ミネアポリス デモ。 黒人男性死亡の抗議デモで破壊や略奪、州兵出動へ 米ミネアポリス

全米デモの、黒幕と超ヤバい裏話【マスコミに騙されるな】ミネアポリス暴動とアンティファとジョージソロスと黒人暴行死抗議デモ

ミネアポリス デモ

ミネソタ州ミネアポリスで、黒人男性が警官の暴行を受けて死亡したと抗議する人々のデモが過激化している。 略奪を恐れる店舗を銃で武装した市民が警護にあたる事態になっている。 「これは一線を越えた。 正義は求めるが、同時に略奪はやめなければならない」と、地元の市民グループ「ミネソタ・リフォーマー」がツイッターに投稿した動画の中で、武装した男性の1人は語った。 別の男性も同様に「略奪にはまったく賛同できない。 しかし抗議デモの趣旨には賛同する」と話している。 ミネアポリスの黒人男性ジョージ・フロイドは、25日にニセ札偽造の疑いで警察に逮捕されたが、その際に白人警官が道路に横たわるフロイドの喉を膝で押さえ続けた。 フロイドは搬送先の病院で死亡した。 逮捕現場に居合わせた市民が、「息ができない」と訴えるフロイドの姿を動画で撮影し、ソーシャルメディアで拡散したことから、全米に抗議デモが広がった。 デモは当初は穏やかだったが、次第に放火や略奪へとエスカレートした。 事件を受けて、フロイドの逮捕に関わった警官4人がミネアポリス警察から解雇された。 しかし事件について「人種差別」だと抗議する人々は、さらに踏み込んだ対応を求めている。 ミネアポリスの抗議デモは、建物への放火や警官との衝突を繰り返し、市内全域で破壊活動が行われている。 警官隊はゴム弾、閃光弾、催涙ガスなどで鎮圧にあたっているが、デモ参加者は石や花火を投げて抵抗している。 地元紙「スター・トリビューン」によると、市内の質店店主が略奪を受けると恐れて発砲し、1人が死亡している。 <事態悪化で州兵も派遣> 市民グループの動画に登場した武装市民の男性は、タバコ店で買い物をしようとしたが、店主らが略奪を恐れて閉店したと告げられた。 「警察がここまで来れないので、店主らはナタやガラスの破片で略奪から店を守ろうとしていた」と男性は話している。 このため男性は店が略奪されないよう、武装して店の前に立った。 「警官が来る前に、ここはカオスになっていた」からだと言う。 ミネソタ州の地元テレビ局KSTPのリポーター、クリス・エガートは27日夜の暴動、略奪による被害の写真と動画をツイッターで投稿している。 また、28日夜に暴動はさらに過激化した。 ミネアポリス警察署長のメダリア・アラドンドは地元メディアの取材に対して、抗議デモが「警察はもとより一般市民まで危険にさらしている」と語った。 また事態悪化を受けて、ミネソタ州のウォルツ知事は、非常事態宣言を発令し、事態収束のために州兵を派遣することを決めた。 マシュー・インペリ.

次の

黒人男性死亡を巡るデモが拡大する米 ハッカー集団「アノニマス」が復活か

ミネアポリス デモ

【AFP=時事】米ミネソタ州ミネアポリス(Minneapolis)は「ミニアップル」と呼ばれることがある。 人種的多様性に富むこの都市には数多くの美術館と博物館があり、音楽や演劇が盛んでにぎやかなナイトライフも存在していることから、同じく文化的にとてもアクティブで「ビッグアップル」の愛称を持つニューヨーク市にその雰囲気が似ているとされているのだ。 だが、アフリカ系米国人のジョージ・フロイド(George Floyd)さんが警察に拘束され死亡した事件は、この市にも「人種間の不平等」が根深く残っていることを人々にまざまざと見せつけた。 ミュージシャンの故プリンス(Prince)さんのホームタウンでもあるミネアポリスは、他者に対してのオープンさ、湖と自転車向けトレイルのある環境に優しい生活スタイル、そして「進歩的な政治」を自らの大きな誇りにしている。 市議会の13議席のうち12議席を民主党が占め、そのうちの2人はトランスジェンダーの黒人、別の1人は環境保護主義者だ。 ここで30年間暮らしているという70代の白人男性、リック・カレン(Rick Curran)さんは、「この事件がミネアポリスで起きたことはとても残念だ。 この市はとても美しく、住民はオープンだと思われているのだから」「われわれにも見えない傷はある。 でも、このようなことが私の住む場所で起きてしまったことが、とても悲しい」とコメントした。 人口約43万人で、アフリカ系住民が全体の約20%を占めるミネアポリスでは、2015年にも同様の抗議デモが起きている。 ホームパーティーで起きた口論が原因となり、若い黒人男性、ジャマー・クラーク(Jamar Clark)さんが警察官に銃で撃たれて命を落としたことに人々が怒りをあらわにしたのだ。 ミネアポリス市民の多くは、こうした事件が何か特別なものではなく、むしろ同市の警察に内在する人種差別的な文化を反映しているにすぎないとの考えを示している。 その際、「これは制度の破綻ではない。 この制度は完璧に意図されたとおりに機能している。 残念なことは、この制度から一部が排除されるようになっていることだ」との考えを明らかにした。 だが人種差別的と非難されているのは、なにも警察に限ったことではない。 20世紀初頭の法律では、市内にある特定地域の土地をアフリカ系の住民は購入できないと定められた。 だが構造的人種差別の研究団体「マッピング・ジャスティス(Mapping Justice)」によると、この法律が廃止された後も、銀行と不動産業者はアフリカ系米国人に対して差別を続けたという。 ミネアポリス市は2018年、白人が多い居住地区での不動産購入に関してアフリカ系の住民をサポートする法改正を行ったが、その実情は以前とあまり変わっていないとされる。 先月末、アレクサンドラ・アルタビア(Alexandra Artavia)さん(28)は、貧困家庭と零細業者をサポートするため、黒人教会に食料を寄付した。 同市では貧困層の多くが、新型コロナウイルスの大流行と、暴徒化した抗議デモによる破壊行為で大打撃を受けているのだ。 アルタビアさんだけではない。 ミネアポリス市民の多くが、こうした状況を打開しようと積極的に動いている。 市内の駐車場や教会の前、ショッピングモールでは、寄付を募る人々の姿が見られ、またその活動は、オンラインでも展開されている。 さらに、市内の集会では、白人と黒人が一緒になってマイノリティーに対する警察の差別的な扱いと暴力行為をやめるよう求める声が上がっており、ミネアポリスが持つリベラルな評判が全て崩れ去ってしまったわけではないことも分かる。 こうした連帯に、フロイドさんが命を落とした事件現場で1週間寝泊まりしたという黒人男性のジミー・ブランコ(Jimmy Blanco)さん(32)は、心が震えたと述べる。 事件現場は現在、フロイドさんを哀悼するためのメモリアルとなっている。 ブランコさんは、「みんながお互いに助け合っている。 誰も置き去りにされていない」ことを指摘し、これまでこの国で生きてきた中で最高の気持ちを味わっているとコメントした。 【翻訳編集】AFPBB News.

次の

ミネアポリス黒人暴行死抗議デモの背景【及川幸久−BREAKING−】

ミネアポリス デモ

27日の抗議では、店舗での略奪なども発生したために警察が催涙ガスを使用した。 28日にはさらに多くの抗議運動が計画されている。 また、イリノイ州シカゴ、カリフォルニア州ロサンゼルス、テネシー州メンフィスなどでも抗議が起こった。 <関連記事>• ミネソタ州のティム・ウォルツ知事は28日、ミネアポリスのジェイコブ・フレイ市長などの要請を受けて、「平和時緊急事態」を宣言。 州兵の派遣を認めた。 ウォルツ知事は、抗議活動の最中に行われた強奪や破壊行為、放火が、ミネアポリスで多くの店舗にダメージを与えたと説明した。 これらの店舗には、人種的マイノリティーが所有する店もあったという。 その上で、「ジョージ・フロイドさんの死は正義とシステムの変化につながらなければならない。 さらなる死や破壊につなげてはいけない」と、平和的な抗議を呼びかけた。 ミネアポリスのフレイ市長はこの日、フロイド氏を押さえつけていた警官を刑事訴追すべきだと述べた。 フロイドさんの拘束に関わっていた4人の警官はすでに懲戒免職となっている。 アメリカでは警察による黒人市民の殺害行為が相次いでおり、大きな怒りを呼んでいる。 先にはケンタッキー州で、ブレオナ・テイラーさん(26)が捜査する住所を間違えた警察によって射殺された。 また、今回の事件は2014年にニューヨーク市で警察に逮捕される際に死亡した黒人男性エリック・ガーナーさん(43)の事件と重なる部分が多い。 ガーナーさんの死は「黒人の命は大切(Black Lives Matter)」運動の原動力となった。 Image copyright Reuters Image caption ミネアポリス警察の第3管区前で警察と対面する抗議参加者たち 警察に対する抗議活動は26日午後から始まり、数百人が事件のあった交差点に集まった。 デモの主催者は、デモを平和的なものに保ち、新型コロナウイルス対策の社会的距離を維持するよう努めた。 デモ隊は「息ができない」、「被害に遭っていたのは自分だったかもしれない」と声を上げた。 翌27日には、抗議参加者は数千人に膨れ上がった。 警官に石を投げつけたり、催涙ガス缶を投げ返したりする参加者もあった。 警察署の前では、抗議者を中に入れないように警官が人の壁を作り、こう着状態になる場面もあった。 「正義が必要だ」 フロイドさんの兄弟のフィロニス・フロイドさんはCNNの取材で、この警官らが死刑になることを望むと話した。 「もう兄弟を取り戻すことはできない。 正義が必要だ」とフィロニスさんは話した。 また、自分の兄弟を「白昼に処刑した」警官らは逮捕されるべきだと述べ、「黒人男性が死ぬのを見るのはうんざりだ」と語った。 一方で、抗議参加者が怒りをあらわにしているのも理解できると述べた。 「私と同じ痛みを感じている人たちを止めることはできない」 Image copyright Getty Images Image caption ジョージ・フロイドさんが拘束された場所の近くでは、夜通し火災が続いた ミネアポリス警察トップののメダリア・アラドンド氏は、フロイド氏の死が与えた「痛みや絶望、トラウマ」について謝罪。 警察がミネアポリスの「希望のなさ」を助長していたと話した。 国連のミシェル・バチェレ人権高等弁務官もこの問題を非難し、「強固で広く普及した人種差別」を認識し、対処すべきだと指摘した。 また、抗議参加者に平和な活動を呼びかけるとともに、警察には「現状を悪化させないよう細心の注意を払う」よう訴えた。 ドナルド・トランプ大統領の報道官は28日、大統領はフロイドさんの動画を見て「非常に動揺していた」と述べた。 このほか、俳優のジョン・ボイエガさん、レブロン・ジェイムズさん、歌手のビヨンセ、ジャスティン・ビーバーさんといった著名人も、次々に怒りを表明した。 フロイドさんに何があったのか 警察の声明によると、偽の20ドル札を使おうとした客がいると商店から通報があった。 警察によると、警官たちは自動車内にいたフロイドさんを発見。 車から離れるよう命令すると、フロイドさんは抵抗した後、手錠をかけられた。 その後、フロイドさんの「体調に異常」が見られることに気づいたという。 しかし、白人警官1人に膝で首を押さえ付けられたフロイドさんが「息ができない」、「殺さないで」と言っているのが確認できる。 ミネアポリス当局によると、フロイドさん拘束に関わった元警察官はデレク・ショーヴァン氏、トウ・サオ氏、トーマス・レイン氏、J・アレクサンダー・クング氏の4人。 地元メディアは、フロイドさんの首を押さえつけていたのはショーヴァン氏だと報じている。 ミネアポリス警察官協会は、4人は捜査に協力していると述べている。 地元メディアに掲載した声明で同協会は、「今は判断を急ぐ時ではない」と述べた。 「すべての動画を検討し、検視官の報告書を待たなくてはならない」 Image copyright Reuters Image caption ミネアポリス警察の第3管区では警官が抗議参加者に催涙ガスを、参加者が警官に石を投げつけていた もっとも被害が大きかったのは、フロイドさんの死に関与した警察官が働いていたとみられるミネアポリス警察の第3管区だ。 この日の朝も少なくとも100人の抗議者が集まり、管区の駐車場入り口を守る警官に向かって叫んでいる。 警官はヘルメットをかぶって沈黙を守っている。 屋上からは、武装した警官が監視している。 盗難にあった「ターゲット」の駐車場には、店舗から出されたがれきなどが積みあがっている。 ガラスの割れたドアやウィンドウからはなおも、興味にそそられた人々が出入りしている。 その荒廃ぶりに、誰もがそわそわと興奮しているようだった。 破壊は無差別だった。 銀行から小切手換金店、リカーショップなどが標的となったほか、公立図書館では窓が割られ、本棚や書見台にガラスが散乱した。 ターゲットと同じショッピングモール内にあるチャータースクールの教室は、非常警報が鳴らされたせいか、床が水浸しになっていた。 市内にまん延した市民の怒りは明らかだった。 叫び声や嗚咽(おえつ)がずっと聞こえていた。 この抗議行動が数週間とは言わないまでもあと数日は続くこと、さらなる暴動が見込まれることは分かりきった結論のようだ。 ある参加者は私に、「悲しいことだけど、こうやって耳を傾けているんだ」と言った.

次の