アドレノクロム レディーガガ。 レディー・ガガ、ついに自身がレプティリアンだと公言! 「シェイプシフトが好き…」司会者も戦慄の告白!

精神安定剤のウサギちゃんがコロナと紐解ける?

アドレノクロム レディーガガ

-レディー・ガガに関して、matome. naverサイトで興味深い記事を見つけたので紹介したい。 レディー・ガガについては「サタンの広告塔」「イルミナティのメンバー」「サタニスト」との噂が根強くあった。 当ブログではそれを自明の理として、これまで幾つかのレディー・ガガ関連記事を公開してきた。 その噂は本物だったのである。 以下転載のように、レディー・ガガ本人がそれを告白して認めたのだ。 短い文ではあるが、彼女が語った2006年のある晩のニューヨーク下町で起きた出来事は印象深い。 彼女はまだまったく売れていない若いシンガーで、各ステージをドサ回りしながらやっと日々をしのいでいるような有様だった。 それだけにシンガーとして成功したい願望は人一倍強かった。 その晩あるクラブから外に出て、つい今しがた終えたショーの成功の余韻でハイになっているガガに、ある不思議な男が近づいてきた・・・。 あとはご自分でお読みいただきたいが、こうして悪魔にひれ伏したことによって、レディー・ガガはその1年後には我々が後に知ることになる眩しいほどのスターダムにのし上がっていたのである。 もちろん埋もれてはいても彼女自身に際立った才能があり、それを見抜いた悪魔がそっと近寄り「すべてがほしいのか」と誘惑を仕掛けたわけである。 ガガはその誘惑に乗った。 悪魔のサポートによってまたたく間に成功・名声・富などを手に入れたのである。 が、ステージでは悪魔の一つ目のポーズを見せるなど、常に悪魔の広告塔としてのパフォーマンスを求められた。 身体は悪魔に乗っ取られて不調が続いた。 中でも「魂を引き渡すこと」が最大の代償なのである。 そんなレディー・ガガだったが、極めて珍しいケースだと思うが、悪魔・イルミナティと決別したという。 何かの出来事がきっかけでハッと我に返り善性、霊性が目覚めたのではないだろうか。 とにかくその時から、悪魔から自身の魂を取り戻す決心をしたのである。 裏切りに対する悪魔の攻撃は凄まじいものかもしれない。 めげずに立ち向かっていっていただきたいものである。 そしていつの日か、スピリチュアルな深みのある美しい歌が聴けたらなぁ、と陰ながら思う次第である。 (大場光太郎・記)- 「私は彼が、とても深い海の底からさらい出された黒い宝石であるように、見つめていました。 「私はしゃがんでひざまずき、誰を称えるべきかを彼に訊ねました。 「私は彼の目をまともに見て、すべてが欲しいと言いました。 「私は彼に、何でもする、と言いました。 ガガは、曲を創作するとか、自分のかつて夢見たあらゆることを成し遂げることができるようになった。 その夜、ニューヨーク市のMercury Loungeの外で、ガガは、このプリンスと「取引を結び」、それ以後は「成功なんて簡単」であることがわかった。 苦痛を伴う線維筋痛症候群(FMS)に苦しむガガは、自分の長期の病気は、彼女の芸能生活の初期に、「イルミナティに魂を売り渡し」、体の中で「暗黒の勢力」が力を発揮するのに任せた結果だと思うと言った。 「彼らはあなたに、特別の権力、うわべの美しさ、才能、それに富を、しばらくの間は与えるかもしれません。 しかしそれは長続きしないのです」と、ガガは言った。 「これが、暗黒の芸術に手を出す多くの人々が、これほど不幸な理由です。 彼らは明けの明星のように、いっとき明るく輝いて、最後には自殺するか、それとも麻薬の乱用によって肉体を破壊するのです。 」 「体がもっと強くなり、自信がついたら、私は自分の物語をもっと深く語り、これを強く維持して、自分の意識を高めるだけでなく、私のように苦しむ他の人たちのために、研究を広げ、役に立つことができるようになりたい」と書いている。 やはりメディア、特に音楽業界が悪魔崇拝者に牛耳られているのは本当かもしれませんね。 そしてメディアを通して、様々な悪魔のシンボルに触れさせられるということでしょう。 ただ必要以上に恐怖を感じる必要はありません。 悪魔のシンボルに触れさせられる? そんなものほとんど何の意味もありません。 彼らのやっていることは熊本県がくまモンを推すようにマスコットのように悪魔を推しているだけなので、この問題自体はうざい広告程度に考えてください。 間違っても悪魔や神に意義を見出さないで下さい。 それだけ守れば特に何の意味もありません。 ただ彼らが悪魔崇拝としてやっている「行為」や支配している実態については完全に大問題ですがね。

次の

精神安定剤のウサギちゃんがコロナと紐解ける?

アドレノクロム レディーガガ

本人談では、支配下「だった」というのが正しいと思われます。 公の場で「イルミナティーに魂を売ったことを後悔している」と告白しているからです。 Netflixの Gaga: Five Foot Two というドキュメンタリー映画での中での告白のようです。 レディガガはいろいろ黒い噂がありましたよね。 パフォーマンスや曲が悪魔崇拝を表現しているだとか、 売れる前に、コラボしていたリーガモルガナという女性アーティストの歌い方やスタイルをパクっただとか。 その女性はレディガガが売れる前に自殺しています。 これいうとLGBT 同性愛 の人が批判していると勘違いする人がいるかもしれませんが、レディガガはLGBTです。 私は個人の自由であり、異性愛であれ、同性愛であれ、当人同士が幸せならば勝手に愛を育めばいいと思っていますが、 近年の若者に人気な有名人やアーティストの発信で「LGBTがかっこいい」というLGBTを促進するような動きは好きではありません。 LGBTを差別しない。 LGBTを認めようと促進する動きなら全然よいですが。 LGBTの促進は人口減少の一因となり、よく陰謀論ででてくる人口削減計画とつながるからです。 これは個人的な見解ですので、一つの意見だと思って受け止めてください。 本人は告白で実際に悪魔祓いを受けて改心したと言っていますが、どうでしょうかね。 もし支配下だったのが本当で、支配から解放されたのが本当なら、そんなことをイルミナティが黙って見過ごすでしょうか。 黒い噂がたくさんたったので、今後の悪魔崇拝の布教活動に悪影響がでると考え、弁解したようにも思えます。 しかし、ガガ自身も、学生時代にいじめに遭ったり、レイプされてPTSDになり自傷行為をしていたり、ドラッグ依存になったり、線維筋痛症という病気に長年苦しんでいたり、波乱万丈な半生を送っており、相当な苦労人でかわいそうな人ではありますけどね。 どうしても自分の好きな音楽で成功して売れたかったんでしょう。 イルミナティーにつけこまれる弱さや欲望があったわけです。 ちなみに余談ですが、ガガほどではないですが、同じく奇抜な恰好と曲で売れたきゃりーぱみゅぱみゅも、イルミナティーと関連しているのではないかと噂があります、PVが悪魔崇拝を表現していると言われています。 どちらかというと、曲をプロデュースしている中田ヤスタカさんが怪しいとなっていますが。 きゃりーぱみゅぱみゅ 曲 逆再生とか調べると面白いです。 中田ヤスタカさんはわいせつ行為で文春砲打たれていて草です.

次の

【速報】マドンナ、陽性

アドレノクロム レディーガガ

自在に姿を変幻できるレプティリアンであることを自ら公言したということだろうか。 台湾在住の著名なUFO研究家、スコット・ウェアリング氏が自身が運営している超常現象系メディア「ET Data Base」に投稿した記事において、レディー・ガガの爆弾発言が収められた動画を紹介している。 ガガは番組の中で「私はいつでもシェイプシフトするのが好きです」と発言したのだ。 「ET Data Base」の記事より 「これが今まで見たことのないものです。 つまり、人前に出る際には人間に姿を変えているのだ。 画像は「YouTube」より 「レディー・ガガもその(レプティリアンの)一人かもしれません。 レプティリアンは、身体の周りに強力な技術的クローキング装置を備えており、普通の人間のように見えます。 しかし、このマントは時々誤作動し、数秒間、彼らの本当の姿を露わにします。 そして今回、レディー・ガガは誤って真実を世間に明かしました。 彼女はシェイプシフトできるのです」(ウェアリング氏) ウェアリング氏によれば、レプティリアンは美しい女性に姿を変えることを好むという。 それは人間の男たちが、美しい女性の前では愚かになることを知っているからであるということだ。 それが確かに効果てきめんの手段であることは、世の男性の多くが認めるところだろう。

次の