伊黒おばない 画像。 蛇柱・伊黒小芭内(いぐろおばない)の意外すぎる男前名言4選を徹底紹介!│鬼滅の刃をねずこ推しが考察するブログ

【鬼滅の刃】蛇柱・伊黒小芭内(いぐろおばない)の強さと人物像考察、甘露寺蜜璃との関係など!

伊黒おばない 画像

伊黒の来歴・活躍 無限城編 産屋敷にもとに鬼舞辻無惨が襲来。 隊士たちは無惨の根城「無限城」に吸収され、ついに総力戦が始まります。 伊黒は甘露寺と共に行動し、 上弦の肆である鳴女と対峙。 柱2人を相手にしながら、互角以上に戦う鳴女。 2人が連携攻撃を仕掛けても、鳴女の首を捉えるには至らないのでした。 しかし、途中で合流した愈史郎と共に策を巡らせ、 鳴女の支配を乗っ取り無限城を崩壊させることに成功します。 最終決戦編 鬼の始祖無惨とついに対峙したものの、強烈な一撃を受けてしまい戦線離脱する伊黒。 その間に炭治郎が、日の出まで無惨を食い止めようと死闘を繰り広げます。 炭治郎の体力が限界に近づき追い込まれていく中、伊黒がついに戦線復帰。 失明しながらも鏑丸と共闘し、無惨を日の出まで追い詰めることに成功。 無惨は消滅に至ります。 伊黒の性格・魅力 大蛇が這うように移動しながら鬼の首を刈り取る技。 女ばかりが生まれる家系であり、伊黒は370年ぶりに生まれた男の子でした。 座敷牢に軟禁されますが、親族から気味が悪いほど優しくされ、食事もたくさん提供され、生活に困ることはありませんでした。 蛇鬼の生贄として生かされていた 12歳になった頃、突如座敷牢から豪華な部屋に連れ出された伊黒。 そこに鎮座していたのは、女の蛇鬼でした。 伊黒の一族は、鬼と結託して金品を強奪していたのです。 珍しい目をした伊黒は、生まれた時から蛇鬼に気に入られ、成長して大きくなるまで 後に食べるため 生かされていました。 口を割かれてしまう まだ生かされることになった伊黒ですが、蛇女の命令の元、口元を割かれてしまいます。 蛇女が自分と伊黒の口の形を揃えたい、という狂気的な理由のために。 座敷牢で鏑丸に出会う 鬼に食われるために、親族に見捨てられ軟禁され続ける伊黒。 伊黒が信用できるのは、牢にたまたま迷い込んだ蛇「鏑丸」だけでした。 逃亡し炎柱に救われる 生き延びたかった伊黒は、逃亡を決意します。 盗んだ簪で牢の格子を地道に削り、牢から脱出します。 途中蛇女に見つかってしまいますが、当時の炎柱によって救出。 鬼と結託する一族からも脱出することができたのでした。 重くのしかかる50人の命 保護された伊黒は、炎柱のはからいで鬼から生き残ったいとこと再会します。 しかし、いとこから告げられたのは「伊黒が逃げたせいで50人が死んだ」という辛辣な言葉。 何の正当性も無い言葉ですが、伊黒の心は抉られます。 自責の念に駆られる伊黒は、自分を少しでも「いいもの」と感じるために、鬼狩りとして奔走し、柱の境地まで至るのです。 伊黒と甘露寺蜜璃の関係(おばみつ) 伊黒は蜜璃のことが好き 188話にて、伊黒が恋柱「甘露寺蜜璃」のことを好きだと判明します。 蜜璃に靴下をプレゼントしたり文通をするなど、蜜璃を特別扱いしている描写が今まで見れられましたが、それは恋愛感情に起因した行動でした。 ちなみに伊黒が恋に落ちた理由は、一目惚れです。 好意を伝えるつもりはない しかし伊黒は、自身の出自が「汚れた一族」であることから、甘露寺の傍にいることにずっと抵抗を感じていました。 無惨を倒して死に、汚れた一族の血を浄化できるまで、蜜璃に好意を伝えない決意をするのでした。 刀の柄には植物の「ナンテン」 伊黒の刀の柄には、蛇とおそらくナンテンの葉が模してあります。 また、19巻(伊黒が表紙)のカバーを取ると「ナンテン」らしき植物が描かれています(実際に購入してご確認ください!)。 ちなみにナンテンの花言葉は、 「私の愛は増すばかり」「良い家庭」になっていて、こういった細かい部分でも甘露寺への想いが溢れています。 伊黒は死亡する?現代の転生者について 200話で悲しい現実が迫る 無惨戦を最前線で戦い続けた伊黒ですが、負傷状況が深刻で瀕死になってしまいます。 最後は甘露寺とお互いに好意を伝え合い、 来世で結婚することを誓い死亡します。 悲しい結末ではありますが、現世では決して結ばれないと確信していたおばみつにとっては、ある意味でのハッピーエンドと言えるのではないでしょうか。 現代にて転生者が登場 現代編にて、伊黒と瓜二つの転生者が登場。 オッドアイは受け継がれており、甘露寺の転生者と奇跡の再会を果たし、 夫婦で定食屋を営んでいます。 「 来世で必ず結婚する」という誓いを見事に果たして、鬼のいない世界で幸せになることができたのでした。 現代編の子孫・転生者について 戦闘シーンのある19巻 伊黒の初登場巻は6巻。 そして19巻では、ついに伊黒の戦闘シーンが登場し、蛇の呼吸の詳細が描かれています。 U-NEXTではお試し登録することで、無料で鬼滅の刃19巻を読むことができます。 伊黒の戦いを見たい方は、以下のリンクから19巻を無料で読みましょう! 伊黒小芭内の声優・基本情報 声優は鈴村健一さん 伊黒小芭内の声優を担当しているのは、鈴村健一さんです。 その他の作品では、銀魂の「沖田総悟」やデジモンフロンティアの「木村輝一」役などを演じています。 プロフィール 名前 伊黒小芭内 階級 蛇柱(へびばしら) 誕生日 9月15日 身長 162cm 体重 53kg 出身地 <西山>(八丈富士) 趣味 川柳、俳句、飴細工を作っているところをずっと眺める 好きなもの とろろ昆布 主役級キャラクターの紹介記事.

次の

【鬼滅の刃】蛇柱・伊黒小芭内(いぐろおばない)の強さと人物像考察、甘露寺蜜璃との関係など!

伊黒おばない 画像

年齢:21歳• 趣味:川柳、俳句、飴細工の行程を眺める• 好きな物:とろろ昆布• CV:鈴村健一 出身地についてはコチラをご覧ください。 意外! 警戒心が一番強く、一部の人間にしか信頼を寄せていない様子。 特に鬼を強く嫌っていることから彼も過去に何か心に大きな傷を背負っているのでしょう。 性格は口を開けばネチネチと毒舌、嫌味混じりな言葉を発していて、小芭内が話し始めると周りに 「ネチネチ」と擬音が書かれるほどです。 しかし、力を認めている者に対しては遠回しで分かりにくいが、彼なりの褒め言葉を発するときもしばしば。 常に白蛇を首に巻いて一緒にいます。 この子に実は名前があり「 鏑丸 かぶらまる」と呼ばれています。 蛇の呼吸は水の呼吸からの派生です。 なのでもしかしたらそのあたりも関わっているのかもしれませんね。 よく猫ちゃんで左右違う色の子がTwitterに上がっていたりして見かけたこともあるでしょう。 生まれる際に何らかの原因で一方の虹彩が異なる色になってしまったのです。 日本語では片方が黄色、片方が青色だと「金目銀目」とも呼ばれたそうです。 小芭内も黄色と青色ですね! オッドアイが多い人種・・・そこからの推測 オッドアイ…私好きなのですが、調べてみると 白人に多いようですね。 猫ちゃんも白猫にオッドアイ、というのが多い気がします。 小芭内も色白なので先天性のものかもしれません。 また後天性の場合もあるようで事故等の影響でオッドアイになることもあるみたいです。 オッドアイ=視力障害というイメージが持たれることも少なくないですが、実際のところオッドアイでも視力になんら影響がないことも多々あるため、一概に目が見えない、という関連はないとのことです。 以上のことを踏まえると、おそらく小芭内は・・・・・・・ 伊黒の家庭事情を仮説! 両親どちらか、あるいはどちらも 白人で、 生まれる前に何らかの影響を受けてオッドアイとして生を受けた。 というのが一番有力な説だと思うんですよ? しかし小芭内は自分の右目…つまり黄色の目はあまり好きではないのかもしれませんね。 長い前髪で隠しているのは小さい頃にからかわれたり、気味悪がられたりしたのかもしれません…… 鏑丸だけが友だちだったとか?? だとすると鏑丸も赤い目をしていてみんなあまり寄りつかない「一緒だね」と幼い心が救われた可能性もありますね!! そうだったら私の涙腺はもれなく崩壊しますが(号泣) 口に巻いている包帯が傷、見られたくない何かを隠す為という話であれば後天性も疑いますが… あれはただのおしゃれでしょうか?? 参考 実は鬼なんじゃないか説!? 信じない信じない鬼は大嫌いだとあれほど言っていた 小芭内はまさかの鬼説?! これまたビックリなワードですね…どうしてそう言われるのか調べてみました。 理由その1.包帯で巻いた口元…外したら牙があるのでは?! 禰豆子は人を噛まないようにと竹を噛んでいますよね? それと同じように 口元に包帯を巻くことで牙が見えるのを隠しているのではないかということです。 理由その2.人間離れした身体の使い方 炭次郎を拘束する為に身体のツボ?のようなものを刺激し呼吸が使えないようにしていましたよね? あれは呼吸を使う剣士を止めることができるように考えた技なのではないか説です。 …ですが、柱なんてみんな人間離れしているのでも う何が普通か分からないですよね…(遠い目) 理由その3.オッドアイ 鬼の目(朱紗丸)と目が似ている気がする… 片方だけ似てるなら 鬼と人とのハーフ?? なるほど…そういう捉え方もできるのですね… でもそれにしては親方様が気づかないとは考えにくいし、無惨も何度も産屋敷に出入りしている小芭内(鬼だと仮定するなら)の動向を知らないはずがないと思うんだけど…ワザと泳がせた? いやでもそれは何の意味もないし… なにより鬼だったなら藤の花がたくさん咲いているその場所にいて、耐えられるはずがないですので・・・・ 私的にはあまり信憑性がないような気がしますね。 無惨が必死で探しているものの名前です。 果たしてこれが人なのか、花なのか、別の何かなのか未だ分かっておりません。 なんせ唯一知っていたであろう医者を無惨が殺害しているのだから… ですが、ここでも浮上してきました小芭内さん。 彼岸花と関係があるかもしれない情報を耳にしました。 彼岸花について 彼岸花とは有毒のある赤い花です。 季節は9月中旬頃になりますね。 有毒ですが、 正しい使い方をすれば薬にもなるそうです。 正しい知識があれば食用にもなると。 彼岸花は墓地などに生えていることが多く、花も死を匂わすような 異名が多くあります。 日本では「死人花」「地獄花」なども呼ばれる一方、 「蛇花」と呼ばれることもあるとのことです。 小芭内との共通点がいくつかありますね• 小芭内は無惨を治療していた医者の子孫• 伊黒一族が彼岸花と呼ばれる秘密を知っている ちょっとこれは可能性が高いですね。 また 稀に白い彼岸花が咲くこともあるそうなので、 月夜が出る晩、青白く光る彼岸花(本当は白)を見て青い彼岸花と言っていたのではないかなとも思ったり…! 果たして青い彼岸花とはなにか、どこに存在するのか、果たして花なのか…すごく興味をそそられます!! もし医者の息子、というのならば、身体のツボを心得ていても不思議じゃないですしね! 参考 どうなる蜜璃との恋 原作ではたくさんの恋愛フラグを立てまくっているこの2人ですが、 改めまして 「いや小芭内さん蜜璃ちゃん好きすぎるでしょ」と小芭内の愛が分かるシーンをピックアップしました。 2人は文通するほどの中 (内容は不明だけども歴は長そう…近況報告もたくさんしているようです。 小芭内さんの返事気になる)• 蜜璃は小芭内からシマシマ(縦縞)のニーソックスをもらっている (…え?小芭内さんの服も縦縞…おそろい?!)• 扉絵では2人で仲良くご飯を食べに行っている場面が (おいしそうに食べる蜜璃ちゃんを見つめる小芭内さんは絶対恋している)• 蜜璃と仲が良い炭次郎に牽制。 (おそらく炭次郎が嫌いじゃなくて、蜜璃にひっつく悪い男はすべて彼の餌食に…) もうこれだけでおなかいっぱいです(涙) こういうネチネチしている系男子は恋もひん曲がっていることが多く不器用で思いを伝えることがへたなイメージがあったのですが、 (好きな子に毒吐いて傷つけちゃうとか…) その点小芭内はドストレートに好きだという気持ちが伝わりますね! (それが蜜璃ちゃんに伝わっているかは微妙だけど) あと 小芭内の刀と蜜璃の刀、ちょっと似てるよね!! そんなとこまで似るかな???正反対な2人だけど、これからもその恋、応援します!! まとめ 小芭内さんも暗い過去があるような気がしますね。 それを救ってくれたのが鏑丸だったり蜜璃だったりしたらすごく嬉しいです!! またこういうタイプの男の子は無表情だったりすることが多い印象だったのですが、意外と表情豊かだなあと感じました。 親方様に怒られて眉を下げてしゅんとしたり、蜜璃と炭次郎が仲が良いと知ると分かりやすく嫉妬し怒った表情をしたり…よっぽど義勇さんの方が表情ないなぁと思いました。 また 一番気になるのは彼岸花説…これは結構可能性が高い気がします!! これは果たして伏線なのでしょうか…?? この謎を早く解き明かしたいです!! 追記 この記事をまとめていたら本誌(2020年4・5合併号)にて・・・伊黒の過去がついに明らかになりましたね・・・ここの部分のコミックスが刊行され次第、まとめます!!(泣) ここでの仮説がわりと当たってる・・・かも? 追記 2020. 17 意外な鏑丸の能力! 少年ジャンプ本誌では激戦が続き、正直ファンとしては気が気でない展開ですが・・・ 伊黒さんが粘り強い活躍!! 意外なことに 鏑丸 かぶらまるの真の能力まで明らかになりました。 ただの友達じゃなかった。 とんでもない蛇ちゃんです!! いやどうなってんのこれ…(笑) ちなみに蛇の寿命は種類に差がありますが、アオダイショウで9年から10年程度、ニシキヘビだと20~30年くらいだそうで。 鏑丸は明らかにニシキヘビには見えないので何とも言えませんが・・・長生きしてほしい、ほんとマジで(涙、涙).

次の

伊黒小芭内(いぐろおばない)のプロフィール!いつも側には蛇がいるクールな蛇柱!性格もネチネチしていて蛇っぽい?【鬼滅の刃ネタバレ】

伊黒おばない 画像

年齢:21歳• 趣味:川柳、俳句、飴細工の行程を眺める• 好きな物:とろろ昆布• CV:鈴村健一 出身地についてはコチラをご覧ください。 意外! 警戒心が一番強く、一部の人間にしか信頼を寄せていない様子。 特に鬼を強く嫌っていることから彼も過去に何か心に大きな傷を背負っているのでしょう。 性格は口を開けばネチネチと毒舌、嫌味混じりな言葉を発していて、小芭内が話し始めると周りに 「ネチネチ」と擬音が書かれるほどです。 しかし、力を認めている者に対しては遠回しで分かりにくいが、彼なりの褒め言葉を発するときもしばしば。 常に白蛇を首に巻いて一緒にいます。 この子に実は名前があり「 鏑丸 かぶらまる」と呼ばれています。 蛇の呼吸は水の呼吸からの派生です。 なのでもしかしたらそのあたりも関わっているのかもしれませんね。 よく猫ちゃんで左右違う色の子がTwitterに上がっていたりして見かけたこともあるでしょう。 生まれる際に何らかの原因で一方の虹彩が異なる色になってしまったのです。 日本語では片方が黄色、片方が青色だと「金目銀目」とも呼ばれたそうです。 小芭内も黄色と青色ですね! オッドアイが多い人種・・・そこからの推測 オッドアイ…私好きなのですが、調べてみると 白人に多いようですね。 猫ちゃんも白猫にオッドアイ、というのが多い気がします。 小芭内も色白なので先天性のものかもしれません。 また後天性の場合もあるようで事故等の影響でオッドアイになることもあるみたいです。 オッドアイ=視力障害というイメージが持たれることも少なくないですが、実際のところオッドアイでも視力になんら影響がないことも多々あるため、一概に目が見えない、という関連はないとのことです。 以上のことを踏まえると、おそらく小芭内は・・・・・・・ 伊黒の家庭事情を仮説! 両親どちらか、あるいはどちらも 白人で、 生まれる前に何らかの影響を受けてオッドアイとして生を受けた。 というのが一番有力な説だと思うんですよ? しかし小芭内は自分の右目…つまり黄色の目はあまり好きではないのかもしれませんね。 長い前髪で隠しているのは小さい頃にからかわれたり、気味悪がられたりしたのかもしれません…… 鏑丸だけが友だちだったとか?? だとすると鏑丸も赤い目をしていてみんなあまり寄りつかない「一緒だね」と幼い心が救われた可能性もありますね!! そうだったら私の涙腺はもれなく崩壊しますが(号泣) 口に巻いている包帯が傷、見られたくない何かを隠す為という話であれば後天性も疑いますが… あれはただのおしゃれでしょうか?? 参考 実は鬼なんじゃないか説!? 信じない信じない鬼は大嫌いだとあれほど言っていた 小芭内はまさかの鬼説?! これまたビックリなワードですね…どうしてそう言われるのか調べてみました。 理由その1.包帯で巻いた口元…外したら牙があるのでは?! 禰豆子は人を噛まないようにと竹を噛んでいますよね? それと同じように 口元に包帯を巻くことで牙が見えるのを隠しているのではないかということです。 理由その2.人間離れした身体の使い方 炭次郎を拘束する為に身体のツボ?のようなものを刺激し呼吸が使えないようにしていましたよね? あれは呼吸を使う剣士を止めることができるように考えた技なのではないか説です。 …ですが、柱なんてみんな人間離れしているのでも う何が普通か分からないですよね…(遠い目) 理由その3.オッドアイ 鬼の目(朱紗丸)と目が似ている気がする… 片方だけ似てるなら 鬼と人とのハーフ?? なるほど…そういう捉え方もできるのですね… でもそれにしては親方様が気づかないとは考えにくいし、無惨も何度も産屋敷に出入りしている小芭内(鬼だと仮定するなら)の動向を知らないはずがないと思うんだけど…ワザと泳がせた? いやでもそれは何の意味もないし… なにより鬼だったなら藤の花がたくさん咲いているその場所にいて、耐えられるはずがないですので・・・・ 私的にはあまり信憑性がないような気がしますね。 無惨が必死で探しているものの名前です。 果たしてこれが人なのか、花なのか、別の何かなのか未だ分かっておりません。 なんせ唯一知っていたであろう医者を無惨が殺害しているのだから… ですが、ここでも浮上してきました小芭内さん。 彼岸花と関係があるかもしれない情報を耳にしました。 彼岸花について 彼岸花とは有毒のある赤い花です。 季節は9月中旬頃になりますね。 有毒ですが、 正しい使い方をすれば薬にもなるそうです。 正しい知識があれば食用にもなると。 彼岸花は墓地などに生えていることが多く、花も死を匂わすような 異名が多くあります。 日本では「死人花」「地獄花」なども呼ばれる一方、 「蛇花」と呼ばれることもあるとのことです。 小芭内との共通点がいくつかありますね• 小芭内は無惨を治療していた医者の子孫• 伊黒一族が彼岸花と呼ばれる秘密を知っている ちょっとこれは可能性が高いですね。 また 稀に白い彼岸花が咲くこともあるそうなので、 月夜が出る晩、青白く光る彼岸花(本当は白)を見て青い彼岸花と言っていたのではないかなとも思ったり…! 果たして青い彼岸花とはなにか、どこに存在するのか、果たして花なのか…すごく興味をそそられます!! もし医者の息子、というのならば、身体のツボを心得ていても不思議じゃないですしね! 参考 どうなる蜜璃との恋 原作ではたくさんの恋愛フラグを立てまくっているこの2人ですが、 改めまして 「いや小芭内さん蜜璃ちゃん好きすぎるでしょ」と小芭内の愛が分かるシーンをピックアップしました。 2人は文通するほどの中 (内容は不明だけども歴は長そう…近況報告もたくさんしているようです。 小芭内さんの返事気になる)• 蜜璃は小芭内からシマシマ(縦縞)のニーソックスをもらっている (…え?小芭内さんの服も縦縞…おそろい?!)• 扉絵では2人で仲良くご飯を食べに行っている場面が (おいしそうに食べる蜜璃ちゃんを見つめる小芭内さんは絶対恋している)• 蜜璃と仲が良い炭次郎に牽制。 (おそらく炭次郎が嫌いじゃなくて、蜜璃にひっつく悪い男はすべて彼の餌食に…) もうこれだけでおなかいっぱいです(涙) こういうネチネチしている系男子は恋もひん曲がっていることが多く不器用で思いを伝えることがへたなイメージがあったのですが、 (好きな子に毒吐いて傷つけちゃうとか…) その点小芭内はドストレートに好きだという気持ちが伝わりますね! (それが蜜璃ちゃんに伝わっているかは微妙だけど) あと 小芭内の刀と蜜璃の刀、ちょっと似てるよね!! そんなとこまで似るかな???正反対な2人だけど、これからもその恋、応援します!! まとめ 小芭内さんも暗い過去があるような気がしますね。 それを救ってくれたのが鏑丸だったり蜜璃だったりしたらすごく嬉しいです!! またこういうタイプの男の子は無表情だったりすることが多い印象だったのですが、意外と表情豊かだなあと感じました。 親方様に怒られて眉を下げてしゅんとしたり、蜜璃と炭次郎が仲が良いと知ると分かりやすく嫉妬し怒った表情をしたり…よっぽど義勇さんの方が表情ないなぁと思いました。 また 一番気になるのは彼岸花説…これは結構可能性が高い気がします!! これは果たして伏線なのでしょうか…?? この謎を早く解き明かしたいです!! 追記 この記事をまとめていたら本誌(2020年4・5合併号)にて・・・伊黒の過去がついに明らかになりましたね・・・ここの部分のコミックスが刊行され次第、まとめます!!(泣) ここでの仮説がわりと当たってる・・・かも? 追記 2020. 17 意外な鏑丸の能力! 少年ジャンプ本誌では激戦が続き、正直ファンとしては気が気でない展開ですが・・・ 伊黒さんが粘り強い活躍!! 意外なことに 鏑丸 かぶらまるの真の能力まで明らかになりました。 ただの友達じゃなかった。 とんでもない蛇ちゃんです!! いやどうなってんのこれ…(笑) ちなみに蛇の寿命は種類に差がありますが、アオダイショウで9年から10年程度、ニシキヘビだと20~30年くらいだそうで。 鏑丸は明らかにニシキヘビには見えないので何とも言えませんが・・・長生きしてほしい、ほんとマジで(涙、涙).

次の