プリコネ マルチ ターゲット。 【プリコネR】範囲攻撃でマルチターゲットハイスコアを狙おう! 9月期クランバトル開催【グラットン】

【プリコネR】クランバトルで勝つためのコツと報酬一覧【プリンセスコネクト】

プリコネ マルチ ターゲット

クランバトルとはどういったものか? 要点まとめ。 今回はクランバトルについてとなります。 プリコネにおける クランバトルとは端的に申し上げれば強力なボスモンスターを殴るコンテンツです。 クランバトルに挑戦するためには CP(クランポイント)が必要でクランポイントは、消費したスタミナと同じ量が溜まるので、どんどんメインクエスト等のコンテンツを攻略していきましょう。 スタミナ300消費毎に1回の挑戦権が生まれ、1日に最大3回まで挑戦権が付与されるので回数が限られた中で思考を凝らす詰将棋? のようなモノとなっています。 2度めはありませんので安易にタスクキルしないこと。 出撃は1日につき1キャラクター1回までになっているので、いつものフル固めをしたメンバーで1戦目に出撃すると2、3戦目が辛くなります。 クランからのサポートは1戦1キャラクターまでしか利用できません。 要点をまとめると以下のようになります。 クランメンバー総出(シングルモードも有)で膨大なHP量のボスと戦うコンテンツ。 ボスに挑戦するにはCP クランポイント が必要不可欠。 CPはクエストなどでスタミナを消費する消費分だけ貯まる。 300スタミナ消費で1CP付与。 各プレイヤーは1日に3回までボスに挑戦できる(途中討伐時は持ち越し発生)。 ボス撃破、減らしたHP量に応じた順位などにつきクランコインという育成アイテム交換トークンを獲得可能。 一度使ったキャラは当日中使用不可に。 (模擬戦は可能)• 基本は15キャラを育成しての参加が求められる。 クランメンバーのキャラクターを1戦につき1キャラをサポート枠として使用可能(自分のマコト、サポートのマコトは別枠扱いとなり、別々の戦闘に同名キャラクターが使えるので サポートで穴埋めしましょう)。 万が一本戦中にアプリが落ちてしまった場合、 1日1回限り 挑戦回数が補填される仕様になっている。 (5:00更新) 自身のキャラクターの育成度合い等が割合明確に出てくるので、 ガチガチにやらなければ楽しいと思います。 反省点があれば来月までには其処を穴埋めする、といったモチベーションも湧いて出てくるものと思います。 グラブルで言う古戦場といったところでしょうか。 ボスには 1~3段階目という難易度設定のようなものがされています。 1番目から5番目のボスを一通り倒すことで次の周に回る、例としては1周目から2周目に行くというような表現をします。 各段階のボスに挑むことになる周回数は以下となります。 本戦ではイベントクエストのようなボス戦途中リタイアによるやり直しができないため、何度も本戦の練習ができる模擬戦で自分の中の最適パーティを作ることを強く推奨します。 模擬戦ではCPが消費されることが一切ないので、そのパーティでの火力が本当に安定するのか2~3回ほどオート等で流したり、マニュアル操作の具合を確かめましょう。 不意に事故が起きると申し訳ない気持ちで一杯になったりして不愉快になりたくないですからね…。 それが終わったらいざ本番である本戦へ…いきましょう! 主な使用キャラクター、おすすめ使用キャラクター 模擬戦をするためにもおすすめだったり、主軸立ちしてるキャラクターを簡単にまとめて紹介します。 おすすめできるキャラクターはメインクエスト攻略時とは異なり、ボス戦に特化したキャラクターが選抜されることになりがちです。 基本的には以下画像のような形で、 アタッカー2 デバッファー2 あとは適宜アタッカー追加、サポーターもしくはヒーラー1 のような5人編成になるでしょう 最初に、おすすめ デバッファーです。 物理はマコト、クリス軸になることが非常に多いです。 また、タンクが必要な際はジュンやルカが採用されることが多いです。 魔法は水着キャル、ネネカ軸になることが非常に多いです。 水着キャルが居ない場合はナナカやアンナ、アカリを主にデバフ要因として使うことになると思います。 次にこちらが主な アタッカーです。 キャラが居ない人向けのアタッカー全体版と絞り込んだものの画像2つを用意しました。 物理はムイミ、エリコ、ジータ(専用装備必須)がメイン級になることが多いです。 最近は ボスにUBを打たせないピンポイントメタ編成として水タマキが出番が多めです。 魔法はキョウカ、アン、クリスマスイリヤがメイン級になることが多いです。 1月環境下においては正月キャルがサポーター(ルナ、ユカリ等TP加速系)と組ませることで頭一つ抜け出た火力をしていて、正直バランスがおかしいレベルだと思うほどです。 調整がくるか対策ボスが出そうな気がします。 こちらが キャラがある程度揃っている方向けとなります。 絞り込むとこのような形です。 最後にこちらが主な サポーター・ヒーラーです。 サポーターとヒーラーは適宜最適解が異なるので簡単な表記とします。 強いて言うなら、 ジュン・コッコロ(最近は星6前提が多いですが…)・ユカリ・ミサトが初心者向けでしょうか。 マルチターゲットボス(通称:マルチボス)とは…? おすすめするキャラクターに別枠の存在があります。 それは マルチターゲットボス向けのキャラクターです。 マルチターゲットボスとは下記画像のように 攻撃判定が複数存在するボスのことを指します。 そのため通常であれば単体攻撃スキルを持つキャラクターが優先されがちですが、範囲攻撃スキルを持つキャラクターが選択されることが多くあります。 以下のキャラクターたちが使われているのを見たことがあります。 (物理のシノブ、魔法のヨリ、グレア、ミサキはキャラクターが不足していた際の補欠的存在となりがちです。 ) 以下はマルチボスの注意点等の要点まとめです。 ボスによって 当たり判定の数や距離が異なる。 他のボスでは当たっていた範囲攻撃が別のボスでは届かなくなりうまく行かない…といったことがあるので注意すること。 先頭の対象の防御力を下げると、後方の判定の防御力も同じ効果量だけダウンする。 先頭に防御デバフを入れてしまえば 範囲デバフキャラを編成しなくとも後続の防御力は下がるので注意すること。 毒や呪いなどの継続ダメージは効果対象の1体のみが受け、2体 2判定? で共有されない。 ボスが一定量のダメージを受けると BREAK! と表示されブレイク状態に入る。 ブレイク状態に入ると防御ステータスが下がりダメージを与えやすくなるのでデバフをしっかり入れ積極的に狙うこと。 クラバトのサポート設定 おすすめキャラクター・設定方法 メインクエストと同様に、 自分のキャラクターをサポートキャラクターに設定することが出来ます。 使用されるとマナが入り、されずとも時間経過でもわずかにマナがもらえるため設定は必ずしておきましょう。 以下 設定方法です。 持ち越し・TL(タイムライン)とは? 持ち越しとは、クランバトルの際に 時間途中でボスを倒した際に発生する延長時間のことです。 持ち越しの使用についての簡単な解説です。 ・持ち越しに入った際の編成は固定となり、その固定編成で時間全部を使い切らないと他の編成には出来ない。 ・持ち越しの際にアプリが落ちた際は、 1日1回限り挑戦回数が補填される仕様になっている。 (5:00更新) ・2人以上が同時に本戦に入った際は最後にボスを倒したプレイヤーが与えたダメージと、ボスの残りHPとの倍率で持ち越し時間が計算される。 例)AさんとBさんが残りHP600万のボスへ同時に本戦に入りました。 (Aは500万ダメージ・Bは430万ダメージ) Aが先に終了した場合、Bは90秒の持ち越しが発生する。 (残り100万に対して430万の4. 3倍ダメージ) Bが先に終了した場合、Aは80秒の持ち越しが発生する。 (残り170万に対して500万の約3倍ダメージ) 持ち越し時間を90秒発生させたくば、 残りHPに対して4. 3倍程度のダメージが必要となるわけですね。 与ダメージ倍率 持ち越し時間(単位:秒) 1. 1 29 1. 2 35 1. 3 14 1. 4 46 1. 5 50 1. 6 54 2 65 3 80 4 88 4. 3 90(1:30のため上限) 正直なところ 初心者のうちはあまり深く考えなくて良い要素ですが、頭の片隅に入れて必要なときに当ブログ等の情報を見返していただければと思います。 TL(タイムライン)とは、 キャラの挙動に合わせたタップ時間を記したものになります。 例)2020. 25 筆者書き起こし分 上記画像のようなもので、これに沿えば概ね平準化した結果が出せると言ったものです。 上位クランとなるとこのTL共有が肝要になってきます。 重要なのは、 わかりやすくすることですね。 キャラクター名をプリンやドMと書いたりするとパット見わからなくなりますのでNGです。 上記の例では暫定版のため掘り下げていませんが RANKや装備状況、星の数等の記載があるとなお良いです。 他人のyoutube等の動画を自分で書き起こすと意外な発見もあるため、ためしに1回2回書き起こすと良いと思います。 youtubeを見る際にはキーボードの「<」や「>」を押すことで60FPSにできる機能があるので、そういった機能を用いるといいかもしれませんね。 意外と知り得てなかったキャラ挙動も知ることが出来たり、色々と捗ること請け合いですので…! 最後に クラバトはエンドコンテンツの一つです。 合わない人にはとことん合わないものかもしれませんが、キャラクターの成長を垣間見ることができるのでなるべく参加をしたほうがモチベーションの維持ができると思います。 クラン関係の人付き合いに疲れたら「シングルモード」でプレイして楽しみましょう。 ・ 最も重要なのは 毎日コツコツやること ・強力なクランの サポートキャラクターは絶対に使用して手持ちの穴埋めをしていこう。 ・時間があれば 模擬戦もしてみよう。 他人の動画を見て TL書き起こしにチャレンジしてみよう。 といったところで締めくくりたいと思います。 クラバトで忙しくなるからしばらく記事かけないかな、とか思ってます。 早めに書きたいな。 次回の記事でお会いできたら幸甚です。 ご拝読ありがとうございました。

次の

【プリコネR】マルチターゲットの仕様と攻略おすすめのキャラクター【プリンセスコネクト】

プリコネ マルチ ターゲット

クランバトルとはどういったものか? 要点まとめ。 今回はクランバトルについてとなります。 プリコネにおける クランバトルとは端的に申し上げれば強力なボスモンスターを殴るコンテンツです。 クランバトルに挑戦するためには CP(クランポイント)が必要でクランポイントは、消費したスタミナと同じ量が溜まるので、どんどんメインクエスト等のコンテンツを攻略していきましょう。 スタミナ300消費毎に1回の挑戦権が生まれ、1日に最大3回まで挑戦権が付与されるので回数が限られた中で思考を凝らす詰将棋? のようなモノとなっています。 2度めはありませんので安易にタスクキルしないこと。 出撃は1日につき1キャラクター1回までになっているので、いつものフル固めをしたメンバーで1戦目に出撃すると2、3戦目が辛くなります。 クランからのサポートは1戦1キャラクターまでしか利用できません。 要点をまとめると以下のようになります。 クランメンバー総出(シングルモードも有)で膨大なHP量のボスと戦うコンテンツ。 ボスに挑戦するにはCP クランポイント が必要不可欠。 CPはクエストなどでスタミナを消費する消費分だけ貯まる。 300スタミナ消費で1CP付与。 各プレイヤーは1日に3回までボスに挑戦できる(途中討伐時は持ち越し発生)。 ボス撃破、減らしたHP量に応じた順位などにつきクランコインという育成アイテム交換トークンを獲得可能。 一度使ったキャラは当日中使用不可に。 (模擬戦は可能)• 基本は15キャラを育成しての参加が求められる。 クランメンバーのキャラクターを1戦につき1キャラをサポート枠として使用可能(自分のマコト、サポートのマコトは別枠扱いとなり、別々の戦闘に同名キャラクターが使えるので サポートで穴埋めしましょう)。 万が一本戦中にアプリが落ちてしまった場合、 1日1回限り 挑戦回数が補填される仕様になっている。 (5:00更新) 自身のキャラクターの育成度合い等が割合明確に出てくるので、 ガチガチにやらなければ楽しいと思います。 反省点があれば来月までには其処を穴埋めする、といったモチベーションも湧いて出てくるものと思います。 グラブルで言う古戦場といったところでしょうか。 ボスには 1~3段階目という難易度設定のようなものがされています。 1番目から5番目のボスを一通り倒すことで次の周に回る、例としては1周目から2周目に行くというような表現をします。 各段階のボスに挑むことになる周回数は以下となります。 本戦ではイベントクエストのようなボス戦途中リタイアによるやり直しができないため、何度も本戦の練習ができる模擬戦で自分の中の最適パーティを作ることを強く推奨します。 模擬戦ではCPが消費されることが一切ないので、そのパーティでの火力が本当に安定するのか2~3回ほどオート等で流したり、マニュアル操作の具合を確かめましょう。 不意に事故が起きると申し訳ない気持ちで一杯になったりして不愉快になりたくないですからね…。 それが終わったらいざ本番である本戦へ…いきましょう! 主な使用キャラクター、おすすめ使用キャラクター 模擬戦をするためにもおすすめだったり、主軸立ちしてるキャラクターを簡単にまとめて紹介します。 おすすめできるキャラクターはメインクエスト攻略時とは異なり、ボス戦に特化したキャラクターが選抜されることになりがちです。 基本的には以下画像のような形で、 アタッカー2 デバッファー2 あとは適宜アタッカー追加、サポーターもしくはヒーラー1 のような5人編成になるでしょう 最初に、おすすめ デバッファーです。 物理はマコト、クリス軸になることが非常に多いです。 また、タンクが必要な際はジュンやルカが採用されることが多いです。 魔法は水着キャル、ネネカ軸になることが非常に多いです。 水着キャルが居ない場合はナナカやアンナ、アカリを主にデバフ要因として使うことになると思います。 次にこちらが主な アタッカーです。 キャラが居ない人向けのアタッカー全体版と絞り込んだものの画像2つを用意しました。 物理はムイミ、エリコ、ジータ(専用装備必須)がメイン級になることが多いです。 最近は ボスにUBを打たせないピンポイントメタ編成として水タマキが出番が多めです。 魔法はキョウカ、アン、クリスマスイリヤがメイン級になることが多いです。 1月環境下においては正月キャルがサポーター(ルナ、ユカリ等TP加速系)と組ませることで頭一つ抜け出た火力をしていて、正直バランスがおかしいレベルだと思うほどです。 調整がくるか対策ボスが出そうな気がします。 こちらが キャラがある程度揃っている方向けとなります。 絞り込むとこのような形です。 最後にこちらが主な サポーター・ヒーラーです。 サポーターとヒーラーは適宜最適解が異なるので簡単な表記とします。 強いて言うなら、 ジュン・コッコロ(最近は星6前提が多いですが…)・ユカリ・ミサトが初心者向けでしょうか。 マルチターゲットボス(通称:マルチボス)とは…? おすすめするキャラクターに別枠の存在があります。 それは マルチターゲットボス向けのキャラクターです。 マルチターゲットボスとは下記画像のように 攻撃判定が複数存在するボスのことを指します。 そのため通常であれば単体攻撃スキルを持つキャラクターが優先されがちですが、範囲攻撃スキルを持つキャラクターが選択されることが多くあります。 以下のキャラクターたちが使われているのを見たことがあります。 (物理のシノブ、魔法のヨリ、グレア、ミサキはキャラクターが不足していた際の補欠的存在となりがちです。 ) 以下はマルチボスの注意点等の要点まとめです。 ボスによって 当たり判定の数や距離が異なる。 他のボスでは当たっていた範囲攻撃が別のボスでは届かなくなりうまく行かない…といったことがあるので注意すること。 先頭の対象の防御力を下げると、後方の判定の防御力も同じ効果量だけダウンする。 先頭に防御デバフを入れてしまえば 範囲デバフキャラを編成しなくとも後続の防御力は下がるので注意すること。 毒や呪いなどの継続ダメージは効果対象の1体のみが受け、2体 2判定? で共有されない。 ボスが一定量のダメージを受けると BREAK! と表示されブレイク状態に入る。 ブレイク状態に入ると防御ステータスが下がりダメージを与えやすくなるのでデバフをしっかり入れ積極的に狙うこと。 クラバトのサポート設定 おすすめキャラクター・設定方法 メインクエストと同様に、 自分のキャラクターをサポートキャラクターに設定することが出来ます。 使用されるとマナが入り、されずとも時間経過でもわずかにマナがもらえるため設定は必ずしておきましょう。 以下 設定方法です。 持ち越し・TL(タイムライン)とは? 持ち越しとは、クランバトルの際に 時間途中でボスを倒した際に発生する延長時間のことです。 持ち越しの使用についての簡単な解説です。 ・持ち越しに入った際の編成は固定となり、その固定編成で時間全部を使い切らないと他の編成には出来ない。 ・持ち越しの際にアプリが落ちた際は、 1日1回限り挑戦回数が補填される仕様になっている。 (5:00更新) ・2人以上が同時に本戦に入った際は最後にボスを倒したプレイヤーが与えたダメージと、ボスの残りHPとの倍率で持ち越し時間が計算される。 例)AさんとBさんが残りHP600万のボスへ同時に本戦に入りました。 (Aは500万ダメージ・Bは430万ダメージ) Aが先に終了した場合、Bは90秒の持ち越しが発生する。 (残り100万に対して430万の4. 3倍ダメージ) Bが先に終了した場合、Aは80秒の持ち越しが発生する。 (残り170万に対して500万の約3倍ダメージ) 持ち越し時間を90秒発生させたくば、 残りHPに対して4. 3倍程度のダメージが必要となるわけですね。 与ダメージ倍率 持ち越し時間(単位:秒) 1. 1 29 1. 2 35 1. 3 14 1. 4 46 1. 5 50 1. 6 54 2 65 3 80 4 88 4. 3 90(1:30のため上限) 正直なところ 初心者のうちはあまり深く考えなくて良い要素ですが、頭の片隅に入れて必要なときに当ブログ等の情報を見返していただければと思います。 TL(タイムライン)とは、 キャラの挙動に合わせたタップ時間を記したものになります。 例)2020. 25 筆者書き起こし分 上記画像のようなもので、これに沿えば概ね平準化した結果が出せると言ったものです。 上位クランとなるとこのTL共有が肝要になってきます。 重要なのは、 わかりやすくすることですね。 キャラクター名をプリンやドMと書いたりするとパット見わからなくなりますのでNGです。 上記の例では暫定版のため掘り下げていませんが RANKや装備状況、星の数等の記載があるとなお良いです。 他人のyoutube等の動画を自分で書き起こすと意外な発見もあるため、ためしに1回2回書き起こすと良いと思います。 youtubeを見る際にはキーボードの「<」や「>」を押すことで60FPSにできる機能があるので、そういった機能を用いるといいかもしれませんね。 意外と知り得てなかったキャラ挙動も知ることが出来たり、色々と捗ること請け合いですので…! 最後に クラバトはエンドコンテンツの一つです。 合わない人にはとことん合わないものかもしれませんが、キャラクターの成長を垣間見ることができるのでなるべく参加をしたほうがモチベーションの維持ができると思います。 クラン関係の人付き合いに疲れたら「シングルモード」でプレイして楽しみましょう。 ・ 最も重要なのは 毎日コツコツやること ・強力なクランの サポートキャラクターは絶対に使用して手持ちの穴埋めをしていこう。 ・時間があれば 模擬戦もしてみよう。 他人の動画を見て TL書き起こしにチャレンジしてみよう。 といったところで締めくくりたいと思います。 クラバトで忙しくなるからしばらく記事かけないかな、とか思ってます。 早めに書きたいな。 次回の記事でお会いできたら幸甚です。 ご拝読ありがとうございました。

次の

【プリコネR】スタミナ応援パックを10日間使ってみた感想

プリコネ マルチ ターゲット

攻略情報一覧• 最新情報 キャラ• ホットな記事• 開催中・予定のイベント• ランキング• 注目の攻略情報 アリーナ• クランバトル• ルナの塔• ダンジョン• 専用装備• その他の攻略情報• データベース ドロップ情報• その他のデータベース• 初心者向け攻略情報• その他・基本的な攻略情報• クランバトルやイベントでマルチタゲのボスを相手にする際にはぜひご参考ください。 最新情報 5月クラバト「ツインピッグス」がマルチタゲで登場 前回に引き続き「ツインピッグス」がマルチターゲットボスとして登場。 範囲攻撃キャラを編成して効率的にダメージを稼いでいこう。 しかし、 マルチターゲットのボスはダメージ判定が複数箇所にあるため、範囲攻撃は対象範囲内の各ターゲットにそれぞれヒットし、火力を大きく伸ばせる仕様になっている。 ターゲットについて ターゲットはモンスターの足元に表示された黄色の円形カーソルが目印。 カーソルが攻撃やスキルの対象範囲に入っていれば、各ターゲットのステータスに応じて個別にダメージを与えることが可能。 ブレイク時には与えるダメージ量が大きく増加するため、いかに早くブレイクさせられるかが重要。 ブレイク後は一定時間が経過するとブレイク状態から復帰し、改めて一定のダメージを与えると再度ブレイク状態になる ブレイクの前兆として、各ターゲットのカーソルが赤く変化。 先頭のターゲットに防御デバフを入れてしまえば、範囲デバフがなくとも後ろの防御力を下げられることは覚えておきたい。 状態異常は付与された敵のみ 毒や呪いなどの継続ダメージがターゲットのいずれかに付与された場合は、効果対象の1キャラ分のみダメージが発生する。 デバフとは違いダメージは共有されないため注意しよう。 マルチターゲットボスにおすすめのキャラ 物理キャラ 最適クラスの活躍が可能 適正になりやすい 相手次第では使う可能性がある 魔法キャラ 最適クラスの活躍が可能 適正になりやすい 相手次第では使う可能性がある プリコネRの関連リンク 最新のキャラ・ガチャ情報 開催中・予定のガチャ情報 イベント攻略情報 ミサトサマーエール 【プリコネR】おすすめの記事 プリコネRの人気記事 注目の攻略情報 各種掲示板 データベース その他お役立ち記事.

次の