コロナ 諦め。 家賃を払えないときは無理して払わないでください。諦めて住居を出ることもしないでください。(藤田孝典)

コロナの影響で諦めていたピアノ発表会 開催の意外な方法とは?!(ファンファン福岡)

コロナ 諦め

不動産事業を運営している株式会社TonTon 本社:東京都目黒区、代表取締役社長:今川博貴、以下 TonTon のグループ会社である、飲食事業を展開する株式会社Yappa(本社:東京都目黒区、代表取締役:越淵佳祐、以下 Yappa)は、運営する創作お茶漬け専門店「だよね。 」(以下 だよね。 )の海外店舗を救うクラウドファンディングプロジェクトを開始しました。 」をはじめたのは2015年。 」初の海外進出を果たしました。 その翌年には2号店もオープン。 jpg ] しかし、新型コロナウイルスの影響で計画は中止となってしまいました。 また、このコロナ禍で上海での売上も低下し、上海2号店を6月に閉店することが決定しました。 上海1号店も売上が減少していて、営業継続が厳しい状況です。 ですが、まだ諦めるつもりはありません。 この思いを実現させるために、今回、クラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げることを決意しました。 日本、そして世界で未曾有の事態が起きている大変な状況ではございますが、少しでも、みなさまのお力を頂ければ幸いです。 png ] 上海董事長兼総経理の高村です。 日本のお茶漬けを世界に広げるために上海に出て来て早3年。 上海のこの地に出店するまでにも、たくさんの苦労がありました。 出店手続きなどのルールの違いや、施工関係の事情で開店時期が遅れたり、中国スタッフとのコミュニケーション等、日本との違いに戸惑いながらも、なんとか開店までこぎ着け、今日にいたります。 少しずつですが、「お茶漬け」という和食の文化を浸透させていきました。 上海という街は日本でいう東京のような街で、新しい物が流行りやすいのが特徴で、さらに観光客が多い事も背中を押して、「お茶漬け」が受け入れられるまでに、時間はそこまでかからず、たった半年で2店舗目を出店する事が出来ました。 しかし、2020年になってすぐに中国内でコロナウイルスが発生してから事態は一変してしまいました。 中国政府の一声でほとんどの人が外出を控えた為、店舗の売上はほぼゼロに等しい状況になりました。 また従業員の安全も考えて、一時期は営業を中止しました。 1ヶ月くらい経ち、少し落ち着いた頃にデリバリー営業を再開しましたが、それだけでは従業員の給料や家賃分にも満たず、融資等の動きもしましたが、日本人代表者という事で、現地の銀行から借りることは一切出来ませんでした。 今は、日本の本社に支えられている状況です。 現在は以前の50%ほどに回復しましたが、観光地にある事が仇となり、まだまだ先行きは見えない状況です。 しかし、コロナウイルスが広がる前は上海以外での中国出店や、マレーシアや台湾など他のアジア圏での出店の話もあったりと、世界に日本の食文化である「お茶漬け」を広げるチャンスの年でもありました。 今後も皆様には身近な「お茶漬け」という物を世界に広める為、日本も大変な時期ではありますが、少しでも応援を頂けたら幸いです。 よろしくお願い致します。 【創作お茶漬け専門店「だよね。 」について】 メニューはこだわりのお茶漬けだけ。 一流シェフ考案のレシピと新鮮な食材が、日本の伝統であるお茶漬けに新たな魅力を与えます。 日本の食文化を創作お茶漬け専門店「だよね。 」から世界に発信します。 六本木店 住所 :東京都港区六本木4-12-4 清水ビル1階 最寄駅 :都営大江戸線六本木駅 7出口 徒歩4分/東京メトロ日比谷線六本木駅 4a出口 徒歩5分 営業時間:【店内】11:30 〜 20:00(L.

次の

「ボーナスは諦めてます」 国際線CAが告白した“飛行機とコロナ”の不安(文春オンライン)

コロナ 諦め

新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)の影響はとどまるところを知らない。 観光庁は、今年2月の訪日客が昨年に比べて58. 3%減少したことを発表。 東日本大震災後の62. 5%に次ぐ減少率だという。 旅客需要が大幅に減少するなか、特に大きな打撃を受けているのが航空会社だ。 全日空(ANA)は、大幅な運航本数減に伴い約5000人の客室乗務員を一時的に休業させる方針を固めた。 また、スカイマークは東京証券取引所への再上場を延期する方針だという。 現場で働く客室乗務員のリアルな声を聞いた。 畠山麻衣子さん(以下、畠山) スタンバイ勤務は、空港や自宅で待機する業務のこと。 当初フライトする予定だったCAがなにかのトラブルで欠勤になったときに、代わりに搭乗するスタンバイ要員です。 空港スタンバイは制服を着てデスクワークや雑務をしながら過ごしますが、自宅スタンバイは家で待機します。 もし急遽フライトが入ったらすぐに空港に行く、という感じですね。 今までは月に1、2回程度だったのですが、新型コロナが流行してからは自宅スタンバイが増えました。 地味にツラいのが、自宅スタンバイ中は外出できないことなんですよ。 いつフライトの連絡が入るかわからないので友だちと電話もしづらいし、買い物にも行けなくて。 あまりにもヒマすぎて、友だちにおすすめされた『バチェラー・ジャパン』をシーズン1から見始めました。 私自身、アクティブなタイプなので、自宅で動かないでいるのはストレスが溜まりますね。 しかも、自宅スタンバイが多いと手当がつかないから、基本給しかもらえないんじゃないかな。 まだ会社から通達は来ていませんが、みんな今年のボーナスは諦めてます。 フライトがある日は業務中のマスクなどの着用が義務付けられたり、感染拡大を防ぐために従来の通りの形での飲み物と食事のサーブがなくなったりしています。 畠山 はい。 フライトがあれば例えばヨーロッパなどにも行きます。 最近では、仕事でイギリスに行きました。 不特定多数の方と接する機会といえるフライトなどの仕事中は、「感染リスクが高い環境なのかもしれない」という不安がどうしてもありますね。 畠山 正直「本当に1人だけなの?」と思います。 同僚ともそういう話をしました。 ANAも減便の影響で約5000人のCAを一時的に休業させるというニュースを聞いて、学生時代の友人でANAで働いている子に連絡したら「私も全然わからなくて。 どうしよう」と話していましたね。 最後に畠山さんは、「自宅スタンバイが多いと考え方がネガティブになっちゃうから早く普通に働きたいです」と憔悴した様子で語っていた。 (清談社).

次の

【コロナに負けてたまるか!】和食文化“お茶漬け“の世界進出を諦めない!コロナ禍で危機の海外店舗を救うクラウドファンディングを開始。(2020年7月13日)|BIGLOBEニュース

コロナ 諦め

この特集では、自社の新入社員研修を完全オンライン化した企業を前後編で取り上げる。 企業の挑戦を振り返るとともに、その中で得られた気付きに迫りたい。 では、凸版印刷の取り組みを紹介した。 オンラインでも充実した研修を行うことで、自社の働き方改革や新たなビジネスにもつなげようとしているのが印象的だった。 後編である今回は、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)のオンライン新入社員研修を紹介する。 NTT Comは、5つのグループ会社を含め293人の新入社員を対象とした「スタートアップ研修」を4月1日~5月8日に実施。 そして5月11日、新入社員は各部署に配属され、一番長い所では8月末まで配属先の担当者が研修を行っている。 5月25日の緊急事態宣言解除後は、自社のガイドラインのもと対策を講じながら、オンラインと集合型を組み合わせているという。 同社も凸版印刷と同様、元々は全ての研修を対面で行う予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月27日にオンラインでの実施を決定した。 スタートアップ研修を担当する人材開発部門では、2月18日からプランBとしてオンライン化を視野に入れていたという。 そして3月に入ってからは、ITツールの選定・検証や、カリキュラムの設計を行った。 オンラインでの実施が決まった時の心情について、人材開発部門の安田真由香氏は「研修開始まであまり日数がなかったので、スケジュール面が心配だった。 ただ、経験のないことだからこそ成功させることができれば、新しい人材育成につながるのではないかと前向きに捉えるようにした」と振り返る。 NTT Com ヒューマンリソース部 人材開発部門の小林友道氏 オンライン新入社員研修の企画は、安田氏と小林氏を含め人材開発部門の4人が担当。 カリキュラム設計などを担当した安田氏は「どうしたらオンライン化できるのかについてイメージが湧かない状態から、『オンラインでも研修ができる』と自信を持って思えるまでが大変だった」と語る。 また単にオンライン化するだけでなく、本来の目的である新入社員の成長も実現させなければいけない。 そのため、選定したITツールを何度も検証し、まずは自分たちが使いこなせる状態にした。 その上で、ITツールとカリキュラムを組み合わせ、どのような設計にするのがベストなのかを考えていったという。 また、マインド系の研修は外部講師が担当するため、研修会社にも入念なオリエンテーションを実施した。 研修の実施に当たり、NTT Comは「セキュアドPC」、通信容量無制限のモバイルWi-Fiルーター、マイク付きイヤホンを全新入社員の自宅に配送。 セキュアドPCは、ネットワークに接続しなくても利用できるファットクライアントである一方、「Windows 10 Enterprise」で標準搭載されているセキュリティ機能や、NTT Comのセキュリティオペレーションセンターなどにより、安全性も確保しているという。 同社は2018年にセキュアドPCの導入を開始し、現在は全社で利用している。 The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'TechRepublic', 'CNET', and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc. 当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright c 2020 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

次の