 2019年8月30日閲覧。 Arctic Portal. 2019年2月21日. の2019年9月20日時点におけるアーカイブ。 2019年9月20日閲覧。 フランス語. Sympatico. 2018年12月13日. の2019年3月18日時点におけるアーカイブ。 2019年9月20日閲覧。 インタビュー. 2019年7月22日閲覧。 Santiago 2018年12月14日. 2019年2月7日時点のよりアーカイブ。 2019年2月5日閲覧。 の2019年3月11日時点におけるアーカイブ。 2019年3月11日閲覧。 Rourke, Alison 2019年9月2日. The Guardian. の2019年9月2日時点におけるアーカイブ。 2019年9月2日閲覧。 Alison Rourke 2019年9月2日. The Guardian. 2019年12月13日閲覧。 2019年7月1日時点のよりアーカイブ。 2019年8月31日閲覧。 Penguin Books UK. 2019年9月22日時点のよりアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 Snapes, Laura 2019年7月25日. The Guardian. の2019年7月24日時点におけるアーカイブ。 2019年7月25日閲覧。 France 24 2019年8月26日. 2019年10月7日閲覧。 Watts. The Guardian. 2019年9月1日時点のよりアーカイブ。 2019年9月1日閲覧。 Picheta, Rob. の2019年8月28日時点におけるアーカイブ。 2019年8月28日閲覧。 Thunberg, Greta 2018年12月23日. インタビュー. 2019年2月10日閲覧。 The Guardian. 2019年2月7日. の2019年2月11日時点におけるアーカイブ。 2019年2月11日閲覧。 Tait, Amelia 2019年6月6日. Wired. "I want to feel safe," she wrote. "How can I feel safe when I know we are in the greatest crisis in human history? の2019年8月23日時点におけるアーカイブ。 2019年8月24日閲覧。 Lindeque 2019年5月5日. Good Things Guy. 2019年5月12日閲覧。 2018年10月2日. の2019年1月5日時点におけるアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 23 August 2019 at the. Wired, August 2019• 2019年7月27日時点のよりアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 Carrington, Damian 2018年12月4日. The Guardian. の2019年1月2日時点におけるアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 The Guardian. 2019年2月13日. の2019年8月25日時点におけるアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 2019年3月15日. The Guardian. の2019年3月18日時点におけるアーカイブ。 2019年3月18日閲覧。 Walls, Jason 2019年5月13日. の2019年5月16日時点におけるアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 " 4 January 2019 at the. The Guardian. Retrieved 12 May 2019. 6 August 2019 at the. Politico, 16 April 2019• www. facebook. com. 2019年9月4日時点のよりアーカイブ。 2019年9月6日閲覧。 Democracy Now!. 2019年1月4日時点のよりアーカイブ。 2018年12月13日閲覧。 Caldwell 2019年8月2日. 2019年8月19日時点のよりアーカイブ。 2019年8月21日閲覧。 www. google. com. 2019年9月24日時点のよりアーカイブ。 2019年8月31日閲覧。 Guardian News. 2019年9月17日時点のよりアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 Thunberg, Greta 2019年1月25日. The Guardian. の2019年7月25日時点におけるアーカイブ。 2019年2月14日閲覧。 BBC News. 2019年8月14日時点のよりアーカイブ。 2019年8月31日閲覧。 2019年1月28日. の2019年2月15日時点におけるアーカイブ。 2019年2月14日閲覧。 Germanos 2018年10月31日. Common Dreams. 2018年11月18日時点のよりアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 Common Dreams. 2019年8月31日時点のよりアーカイブ。 2019年8月31日閲覧。 Thunberg 2019年4月23日. 2019年8月31日時点のよりアーカイブ。 2019年8月31日閲覧。 Carmichael, Lachlan 2019年2月22日. Agence France-Presse. の2019年2月21日時点におけるアーカイブ。 2019年2月22日閲覧。 Rankin 2019年2月21日. 2019年9月1日時点のよりアーカイブ。 2019年8月31日閲覧。 Thunberg 2019年2月3日. 2019年3月30日時点のよりアーカイブ。 2019年3月22日閲覧。 Beswick 2019年8月28日. euronews. 2019年8月30日時点のよりアーカイブ。 2019年8月31日閲覧。 2019年8月31日時点のよりアーカイブ。 2019年8月31日閲覧。 web. archive. org 2019年9月29日. 2019年9月29日閲覧。 English, Al Jazeera 2019年9月24日. AJEnglish. 2019年9月29日閲覧。 日本語 , 2019年9月29日閲覧。 Trump, Donald J. 2019年9月23日. realDonaldTrump. 2019年9月29日閲覧。 Reuters 2019年9月25日• Nevett 2019年5月3日. BBC News. 2019年7月22日時点のよりアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 2019年6月10日. The Guardian. の2019年7月23日時点におけるアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 Ferguson, Donna 2019年8月11日. The Guardian. の2019年8月20日時点におけるアーカイブ。 2019年8月21日閲覧。 2019年7月23日時点のよりアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 Taylor, Matthew 2019年7月12日. The Guardian. の2019年7月21日時点におけるアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 Roth, Clare 2019年2月21日. の2019年6月25日時点におけるアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 Huggler 2019年5月19日. 2019年5月27日時点のよりアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 Henley, Jon 2019年5月26日. The Guardian. の2019年7月22日時点におけるアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 Henley, Jon 2019年5月27日. The Guardian. の2019年7月13日時点におけるアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 Henley, Jon 2019年6月4日. The Guardian. の2019年7月21日時点におけるアーカイブ。 2019年7月22日閲覧。 Orange, Richard 2019年4月26日. The Guardian. の2019年7月4日時点におけるアーカイブ。 2019年7月4日閲覧。 SvD. 2018年12月22日閲覧。 ETC 2018年11月1日. 2018年12月22日閲覧。 2018年12月22日閲覧。 Time. 2018年12月22日閲覧。 dpa 2019年3月8日. ドイツ語. 2019年3月8日閲覧。 The Hindu. Associated Press. 2019年3月14日. 2019年3月14日閲覧。 2019年3月14日. Staff 2019年3月18日. 2019年3月31日閲覧。 ドイツ語. 2019年3月31日. 2019年3月31日閲覧。 www. independent. uk 2019年9月26日. 2019年9月26日閲覧。 Vice. 2019年2月7日. Politico-EU. 2019年2月. TheLocal. 9 February 2019. www. facebook. com 2019年2月2日. 2019年2月15日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 英語版ウィキクォートに本記事に関連した引用句集があります。

次の