北斗 有利区間。 6号機の北斗天昇は有利区間ランプ継続の秘密を知らないと損するまさにハイエナ特化仕様!

北斗天昇は「AT当選」or「非当選2連続」まで有利区間が続く!

北斗 有利区間

北斗の拳天昇の有利区間の仕組みが知れ渡るようになって、今では超絶ハイエナ機として注目が集まっております。 超絶ハイエナ機なのは間違いないのですが、スペック 機械割 自体も優秀で、6号機初の北斗シリーズと言うこともあり、大事に扱っているホールは多いでしょう。 今回の記事では、今が旬である、北斗の拳天昇の 設定6の挙動について、詳しく見ていきたいと思います。 なお、実践データや現在公表されている数値等を基に、個人的な見解を含んだ内容のため、立ち回りの際には、「設定6はこういった挙動をしやすい」と、参考程度に読んでもらえればと思います。 設定6の実践データ まずは、レインボートロフィー 設定6確定 が出た台の実践データを以下に添付します。 実践データの詳細 通常遊技数総回転数:7325G 激闘B1回数 :15回 自力突破数5 突破率33. 2 有利区間リセット回数:16回 設定変更後含む、最後のヤメは除く 有利区間内RUSH当せん回数:14回 有利区間内RUSH当せん割合:87. 4 114. 設定6でも、激闘ボーナス2回目の当たりが、激闘ボーナス1回目より重くなるパターンもあり。 設定6ならより出しやすくなるため、突破もしやすくなりそう。 故に、前回の記事で書いた、デキレの可能性がかなり浮上してきました。 ここに大きな設定差がありそう。 故に、見た目の勝利期待度とは異なる、内部的なパーセンテージUPがありそう。 1000枚超え頻発は危険!) ・同一有利区間内RUSHの当せん割合が優秀(激闘ボーナス4スルーは危険信号!.

次の

北斗の拳天昇 やめどきまとめ|有利区間継続後は即ヤメ厳禁パターンあり

北斗 有利区間

パチスロ5. 9号機の有利区間とは?【3000枚規制】 パチスロ5. 9号機には【 通常区間】と【 有利区間】というのがあり、 【通常区間】はいわゆる低確状態、 【有利区間】はいわゆる高確状態となっています。 【通常区間】では 基本的にARTの抽選はしておらず、あくまでも 【有利区間】への移行抽選だけを行っているそうです。 【有利区間】はART抽選の行われる区間で、 通常時高確・CZ(チャンスゾーン)やART中、ボーナスも含まれます。 9号機では有利区間滞在を告知しないといけないため、有利区間滞在時は主に ドットランプなどによって告知されています。 乙女マスターズの場合。 クレジットの33の右下にあるドットが有利区間滞在中示唆 この【有利区間】は 最長1500ゲームとされており、1500ゲーム到達すると強制的に終了という事です。 マジハロ6では残り有利区間以上のストックがあった場合、画像のように有利区間終了までの残りゲーム数を告知します。 じゃあなぜ3000枚規制と言われているのかと言いますと5. しかしあくまでも最長1500ゲームなので3000枚到達するのは稀で、1000~2000枚前後が基本だと思います。 有利区間の告知は義務ですが、 有利区間が何ゲーム消化されたかの告知はされません。 なので1400ゲーム有利区間が消化された状態でARTに入れてもMAX100ゲームしかARTを消化できないということになります。 これこそが 嫌われている原因なのではないでしょうか? そして、 この有利区間はボーナス中やボーナス確定後も続く場合があります。 つまりボーナス確定後は早く揃えないと損だし、ART中のボーナスで有利区間がマックスになる場合もあるってこと。 ボーナス中の有利区間1500到達時はボーナス消化中にリセットされます。 ただしボーナス中のARTの抽選はしないと思われます。 なのでどうあがいても 一撃3000枚が限界だって事なんです。 もちろん有利区間がMAXになっても、再度有利区間に入れ何回も自力で引き戻すことで3000枚以上出すことができます。 有利区間滞在を告知しなくていい 有利区間1500Gまたは最大2400枚まで 5. 9号機からの変更点としては 「 有利区間の滞在を告知しなくていい」という事になりました。 しかし多くの6号機で有利区間ランプは搭載されています。 9号機よりも出玉スピードが上がったため、有利区間1500ゲームの他に 最大2400枚制限があります。 また 天井も復活しているため 常に有利区間状態(例外あり)で、5. 9号機では 有利区間が1500ゲームに達するまではリセットされずヒキ損などもありましたが、6号機では 一通りの流れでリセットされるし、仮に天井からのATで残り有利区間が少なくとも高純増ATでカバーされるので、そこまで有利区間を気にせず楽しめるようになりました。 天井もだいたいの機種が1000ゲーム以下に抑えられているので、残り有利区間500ゲームを残した状態でスタートできます。 もちろん出玉減少区間(CZ)があれば、エンディングに行っても1000枚くらいで終わる可能性もありますけどね。

次の

北斗の拳天昇の有利区間ランプの場所はどこ?朝イチやリセット恩恵も調べてみた!

北斗 有利区間

本記事の内容• パチスロの有利区間(6号機で考える) パチスロの有利区間とは? 有利区間というのは一言でいうと AT・ARTの当選に係る抽選を出来る区間 の事を言います(出玉が増える区間といっても良い) パチスロの非有利区間(通常区間)とは? 非有利区間というのは 有利区間と対になっている関係性で基本的に AT・ARTの抽選をしない区間 の事を言います。 ですので上の画像のように 有利区間か非有利区間のどちらかには滞在しているという事になります。 有利区間の上限(リミッター) 有利区間には上限があります。 それが• 連続1,500ゲーム• 2,400枚払出 というものです。 もう少し詳しく説明すると• 有利区間が1500ゲーム続いたらその後は一度、非有利区間に戻さなくてはいけない• 2,400枚払出をしたら非有利区間に戻さなくてはいけない という決まりです。 これは同時ではなくてどちらか 片方の条件を満たしたら非有利区間(通常区間)に戻さなくてはいけません。 有利区間の移行や有利区間ランプなど 非有利区間から有利区間への移行のタイミング 非有利区間から有利区間へのタイミングは機種によって様々です。 レア小役を引いたら移行• 回したゲーム数で移行• 1ゲーム回して即移行• 小役の何分の1かで移行 有利区間から非有利区間への移行のタイミング 基本的にはATが終わるタイミングの機種が多いですがこちらも機種によって様々です。 有利区間継続・非継続(リセット)という概念 有利区間が1500ゲームまでという上限の特性から機種によっては 継続・非継続(リセット)という概念があります。 機種によってタイミングや条件が異なります。 リゼロという機種が良い例ですのでこちらの動画を見てみてください(1回で理解出来ない方もいると思いますが問題ありません。 この記事を見たあとにでも繰り返し見てみてください).

次の