ちょうじろう。 徳松長次郎 (とくまつちょうじろう)とは【ピクシブ百科事典】

【近藤長次郎】切腹の原因が恐ろしい!龍馬がいたら死なずにすんだ?

ちょうじろう

「レッツ、エンジョイ!」 CV: 概要 の強制収容所を牛耳る10年無敗のデュエリストとして登場。 デュエルによって膨大な数のレアカードを手に入れており、そのレアカードを賄賂にして収容所の元締めとして生活を送っていた。 しかしとのデュエルを得てかつての「 エンジョイ長次郎」としての気持ちを取り戻す。 来歴 過去 かつては勝ち負けにこだわらず楽しくデュエルを信条とする「エンジョイ長次郎」という名でコモンズ達の憧れのデュエリストとして尊敬されていた。 コモンズの子供たちにデュエルを教えたり、喧嘩が起きそうな人達にデュエルディスクを差し出してデュエルにぶつけるように促す事で喧嘩を仲裁する等の活動もしていた。 しかし、そんな長次郎でも気にいらないものがあった。 それがトップスとコモンズという壁。 デュエルにトップスもコモンズも関係ないと考え、トップスのデュエリストとデュエルに挑んだ長次郎を待っていたのは、地獄だった。 金に物を言わせたレアカードばかりのデッキ、一人の相手に対する複数のデュエリストによる集中攻撃、そして負けた長次郎への罵声とブーイング・・・。 あっさりと罵声に変わるのなら歓声は要らないという考えに至り、デュエルへの姿勢も大きく変わってしまった。 そして、再起のデュエルでとうとうイカサマ行為に走ってしまった長次郎はその罪で投獄されてしまう。 なお、コモンズの精神的支柱でもあった彼の逮捕はコモンズの暴走を招く事となり、それへの対応としてデュエルチェイサーズの設立やフレンドシップカップの開催が行われるなど、彼の存在がシンクロ次元へ及ぼす影響は直接間接問わず 本人が認識している以上に かなり大きい。 エンジョイ長次郎復活 収容所に入ってからは何度デュエルしても とあるカードだけが引けなくなり、その代わりとして必勝コンボを編み出す長次郎。 このコンボによって長次郎は入所してから10年間無敗でいた。 エンジョイを捨て、倒した相手を涙雨で濡らすその姿から「秋雨の長次郎」と呼ばれるようになっていく事なる。 入所したばかりの達からもカードを巻き上げようとしたが、遊矢や権現坂はこれを拒否。 拒否された事で気が変わり、デュエルで勝って奪う事に変更する。 10年間無敗の記録は伊達では無く、脅威のドローへの運とシンクロ召喚したモンスターの効果による必勝コンボを展開する。 追い詰めていく長次郎であったが、遊矢とのデュエルで無限ループによる対策を取られてしまい無力化してしまった。 その時、デュエルの流れを変えた遊矢を見て長次郎の中で変化が起き、10年間もの間封印してきたドローを遂に解禁、エンジョイ長次郎として復活した。 ドローしたカードは10年前のイカサマ以来からドローできなくなった「超こいこい」。 エンジョイの精神を取り戻した長次郎のデュエルは白熱するものになり、敗北したものの表情は満ち足りたものだった。 大エンタメデュエル大会ならぬ大脱獄・デュエル大会の勃発 その後、シンジ達に煽られて大エンタメ・デュエル大会を開催する事を決意する。 そのデュエルではからアクションデュエルを提案された際には、それに興味を持ち承認した。 沢渡の説明でアクションカードの使い方を知り、アクションカードの演出を気にいっていた。 しかし、その裏で遊矢達が脱獄を企てていた事を知り、遊矢を問い詰めた。 その事情を理解し、足止めをして別れを告げる長次郎だったが、子分達に「もう一度、表舞台へ」という言葉を受けて脱獄する決意をして、遊矢と共に脱獄した。 遊矢達と共に脱獄しようと外へ出るものの、沢渡のミスで屋上へ着いてしまい、捕縛隊に見つかってしまった。 子分達との約束を守るべく遊矢達と逃げ、合流したとの協力で脱獄に・・・ 失敗しました。 実は脱獄はバレており、迎えに来ていたシンジの仲間は既に逮捕されていた。 そのまま収容所に戻るかと思われた矢先に、転機が訪れる。 治安維持局の前に行政評議会が立ちはだかり、自分を含めた脱獄者の全員が評議会の管理下に置かれる事になった。 更に評議会の意向でフレンドシップカップへの出場が決定。 長次郎からすれば表舞台に立てるチャンスが来た事に変わりない為、大いに喜んでいる。 使用カード をモチーフとしたカテゴリ「 カーディアン 」を中心としたデッキを使用。 ちなみに「花札衛」は、見た目はそのもので、元になったを遊戯王のカードで再現したイラストになっている 例として、《花札衛-萩に猪-》は猪が《ボア・ソルジャー》に差し替わっている。 また、レベルも対応したの月と同じ数字になっているなど、中々凝った作りをしている。 関連カードも含め、ドロー系効果が多いのだが「花札衛 カーディアン 」以外を引くと高いリスクが発生するため、一種の「 ギャンブルデッキ」にもなっている。 「秋雨の長次郎」の時は魔法カード「花積み」で事前にデッキトップを操作する事で極力運に頼らないようにしていたが、本来の彼はそんな危険を省みず運命のドローを実現して状況をひっくり返すエンターテイナーである。 エースモンスターであるは「 カーディアン-いのしかちょう- 」や「 カーディアン-あめしこう- 」。 これらはの役名にちなんでおり、特定のカードをシンクロ素材とする事で効果を発揮する。 フレンドシップカップでは最強の切り札「 カーディアン-ごこう- 」を使用。 攻撃力5000に加え、魔法の発動を常に無効・バトルするモンスターの効果を無効にすることが出来る効果を備えた強力なモンスターである。 69話の収録の後、柚子を演じる稲村氏が長次郎演じる咲野氏に「今日はとても楽しかったです!」と伝えた所、咲野氏から「」と返されたとのこと。 関連タグ …ギャンブルデッキ繋がり …所持するレアカード。 現実でも人気のカードなので、話題となった。 関連記事 親記事.

次の

麵屋 長次郎

ちょうじろう

「レッツ、エンジョイ!」 CV: 概要 の強制収容所を牛耳る10年無敗のデュエリストとして登場。 デュエルによって膨大な数のレアカードを手に入れており、そのレアカードを賄賂にして収容所の元締めとして生活を送っていた。 しかしとのデュエルを得てかつての「 エンジョイ長次郎」としての気持ちを取り戻す。 来歴 過去 かつては勝ち負けにこだわらず楽しくデュエルを信条とする「エンジョイ長次郎」という名でコモンズ達の憧れのデュエリストとして尊敬されていた。 コモンズの子供たちにデュエルを教えたり、喧嘩が起きそうな人達にデュエルディスクを差し出してデュエルにぶつけるように促す事で喧嘩を仲裁する等の活動もしていた。 しかし、そんな長次郎でも気にいらないものがあった。 それがトップスとコモンズという壁。 デュエルにトップスもコモンズも関係ないと考え、トップスのデュエリストとデュエルに挑んだ長次郎を待っていたのは、地獄だった。 金に物を言わせたレアカードばかりのデッキ、一人の相手に対する複数のデュエリストによる集中攻撃、そして負けた長次郎への罵声とブーイング・・・。 あっさりと罵声に変わるのなら歓声は要らないという考えに至り、デュエルへの姿勢も大きく変わってしまった。 そして、再起のデュエルでとうとうイカサマ行為に走ってしまった長次郎はその罪で投獄されてしまう。 なお、コモンズの精神的支柱でもあった彼の逮捕はコモンズの暴走を招く事となり、それへの対応としてデュエルチェイサーズの設立やフレンドシップカップの開催が行われるなど、彼の存在がシンクロ次元へ及ぼす影響は直接間接問わず 本人が認識している以上に かなり大きい。 エンジョイ長次郎復活 収容所に入ってからは何度デュエルしても とあるカードだけが引けなくなり、その代わりとして必勝コンボを編み出す長次郎。 このコンボによって長次郎は入所してから10年間無敗でいた。 エンジョイを捨て、倒した相手を涙雨で濡らすその姿から「秋雨の長次郎」と呼ばれるようになっていく事なる。 入所したばかりの達からもカードを巻き上げようとしたが、遊矢や権現坂はこれを拒否。 拒否された事で気が変わり、デュエルで勝って奪う事に変更する。 10年間無敗の記録は伊達では無く、脅威のドローへの運とシンクロ召喚したモンスターの効果による必勝コンボを展開する。 追い詰めていく長次郎であったが、遊矢とのデュエルで無限ループによる対策を取られてしまい無力化してしまった。 その時、デュエルの流れを変えた遊矢を見て長次郎の中で変化が起き、10年間もの間封印してきたドローを遂に解禁、エンジョイ長次郎として復活した。 ドローしたカードは10年前のイカサマ以来からドローできなくなった「超こいこい」。 エンジョイの精神を取り戻した長次郎のデュエルは白熱するものになり、敗北したものの表情は満ち足りたものだった。 大エンタメデュエル大会ならぬ大脱獄・デュエル大会の勃発 その後、シンジ達に煽られて大エンタメ・デュエル大会を開催する事を決意する。 そのデュエルではからアクションデュエルを提案された際には、それに興味を持ち承認した。 沢渡の説明でアクションカードの使い方を知り、アクションカードの演出を気にいっていた。 しかし、その裏で遊矢達が脱獄を企てていた事を知り、遊矢を問い詰めた。 その事情を理解し、足止めをして別れを告げる長次郎だったが、子分達に「もう一度、表舞台へ」という言葉を受けて脱獄する決意をして、遊矢と共に脱獄した。 遊矢達と共に脱獄しようと外へ出るものの、沢渡のミスで屋上へ着いてしまい、捕縛隊に見つかってしまった。 子分達との約束を守るべく遊矢達と逃げ、合流したとの協力で脱獄に・・・ 失敗しました。 実は脱獄はバレており、迎えに来ていたシンジの仲間は既に逮捕されていた。 そのまま収容所に戻るかと思われた矢先に、転機が訪れる。 治安維持局の前に行政評議会が立ちはだかり、自分を含めた脱獄者の全員が評議会の管理下に置かれる事になった。 更に評議会の意向でフレンドシップカップへの出場が決定。 長次郎からすれば表舞台に立てるチャンスが来た事に変わりない為、大いに喜んでいる。 使用カード をモチーフとしたカテゴリ「 カーディアン 」を中心としたデッキを使用。 ちなみに「花札衛」は、見た目はそのもので、元になったを遊戯王のカードで再現したイラストになっている 例として、《花札衛-萩に猪-》は猪が《ボア・ソルジャー》に差し替わっている。 また、レベルも対応したの月と同じ数字になっているなど、中々凝った作りをしている。 関連カードも含め、ドロー系効果が多いのだが「花札衛 カーディアン 」以外を引くと高いリスクが発生するため、一種の「 ギャンブルデッキ」にもなっている。 「秋雨の長次郎」の時は魔法カード「花積み」で事前にデッキトップを操作する事で極力運に頼らないようにしていたが、本来の彼はそんな危険を省みず運命のドローを実現して状況をひっくり返すエンターテイナーである。 エースモンスターであるは「 カーディアン-いのしかちょう- 」や「 カーディアン-あめしこう- 」。 これらはの役名にちなんでおり、特定のカードをシンクロ素材とする事で効果を発揮する。 フレンドシップカップでは最強の切り札「 カーディアン-ごこう- 」を使用。 攻撃力5000に加え、魔法の発動を常に無効・バトルするモンスターの効果を無効にすることが出来る効果を備えた強力なモンスターである。 69話の収録の後、柚子を演じる稲村氏が長次郎演じる咲野氏に「今日はとても楽しかったです!」と伝えた所、咲野氏から「」と返されたとのこと。 関連タグ …ギャンブルデッキ繋がり …所持するレアカード。 現実でも人気のカードなので、話題となった。 関連記事 親記事.

次の

宇治長次郎

ちょうじろう

「にぎり長次郎」は、大阪寝屋川市に1号店のオープン以来、ご好評をいただき、おかげさまで2020年3月をもって、68店舗となりました。 「にぎり長次郎」では、既存の回転寿司の概念にとらわれず、鮮度・季節感にこだわリ、吟味を重ねた食材でクオリティの高い寿司・一品料理を提供することを目指してきました。 そして、そのクオリティの高さをお客様に届けるために、今も板前たちは日々向上心を持ち、技を磨いています。 「お客様の満足は私たちの喜びです。 私たちはお客様の満足を約束します。 」の経営理念のもと、活気あふれるおもてなしの心で、お客様の気持ちに深く心を配り、お客様には期待以上のホスピタリティを感受していただくことを目指して、全社一丸となって邁進してまいります。 そして、これからもフーズネットは「にぎり長次郎」「廻転寿司CHOJIRO」と姉妹店出前寿司「にぎり忠次郎」の向こうに拡がる食文化の限りない可能性を追求していきます。 代表取締役執行役員社長 加藤 誠 事業内容• 活魚廻転寿司「にぎり長次郎」、出前寿司「にぎり忠次郎」の経営• フランチャイズチェーンシステムによる「にぎり忠次郎」の経営 資本金 50,000,000円 従業員数• 正社員 265名(令和2年3月現在)• アルバイト 2934名 店舗数 直営店 75店舗• 活魚廻転寿司 「にぎり長次郎」 60店舗• 廻転寿司 「CHOJIRO」 8店舗• 出前寿司 「にぎり忠次郎」 7店舗 加盟店 5店舗• 廻転寿司「CHOJIRO」 1店舗(海外)• 出前寿司「にぎり忠次郎」 4店舗 役員• 代表取締役執行役員社長 加藤 誠• 取締役副社長 田中 正裕• 取締役 重里 政彦• 監査役 西河 忠久 平成31年4月現在.

次の