ブログ メリット デメリット。 新ブログ村登録のメリットと効果は3つ!デメリットからやめる理由までを公開

はてなブログのメリットとデメリット。

ブログ メリット デメリット

はじめに ブログを開設してばらく経つので、ブログを始めるメリット・デメリット・注意点をまとめてみようと思います。 ご参考になれば幸いです。 ブログを始めるメリット ブログを始めるメリットは、たくさんあります。 書く能力が向上する 個人的に、ブログを始める一番のメリットは、自分の書く能力が向上することだと思います。 どんなふうに説明したら良いか等々、頭を使いながら文章を書くトグができるので、書く能力がどんどん上がっていきます。 例 本について感想を書くのがうまくなっていく 書くテーマについてより詳しくなる ブログを書くためには、そのテーマについて当然調べたり分析する必要があります。 そのため、当然書いたものについては、かなり知識が深まります。 単なる作品等の感想記事でさえ、自分が抱いた感想と作品を結びつけながら書こうとすると、作品自体をより丁寧に鑑賞する必要があります。 そのため、作品自体をより深く理解できるようになるのです。 情報のアンテナが広くなる 古い情報についてブログを書いても、他の方がすでに記事を書いている場合が多く、なかなかアクセス数が増えません。 なので、記事を書くために積極的に新しい情報をれて、ブログ記事を書こうという気になります。 例 新しい本やCD等を、積極的に買うようになる。 ウェブサイトの運営について詳しくなる ブログを始めると、欲しくなるのがアクセス数。 少しでもアクセス数を増やすために、いろいろ調べて勉強するようになって、htmlやなど、ウェブサイトの運営について詳しくなります。 より生産的になる 一度ブログを書くことにはまると、空き時間についついブログ記事を書きたいと思うようになります。 僕の場合、以前ゲームで遊ぶのに使ってた時間が、色々な作品に触れて、その感想をブログに書く時間に変わっていきました。 承認欲求が満たされる 自分の書いたブログ記事を色々な人に見てもらえると、承認欲求が満たされてうれしくなります。 統計で明示されているメリット また、の情報通信政策研究所の統計によれば、以下のようなメリットが挙げられています。 58頁 ブログを始めるデメリット 時間がかかる 当たり前ですが、ブログ記事を書くには時間がかかります。 特に、質の高い記事を書くにはそれなりの時間が必要です。 ブログを中心に私生活が回り始める ブログにはまりすぎるあまり、日常的についついブログのことが頭に浮かんでくるようになります。 作業の途中で、こんな記事書けるなと思ってブログを書き始め、作業が中断されたりします。 ブログ作ってばらく経つと、段々飽きてくるので大丈夫ですが。 アクセス数が気になりすぎて、空き時間についついアクセス数を確認してしまう 一日に何度もアクセス数を確認したところで、アクセス数が増えるわけでもないのに何度も確認してしまいます。 まあ、これも時間が経てば解決します。 統計で明示されているデメリット また、の情報通信政策研究所の統計によれば、以下のようなトラブルが生じるというデメリットが挙げられています。 63頁 スパムコメントや誹謗中傷については、ブログでコメントの投稿さえ禁じてしまえば、基本的には対処が可能です。 また、についても、特定の者によるを禁止すれば対処が可能です。 これらを考えれば、ここに挙げられているデメリットは、基本的に対処が可能なものであると考えられます。 注意点 ブログのタイトルは非常に大事 ブログタイトルが、なんとなく、そのブログで扱うテーマになるので、最初っかり考えておいたほうが良いです。 ブログを書く目的を確認しておいた方が良い でお金を書くためにブログを書くのと、好きなことを書くためにブログを書くのは、全然方向性が違います。 前者であればテーマを絞り込んだうえで戦略的に記事の内容を決めた方が良いですが、後者ならば好き放題書いていれば良いので。 最初はテーマを絞らない 特にで稼ぎたい、というモチベーションがないのであれば、自分が好きなテーマを書いていた方が、書いていて嬉しいし、記事を見てもらえて嬉しいです。 また、実際に調べて書いてみて面白いトピックもあるので、最初はあまりテーマを決めずに、色々と書いた方が楽しいのではないでしょうか。 最初はアクセス数は全然増えないので諦めない ブログを書き始めて、すぐにたくさんアクセスをもらうためには、相当の才能・能力・運が必要であると感じました。 なので、最初は思いつめず気楽に更新していくのが良いのではないかと思います。 編集モードをにする ブログの書き方にはいろいろありますが、を使えるならそれを使った方が書くスピードは速くなります。 詳細は以下の記事を参照してみてください。 まとめ ブログを書くメリットは色々ありますが、デメリットはそんなにありません。 今時、無料でブログが作れるので、お金はかかりませんし。 そのため、とりあえずブログを開設していくつか記事を書いてみない手はないな、と思います。 最初にブログを始めるに際しては、何を書くか、何の目的でブログを書くかくらいは決めた上で始めた方が、後々やりやすいです。 まあ、いくらでも後から方向転換の余地はあるので、そこまで深刻に考えなくても大丈夫ですけど。 spaceplace.

次の

あなたのブログにブログランキングは本当に必要?メリットとデメリットを比較してみた

ブログ メリット デメリット

この記事の概要• 一般的なブログ村のメリット。 なんだかそんな風に言われると、ブログ村に登録するのが怖くなってしまいますよね。 いいえ、もちろん、ブログ村に登録するのには、メリットもございます。 ブログ開設初期からアクセスが見込める。 ブログ開設初期は、一生懸命記事を書いても誰にも読まれない日が続きます。 しかしブログ村に登録しておけば、 ブログ開設初期でもブログ村経由のアクセスが見込めるのです。 まず新しく記事を書くと、それに連動してブログ村の「新着記事」にあなたの記事が表示されます。 さらに読まれる記事だと、「人気記事」としてランキング形式であなたの記事が表示されます。 その上、ランキングポイントであなたのブログが上位にランクインすると、目立つ場所にあなたのブログが表示されます。 ははー、なるほどですね、リンクの獲得でございますか、はいはい・・・。 ・・・すみません、リンクの獲得って何でしょうか? リンクとは、モノとモノをつなげること。 つまり、 ブログ村とあなたのブログをつなげることでございます。 まあ、「それが一体何なのさ?」という話ですが、要は「あなたのブログが他のサイトとつながりが多いほど、アクセスは増える」、ということです。 また少し難しい話ですが、リンクを獲得する(被リンク)ことで、グーグルの検索に強くなるという側面もございますよ。 つまりブログ村に登録するだけで、あなたのブログは アクセスを増やすための下準備ができる訳です。 ブログ村のデメリット。 初心者ブロガーにうれしいメリットのあるブログ村ですが、きちんと付き合わねば、毒にもなってしまいます。 ブログ村に登録するデメリットは、次のようなものがございます。 アクセスの大半は同じブロガーであり、同業者。 ブログ村に登録するデメリットは、 ブログ村経由でのアクセスの大半は、同じブロガーであり、同業者であることです。 ブログ村は「気になる情報、調べたいことを検索した読者が使うサイト」、ではなく、「ブログを書いているブロガー同士が交流できるサイト」、との意味合いが強いです。 そのためブログ村からのアクセスの大半は、「あなたと同じブロガーであり、同業者である」、ということです。 このネタは前に書いた。 これも前に書いた。 ・・・もう書くことがありません。 カテゴリーに合わせて記事を書いていると、ブログのマンネリ化、そしてモチベーションダウンの危険がございます。 ブログはもっと自由に書いていいものなんですけどね。 それを見失ってしまうことこそ、ブログ村に登録するデメリットでございます。 ブログ村のランキングに縛られる。 そしてブログ村に登録すると、 ブログ村でのランキングに縛られてしまうデメリットがあります。 ブログ村はランキングサイトなので、独自のポイントシステムで順位をつけてブログを表示しております。 もちろん、順位が高い方が、より目立つ位置に表示されます。 ブログ村も、ある程度コツをつかんで運営していくと、ランキングで上位に表示させることが可能になります。 しかしその一方で、ランキングは刻一刻と移り変わるものです。 少し更新しないだけで、あっという間にランクダウンしてしまいます。 せっかくランキング1位になったのに、ちょっと更新しなかったら3位になっています。 ・・・く、くやしい・・・今日から毎日更新しますぞ! こうしてブログ更新の目的が、ランキングで上位になるためになってしまうのです。 しかしブログ村のランキングシステムは、あくまでも独自ポイント制です。 つまり、書いた記事の質の良さは関係ないのです。 ランキングばかりに囚われていると、気が付いたらあなたのブログは、 質の低い記事で埋もれているかもしれませんよ。 (経験済み) ブログ村の最大のリスクは、ブログの方向性を見失うこと。 ブログ村の最大のリスクは、ブログ村に登録することで、 ブログの方向性を見失うことです。 ブログ村に登録すると、ブログ開設初期からアクセスが見込めるものの、アクセスの中身は同じブログを運営している同業者です。 つまり、ブログ村から効率よくアクセスを集めるためには、 「同業者が読みたい記事を量産する」のが、最も効率のよい方法なのです。 これは私も実際にやってみて、実証済みでございます。 ブログ未経験、知識ゼロで始めたブログですが、ブログ村の仕組みを利用することで、わずか半年で2万PV(ページビュー)を達成しましたよ。 1・アクセスの大半が同じブロガーであり、同業者であること。 2・登録したカテゴリーに縛られること。 3・ランキングに囚われること。 4・目先のアクセスに囚われて、ブログの方向性を見失う。 もちろん、最初に申し上げた通り、ブログ村への登録はメリットもございます。 デメリットだけではありません。 しかしブログ村からのアクセスが嬉しいあまり、 ブログ村にのめり込んでしまうのは、少々危険かもしれませんよ。 ブログ村は、多くのブロガーが集うランキングサイト。 上手に距離を取りながら、うまく付き合っていきたいものですね。 それでは、また! ブログ村の黒歴史に続き、炎上ブロガーに手を染めた黒歴史もあります。 そっと記事を置いておくので、気になった方はそっと読んでみて下さいませ。

次の

徹底比較!はてなブログVSライブドアブログどっち?メリットデメリット

ブログ メリット デメリット

【結論】• 【結論】アメブロはこんな人にオススメ この記事は長くなっているので、どんな人に アメブロがオススメなのかを最初にまとめました。 芸能人 まず、 芸能人の方はアメブロをオススメします。 なぜなら、一般人と違い、アメブロは芸能人を優遇しているからです。 そのため、ちょっとした日記であっても 毎日更新するだけで収益化に直結します。 「憧れ」となる生活をしている人 そして、芸能人と属性が似ていますが、 多くの人が憧れる生活をしている人もアメブロに最適です。 たとえばこちらのような属性は人気が出やすいようです。 海外在住• 家の整理整頓術がすごい• ステキな家に住んでいる 逆に、人に言えないような家庭事情がある人なんかもそれを暴露することで人気アカウントになります。 イラストやマンガが描ける人 イラストやマンガが描ける人はアメブロという選択肢もアリです。 ブログは 画像だけでは検索結果に現れにくいため、自分でブログを開設するよりも、アメブロのコミュニティを使うほうが有利だからです。 ヨス 収益化の要になる 「Googleアドセンス広告」が入れられないのが致命的……。 ちなみに本気でブログをやりたい人はこちらの記事が必見です。 メインのブログがすでにある人 メインのブログを WordPressなどで持っていて、さらに集客を考えている人にはオススメできます! アメブロからメインのブログへ導入として使う アメブロには 独自のコミュニティがあり、検索から自分のブログにはやってこない人たちがいます。 そういう人を 自分のメインのブログや、メインビジネスに呼びたい場合は、アメブロは活躍できることがあります。 ただし、あくまで記事のクオリティに力を入れるのはメインのブログにしておきましょう! 芸能人や公式ブロガーの日記を読みたい人 ブログを自分で書くのではなく、 芸能人や公式ブロガーのような「キラキラした人」の日記を読みたい場合もアメブロは最適です。 そういう情報は検索では出てきにくいと思うので、アメブロアプリを使って楽しみましょう。 自分がブログを書かなくても アメブロアプリは「読む側」としての機能が優秀ですよ! タイピングの練習をしたい人 文章どころか、タイピングもままならない人が、 タイピングの練習としてアメブロで日記を書くのはオススメです。 無料ですからね! についてはこちらの記事をどうぞ。 同じ趣味の仲間を見つけたい人 同じような趣味を持つ仲間を見つけたい人にもおすすめです。 アメブロはブログというよりも、SNSの色味が強いので、いろんな人と交流しやすいです。 Twitterなどのを持っている人はそちらを使ってもいいですが、持っていない人はアメブロを使ってみるといいかも。 アメブロのメリット では、 アメブロの良いところ(メリット)をまとめます。 アメブロは無料で使える まず、アメブロは 無料で使えます。 これは利点ですよね。 パソコンがなくても、スマホだけでもブログを始められるので、 実質スマホを持っていれば始められます。 アメブロアプリが使いやすい そして、アメブロで記事を書くときにお世話になるスマホ用の アメブロアプリが使いやすいです。 アメブロアプリは使いやすい ただこれには条件があって、 単なる「日記記事」を書くのなら……という条件です。 需要のある記事を検索からアクセスを集めるためにガッツリ書くのなら、スマホアプリではちょっと難しいです。 アメブロアプリは他人のブログ(とくに芸能人)を読みやすい そして、前項でも書いたアメブロアプリですが、 他人のブログを読みやすい作りになっています。 アメブロアプリのトップページは、 Yahoo! JAPANのトップページみたな賑わいがありますね。 他人のブログを読みやすい 「他人のブログが読みやすい」とは言っても、同じアメブロ内の記事ですよ。 とくに 芸能人のニュースに関しては露出が高いため、たどり着きやすいです。 こちらの画像の下の方に「おすすめブロガー」のように出ていますが、芸能人はかなり優遇されていますね。 芸能人は「オススメ」としてもよく出る 逆をいうと、 一般人は優遇されません。 ブログを書かない人で、他人のブログ(アメブロのみ)を読む専門の人にとくにオススメかもしれません。 アメブロはSNSとしても楽しめる アメブロには、 アメブロ独自の「いいね! 」があります。 ほかにも「フォロー(読者登録)」もあり、 アメブロはブログというよりも「SNS」という側面が強いです。 そのため、SNSとして楽しめますね。 同じ興味のある仲間を増やすには向いているかも知れません! 歌詞を堂々と使える ブログで好きな歌の 「歌詞」を掲載すると著作権違反になります。 ところが、 アメブロだとその許可が得られているので、堂々と歌詞を載せられるんですね。 ヨス これは微妙すぎる……。 【参考】芸能人の場合は収益化できる ここまで一般人の話をしていますが、もし 芸能人、もしくは「アメブロ公式ブロガー」であるなら、アメブロでの収益化は可能です。 そういう話もあるので、芸能人はこぞってアメブロを使っているのでしょう。 アメブロ側の収益になる広告がウザい Googleアドセンスの広告がアメブロには貼れないという事実を紹介しました。 ところがですよ……自分のブログを見てみると、 そこらじゅうに広告が入っていることに気づきます。 ほら、こちらの画像を見てください。 アメブロの収益になる広告がいっぱい 記事一覧の一番上の目立つところに、広告(たぶんアドセンス? )があります。 一番下にも固定の広告がありますよね。 下記画像の「記事ページ」を見ても広告だらけ。 アメブロの収益になる広告は記事ページにも ブログを書いている人の収益にならない じつはこれらの広告は、ブログを書いている人ではなく、 アメブロ側の収益になります。 つまり、どんなにアクセスを増やして、どれだけこれらの広告がクリックされても こちらには1円も入ってきません。 たとえば月に1万PVを超えたとしたら、 アドセンスで3,000円ぐらいにはなってそうなのですが、アメブロを使っているとゼロ円です。 ヨス そんな……ひどい…… ……と思いそうですが、これもアメブロを無料で使わせてもらう人の宿命です。 タダで使わせてもらっているので文句は言えませんよ。 「有料」で広告を外すことはできる これらの広告ですが、 毎月1,000円のプランにすれば 非表示にすることはできます。 かといって、アメブロに自分のアドセンス広告を入れられるわけではないので、意味がありません。 そもそも、としても月に800円でできるので、アメブロの有料プランを使う理由が……(遠い目)。 ほかのブログへの流出がひどい アメブロを使ってみて衝撃を受けたのは、アメブロ側の収益になる広告だけではありません。 ほかのブログへの流出を促す宣伝(? )がひどいのです。 たとえば、自分のブログ記事の直下にこんな広告があります。 「Ads by Ameba」という広告 「Ads by Ameba」と書いてあるので、アメーバがお金をもらって掲載しているのでしょうか? クリックするとほかのブログへワープします。 「ニュース(Abema TV)」とか自分のブログにぶっこまれてますし……。 AbemaTVの宣伝も 自分のブログ以外をオススメしている 下の方に行くとこんなにいっぱい「 オススメ記事(ほかのブログ)」が! ほかのブログへの入り口がこんなにたくさん なんで自分のブログなのに、 ほかのブログを「オススメ記事」で出すんだよ!! (笑) 「みんな! このブログから出ていってくれよな! 」といわんばかりにほかのブログの記事への入口が表示されています。 ヨス 「あれ? これって誰のブログだっけ? 」と錯覚する勢いですな。 ランキングで上位に来ると目立つ ちなみに、アメブロの専用アプリで自分のブログを見ていても、こんなふうにほかの人の記事がオススメとしていっぱい出てきます。 ほかの人の記事がオススメとしていっぱい出てきます 「人気記事」って書いていますが、 わたしのブログ以外の人気記事です。 とくに 自分と同じジャンルの 上位3位までのブログはすごく目立つ形で表示されます。 の写真10 逆を言えば、アメブロ内で人気記事と認定されると、 よそのブログ内でこんなふうに露出できるというわけですね。 この「人気記事と認定される」ためには、次項で紹介する「ランキング」が重要になります。 アメブロ内の「ランキング」ばかりに目がいく仕組み 自分のブログに行くと、やたら目に入るのは「 ランキング」です。 ランキングが目立つ このランキング、自分の登録している「ジャンル」でのランキングになります。 このランキングはページビュー(読まれた回数)に紐付いていると思われますが、うまいですよね。 順位が上がるとうれしいのでついついがんばります。 そのため、目先のランキングを上げることを目標にしてしまいがちなんですよね。 Googleの検索順位で上位に来て、 検索からアクセスを流入するという視点になりにくいのがアメブロを使う最大の弱点だと言えるかもしれません。 CSSがスマホでは適応されない アメブロの設定画面にCSSを記述できるところがありました(参考: )。 ところが、これはスマホには適応されないという仕様です。 そのため、スマホでもCSSを表示させるには みたいにいちいち書く必要があるため、コードが汚くなります。 ヨス こんな画面に切り替えてHTMLで とか入力しますか? いやー、やってられませんよね(笑)。 アメブロでは独自ドメインを取得できない アメブロではが取得できません。 独自ドメインというのは、このブログだとこちらになります。 独自ドメインはレンタルしている これはわたしがドメインを管理する会社に 「電話番号」を借りるごとくレンタルしているんですよね。 まぁ、年に1,000円程度で高くないですけど。 ではアメブロだとどういうURLになるのかというと、こうなります。 jp」の部分です。 つまり、アメブロで作ったブログはアメブロの中にある一部のスペースを借りて運用することになります。 独自ドメインじゃないとダメなの? 独自ドメインじゃないと何がダメなのかというと、ほかのブログサービスなどに引っ越しできないからです。 ヨス くわしくは次項で紹介していますよ! ほかのブログサービスへの引っ越しができない アメブロが独自ドメインを持てないということを紹介しました。 もしアメブロに不満があって、ほかのブログサービスに変更したいと思うとURLが変わることになります。 さきほども見たこちらをご覧ください。 jp」になっているので、たとえば「はてなブログ」に変更したいなら 「ameblo. jp」のままでは使えません。 URLが変わるのはよくない そしてここが肝心なのですが、URLが変わるのはよくありません。 ブログを始めて、 今まで築き上げてきたGoogleからの評価がゼロに戻ってしまうからです。 たとえば、検索順位が高くなっていた記事もゼロに戻るということですね。 そもそもアメブロからは引っ越しできない仕様 そして、ここが肝心なのですが、 アメブロからは引っ越しが簡単にできない仕様になっています。 それはそうですよね。 「アメブロが稼げない」と気づいた人がどんどん WordPressなどに移行していけば、アメブロを使う人が減ります。 そうなるとアメブロに入ってくる広告からの収益も減りますからね。 簡単に引っ越しさせたくはないでしょう。 ただ、引っ越しする方法はあるみたいです(大変だとは思いますが)。 とはいえ、 アメブロを使っていた人はそんなにアクセス数のある記事を書いていない人が多いので、引っ越しに労力を使うぐらいならしたほうがいいです。 著作権がアメブロ側に? アメブロを運営している人でも知らない人が多そうなのが アメブロで掲載したコンテンツの著作権についてです。 こちらをご覧ください。 当社は、利用者が本サービスにおいて投稿、アップロード又は保存した全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限られません)について、これらを保存・蓄積した上、本サービスの円滑な運営、改善、当社又は本サービスの宣伝告知等(第三者のメディアへの掲載を通じた紹介記事・コンテンツ等も含まれます。 )を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、利用者はこれに同意するものとします。 より引用しました。 簡単にいうと、「アメブロ上にアップロードされている文章や画像、動画などはアメブロ側(サイバーエージェント)が自由に使いますよ」ということです。 著作権までは奪われませんが、 「アメブロを使う」=「自由に使われること」に同意することになります。 いつブログが消えるか分からない 最後にアメブロで築いている自分のブログはいつ消えるかわからないという点。 可能性は低いと思いますが、株式会社サイバーエージェントがアメーバブログというサービスを終了すれば、自分のブログは必然的に消滅するでしょう。

次の