シマノ ルアー。 シマノ ルアーマチックって実際どうなの?選び方や口コミと評判まとめ|nakalog

ついにあの最強シーバスミノーに“可動式反射板”が搭載!『サイレントアサシン120Fフラッシュブースト(シマノ)』

シマノ ルアー

ちょっと最近、体調が思わしくありません。 Jackです。 過労が祟り、仕事がままならず…当然ながら釣りに行く気力・体力もありません。 それでも、いよいよ2019年の釣りシーズンが開幕しつつある中で、今回はこれまでに皆様にご紹介してきたの入門用ルアーロッド「ルアーマチック」と、同じく入門用リール「アリビオ」について、もう少し補足情報(購入&使用後の注意点など)をご紹介してみたいと思います。 これまでにもお話しした内容と被る部分もあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。 の入門用ロッド&リール 「ルアーマチック」と「アリビオ」に関する補足情報 イントロダクション 本ブログではこれまでの記事の中で、の入門用ルアーロッド「ルアーマチック」シリーズと、同じくの入門用リール「アリビオ」シリーズについてご紹介をしてきました。 皆様のおかげをもちまして、当サイトで利用させていただいている様の「アソシエイト」サービスから、ルアーマチックのS86ML及びS76ULは二桁台、S70UL及びS90MLは数本をご購入いただき、また「アリビオ」についても2500を中心に二桁台のご購入をいただきました。 誠にありがとうございます。 これらのロッド及びリールについて、当ブログのサービスを通じてご購入いただいたお礼といっては何なのですが、僕が所有している上記のロッド二種類、リール一種類を中心に、長期使用後のインプレッションや使用後のメンテナンスなどのお話を、追加でご紹介してみたいと思います。 「ルアーマチック」シリーズについて まずはロッド二種類についてですが、こちらにつきましてはこれまでの記事においてもご紹介した通り、S86MLとS76ULの二本があれば、まず大抵の釣り方はカバーできます…S76ULがジグヘッド+ワームや軽量プラグを用いたアジングやメバリング、S86MLがそれ以外の大抵の釣り(エサ釣り、ルアー釣りを問わず)をカバーしてくれます。 左がS86ML、右がS76ULです。 それぞれ購入後に数年の月日が経過していますが、どちらのロッドもこれといった不具合はほとんど見受けられません。 エサ釣りに使用する機会も多い(特にS86ML)ので、グリップ部分がややエサの色などで着色されてしまっているところもありますが…釣行後にマメに水洗いをしていれば、まずまず綺麗なものです。 どちらのロッドも、ある程度は気を付けて取り扱っていた(ロッドを立てたり、場合によっては地面に寝かせたりする時にはそっと置いていた。 )こともありますが…でもまあ、値段が安価なので傷だらけにして使ってナンボといったところもあるかも知れません。 (笑) また、どちらのロッドもハーイドリングを使用している割にはPEラインの使用がメーカー公称でOKとなっていて、実際に使用していてもガイドリングの削れなどは皆無となっています。 主に0. 6号または0. 8号のPEラインを使用していますが、全く問題なしです。 ただし、実際に釣りで使用している中で、どうしてもロッド表面に付く小傷や、S76ULについてはガイド付け根部分の若干の割れが生じていますが、この部分については100円均一で販売されているマニキュアのクリアコートで補修が可能なので、どうぞご心配なく。 どうしてもガイドに負荷がかかったり、経年劣化などで上記の赤丸部分に小さなクラックが入ってくるのですが、 マニキュア用のクリアを塗れば、ほとんど目立たなくなりますよ。 ロッドの表面についた小傷やクリアコートの剥がれも、これ一本でだいたい解決できます。 ちなみに、クリアコート部分に多少のクラックが入っても、その下のスレッド部分(ガイドフット(ロッドと接する部分)に巻かれた糸)には影響がないので、釣りをする上で特に問題はありません。 S76ULはアジングやメバリングなど、比較的繊細な釣り用のロッドですが、S86MLは文字通りの「何でもロッド」で、そもそもがシーバス(スズキ)用のロッドですので、尺や尺アジ(いずれも30センチメートルオーバーのサイズ)、シーバスはもちろんのこと、上手く取り込めば小型青物も釣り上げることだって不可能ではありません(僕は波打ち際でバラしましたが。 :泣)。 どちらのロッドも、ガンガン使い倒して魚をたくさん釣り上げて下さい。 「アリビオ」シリーズについて 一方、リールの「アリビオ」シリーズについてですが、こちらは2500番台のモデルをご購入いただいているケースが多いです。 ナイロンラインの3号が120メートル巻かれて販売されているモデルですが、特に初めて釣りをされる方にとっては、3号ぐらいの太さのナイロンラインが非常に扱いやすいはずです。 堤防から釣りをする上で、強度不足となることはまずないでしょう。 あらかじめアリビオのスプールに巻かれているナイロンラインの寿命については、購入当初はクリアブラウンのカラーだったのが、使用を重ねるにつれてくすんだブラウンへと変色していきます。 これは主に水分を吸ったり、紫外線にさらされたり、あるいは付着した海水が乾いて塩になって、それがガイドとラインの間でこすれてラインに細かい傷がつくことで発生する現象であって、避けようがないものです。 一番良いのは釣具屋さんに行って、店員さんと相談しながら新しいナイロンラインを巻いてもらうことなのですが、一般的な裏技としては ラインを裏返す(空のスプールを2つ用意し、1つのスプールに一度全部のラインを巻き取ってからさらにもう一つの空スプールへとラインを巻いて移動させ、今までスプールの一番外側にあった方のラインがスプールの底に来るようにラインを巻きなおすこと。 )ことで「一粒で二度おいしい」という方法を採ることも出来ます。 あるいは、新しく巻くナイロンラインとして2号のものをスプールに巻くというのも一つの方法です。 ラインの強度的にはそれ程低下することなく、釣りをしている間のライン捌きがしやすくなりますよ。 ちなみに、僕が現在使用しているナイロンラインも、2号の太さのものを使用していますが、1号分細くしたことで魚をバラしたことなどはほとんどありません。 また、釣りで使用した後の手入れについては、ドラグノブ(スプールの上についている円形のハンドル)を目いっぱい締めこんだ後で、水道水でジャバジャバと洗い、あとはドラグノブを緩めてスプールを外して陰干ししておけば、ほぼノートラブルです。 水道水で洗う時には、リールの可動部分を出来るだけ念入りに洗って上げることがコツです。 ベールも動かしたり、ハンドルノブ(取っ手部分)もぐるぐると回したり…アリビオは「回って動く部分」に使用されているパーツのほとんどがプラスチックカラー(すべすべしたプラスチックのリング)なので、ボールベアリングのように塩噛みして錆びるといったことも比較的少ないのはありがたいですね。 あとは、釣行数回に一回ぐらいは、から販売されているオイル&グリースのスプレーセットを使って、付属のマニュアルに従い注油してあげればまず大丈夫でしょう。 まとめ 今回はこれまでにご紹介したルアーロッド二種類、リール一種類について、長期使用時のインプレッションや手入れのコツなどをご紹介してみました。 高価なロッドやリールになるほど、性能はピカイチなのですが手入れに気を使ったりすることが多くなるのですが、入門機は良い意味でその辺りが「大雑把」に作られていることもあり、使用後のお手入れもそれほど気をつかう必要はないと思います。 それでも、水洗い&陰干し(リールについてはプラス注油)をきちんと行っていれば、入門用のロッドやリールでも比較的長持ちしてくれます。 海釣りで使用した場合にはリールの各部やロッイドなどに海水が付着したままになることがほとんどなので、それらを水道水で洗い流してあげるだけでも、道具の持ちは全然異なってきますよ。

次の

【楽天市場】メーカー ブランド > シマノ > シマノ ルアー:彦星フィッシング

シマノ ルアー

ちょっと最近、体調が思わしくありません。 Jackです。 過労が祟り、仕事がままならず…当然ながら釣りに行く気力・体力もありません。 それでも、いよいよ2019年の釣りシーズンが開幕しつつある中で、今回はこれまでに皆様にご紹介してきたの入門用ルアーロッド「ルアーマチック」と、同じく入門用リール「アリビオ」について、もう少し補足情報(購入&使用後の注意点など)をご紹介してみたいと思います。 これまでにもお話しした内容と被る部分もあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。 の入門用ロッド&リール 「ルアーマチック」と「アリビオ」に関する補足情報 イントロダクション 本ブログではこれまでの記事の中で、の入門用ルアーロッド「ルアーマチック」シリーズと、同じくの入門用リール「アリビオ」シリーズについてご紹介をしてきました。 皆様のおかげをもちまして、当サイトで利用させていただいている様の「アソシエイト」サービスから、ルアーマチックのS86ML及びS76ULは二桁台、S70UL及びS90MLは数本をご購入いただき、また「アリビオ」についても2500を中心に二桁台のご購入をいただきました。 誠にありがとうございます。 これらのロッド及びリールについて、当ブログのサービスを通じてご購入いただいたお礼といっては何なのですが、僕が所有している上記のロッド二種類、リール一種類を中心に、長期使用後のインプレッションや使用後のメンテナンスなどのお話を、追加でご紹介してみたいと思います。 「ルアーマチック」シリーズについて まずはロッド二種類についてですが、こちらにつきましてはこれまでの記事においてもご紹介した通り、S86MLとS76ULの二本があれば、まず大抵の釣り方はカバーできます…S76ULがジグヘッド+ワームや軽量プラグを用いたアジングやメバリング、S86MLがそれ以外の大抵の釣り(エサ釣り、ルアー釣りを問わず)をカバーしてくれます。 左がS86ML、右がS76ULです。 それぞれ購入後に数年の月日が経過していますが、どちらのロッドもこれといった不具合はほとんど見受けられません。 エサ釣りに使用する機会も多い(特にS86ML)ので、グリップ部分がややエサの色などで着色されてしまっているところもありますが…釣行後にマメに水洗いをしていれば、まずまず綺麗なものです。 どちらのロッドも、ある程度は気を付けて取り扱っていた(ロッドを立てたり、場合によっては地面に寝かせたりする時にはそっと置いていた。 )こともありますが…でもまあ、値段が安価なので傷だらけにして使ってナンボといったところもあるかも知れません。 (笑) また、どちらのロッドもハーイドリングを使用している割にはPEラインの使用がメーカー公称でOKとなっていて、実際に使用していてもガイドリングの削れなどは皆無となっています。 主に0. 6号または0. 8号のPEラインを使用していますが、全く問題なしです。 ただし、実際に釣りで使用している中で、どうしてもロッド表面に付く小傷や、S76ULについてはガイド付け根部分の若干の割れが生じていますが、この部分については100円均一で販売されているマニキュアのクリアコートで補修が可能なので、どうぞご心配なく。 どうしてもガイドに負荷がかかったり、経年劣化などで上記の赤丸部分に小さなクラックが入ってくるのですが、 マニキュア用のクリアを塗れば、ほとんど目立たなくなりますよ。 ロッドの表面についた小傷やクリアコートの剥がれも、これ一本でだいたい解決できます。 ちなみに、クリアコート部分に多少のクラックが入っても、その下のスレッド部分(ガイドフット(ロッドと接する部分)に巻かれた糸)には影響がないので、釣りをする上で特に問題はありません。 S76ULはアジングやメバリングなど、比較的繊細な釣り用のロッドですが、S86MLは文字通りの「何でもロッド」で、そもそもがシーバス(スズキ)用のロッドですので、尺や尺アジ(いずれも30センチメートルオーバーのサイズ)、シーバスはもちろんのこと、上手く取り込めば小型青物も釣り上げることだって不可能ではありません(僕は波打ち際でバラしましたが。 :泣)。 どちらのロッドも、ガンガン使い倒して魚をたくさん釣り上げて下さい。 「アリビオ」シリーズについて 一方、リールの「アリビオ」シリーズについてですが、こちらは2500番台のモデルをご購入いただいているケースが多いです。 ナイロンラインの3号が120メートル巻かれて販売されているモデルですが、特に初めて釣りをされる方にとっては、3号ぐらいの太さのナイロンラインが非常に扱いやすいはずです。 堤防から釣りをする上で、強度不足となることはまずないでしょう。 あらかじめアリビオのスプールに巻かれているナイロンラインの寿命については、購入当初はクリアブラウンのカラーだったのが、使用を重ねるにつれてくすんだブラウンへと変色していきます。 これは主に水分を吸ったり、紫外線にさらされたり、あるいは付着した海水が乾いて塩になって、それがガイドとラインの間でこすれてラインに細かい傷がつくことで発生する現象であって、避けようがないものです。 一番良いのは釣具屋さんに行って、店員さんと相談しながら新しいナイロンラインを巻いてもらうことなのですが、一般的な裏技としては ラインを裏返す(空のスプールを2つ用意し、1つのスプールに一度全部のラインを巻き取ってからさらにもう一つの空スプールへとラインを巻いて移動させ、今までスプールの一番外側にあった方のラインがスプールの底に来るようにラインを巻きなおすこと。 )ことで「一粒で二度おいしい」という方法を採ることも出来ます。 あるいは、新しく巻くナイロンラインとして2号のものをスプールに巻くというのも一つの方法です。 ラインの強度的にはそれ程低下することなく、釣りをしている間のライン捌きがしやすくなりますよ。 ちなみに、僕が現在使用しているナイロンラインも、2号の太さのものを使用していますが、1号分細くしたことで魚をバラしたことなどはほとんどありません。 また、釣りで使用した後の手入れについては、ドラグノブ(スプールの上についている円形のハンドル)を目いっぱい締めこんだ後で、水道水でジャバジャバと洗い、あとはドラグノブを緩めてスプールを外して陰干ししておけば、ほぼノートラブルです。 水道水で洗う時には、リールの可動部分を出来るだけ念入りに洗って上げることがコツです。 ベールも動かしたり、ハンドルノブ(取っ手部分)もぐるぐると回したり…アリビオは「回って動く部分」に使用されているパーツのほとんどがプラスチックカラー(すべすべしたプラスチックのリング)なので、ボールベアリングのように塩噛みして錆びるといったことも比較的少ないのはありがたいですね。 あとは、釣行数回に一回ぐらいは、から販売されているオイル&グリースのスプレーセットを使って、付属のマニュアルに従い注油してあげればまず大丈夫でしょう。 まとめ 今回はこれまでにご紹介したルアーロッド二種類、リール一種類について、長期使用時のインプレッションや手入れのコツなどをご紹介してみました。 高価なロッドやリールになるほど、性能はピカイチなのですが手入れに気を使ったりすることが多くなるのですが、入門機は良い意味でその辺りが「大雑把」に作られていることもあり、使用後のお手入れもそれほど気をつかう必要はないと思います。 それでも、水洗い&陰干し(リールについてはプラス注油)をきちんと行っていれば、入門用のロッドやリールでも比較的長持ちしてくれます。 海釣りで使用した場合にはリールの各部やロッイドなどに海水が付着したままになることがほとんどなので、それらを水道水で洗い流してあげるだけでも、道具の持ちは全然異なってきますよ。

次の

シマノ ルアーマチックMB 大人気ロッドがモバイルロッドで登場です。

シマノ ルアー

ここだけの話、もアジも釣った数ではルアー釣りよりもエサ釣りの方が断然多いJackです。 そろそろ梅雨明けを迎える中、釣りのハイシーズンは一度終わりを迎え、そろそろアジを釣るのに適した時期になってきました。 これまではエサ釣りを中心に色々と記事を書いてきましたが、そろそろルアーフィッシングについても記事を書いていこうと思います。 そこで、メバリング&アジングと呼ばれるルアーフィッシングに適したの入門用ルアーロッド、「ルアーマチック S76UL」についてご紹介いたします。 ・ルアーマチックS76ULについて 概要 が満を持して世に送る入門用ルアーロッドのベストセラー「ルアーマチック」シリーズのうち、メバリング&アジング向けのモデルです。 僕自身が購入するきっかけとなったのは、同じ「ルアーマチック」シリーズのS86MLを使った電気ウキ釣りをしているうちに「もう少し柔らかいロッドで釣りをしたら、もっと魚の引きを楽しめるのではないか」と思って、過去の父の日のプレゼントとして購入してもらったものです。 また、秋のハゼ釣りの際にも「より柔らかめの竿の方が、ハゼの引きを楽しめるのでは」と思ったこともありました。 なお、ルアーマチックS86MLについては、下記の過去記事もご参照ください。 特徴 メバリング&アジングロッドの場合、魚が自動的に針掛かりしやすい 「ソリッドティップ(竿先部分の中身が詰まった、比較的柔らかめの「魚が自動的に掛かりやすい」タイプ)」と 「チューブラートップ(竿先部分の中身が中空になっていて、魚のアタリが良く分かる「釣り人が自分から魚を掛けていく」タイプ)」の二種類がありますが、このS76ULは「チューブラートップ」になります。 この「チューブラートップ」の穂先と、ロッドのグリップ部分がほぼ竿尻にあることから、魚のアタリを敏感に感じ取って、釣り人がフッキングしていくタイプのロッドです。 ほぼ竿尻にグリップがあることによってロッドの感度が上がることは、さんもでおっしゃっていました。 また、ロッドの特徴の一つとしては「非常に軽くて、軽いジグヘッド 1グラム前後)+ワームと呼ばれる柔らかいプラスチック製のルアーを使用した釣りに非常に適している」ことが挙げられます。 ロッドのガイドはS86MLと同じく「ハーイド」と呼ばれるタイプですが、このS76ULでもPEライン(0. 3~0. 8号)を使用することが出来ます。 ナイロンライン&フロロカーボンラインであれば2~6lb(ポンド)、号数換算すると0. 6~1. 5号までですね。 また、使用可能なルアーの重さは0. 8~12グラムまでとなっています。 先に述べたジグヘッド+ワームの釣りはもちろんのこと、最近のメバリングでよく用いられる(プラグと呼ばれるルアーで、ミノータイプやシンキングペンシルタイプなど)での釣りや、軽量のメタルジグ(10グラム程度までの全金属製のルアー)での釣りにも対応可能です。 このロッドに適合するリールのサイズにつきましては、の表記で言えばスピニングリールの1000~2500番台がマッチします。 ただし、1000番台の小さめのリールを用いて手元の軽量感を優先するか、2500番台のリールを用いてスムーズなラインの放出性(リールのスプール径が大きい方が、ラインの巻き癖がよりつきにくくなるため)を優先するかは、使用される方の好みによって分かれてきます。 ちなみに、先ほどは「チューブラートップ」の特徴として「釣り人が積極的に魚のアタリを感じ取って掛けていく釣り」になると言いましたが、僕が実際に使ってみた経験から言えば「魚がググッとルアーを咥えて引っ張っていくので、それを感じ取ってフッキングする」といった釣り方をしています。 悪い点はある? ジグヘッド+ワームの釣りや、小型プラグを使った釣りをする分については、不満らしい不満は全くありません。 ただし、当初考えていた「電気ウキ釣りをしている時に、もう少し柔らかめのロッドを使えば魚の引きを楽しめるのではないか」といった使い方においては、S86MLと比較してロッドが柔らかすぎること、基本的にはルアー釣り用のロッドなのでウキ釣りにはあまり適さない(ゆっくりとではあるものの積極的にリールを巻き続けながらのウキ釣りであれば、それほど問題にはならないのですが、潮の流れに乗せて自然に仕掛けを流す方法でのウキ釣りでは、ウキが引き込まれた際の合わせに若干のタイムラグが生じる)ことなどを感じました。 また、10g前後の仕掛けを用いた釣り(メタルジグを用いたルアー釣りや、2号(1号あたり3. 6グラム)ぐらいのおもりを付けた仕掛けでのハゼ釣りなど)では、仕掛けを投げる際や掛かった魚を寄せてくる際に竿が柔らかすぎるため、S86MLの方が使い勝手が良かったです。 5グラム程度の重さのメタルジグやハゼ釣り仕掛けを使う分には、それほどの不便は感じませんでした。 その他、コマセ(オキアミ等の撒きエサ)を撒きながらのウキフカセ釣りをしていて、20センチメートルぐらいの木っ端グレが針に掛かった時にも、ロッドが結構引き込まれ(木っ端サイズとはいえど、グレの引きはなかなか強いのです。 )、足元まで寄せてきたグレを海中から抜き上げようとした時にもロッドが大きくしなり、折れてしまわないかヒヤヒヤしたことがありました。 これぐらいの木っ端グレでも、結構強い引きを楽しませてくれます。 S76ULだと抜きあげる時にも、ロッドが弓なりに曲がって大変でした。 このロッドを使用していて、思っていたよりも大きな(重い)魚が釣れた時には、 ロッドを立てるようにして海中から抜き上げようとすると竿先の部分に負荷がかかって折れてしまうので、出来るだけラインを巻き取ったのちにロッドを水平に保ちながら、竿全体(特にバットと呼ばれるロッドの根元部分)の反発力を利用して魚を抜き上げましょう。 あるいは、素直に玉網を使って魚を取り込むかの二択です。 まとめ 同じ「ルアーマチック」シリーズでも、S86MLはいわゆる「なんでもロッド」として幅広いジャンルの釣りに使用することが出来るのですが、 このS76ULの場合はやアジを狙ったジグヘッド+ワームの釣りやプラッギングと呼ばれる硬質プラスチック製のルアー釣りに特化したタイプのロッドであると言えます。 左上のアジ2匹は、ジグヘッド&ワームを使ってS76ULで釣りました。 メッキ(やロウニンアジの子供)はこのサイズでもかなり引きが強烈で、こちらはメタルジグ&スピンテールジグを使ってS86MLで釣りました。 なお、ルアーフィッシングをしていると不意な大物(チヌやシーバスなど)がヒットする可能性もゼロではありません。 そのような時にはロッドを真上(あるいは自分の頭よりも後ろ)まで立てず、ロッドの穂先の向きは前上方斜め45~60度ぐらいまでにしてロッド全体のしなり+リールのドラグを活かしつつ長期戦で粘り、魚が疲れて浮いてきたところを玉網でキャッチしてください。 大きめの魚を力任せに無理矢理取り込もうとすると、ロッドが折れる可能性が高くなります。 また、この製品と同じような性能・価格帯のロッドとなると、メジャークラフトの「ファーストキャスト」シリーズや、プロマリンのメバリング・アジング用ロッド辺りが該当します。 ダイワの入門者用ロッド「メバリングX」や「アジングX」は、定価から考えるとの製品では「ィーアドバンス」シリーズ(ルアーマチックよりも一つ上のランクのシリーズです。 )に当たるのではないでしょうか? いずれにせよ共通するのは 「7フィート6インチの長さで、ウルトラライトの硬さ」といった点です。 メバリングやアジングでは非常に守備範囲が広い(使用可能なルアーが多くて、釣り場の条件にも左右されにくい)スペックですね。 得意な分野の釣り(軽いルアーを使ったやアジ、釣り)においては非常にコストパフォーマンスの高いロッドで、細めのPEラインやフロロカーボンラインを用いた繊細な釣りで抜群の性能を発揮してくれます。 初めて釣りをされる方のうち、やアジをルアーで釣ってみたいという方には自信をもってお勧めできるロッドですよ。 【2019. 19追記】 「ルアーマチック」シリーズおよび「アリビオ」シリーズに関する補足情報の記事を書きましたので、よろしければこちらも併せてご覧ください。 【関連商品の広告】 今回ご紹介しました、ルアーマチックS76ULです。 ちなみに、ダイワ派のアナタにはこちらなどがよろしいかも知れません。 S76ULよりもちょっとだけ短くて、PEラインの使用はメーカーホームページ上では謳われていません…が、PEラインの使用も視野に入れるのであれば、76Lというモデルがあります。 こちらであれば、PEラインも使用可です。 ジグヘッド+ワームの釣りなら74UL-S、プラグの釣りなら76Lが良いそうですよ。 ちなみに、 初めてのアジング・メバリングでルアーマチックS76ULを使用されるのであれば、リールはこの辺りが良いかと思います。 僕だったらこちらのリールに、 こちらのナイロンライン2lb(「lb」と書いて「ポンド」と読みます。 )を巻くことをお勧めします。 リールに巻く糸はフロロカーボンラインの2~3lbでも良いのですが、フロロカーボンラインはナイロンラインに比べて巻きグセが強く、慣れないうちはライントラブルの元になりやすいので…出番は少ないですが、僕も1000番浅溝のスピニングリールにこのラインを巻いて使っていますよ。

次の