レジン 太陽 光。 UVレジン初心者さんが一番最初に知りたい最も大事なこと

コストを抑えてレジンに挑戦♪太陽光で固めるレジンに挑戦!【ハンドメイド無料レシピ】 レジン 太陽光

レジン 太陽 光

レジンの種類と特徴 おすすめのレジン液の解説していく前に、 各々レジンの種類や特徴をチェックしていきます。 UVレジン UVレジンとはリキッドを混一せず、1つのリキッドで固化させる部類のレジン。 凝固させるためには太陽の紫外線に当てるか、専用のUVライトに約4~5分当てると凝固する性質を持ちます。 100均ショップでも多くのUVレジンを見掛けるようになり、素材として大分親しみやすくなりました。 ハードタイプの特徴 ハードレジンの特徴は、紫外線で固化させるとまるで鉱石のように表面がカッチカチに堅くなる点。 レジン液で何か作ろうと思案した時、だいたい最初に手に取るのはハードの液体ですね。 ハードタイプはソフトに比べるとリキッドがサラサラしているため、色付けやモールドに注ぎ易い等、扱いやすさの面で勝ります。 凝固した後は形状の変形が不可能なので、レジンアクセサリーのパーツ作り。 その他、オリジナルのボタンやクリスタルケイ、鉱石系の作品などで多く活用されていますね。 レジン初心者の方は、ハードタイプから入ることをおすすめします。 ソフトタイプの特徴 続いてソフトタイプ。 ソフトはハードに比べて粘性が強く、UVライトに当てて凝固状態にさせても柔らかい出来具合になるという特有性を持ちます。 どの位柔らかいかといえば、3mm程度の厚さなら折り曲げる事が出来る。 あとは立方体状に固めてもはさみを使って裁断して、アクセサリーパーツとして活用する。 と、こういった使い方が出来るほど軟らかいです。 カラーレジンの特徴 通常、作品を作る際に色をつけたいとなると、アクリル絵の具や専用の染色液が必要になります。 けれども、 予め液体に着色されているのがカラーレジンです。 既に色付けが完了しているので、自分で着色作業をする必要がない点。 そのまま使用するだけで、カラー付きのクリアな作品を制作可能なところが大きな特有性です。 色付けの作業をせずに、そのままモールドに流して作品を作りたい! こういった方は、既に色付けが完了しているカラーレジン液を揃えるのがおすすめですね。 エポキシレジン エポキシレジンは『主剤』&『硬化材』の2つのリキッド。 これらを混ぜる事で化学反応を発生させて、硬結状態にするマテリアルの事。 2つの素材を調合して、時間経過で徐々に固まっていきます。 完全に固化するまで、だいたい丸2日程度は掛かりますね。 エポキシレジンの特徴 エポキシレジンの特有性はなんといってもその クリヤー感。 完全に凝固した後型から取り出すと、クリアさ加減に思わずうっとりしてしまう程です。 そのため純度の高い クリヤー感を目指すならエポキシレジンがおすすめ。 ただレジン液のクオリティは製品によって異なります。 粗悪なエポキシレジンだと、凝固後に表面がベタベタしたり小さな気泡がプツプツ出てきたり。 あとしっかり固まってくれない硬化不良を引き起こす事もあります。 安物買いの銭失いにならないためにも、エポキシレジンはちょっと高めでも品質の良い製品を購入される事をおすすめしますね。 レジン液の選び方 続いて、レジン液のおすすめな選び方についてもチェックしておきましょう。 レジン液自体の固さ これは、リクイッドをモールドに流し込み易いかどうかに関わってくる部分です。 先にも書いた通りハードタイプの方が粘り気が少ないので、初心者の方はハードタイプから入るのがおすすめですね。 硬化後のレジンの固さ 凝固後の固さ、これはどういう作品を作りたいかによって変わります。 クリヤー感が高く、宝石やクリスタル。 鉱石っぽいレジン作品を作りたいなら、ハードタイプやエポキシレジンがおすすめ。 ミニチュアフードやフェイクスイーツなど。 柔らかい質感が重要となる作品を作るなら、ソフト対応がおすすめといった具合です。 どんな作品にしたいのかイメージしてから、レジン液を選ぶのおすすめします。 におい レジンで創作物を作出していく時、液体のにおいが気になる人も多いです。 クオリティの高尚なレジンはがきつくないものが多かったり。 100均で売っている安めの品は、ニスの様なキツイ香気がしたりします。 品物によって香気のきつさは異なりますので、ご自身に合ったレジンを選ぶことをおすすめしたいですね。 透明度 レジンでハンドメイドを楽しむなら、透明度はとても大切なところです。 特にクリスタルや鉱石系、ビーズ系などのレジン作品を作出すなら清澄感は重視したいところ。 透明度は価格が高価なレジン液ほど、純度が高い傾向が強いです。 あとエポキシレジンも、高純度の清澄度を誇る事で有名です。 ですから清澄度を重視するなら、それらから選択する事をおすすめしますよ。 扱いやすさ 扱いやすさはレジン液自身の固さも関わってくる点ですが、他にも気泡が出にくい。 クリヤー度が高い、シリコンモールドから抜けやすい。 以上の様にレジンで作品を形造る各工程でストレスフリーで扱えるか、という点がポイントになってきます。 扱いやすさの点も、各々の感覚によって異なってきますよね。 ご自身に合ったレジン液を、模索してみる事をおすすめしておきます。 価格 最後に価格の点。 レジン液は消耗品で、毎回毎回上手く作れる訳ではありません。 ですから通常の感覚としては、なるべく原材料は安く抑えておきたいと考えますよね。 おすすめとしては高品質なレジン液のセールスを行っている時にまとめ買いをして、コストを抑える。 これが最も原材料を安価にする対策としておすすめといえるでしょう。 100均のレジンも悪くはないですが、1gあたりに換算すると100均製品の方が若干コスト的に高くなります。 従ってなるべくクオリティの高尚なレジン液を、安いときに買う。 この買い方をおすすめしたいですね。 レジン液の注意点 最後に、レジン液を扱う上で注意しておきたい点を2つ程書いておきます。 換気をする まずレジンアクセサリーなどを制作する時、部屋の窓は開けて必ず換気をしつつ行うという事。 100均ショップでも買える程身近になったマテリアルですが、安い商品ほど芳香がキツかったり。 もしくは硬化させる時の化学反応によって、気化物質が発生するケースがあります。 これらはしっかり窓を開放して、風通しを良くしておけばトラブルに発展する事はまずありません。 閉め切った密室状態での制作作業はやめて、ちゃんと空気の通りを良くした状態で作品作りを楽しむようにしましょう。 更に万全を期すならば、防じんマスクやビニール手袋をつけて作業することをおすすめしますね。 火気厳禁 あとレジン液を扱う際は、火気厳禁であるという事も念頭に入れておいてください。 特に固化させる前のエポキシレジンは可燃性が高いことでも有名。 火の近いところでレジンを扱うと、発火する危険性だってある訳です。 あと、夏の日差しがキツい直射日光などに直接当てて固めるのも避けてください。 日光の熱が強すぎて、レジン自身が発火する危険があるので。 太陽の光で固める場合は、日差しのキツさなども考慮するようにしましょう。 おすすめのレジン液を見極めてレジンアクセサリー作りに役立てましょう 今回は15個のおすすめレジン液や、透明度の高い液体の紹介。 その他、レジン液の種類や各種特徴についてピックアップしていきました。 レジン液初心者の方が扱うなら、先ずはハードタイプの製品がおすすめ。 そして、ミニチュアフードやフェイクスイーツなど柔らかい作品を制作したいならソフトタイプがおすすめ。 純度の高い透明感を目指すなら、エポキシレジンの扱いに慣れていく事がおすすめという事でした。 レジン液は商品によって、仕上がりのベタつきさ加減と光沢具合に結構な差が出ます。 個人個人でレジン液との相性もありますよね。 その為、ご自身でおすすめとなるレジン液を見極めて、レジンアクセサリー作りに役立てていってください。

次の

UVレジンをやりたいけどUVライトがない!そんなときの代用品は?

レジン 太陽 光

:10~30分• :30~60分• :15~30分• 作品サイズは500円玉くらい。 作品の厚みや季節によって多少の差がありますが、平均して上記の時間が目安です。 太陽光での硬化時間 太陽光でUVレジンを硬化させる場合、UVライトを使うよりも圧倒的に時間が掛かります。 晴天時 よく晴れた日に室内の窓際に置いた場合、硬化時間は15分が目安です。 太陽が雲に隠れて日光が当たらないときもあるので、30分は見ておくと安心。 UVレジンの硬化時間は季節によって変動します。 夏の晴れた日はすぐに硬化する傾向にありました。 10分で硬化します。 冬は夏よりも時間が掛かり、20分ほど掛かりました。 曇天時 曇りの日に室内の窓際に置いた場合、硬化時間は1時間が目安です。 完全に日光が当たらない雨天時は2時間以上掛かりました。 太陽光で硬化させる注意点 UVライトを使わないで太陽光で硬化させれば、お金が掛からず経済的です。 でも、自然硬化には スポンサーリンク UVライトでの硬化時間 太陽光に比べて、UVライトは硬化時間をかなり短縮できます。 天候にも左右されず、いつでも好きな時にUVレジンを硬化させることができます。 9W UVライトには、9Wと36Wの2種類があります。 W数が高ければ硬化時間が短くなります。 9WのUVライトの場合、硬化時間は30分ほどを見ておきましょう。 UVライトは30分以上使用してはならないため、30分照射したら一度様子を見ます。 36W 36WのUVライトの場合、硬化時間は最短で2分です。 UVレジンのアクセサリーをいくつか作っていますが、いつもだいたい2分で硬化しています。 ぷっくりした厚みのある作品を作る場合、5分以上照射させてください。 UVレジンの硬化でよくある疑問 UVレジンの硬化にまつわる疑問と、その答えをご紹介します。 ドライヤーで硬化する? UVレジンは、紫外線によって硬化します。 ドライヤーは温風が出るだけなのでUVレジンは 硬化しません。 実際にやってみましたが、まったく硬化しませんでした。 むしろ、熱で少し溶けたような気がします。 スポンサーリンク 夜間でも硬化する? 夜間は紫外線が当たらないため、窓際に長時間置いても 硬化しません。 UVレジンは室内の蛍光灯でも硬化しますが、一晩蛍光灯に当てても完全には硬化しませんでした。 夜間に硬化させるのは避けましょう。 100均のUVレジンは硬化に時間が掛かる? UVレジンは、安いものほど硬化までに時間が掛かります。 ダイソーのUVレジンだと、 硬化までに4時間ほど掛かりました。 ただし、最近は「速乾UVレジン」が100円ショップなどで売っています。 実際に速乾タイプのUVレジンを使ってみると、10分ほどで完全に硬化しました(晴天時)。 まとめ UVレジンの硬化時間を、もう一度まとめておきます。

次の

夏の光にきらめく。キラキラクリアな【レジンアクセサリー】の作り方

レジン 太陽 光

スポンサーリンク 100均キャンドゥのレジン液ってどんな物? そもそも「レジン」とは英語で「樹脂」の事を言うそうです。 一般的にアクセサリーなどの作成に使われる物は、2種類あり、2液を混ぜて使用する「エポキシレジン」と1液で使用出来る「UVレジン」になります。 キャンドゥで販売されているレジン液は、後者の「UVレジン」ですので、1液で手軽に始める事が出来ます。 UVレジンは硬化させるのに、紫外線が必要なので、UVライトを持っていると、なんの弊害もなく硬化させられ、効率的に作品が作れるようですね。 ちなみに、我が家に「UVライト」なんてお洒落な物はあるはずもなく、これだけの為に買うはずもなく…天然の紫外線。 お日様に硬化はお願いしています。 (笑) つまり、UVライトの無い家庭では、太陽の出ている時間帯。 それも、出来るだけ晴れている日の方が早く固まってくれますので、少し条件が必要ですね。 シリコンの型などにレジンを流し、太陽光に当てておくと、固まってくれるので、簡単な使い方の説明としては以上になります。 100均キャンドゥのレジン液のいい所は? なんと言っても、コストパフォーマンスの良さです!クリア(色の付いていないもの)でハードタイプの物に限定すると、同じ100円でも、4g の100円ショップもあるようですが、キャンドゥは5g入っているんです。 1gくらい…と思われた方、レジンの1gの大切さは、使ってみたら分かるはず・・・とにかく4gより5g。 という発想です。。。 他のメリットとして、扱いやすさが挙げられます。 私自身は、他の100均のレジンを扱った事が無いので、比較対象がありませんが、色々な方がブログ等で、比較をされている中で、キャンドゥのレジンが扱いやすい。 というコメントを多く目にします。 硬化させた後のベタつきの無さや、臭いの少なさ(あくまで比較すれば、ですが)総合的に見ても、初心者のDIY向けなんだなぁ。 と良い風に解釈してお伝えしています。 100均キャンドゥのレジン液でアクセサリーをDIY どの100均でも言える事ですが、レジン液のコーナーには、たくさんのシリコンモールドや台座になるパーツが売っています。 レジン液だけあっても、流す物が無いと何も作れないので、私は、手始めにスクエア型のシリコンモールドを合わせて購入しました。 レジンの簡単な作り方としてあげられるのが、台座に好きなパーツやラメを配置して、上からコーティングのようにレジンを流して、硬化させる。 というイメージでしたが、なんと、私の購入したスクエア型は、可愛さ重視で立方体。 絶対初心者向けじゃない!! と後悔しながらも、試行錯誤しながら作った初作品がコレです。 スポンサーリンク 始めに、少しだけレジンを流して硬化させ、既に持っていたブルーのラメ入りマニュキュアとレジンを流し、つまようじで適当に混ぜ合わせ、硬化。 完全に硬化する前に、もう1層ブルーの層を、さっきより薄めに作り、なんとなくグラデーション風にして硬化。 あとは、透明なままのレジン液を型いっぱいに流して硬化。 こうして完成したのが、上の写真のキューブです。 よく見ると、表面ガタガタ… 実は、気持ちが焦りすぎて、硬化出来たと思い表面を触ってしまったり…と何か所も失敗しております。 手作りの味わいということで、目をつぶって下さい・・・ 紫外線で固まる。 ということは、太陽の光が届かなかった部分は、硬化しきらないという悲しい現象が起きてしまいますので、私の様に立体のモールドや、厚みのある作品を作りたい方は、何層にも分けて硬化させた方が安全です! 上から流しても、何事もなかったかのように、キレイに馴染んでくれますので。 慣れてきたら、針金で好きな形を作って、下地代わりにマスキングテープを貼って、一層レジン層を作ってしまえば、それを下地に出来るので、さらにオリジナリティ溢れる作品を作る事が可能です。 ちなみに私は失敗しまくりました。 不器用ですから。 100均キャンドゥのレジン液でアクセサリーをDIY どの100均でも言える事ですが、レジン液のコーナーには、たくさんのシリコンモールドや台座になるパーツが売っています。 レジン液だけあっても、流す物が無いと何も作れないので、私は、手始めにスクエア型のシリコンモールドを合わせて購入しました。 レジンの簡単な作り方としてあげられるのが、台座に好きなパーツやラメを配置して、上からコーティングのようにレジンを流して、硬化させる。 というイメージでしたが、なんと、私の購入したスクエア型は、可愛さ重視で立方体。 絶対初心者向けじゃない!! と後悔しながらも、試行錯誤しながら作った初作品がコレです。 始めに、少しだけレジンを流して硬化させ、既に持っていたブルーのラメ入りマニュキュアとレジンを流し、つまようじで適当に混ぜ合わせ、硬化。 完全に硬化する前に、もう1層ブルーの層を、さっきより薄めに作り、なんとなくグラデーション風にして硬化。 あとは、透明なままのレジン液を型いっぱいに流して硬化。 こうして完成したのが、上の写真のキューブです。 よく見ると、表面ガタガタ… 実は、気持ちが焦りすぎて、硬化出来たと思い表面を触ってしまったり…と何か所も失敗しております。 手作りの味わいということで、目をつぶって下さい・・・ 紫外線で固まる。 ということは、太陽の光が届かなかった部分は、硬化しきらないという悲しい現象が起きてしまいますので、私の様に立体のモールドや、厚みのある作品を作りたい方は、何層にも分けて硬化させた方が安全です! 上から流しても、何事もなかったかのように、キレイに馴染んでくれますので。 慣れてきたら、針金で好きな形を作って、下地代わりにマスキングテープを貼って、一層レジン層を作ってしまえば、それを下地に出来るので、さらにオリジナリティ溢れる作品を作る事が可能です。 ちなみに私は失敗しまくりました。 不器用ですから。

次の