オーディオ コメンタリー と は。 メディアプレーヤー 主音声・副音声・吹き替え・オーディオコメンタリーの切り替え方法

オーディオコメンタリーについての質問です

オーディオ コメンタリー と は

これを受けての今のお気持ちや、作品への思いをお聞かせください。 作品としての時の流れを感じることなく、逆に深みを増して伝わるものがありました。 富野監督が「この作品は50年後にくる!」と打ち上げの席で仰っていたことが私の中で鮮やかに蘇ります。 ロランです。 最初の顔合わせの時に「このガンダムどう思う?」と富野監督。 「髭もあって人間的な感じでステキだと思います」と私。 「このガンダム今ね、巷で全然人気ないの」とニヤリとしながら富野さん。 私は思います。 このターンAガンダムこそ、この作品を物語る象徴的な存在だったのではないかと。 皆さんはそこを重々理解していたのではないかと…。 Blu-ray Boxで思う存分このテイストを堪能しまくって下さい。 色々話を聞いて、同志だったんだなぁと思います。 余談ですが、この少年のような少女は誰だ?と思ったら渡辺久美子さんだった。 その経験から、当時とは違った感動や驚きがあるのではないでしょうか。 存分に楽しんで頂きたい。 「そうそう、そんな事あった〜」何て言う話しも出たりして楽しかったです。 やはり作品の持つエネルギーが強いと改めて実感しました。 15年を振り返ることもさる事ながら、朴さん始め共演者の皆さんと今、作品を振り返り、今を改めて知るという事を15年前は想像だにしていませんでしたので。 15話はつきる事はなかったです(笑)。 うまく言えないんですけど、「いい匂い」のする作品だと思います。 月というコンセプトやムーンレィスという響き、ドレスやパーティ、優しいロラン、美しく気高いディアナ様。 女性が大好きなものにあふれていますよね。 そこには戦いや人の業もあるんですが、天地の癒し、月光蝶、絆、深く美しい旋律・・・。 思わずうっとりしてしまうガンダムです。 そのぶん、迷いは多少あれど、淀みがないというか(笑)だからストレートに役に浸透していたのではないかなと思います。 みんなとご飯たべて、楽しかったです。 最終回は泣きましたよ。 お話も、みんなでがんばった事も含めて感動したんですね、きっと。 そのくらい素敵でした。 当時はその価値もあまりわからず、まさかこんな風に15年も引っ張る 笑 作品になるとは夢にも思っていませんでした。 今更ながら、レギュラーとして関われた幸運に感謝し、慣れない私を導いて下さった監督やスタッフ、共演者の皆さんへお礼を言いたい気持ちです。 そして、時を経て客観視することによって、たった一話でも、そこに込められた作品の普遍性とか、富野監督の洞察力とか、大人のドラマの部分を感じました。 15年前VHSで録画したものを今も持ってます! 当時の僕はあまりに素人でしたので、見たいような、黒歴史にしたいような。。。 しかし懐かしかったですね〜。 15年前と同じスタジオでしたので、タイムスリップしたようでした。 昔は収録後にサッカーをしてたのですが、今回はそんな元気もなく、年をとりました。 あの頃の初々しい芝居を楽しんで頂けたらと思います! やったぜフラン!でおなじみのジョゼフ・ヨット、佐藤せつじでした。 なので、改めて世に出るという事に、嬉しい反面ちょっと恥ずかしいようなくすぐったい様な…複雑な気分です 笑。 みんな少しオバちゃんになって 笑。 でも当時の事が、急に色々と思い返されて…改めて全作品見たくなりました! 24分がホントあっと言う間でしたね。 長いスパンで参加した始めてのアニメで、回によって声にかなりムラがあったと思われます。 お問い合せ先はをご覧ください。

次の

オーディオコメンタリーについての質問です

オーディオ コメンタリー と は

アシガール Blu-rayBOX コメンタリー 距離感 コメンタリーを聞いてまず思ったのが、健太郎くんと結菜ちゃんの距離感、定まってないなーとww いや、仲悪そうとかそういうマイナスな意味じゃなくてですね。 「久々に会ったね」感が初々しくてw 健太郎くんが最初の方敬語で話してて、片や結菜ちゃんはサバサバガールで。 結菜ちゃんがインタビューでも言ってましたが、お二人とも誰とでもワイワイできるタイプじゃないんだろうなーというのが滲み出てて微笑ましかったですねー。 お話しながらだんだん距離が詰まっていく感じが良き。 どんどんエンジンかかっていくのがわかりましたもんね! いや、なんならお二人とも喋りたりなかったんじゃないです?w プライベートも仲良しで、コメンタリーもお話脱線しまくちゃって本編と関係ない話ばっかしてるってのももちろんいいんですが、ある程度距離感あった方がドラマについてのコメントが聞けるのでいいなーと思いましたよ。 監督まじナイス 若君の、唯ちゃんへの触れ方や抱きしめ方について監督がめちゃくちゃこだわってたって話。 いや、まじ大声で言わせてください。 監督!! 心より感謝申し上げます!!(土下座) いや、言われてみればホントにね! 若君の唯ちゃんへの触れ方、なんかロマンチック詰まってる感じしますもんね!! 監督のこだわりだったんだなー ありがてぇ 最高にありがてぇ 監督は乙女心がわかる方なんですね。 指先がちょっと触れる程度が エロいトキメクって事を知ってらっしゃるんだなぁ。 ちょっと今度お中元送らせていただきますね。 賄賂も入れとくんで次の円盤ではぜひメイキング多めでよろしくお願いします。 (まだ言う) キュンキュンシーン 若君と唯ちゃんのキュンキュンシーンについて、役者のお二人も見ながら自分たちで「ここ良かったー」「キュンキュンしてきた」「これ好きだー」とコメントしてくれるのは、なんだか嬉しいですよねー。 そうそう!テレビのこっち側みんなそう思ってるからー!!と伝えたい。 なんなら御本人たちを目の前に、どこが見どころなのか私も解説に加わりたいぐらい。 (あー邪魔って言われそーやめとこー) ただ、ご本人たちも普段は冷静に見れないのに、アシガールは楽しめちゃうみたいな事言ってましたので、珍しいんでしょうね。 自分のお芝居見ながらコメントするって照れそうですもんね。 健太郎くんも結菜ちゃんも、自分とは全然違うキャラクターを演じてたから客観視できるって事なんでしょうか。 テレビに映ってるのは自分じゃない感覚がありつつ、でも作り上げたのは自分でって感覚は俳優さんしか味わえない感覚なんだろうな、と思うとちょっぴり羨ましい感じすらしますね。 他人になれるって、最高に楽しいだろうなー。 いいなー。 人間とは欲深い生き物なんだなぁ コメンタリー面白かったです!! 裏話とか大好きなんで、やっぱりそういう話がいっぱい聞けるのはありがたい!! 結菜ちゃん、可愛いすなぁ。 アシガール終了後にAnotherskyにゲストで出てた回も見たことがあるんですが、ほんとサバサバした子でね。 私の好きなタイプでした。 健太郎くんも、結菜ちゃんを立てつつも話題を盛り上げてくれる感じが、もはや安定感すら感じましたし。 いい子なんだろうなーと。 ただまぁ・・・ コメンタリーを聞けば聞くほど、もっともっとが止まらなくなりますねー。 できれば全話にコメンタリーつけて欲しかったなーとか。 松下優也さんや川栄ちゃん、ともさかりえさん、加藤諒さん、イッセー尾形さん、石黒賢さんなどなど他の出演者さんからも話も聞きたいし、三之助や孫四郎、尊にもスポット当てて欲しいし、美術さんや衣装さんの制作秘話とかも聞きたいし・・・ あー足りない!! 色んな情報が足りてない!! 私の脳みそ、煩悩だらけで欲望まみれですねぇ・・・ いや、待てよ。 私がそう思うのは、水曜どうでしょうというバラエティのDVDだと全編に副音声がついてて、それに慣れてるからなんじゃないかと思えてきました。 計5時間に及んで全てに解説がつくんですが、それに慣れすぎましたね・・・ うん。 水曜どうでしょうのせいだ。 若君と唯ちゃんのまた新しい姿が見れる事が決まってるんですから。 ファンとして、これ以上幸せなことは無い!! うん、なんか感謝の気持ちがまた沸々と湧いてきました。 やっぱり監督にお中元贈ろう。 あと、監督が幸せになりますようにって毎晩お祈りして眠りにつこう。

次の

【アシガール】オーディオコメンタリーに白太がコメンタリー

オーディオ コメンタリー と は

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年6月) オーディオコメンタリー(Audio Commentary)、または 音声解説とは、ややなどのビデオソフト、テレビので、その副音声や複数の音声に収録される解説や実況中継などの音声プログラムのことである。 概要 [ ] 特にやDVD・BDでは、1つの映像ソースに対して複数の音声トラックを用意することが技術的に可能であるので、たとえば日本で発売されたのDVD・BDの場合、その複数の音声トラックに通常音声(原語)、音声(日本語)、そしてオーディオコメンタリーが割り当てられることが多い。 視聴者は画面のメインメニューから音声メニューを呼び出し、これらの音声トラックを随意に選択することが可能である。 一度レーザーディスクやDVD・BDで発売された映画作品が再発される場合、出演や制作スタッフ、あるいはその作品のであるによるコメンタリートラックが追加設定されることが多い。 音声トラックの割り当て例 [ ] ・・・の場合• 1チャンネル:原版の音声(原語)• 次のチャンネル:音声(ない場合がある)• 次のチャンネル:オーディオコメンタリー(ない場合がある) このチャンネルでは、出演した・や・・など制作スタッフが、作品を見ながら場面解説や製作当時のエピソードを語り合うスタイルや、1人の話者による解説のスタイルなどがある。 アニメのBDもしくはDVDに特典として収録されるオーディオコメンタリーの特徴の1つとしてコメンタリーと称して登場人物によるコメンタリーを収録することがある。 こちらは実質的には本編と同尺のであるといえる。 著名な事例としては2009年に発売された『』(化物語が日本初というわけではない)のBD・DVDの特典のオーディオコメンタリーが挙げられる。 スポーツやドキュメンタリー• 1チャンネル:映像収録時の現場の音声(の歓声や場内放送、自然音など) [ ]• 2チャンネル:による実況中継、 [ ]• 3チャンネル:出場選手やチーム監督のコメント、評論家の解説 [ ] このチャンネルでは、スポーツの場合、実際にその試合や競技に出場したやが当時を振り返りながら、そのプレイの意図などを説明したりする。 ドキュメンタリーの場合は、制作スタッフやなどが映像を見ながら解説したり、情報を付け加えたりする。 関連項目 [ ]• (副音声) この項目は、に関連した です。

次の