荒野 行動 グレネード ランチャー 使い方。 【荒野行動】『グレネードランチャー』を解説!威力はどのくらい?

【荒野行動】グレネードランチャー3つの上達する秘策! 【KNIVES OUT】

荒野 行動 グレネード ランチャー 使い方

荒野行動 グレネードランチャー3つの上達する秘策! グレネードランチャーとは? グレネードランチャーとは現在荒野行動に登場するのひとつです 今までのと違い、を使って直接攻撃ができるという特殊な性能を持っています 上手く使えばながら攻防ともに非常に強力なとなります そこでこの記事ではグレネードランチャーの性能や評価などをご紹介していきたいと思います! グレネードランチャーの性能 グレネードランチャーは や閃光弾といった投擲を撃ち出すことができます 撃ち出された破片手榴弾などは地面や壁、などに当たるとすぐに爆発します 破片手榴弾を発射することは非常に強力ですが威力は半減されているようです。 (通常の威力は115ですがグレネードランチャーの場合約50程度になっています) ですので敵を倒したい場合最低でも2,3発の破片手榴弾を発射して命中させなければいけません。 毒ガス弾も射出できますが持続ダメージは手投げの方が狙った箇所に手投げの方が狙いやすいため射出向きではないと言えるでしょう。 グレネードランチャーの扱いに注意 グレネードランチャーを装着できる武器は ・ M16A4 ・ M27 のみとなっています どちらもなかなか手に入れることのできない強武器でその上アタッチメントまで拾うのはかなり大変です。 M27・M16A4はともに グレネードランチャーがなくとも強力な武器ですのでどちらか片方でも手に入れるように持っておくという選択肢がおすすめです。 グレネードランチャーの使い方 投擲アイテムをセットする グレネードランチャーを使うにはアイテム画面から破片手榴弾等の投擲アイテムをセットする必要があります M16A4、またはM27にグレネードランチャーを装着した状態にするとグレネードを装填するための枠が表示されるので使いたいアイテムをスワイプして装填しましょう。 装填すると画面にグレネードランチャー専用の射撃ボタンが黒くなるのでこの状態になったら射撃準備OKです。 装填すると画面に グレネードランチャー専用の射撃ボタンが黒くなるのでこの状態でボタンを押し、離すと発射されます 投擲アイテムは使い切りなため、一度撃つとストックがないとまた装填画面からやり直すことになってしまいます。 ですのであらかじめ 破片手榴弾などは2,3個多めに所持しておくとオートでリロードされ使い勝手が向上するのでおすすめです。 別の手榴弾を使いたい場合は同じようにアイテム画面を開き、使いたいものをスワイプして入れ替えましょう 装填すると画面にグレネードランチャー専用の 射撃ボタンが黒くなるのでこの状態でボタンを押し、離すと発射されます 別のを使いたい場合は同じようにアイテム画面を開き、使いたいものをスワイプして入れ替えましょう グレネードランチャーの評価 投擲武器を瞬時に使える 荒野行動のグレネードランチャーは などの投擲を装填してすぐに発射できるです そのため、につければの切り替えをせず瞬時に撃ち出して爆発させることができるのは嬉しいポイントですね グレネードランチャーを使えば投擲を使うのが苦手な人にも閃光弾やを使いやすくなるでしょう グレネードランチャーのメリット グレネードランチャーのメリットはなんといっても武器の持ち替えをせずに 投擲アイテムを高速で使うことができる点です。 グレネードランチャーは M16A4・M27という強力な小銃を手にしたまま投擲武器の効果を使う事ができるため手投げでは使い勝手がイマイチだった閃光弾まで使いやすくなります。 グレネードランチャーを装着している武器で相手の体力を削る事から、劣勢で逃げる時用に発煙弾を仕込むなど咄嗟に選択肢としてできるのはかなりのメリットです。 アタッチメントが独立しているため他のアタッチメントと被らないことも嬉しい仕様になっていますね。 グレネードランチャーのデメリット グレネードランチャーのデメリットの一つ目はそもそも装着できる 武器とアタッチメントの2つをそろえることがなかなか難しい点です。 (1マッチに95式と95式専用拡張弾倉と同じくらいそろえる難易度が高めです) グレネードランチャーのデメリットの2つめは 誤タップによる自爆の恐れがある点です。 例えボタン配置が動かせるとはいえ、銃撃ボタンに加え投擲発射ボタンが出現するのでうっかり射出してしまい自爆ダメージということも起きます。 また咄嗟に 投擲アイテムの効果を使えるというのがメリットですのであらかじめグレネードランチャーの操作に慣れておかないと真価は発揮しにくいというのも難しい所です。 スワイプをして投擲物を込める作業は慣れないと分かりにくいので初めて拾った際には練習してみてはいかがでしょうか。 グレネードランチャーの入手方法 グレネードランチャーは現在、により「激戦野原」、「」の両方のマップで出現します 当初は激戦野原でしか出なかったグレネードランチャーですがによりどちらでも同じように入手が可能なので見かけたらぜひ装備してみましょう! グレネードランチャーの立ち回り 遠距離の敵と撃ち合いを制す! グレネードランチャーの立ち回りとして有効なのは 遠距離のと撃ち合いをし、ダメージを与えたけれどが岩の影などに隠れて回復中に使用するのが最も有効です。 すぐ爆発するという仕様上誤爆には注意が必要ですが岩の後ろや木の陰の狙った場所に破片を爆発させることが可能です。 発射するのは 破片が1番効率よくダメージを与えられるのでおすすめになります。 ただし破片はよく落ちていますがですが意識して拾わないとたくさん集まりにくく、いざというときにないという事態には注意しましょう。 近距離の場合は グレネード射撃をせず通常射撃で立ち回り、影に隠れての持久戦で切り替えて撃つのが基本の立ち回りです。

次の

荒野行動 グレネードランチャーってどんな武器?使い方などの説明

荒野 行動 グレネード ランチャー 使い方

おすすめの記事 全武器の特徴早見表 武器種 特徴 アサルトライフル ・全距離対応可能 ・一発の威力が高い ・バランスが良く、扱いやすい ショットガン ・近距離で活躍できる ・屋内戦で非常に強い。 ・屋外では使いづらい。 サブマシンガン ・軽量で機動力が高い ・奇襲する近距離戦闘向き。 ・中距離〜遠距離の武器と相性が悪い 手榴弾 ・妨害ができる。 ・最軽量で武器の切り替えが速い。 武器の特徴と基本の立ち回り アサルトライフルの特徴と使い方 バランス型の万能武器 アサルトライフルは、バランスの良い性能が特徴の銃です。 威力・距離・連射性などあらゆる面で優れ、非常に扱いやすく強力な武器となっています。 *レジャーで腰撃ちが弱体化したため、遠距離での命中精度が低くなりました。 全距離対応可能な万能型 アサルトライフルは近〜中距離が得意な武器ではありますが、射程がスナイパーライフルとほぼ同じのため、遠距離でも活躍できます。 その汎用性から使っているユーザーも多いため、演習で1本は所持しておきたい武器です。 ショットガン(散弾銃)の特徴と使い方 高威力短射程の武器 ショットガン(散弾銃)は、高威力ですが短い射程を持っている武器です。 中〜遠距離で戦う屋外戦では扱いが難しいですが、接近戦である屋内戦ではキルを量産しやすいです。 近距離では活躍が見込める ショットガンが強い場面は近距離での打ち合いです。 相手との間合いを詰め、一度に体力を削り取るのが散弾銃を用いた戦術の基本です。 そのため、物資の取り合いになる前半では強力ですが、後半になると遠距離に対応できないため、小銃か狙撃銃を1本は持っておきましょう! サブマシンガンの特徴と使い方 高レートかつ低威力の武器 サブマシンガンは、高レート(連射速度が速い)ですが、1発の威力が低いのが特徴の武器です。 近距離戦闘に強く奇襲性に優れるため、接近戦では活躍が見込めます。 近距離戦闘では優位に立てる サブマシンガンの適正は近距離戦です。 遠距離戦では射程が短いため使いづらいですが、近距離なら連射速度を活かして相手の体力を削れるため、近距離での立ち回りを心掛けましょう。 スナイパーライフルの特徴と使い方 最長の射程と最高の威力を持つ スナイパーライフル(狙撃銃)は、全武器の中で最高の威力を持つ銃です。 エイムさえ合わせる力があれば、遠距離戦闘では他の武器より圧倒的に優位な状況に持ち込めます。 1発の威力が高い スナイパーライフル最大の魅力は、一発の威力の高さにあります。 ヘッドショットが決まれば相手は即死のため、使っているユーザーが多い武器の1つです。 手榴弾の特徴と使い方 放物線を描いて飛ぶ小型爆弾 手榴弾とは、荒野行動では放物線を描いて飛ぶ小型爆弾のことです。 手榴弾の種類は様々ありますが、主に攻撃で使うか、妨害に使うかのどちらかになります。 基本的には妨害に使用 手榴弾のダメージは大きいですが動いている敵には当たらないため、妨害に使うことが多いです。 敵が建物に引きこもっている場合などに、手榴弾を建物内に投げるといった立ち回りが一般的です。 グレネードランチャーを活用する 手榴弾などの投げ物は、グレネードランチャーで銃のように真っ直ぐ飛ばすことも可能です。 詳しい内容については下記リンクを参考にしてみて下さい。 近接武器の特徴と使い方 超高威力かつ最短のリーチを持つ 近接武器は、高威力かつ最短のリーチを持つ武器です。 威力が高く小回りが効き室内戦では強いので、一発逆転を狙うなら使ってみるのもありかもしれません。 まとめ いかがでしたでしょうか。 武器によって立ち回りが変わるため、演習での立ち回りもその都度変わると思います。 なので、まだ始めたばかりという方は、射撃場でエイムの練習をしてから演習にチャレンジしてみましょう。 関連情報 関連リンク• 始める前に確認! ゲームシステム 戦闘に役立つ知識 アイテム - おすすめ情報 武器の特徴と使い方 引継ぎ・システム 掲示板• 最新情報 最新イベント情報• ガチャシミュレーター• 最新スキン情報• 大会情報• ランキング• レジャー攻略• お役立ち情報 始める前に確認!• ゲームシステム• 初心者向け・基本操作• アイテム関連• 引き継ぎ・システム• アタッチメント• スキン• マップ•

次の

荒野行動 PC版 9/11アップデートで新レジャー「乗物大乱闘」追加と武器に装着できるグレネードランチャーが登場!

荒野 行動 グレネード ランチャー 使い方

荒野行動 グレネードランチャー3つの上達する秘策! グレネードランチャーとは? グレネードランチャーとは現在荒野行動に登場するのひとつです 今までのと違い、を使って直接攻撃ができるという特殊な性能を持っています 上手く使えばながら攻防ともに非常に強力なとなります そこでこの記事ではグレネードランチャーの性能や評価などをご紹介していきたいと思います! グレネードランチャーの性能 グレネードランチャーは や閃光弾といった投擲を撃ち出すことができます 撃ち出された破片手榴弾などは地面や壁、などに当たるとすぐに爆発します 破片手榴弾を発射することは非常に強力ですが威力は半減されているようです。 (通常の威力は115ですがグレネードランチャーの場合約50程度になっています) ですので敵を倒したい場合最低でも2,3発の破片手榴弾を発射して命中させなければいけません。 毒ガス弾も射出できますが持続ダメージは手投げの方が狙った箇所に手投げの方が狙いやすいため射出向きではないと言えるでしょう。 グレネードランチャーの扱いに注意 グレネードランチャーを装着できる武器は ・ M16A4 ・ M27 のみとなっています どちらもなかなか手に入れることのできない強武器でその上アタッチメントまで拾うのはかなり大変です。 M27・M16A4はともに グレネードランチャーがなくとも強力な武器ですのでどちらか片方でも手に入れるように持っておくという選択肢がおすすめです。 グレネードランチャーの使い方 投擲アイテムをセットする グレネードランチャーを使うにはアイテム画面から破片手榴弾等の投擲アイテムをセットする必要があります M16A4、またはM27にグレネードランチャーを装着した状態にするとグレネードを装填するための枠が表示されるので使いたいアイテムをスワイプして装填しましょう。 装填すると画面にグレネードランチャー専用の射撃ボタンが黒くなるのでこの状態になったら射撃準備OKです。 装填すると画面に グレネードランチャー専用の射撃ボタンが黒くなるのでこの状態でボタンを押し、離すと発射されます 投擲アイテムは使い切りなため、一度撃つとストックがないとまた装填画面からやり直すことになってしまいます。 ですのであらかじめ 破片手榴弾などは2,3個多めに所持しておくとオートでリロードされ使い勝手が向上するのでおすすめです。 別の手榴弾を使いたい場合は同じようにアイテム画面を開き、使いたいものをスワイプして入れ替えましょう 装填すると画面にグレネードランチャー専用の 射撃ボタンが黒くなるのでこの状態でボタンを押し、離すと発射されます 別のを使いたい場合は同じようにアイテム画面を開き、使いたいものをスワイプして入れ替えましょう グレネードランチャーの評価 投擲武器を瞬時に使える 荒野行動のグレネードランチャーは などの投擲を装填してすぐに発射できるです そのため、につければの切り替えをせず瞬時に撃ち出して爆発させることができるのは嬉しいポイントですね グレネードランチャーを使えば投擲を使うのが苦手な人にも閃光弾やを使いやすくなるでしょう グレネードランチャーのメリット グレネードランチャーのメリットはなんといっても武器の持ち替えをせずに 投擲アイテムを高速で使うことができる点です。 グレネードランチャーは M16A4・M27という強力な小銃を手にしたまま投擲武器の効果を使う事ができるため手投げでは使い勝手がイマイチだった閃光弾まで使いやすくなります。 グレネードランチャーを装着している武器で相手の体力を削る事から、劣勢で逃げる時用に発煙弾を仕込むなど咄嗟に選択肢としてできるのはかなりのメリットです。 アタッチメントが独立しているため他のアタッチメントと被らないことも嬉しい仕様になっていますね。 グレネードランチャーのデメリット グレネードランチャーのデメリットの一つ目はそもそも装着できる 武器とアタッチメントの2つをそろえることがなかなか難しい点です。 (1マッチに95式と95式専用拡張弾倉と同じくらいそろえる難易度が高めです) グレネードランチャーのデメリットの2つめは 誤タップによる自爆の恐れがある点です。 例えボタン配置が動かせるとはいえ、銃撃ボタンに加え投擲発射ボタンが出現するのでうっかり射出してしまい自爆ダメージということも起きます。 また咄嗟に 投擲アイテムの効果を使えるというのがメリットですのであらかじめグレネードランチャーの操作に慣れておかないと真価は発揮しにくいというのも難しい所です。 スワイプをして投擲物を込める作業は慣れないと分かりにくいので初めて拾った際には練習してみてはいかがでしょうか。 グレネードランチャーの入手方法 グレネードランチャーは現在、により「激戦野原」、「」の両方のマップで出現します 当初は激戦野原でしか出なかったグレネードランチャーですがによりどちらでも同じように入手が可能なので見かけたらぜひ装備してみましょう! グレネードランチャーの立ち回り 遠距離の敵と撃ち合いを制す! グレネードランチャーの立ち回りとして有効なのは 遠距離のと撃ち合いをし、ダメージを与えたけれどが岩の影などに隠れて回復中に使用するのが最も有効です。 すぐ爆発するという仕様上誤爆には注意が必要ですが岩の後ろや木の陰の狙った場所に破片を爆発させることが可能です。 発射するのは 破片が1番効率よくダメージを与えられるのでおすすめになります。 ただし破片はよく落ちていますがですが意識して拾わないとたくさん集まりにくく、いざというときにないという事態には注意しましょう。 近距離の場合は グレネード射撃をせず通常射撃で立ち回り、影に隠れての持久戦で切り替えて撃つのが基本の立ち回りです。

次の