シックス・センス 考察。 オッドトーマス 考察と感想 アクションシックスセンス

『シックス・センス』の動画を無料で見る方法。第六感で死者が見える?!

シックス・センス 考察

映画『シックス・センス』などで知られるM・ナイト・シャマラン監督の最新作『スプリット』が公開されました!今回はこの『スプリット』をシャマラン監督作品の特徴と共に考察していきます。 以後ネタバレを含みますので、鑑賞後に読んで頂くことをお勧めします。 シャマラン監督の作家性とは? 『シックス・センス』からの「大どんでん返し」のイメージ 第89回アカデミー賞で作品賞発表の際、作品名を間違えるという前代未聞のハプニングが起こりましたが、これに関連して話題になったツイートがありました。 「私が2017年のアカデミー賞のエンディングの脚本を書いたんだ」。 このツイートをしたのはM・ナイト・シャマラン。 彼は今回紹介する映画『スプリット』の監督ですが、大ヒット映画『シックス・センス』のようにラストに衝撃的なオチがあるという、いわゆる「大どんでん返し映画」の監督として一般的に認知されています。 上記のツイートは自身のイメージを使ったジョークだったのですが、このイメージによって彼は世間一般から若干過小評価されてしまっているのも事実です。 描くのは常に「本当の自分と向き合う人々」のストーリー しかし、彼の映画の醍醐味は「大どんでん返し」のラストだけではありません。 彼が常に描いているのは「本当の自分と向き合う人々」のストーリーです。 『シックス・センス』はある人物が本当は幽霊だった、というのがオチとしてありますが、これもその人物が本当の自分と向き合った結果です。 『アンブレイカブル』も自身が不死身のヒーローであることに気づいた男のストーリーですし、前作の『ヴィジット』では姉弟がラストで自分達のトラウマと向き合います。 シャマラン映画の特徴をまとめるとするならば「主人公が何か超常的な体験を通して本来の自分に気づく映画」と言うことが出来るでしょう。 彼の映画はこのような一貫したテーマが先にあり、結果として「大どんでん返し」的な映画になってしまうのです。 シャマラン監督は、きっと見えないものを見て、聞こえないものを聞いて、ありもしないものを信じる、物語の、映画の力を愚直に信じてる人。 とするなら、『スプリット』はまさに現実の行き止まりと、妄想が交差するシャマランの集大成。 きっと、悪夢でぐっすり眠れる人がいるはず。 そんな感情。 シャマラン監督が描いてきた「人間の持つ説明できない何か」の集大成。 シャマラン監督は「理不尽な痛みや苦しみは人を強くも優しくもするが、化け物にしてしまうこともある。 その痛みと苦しみの上で誰かが得た能力を、手放しで賞賛していいのか?」という問題を描き続けてる。 — 生 Ubu UbuHanabusa 多重人格VSトラウマを抱えた少女 ケビンにおける「本来の自分」とは? 上記のシャマラン映画の特徴に沿って、『スプリット』を読み解いてみましょう。 ケビンは過去の虐待の結果、解離性同一性障害(多重人格)を患います。 そして様々な人格を形成し、それぞれの人格によって様々な能力を開花させます。 最終的には24人目の「ビースト」という恐ろしい存在にまで進化していきますが、この存在こそケビンにとっての「本来の自分」と言えることが出来ます。 「ビースト」は「母親に虐待された弱い自分」というケビンの過去のトラウマと対になる存在です。 それゆえ筋骨隆々の怪物的な肉体を持ち、女性ばかりを殺害します。 ケイシーの悲惨な過去 本来の自分と向き合うのはケビンだけではありません。 ケビンに誘拐されるケイシーは監禁中、自身の過去を振り返ります。 彼女は幼少期に父親と叔父との3人で行った鹿狩りの最中、叔父から性的虐待を受けます。 そして父親が早死した後は、この叔父が彼女の保護者となり、それ以後も恐らく虐待は続いていることが示されます。 彼女はこの監禁事件をこれまでの虐待の経験と重ね合わせ、どうにか逃げ出そうとするも、彼女の脱出計画はことごとく失敗していきます。 トラウマと向かい合うケイシー ケイシーは最初の性的虐待の後、叔父にライフル銃を向けたことを思い出します。 あの時、引き金を引く勇気があれば、以後の苦しみは無かったのに、と彼女は後悔しているのです。 このように彼女が勇気を出せない状況は、映画の冒頭、誘拐されかける場面で逃げることが出来たかもしれないのに車のドアを開けることをためらった様子とも重なります。 男性からの支配に打ち勝つための勇気が出せないケイシーでしたが、映画のラストで自身のトラウマと向き合うことになります。 ライフル銃を手に入れたケイシーは、男性性の象徴ともなったビーストに追いかけられ、逃げ場のない檻の中に逃げ込みます。 そして、追いかけてきたビーストを自身の悲惨な過去と重ね合わせ、それらを消し去るが如くビーストに対してライフル銃の引き金を引くのです。 傷ついた者同士の初めての共感 ケイシーの放った弾丸はビーストに命中するも、ビーストを殺すことは出来ません。 それどころか彼女の入っている檻を力ずくで捻じ開けようとします。 しかし、ビーストはケイシーの体中に無数の傷跡を見つけます。 これは彼女が叔父から受けている虐待によるものであり、彼女もケビン同様に過酷な経験をしていることにビーストは気付きます。 ケイシーのことを自分と同じ魂の持ち主だと認め、ビーストは去っていきます。 2人はお互いにとって自身の過酷な境遇を曝け出し共感することが出来る初めての相手だったのです。 ビーストが去り、施設の職員に救出されたケイシーは、パトカーの後部座席に乗せられます。 そこへ女性警官がやって来て、叔父が迎えに来ていることを告げるのですが、ケイシーはその女性警官を見つめ続けます。 ケイシーのその後は映画には出てきませんが、自身のトラウマに立ち向かうことができた彼女は、叔父に立ち向かうために女性警官に自身が虐待されていることを伝えた、と考えられます。

次の

『シックス・センス』の動画を無料で見る方法。第六感で死者が見える?!

シックス・センス 考察

シックス・センスのあらすじ・作品解説 シックス・センスは、1999年に公開されたアメリカ映画で、「見ていない人にはこの映画の秘密を決して話さないで下さい」といった前置きが話題にもなった、サスペンス・ホラーである。 主役の精神科医をブルース・ウィルス、死者が見える能力に悩まされている少年役をハーレイ・ジョエル・オスメントが演じており、特にハーレイは天才子役と評され、この役で数々の賞を獲得している。 高名な精神科医であるマルコムは、かつて治療した患者に自宅で撃たれ、患者は自殺。 この事件でマルコムは深く心を痛め、愛妻とも距離を感じるようになる。 1年後、秘密を抱え複雑な精神状態が見られる少年コールに出会い、少年を救えば自分も救われるという思いもあり診療を始める。 交流を重ねるにつれ心を開いたコールは、死者が見え、話かけてもくるという秘密を明かすのだが・・・。 終盤、マルコムは予想だにしなかった真実に気づくのだが、観客も同時に驚愕の真実を知ることとなる。 1999年アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞を始め、多数の賞にノミネートされた。 シックス・センスの評価 総合評価 4. 24 4. 24 19件 マルコムとコールの苦悩を描いた作品 この作品はあまり予備知識を入れずに観た方がいいです。 精神科医のマルコム、以前自分が観ていた患者に撃たれます。 そしてその後、彼はまた普通の生活に戻れるためにとリハビリをして復帰後最初に出会ったのがコールでした。 コールは死者が見える第六感の持ち主。 しかしそれを公にすることはできませんでした。 母にも相談ができず一人で悩んでいる時にマルコムに出会うのです。 コールはマルコムに死者が見えることを告げ、その悩みから解放されたいと打ち明けるのですが、ひょんなことで彼の気持ちは晴れ、母にも相談をすることになります。 一方のマルコムは妻との会話ができず彼も悩んでいる…のですがここら辺から異変に気付く人もいるかもしれません。 私は妻とのすれ違いあたりで結末に気づいてしまいました。 早く気づいたせいで「衝撃的結末」とは感じることはできませんでしたが、作品としては面白かったです。 切ない雰囲気の漂う心霊ホラー M・ナイト・シャマラン監督による、ミステリーホラーといった感じの映画で、第6感を持つ8才の少年の役でハーレイ・ジョエル・オスメント、その少年に小児精神科医として接する役でブルース・ウィリスなどが出演しています。 見たくもないものが見えてしまうという特殊な感覚を持ってしまった故に遭遇する恐怖や孤独感など、子役の演技にもよく出ていて、全体的に切ない空気が漂っていたような気がします。 霊の雰囲気は変な派手さはなく、ある程度自然な感じだったのでそこも良かったと思います。 丁寧に撮られている印象で、ストーリーにも入り込んで観ることができましたね。 ラストの衝撃度は1度きりでしょうが、それを知りつつも再度観てみたら、また違った感覚で観れる映画かも知れません。 素直に騙された ラストがとにかく衝撃。 全然分からなかったし、すぐには飲み込めなかったし、もう一度最初から見ないと納得できなかった。 ブルース・ウィリスも好きだし、ハーレイ・ジョエル・オスメントくんが出演していて話題作なのは知っていたけれど最初は見る気がしなかった。 ホラーが苦手だから。 けれど先に見た友人から「ホラーだけじゃない」と強く勧められて鑑賞。 確かに脚本が綿密に作り上げられており、ホラー要素を感じる間もなくストーリーに没頭できた。 ハリウッド映画、尚且つブルース・ウィリスが出演している映画というと、大規模な爆発シーンが売りな作品が多いのでこの展開は意外だった。 けれどいい意味で裏切られて、ラストには衝撃の展開が準備されている。 2回は見て欲しい。

次の

オッドトーマス 考察と感想 アクションシックスセンス

シックス・センス 考察

原題:The Sixth Sense• 製作国:アメリカ• 公開年:1999年• 監督:M・ナイト・シャマラン• 主な出演者:ブルース・ウィリス(マルコム)、ハーレイ・ジョエル・オスメント(コール)、オリヴィア・ウィリアムズ(アンナ)、トニ・コレット(コールの母) 「シックス・センス」のあらすじ 小児精神科医である マルコム・クロウは、長年の功績によって、フィラデルフィア市長から表彰を受けるほどの高名な医師だった。 ある晩マルコムの自宅に、彼が10年前に担当した患者、 ヴィンセントが現れる。 ヴィンセントはマルコムが自分を救ってくれなかったと訴え、マルコムの腹部を銃で撃って負傷させた直後に、自ら命を絶ってしまった。 翌年の秋。 マルコムは仕事に復帰したものの、ヴィンセントを救えなかった後悔を抱えながら、鬱々とした日々を過ごしていた。 事件以降は妻との仲も冷え込み、ほとんど会話もない。 そんな中、マルコムは9歳の少年 コールのカウンセリングを担当することになる。 コールの境遇や態度に、かつて救えなかったヴィンセントの面影を重ね、力になりたいと願うマルコム。 始めのうちは心を閉ざしていたコールだが、次第に打ち解け、誰にも話したことのない自身の秘密をマルコムに明かす。 コールには死者の霊が見えるという能力( 第六感 シックス・センス)があり、その特異さから学校でも浮いてしまい、シングルマザーである母との関係もぎくしゃくしてしまっていたのだ。 当初は幻覚を疑っていたマルコムも、彼の言葉を信じるようになり、霊が現れる原因を共に探ることになる……。 「シックス・センス」作品情報 衝撃的なラストが話題となり、 M・ナイト・シャマラン監督の名を世に広めるきっかけとなった大ヒット作。 とにかく最後の種明かしで驚かされた人が多く、劇場公開の際には、ネタバレ禁止を呼びかけるブルース・ウィリスからのコメントが冒頭で流されるほどでした。 ホラー映画と呼ばれることもあれば、サスペンス映画、ミステリー映画と呼ばれることもあり、少々カテゴライズが難しい作品です。 私個人としては、マルコムとコールを中心に人々の心の交流を描いた、 ヒューマンドラマ的な印象を強く感じました。 実のところ、私は序盤でオチがほぼ分かってしまった状態で見ていたのですが、純粋にストーリーが良いのと演出が素晴らしいので、全く問題なく楽しめました。 決してどんでん返しを楽しむだけの映画ではないです。 ショッキングな映像や恐怖演出は殆どないので、洋物ホラーにありがちな過激演出が苦手な方にもおすすめです。 全て見終わったら、もう一度最初から見返したくなること間違いなし。 初めて見た時と、2回目に見た時では、作品の見え方が全く違ってくると思いますよ。 未視聴の方はご注意ください。 死者は、何か助けを求めて現れるのではないか? 死者の望みを聞き、それを叶えることが出来れば、彼らは現れなくなるかもしれない。 マルコムの後押しを受け、今までただ霊に怯えるだけだったコールは、初めて死者と向き合う決意をする。 その夜コールの前に姿を現したのは、 キラという少女の霊だった。 怯えながらも、勇気を出して彼女に語り掛けるコール。 キラは実の母親に毒殺されるという不幸な最期を遂げたが、コールが彼女の望みに従い心残りを解消したことで、救われることができた。 霊を恐れず向かい合うようになったコールは、学校の先生やクラスメイトとも、少しずつ交流できるようになっていった。 コールが迷いを断ち切り歩み出したのを見届け、役目が終わった事を悟るマルコム。 別れの時、コールはマルコムと妻 アンナの関係について、ひとつのアドバイスを贈る。 「眠っている間に話し掛けてみて。 無意識に、話を聞いてくれるから」 マルコムと別れた後、コールは死者を見る力のことを、母・ リンに初めて打ち明ける。 そして亡くなった祖母から受け取った、リンへの愛のメッセージを伝えた。 リンは泣きながらコールを抱きしめ、母子はようやく心を通わせることができたのだった。 一方、家に帰ったマルコムは別れ際のコールのアドバイスに従い、ソファで眠るアンナに語り掛ける。 眠ったまま言葉を返すアンナ。 「どうして私を置いていったの……?」 その時、眠っているアンナの手元から指輪が転がり落ちる。 それはマルコムが常に身に着けていたはずの結婚指輪だった。 自分の手に指輪がないことに初めて気づいたマルコムの脳裏に、今までの出来事と、コールの言葉とが次々とフラッシュバックする。 マルコムはようやく、自分が 「死者」であることを理解した。 マルコムは1年前ヴィンセントに銃で撃たれた時に、そのまま息を引き取ったのだった。 眠るアンナに寄り添いながら、マルコムは自分の中にあった2つの「心残り」に気付く。 ひとつは、誰かを助けること。 もうひとつは、大切な人に愛を伝えること。 「誰より君が大切だった。 愛してる。 」 彼の言葉に、微笑みを浮かべるアンナ。 死後も後悔に苛まれ続けていたマルコムの魂は、未練を断ち切り、ようやく解放されたのだった。 謎解きや伏線回収に関しての考察は、別の機会にじっくり書いてみたいと思ってます。 正反対な2人が育んだ絆 患者と医者。 少年と中年。 生者と死者。 立場の全く異なるマルコムとコールですが、幾度となく言葉を交わしていくうちに、やがては固い信頼と絆で結ばれていきます。 コールと出会った当初、マルコムは医師として、少年を救おうと意気込んでいました。 けれど彼のそれはただの善意や責任感ではなくて、過去の後悔や自分自身の心の傷を埋めるためでもあった。 勝手にコールにヴィンセントの姿を投影して、コールを救えたらヴィンセントも、そして自分も救われるような気がしていた。 身勝手な偽善に他なりませんが、マルコムがそんな自らの心情を正直にコールに打ち明けたことで、逆にコールはマルコムを信用するようになり、2人の距離も縮まりました。 コールはマルコムとの出会いによって孤独から解放され、勇気をもらい、周囲の人々との関係も改善された。 マルコムはコールのおかげで自信を取り戻し、望みを叶え、現世への心残りを断ち切ることが出来た。 互いの傷を癒し、互いによって救われる、最高の出会いだったと思います。 母と息子の心が通じ合った瞬間 私がこの映画で一番好きなシーンは、コールが母に秘密を打ち明け和解する場面です。 母に嫌われたくなくて、心配をかけたくなくて、ずっと秘密を打ち明けられなかったコール。 息子の真意がわからない苛立ち、母の愛情を確かめる術のないやるせなさ、様々な思いがない交ぜになって苦しんでいたリン。 そんな2人の心が解放され通じ合うことが出来た、心温まる名シーンだと思います。 リンは一見すると勝気で快活な母親に見えますが、 内心はボロボロだったんじゃないかと思うのですよ。 シングルマザーで、2つの仕事を掛け持ちしながら必死で子育てしてる。 ただでさえ孤独なのに、一番頼りたいはずの母親はもういない。 そんな中、コールは心を閉ざしているし、不可解な問題行動も多いし(実はほぼ霊の仕業なのですが)、どうやら友達からいじめられてるようだし、身体にアザや傷作ってくるし、おまけに医者からは自分が虐待してるんじゃないかと疑われるし、もう パンク寸前ですよね。 昔はコールの方に肩入れしがちだったけれど、大人になって見るとつい母の方に感情移入してしまいます……。 誤解が解けて、2人がちゃんと分かり合えて、本当に良かった。 周回前提?ぜったい2回は見たくなるはず 作品紹介でも書きましたが、最後まで見終わったら、また最初から見たくなる映画です。 最後のネタばらしを見た後でもう一度見返すと、同じ場面や同じ登場人物でも見え方が全く変わってきます。 細かな伏線を回収しながら見返すのも楽しいですよね。 私も、大まかなオチは何となく読めたものの、各所に散りばめられた伏線にはなかなか気づけないところも多く、何度も見返してしまいました。 あ、ここ映ってないのわざとかな? これはひょっとしてこうなってるのかな? この映像は誰の視点だろう……。 など、ひとつひとつ確認しながら視聴するのが、宝探しのようで面白かったです。 残念ポイント:字幕が下手 この映画の数少ない残念ポイントのひとつが、 字幕のセンスがないことだと思います。 洋画は気に入ったら字幕・吹替両方見る派なのですが、管理人は英語力がないため字幕の文字がすごく大事でして、日本語訳がおかしいと何となくスッキリ見られないのですよね。 限られた文字数で、話し言葉として不自然のないようにうまく台詞をまとめるのは、かなりの技術とセンスを必要とします。 吹替も誰が声を当てるかによってかなり当たり外れがありますが、字幕にも結構外れがあるんですよね…… 正直今作は外れだと思う。 言葉の選び方、台詞の訳し方は圧倒的に吹替の方が良かったです。 ただコール役のハーレイの声がめちゃ可愛いので、やっぱり英語版も聞きたいんだよなぁ……(結局両方見るしかない)。 総評 推理物のように、最後のネタばらし部分ばかりがクローズアップされがちな今作ですが、「オチが分かるとつまらない」タイプの作品かというと、そんな事はありませんでした。 何故なら、終盤までのストーリー自体は、そもそも「謎を解くこと」を主眼に置いたものではないからです。 序盤はサスペンス、途中からオカルトホラー、後半はハートフルヒューマンドラマ、ラストはミステリータッチで終わるという、とにかく掟破りで個性的なこの映画。 上記ジャンルのどれか1つでも引っかかるものがあれば、きっと楽しめると思います。

次の