キムチ アンテナ エンジョイ 韓国。 韓国の反応 総合アンテナ

2ch

キムチ アンテナ エンジョイ 韓国

特に人口対比での検査の比率はケニアやモーリタニア、ザンビアなど、防疫体系が劣悪なアフリカの発展途上国と同等の0. 26日、グローバル統計サイトであるWorldometerの資料を基に分析した結果、25日現在で日本は総人口約1億2,648万人のうち、約43万人だけがコロナ19診断検査を受けている。 人口1,000人当り3人が検診を受けていて、診断検査の進行率はG7の中で最下位である。 米国は約3億3,097万人のうち、9. 続いてイタリア(8. 日本の人口対比のコロナ19診断検査の割合は、G7の平均値である6. 実際に日本の診断検査の進行率は、アフリカのセネガルやウガンダよりも低く、ケニアやモーリタニア、ザンビアなどと同じレベルである。 このように、日本の診断検査の進行率が主要先進国に比べて著しく低い理由を巡り、安倍政権が感染者を縮小するため、検査を十分に行っていないのではないかという疑惑が起きている。 先立って日本は5月にも、経済協力開発機構(OECD)の加盟国のうち、人口1,000人当りのコロナ19診断検査件数が1. 8人で、36の加盟国のうち35位を記録した。 実際に日本の現地では、診断検査の拡大について否定的な流れも強い。 在日僑胞3世の孫正義(ソン・ジョンウィ)ソフトバンク会長がPCR検査(患者の唾や痰などの検体からリボ核酸を採取して、・・・・・・・・・・判定する検査方法 を無償で提供すると明らかにしたが、批判を受けて撤回した。 韓国内のある医療系の関係者は、「コロナ19の初期症状がはっきりせず、防疫が難しい。 最終的には診断検査を拡大して対応するしかない」とし、「こうした中、日本が意図的に診断検査を消極的に実施したという疑惑が強まっている」と指摘した。 net 2020年6月22日、韓国・マネートゥデイは、ソウル・鍾路(チョンノ)の日本大使館前に設置されている慰安婦像の前で28年間にわたり行われてきた、元慰安婦支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」による、いわゆる「水曜集会」が「今週から開催不可能になる見通し」だと伝えた。 鍾路警察署によると、保守団体「自由連帯」が24日から7月15日まで慰安婦像前で集会を行うことを警察に届け出た。 集会は先に届け出をした団体に優先権が与えられる。 届け出は毎日午前0時から可能だが、慰安婦像前での集会を継続するために自由連帯の会員が24時間、鍾路警察署に待機しているため、正義連が優先権を取り戻すのは当面、不可能とみられている。 正義連は、慰安婦像前から1ブロックほど離れた聯合ニュースのビル前で水曜集会を続ける計画だと明かしている。 ただ、記事によると、自由連帯側が「慰安婦像廃棄」を主張してきたことから、像を管理している鍾路区庁は24日からの「施設保護」を管轄署に要請した状態だという。 そのため、記事は「自由連帯も慰安婦像前では集会ができなくなった」と伝えている。 両団体が物理的に衝突する可能性もあるため、警察は慰安婦像の周囲から距離を置いた場所を集会の空間として保障するなど、慰安婦像を「緩衝地帯」として活用する計画だという。 また、どちらの集会も日本大使館から100メートル以内の区域で行われるため、外交機関の機能と安寧を侵害する行為、団体間の衝突が発生しないよう対応する方針だという。 この記事に、韓国のネットユーザーからは 「1人の元慰安婦のせいで、めちゃくちゃになってしまった」 「数十年間続けてきたことが、一瞬で崩れ落ちるなんて」 「李容洙(イ・ヨンス)さん、これがあなたの望んでいたことですか?」 「おばあさん、自分が何をしたのか、よく見るがいい」 「何が保守だ」 「保守を名乗るな。 亡くなった独立運動家たちが泣いているぞ」 など、団体間の衝突のきっかけとなる、正義連をめぐる不正問題の告発をした元慰安婦の李さんに対する怒りの声が殺到している。 その他、 「安倍首相の笑い声が聞こえるようだ」 「これを機に、尹美香(ユン・ミヒャン)前理事長が関わった団体は全て解散にすべき」 などのコメントも見られた。 特に日本は、幼い頃に軍艦島で可愛がられて育ったという一人の在日僑胞のインタビューを掲げ、歴史を歪曲しています。 今は故人となるその在日同胞の証言が、実際にはどのような内容なのかを検証しました。 ペクトゥワイ(FACT WHY)、コ・ハンソク記者です。 <記者> 今月15日に一般に公開された産業遺産情報センター。 日本は2015年に軍艦島などを世界文化遺産、ユネスコに登録した後、過去の帝国主義の暴力についてもこの場を通じて伝えると約束しました。 しかし、言葉だけでした。 産業遺産情報センターが制作した、在日僑胞である鈴木文雄さん映像です。 昨年に86歳で亡くなった彼は、軍艦島で生まれて10歳まで暮らしていましたが、その頃に差別はなく、むしろ可愛がられたと話しています。 しかし、鈴木氏の経験が、強制動員された朝鮮人の苦痛に満ちあふれた軍艦島の真実を否定することはできません。 1937年、日中戦争。 1941年、太平洋戦争。 国家総動員法による徴用が始まったのは1939年で、日帝はこの時から徴用、割り当て、募集など、合法の仮面をつけた暴力によって朝鮮人を強制動員し始めました。 ところが鈴木氏は、これよりも6年前の1933年に軍艦島で生まれました。 彼の親は強制動員ではなく、お金を稼ぐために自ら軍艦島の炭鉱に向かい、早くから定着していたいわゆる『既住朝鮮人』だったのです。 一方で、北朝鮮が緊張を高めたことには一切触れませんでした。 文在寅大統領「我々は絶えず、平和を通じて南北共存の道を探し出す。 統一を論じるより先に、仲の良い隣人になるよう望む」 文大統領は演説で、北朝鮮に向け、改めて対話と協力を呼び掛けました。 「韓国の体制を、北朝鮮に強要するつもりはない」と述べ、北朝鮮の体制を保証する考えも強調しています。 今月16日の南北共同連絡事務所の爆破後、文大統領が南北関係について公式に言及したのは初めてですが、北朝鮮が緊張を高めたことには一切触れませんでした。 ただ、北朝鮮への名指しは避けつつも、「韓国国民の安全と命を脅かすならば、断固として対応する」と述べ、軍事的な挑発は容認しない姿勢を示しています。 naver. net 韓国銀行(韓銀)は23日、域内多者間通貨スワップ「チェンマイ・イニシアティブのマルチ化」(CMIM)改訂契約が発効したと明らかにした。 昨年5月のASEAN(東南アジア諸国連合)プラス3財務相・中央銀行総裁会議ですでに合意していたが、一部の国の承認手続きが遅れ、効力発生まで1年余りかかった。 CMIMはASEANプラス3加盟国が通貨危機に対応して流動性を支援する域内多者間通貨スワップで、2400億ドル規模で運営される。 危機を迎えれば、支援要請国は自国通貨を提供し、支援国は分担金比率に基づき米ドルを提供する。 韓国は分担金比率に基づき危機時に最大384億ドルを引き出すことができる。 今回の改訂契約は国際通貨基金(IMF)連係資金の延長回数や最長支援期間の制限を廃止することで、IMFプログラムとの連係性を高めた。 IMFとの共同支援が円滑に進むよう、初期段階から金融経済状況、資金需要、政策勧告の必要性について意見交換と情報共有をすることにした。 中央日報日本語版 2020. 44 ID:hGkCPgqq9. net 統一まで1111111年 「軍艦島」として知られる長崎の端島炭鉱など、世界文化遺産に登録されている「明治日本の産業革命遺産」をめぐり、韓国外務省は、登録取り消しの検討を求める書簡をユネスコに送ったと発表しました。 韓国政府は、「軍艦島」における強制労働について、日本政府が理解を深める施設の設置を約束したにもかかわらず、強制労働を否定する展示をして「歴史的な事実を完全に歪曲している」と強く反発しています。 「(日本政府が)約束した内容を履行しなかったことは明らかです」(韓国外務省 キム・インチョル報道官) 韓国外務省は、23日、ユネスコの事務局長宛てに書簡を送ったと発表。 展示内容の修正を日本政府に促し、「明治日本の産業革命遺産」の登録取り消しを視野に入れた対応を検討するよう要請したということです。 net 日本がスーパーコンピューター(スパコン)分野で世界一になった。 米国・中国が トップ争いをしていたスーパーコンピューターで日本が再び1位になったのは、2011年の「京(けい)」以来9年ぶりだ。 韓国からは科学技術情報研究院のスーパーコンピューター5号機「ヌリオン」が18位に 入った。 気象庁の「ヌリ」「ミリ」(139位・140位)も上位500位以内に入った。 net 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は24日、日本が航空自衛隊に「宇宙作戦隊」を発足させたことを非難する論評を配信した。 宇宙領域の専門部隊となる「宇宙作戦隊」は、日本が打ち上げた人工衛星を守るため、宇宙ごみ(スペースデブリ)や不審な人工衛星を監視する。 また、防衛省は電磁波を使って他国の衛星の通信を妨げる装備の開発を掲げている。 論評は、こうした動きに対して「宇宙軍事化を促して再侵略の準備を完結しようとする腹黒い下心の発露である」と非難した。 また、「地上と海上でのように宇宙領域でも無視できない絶対的地位を占めて再侵略野望の実現の有利な軍事的形勢を醸成する一方、 軍備競争をいっそうあおり立てて軍国化策動の持続的な口実を設けようとすることである」と指摘した。 続けて、「防衛相の河野はアジア太平洋地域の諸大国と深刻な政治的・軍事的摩擦を起こしている 目上の同盟国の肩を持つ『米国の衛星が攻撃を受ける場合、集団的自衛権行使の対象になりかねない』という妄言を吐いて、 周辺諸国と宇宙空間でも対決する腹黒い下心を露骨にほのめかした」と述べた。 そのうえで、「国際社会は、神聖な宇宙空間まで戦争の活躍舞台にしようとする戦犯国の策動を絶対に許さないであろう」と強調した。 引用元:.

次の

在日韓国人が日本のキムチをあまり好きじゃない6つの理由

キムチ アンテナ エンジョイ 韓国

news A 3581 IP: 153. 126. 168. 175 kankoku. news NS 10800 Target: 02. dnsv. jp kankoku. news NS 10800 Target: 03. dnsv. jp kankoku. news NS 10800 Target: 04. dnsv. jp kankoku. news NS 10800 Target: 01. dnsv. jp kankoku. news SOA 300 MNAME: 01. dnsv. jp RNAME: hostmaster. dnsv. jp Serial: 1536048570 Refresh: 3600 Retry: 900 Expire: 604800 Minimum TTL: 300 kankoku. 126. 168.

次の

キムチ速報

キムチ アンテナ エンジョイ 韓国

明らかな軍隊組織となった中国海警局による尖閣諸島侵入には根本的な対策が必要となる。 写真は海上保安庁の巡視船 中国海警局を中央軍事委員会直轄軍隊に 新型コロナウイルス感染症のパンデミックにあって、中国は、海洋における攻撃的行動や戦狼外交を一段とエスカレートさせている。 日本の尖閣諸島周辺海域では、6月21日現在、中国海警局(海警)の艦船の航行が69日間連続で確認されている。 平成24(2012)年9月の尖閣諸島国有地化以降で、最長の連続日数を更新している。 さらに、中国海軍は、太平洋への進出を活発化させている。 4月11、28の両日には空母「遼寧」など6隻の艦隊が初めて宮古海峡(沖縄本島-宮古島間)を通過して太平洋と東シナ海を往復した。 また、防衛省の発表によると、6月18~20日には中国海軍所属と見られる潜水艦が鹿児島県奄美大島周辺の接続水域を潜水航行した模様だ。 折しも、中国の全国人民代表大会(全人代、日本の国会に相当)常務委員会は6月20日、中国国内の治安維持などにあたる人民武装警察(武警)部隊の指揮系統を明確化した「人民武装警察法」改正案を可決した。 それに先立ち、2018年1月に武警部隊が、また同年3月には武警部隊の傘下に海警が、それぞれ国務院(政府)の指揮を離れ、最高軍事指導機関である中国共産党中央軍事委員会(主席・習近平国家主席)に編入された。 同上改正法は、それを法的に裏づけるためのものであり、武警が担う任務に「海上での権益保護や法執行」を追加した。 また、武警は戦時において、中央軍事委員会か、人民解放軍の地域別指揮機関である5つの「戦区」から指揮を受けると規定された。 海警はもともと、2013年に中国海監総隊、中国漁政、公安部辺防海警などを統合して新設され、「海の武警」を組織する目的で作られた。 米国の沿岸警備隊をモデルとして準軍事組織を目指したものであり、共産党と国務院(政府)との二元指揮の問題を解消し、武装法執行の強化および武警・人民解放軍と融合した軍隊化を図るのがその狙いである。 つまり、尖閣諸島周辺海域で行動する中国海警の艦船は、準軍隊としての性格と役割を付与され、その結果、東シナ海を管轄する人民解放軍の「東部戦区」とともに一元的に作戦行動をとる体制が整ったことを意味している。 このたびの法改正によって、中国は、「海洋強国」を推進する上で、尖閣諸島奪取はもとより、台湾進攻、南シナ海での海洋権益確保において、攻撃的行動をエスカレートする体制を一段と強化したと見なければならない。 李承晩ラインに倣った侵略アプローチ 中国は、海警の強化に当たり、世界各国の海洋管理体制や立法措置、政策などを研究し、比較検討した模様だ。 九州大学大学院比較社会文化研究院の益尾知佐子准教授は、その著書『中国の行動原理』(中公新書、2019年)で、次のように述べている。 「なかでもよく取り上げられたのは韓国である。 これは、韓国が大国ではないが、総合的な海洋戦略を掲げ、機能性の高い港湾物流センターを建設するなど経済利用で成果を上げていることと、 竹島/独島問題で効果的な対日海洋権益保護を実現していたことによるようだ」(太字は筆者) 問題は、後段の太字部分である。 中国は、韓国が歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに日本固有の領土である竹島を不法に掠め取った背景や手法などをつぶさに研究し、それを海洋戦略や政策に応用しているとの指摘である。 韓国の李承晩大統領は、1952年1月、「海洋主権宣言」を行い、いわゆる「李承晩ライン」を国際法に反して一方的に設定した。 同ラインの内側の広大な水域での漁業(資源)管轄権を一方的に主張するとともに、そのライン内に竹島を取り込んだ。 むしろ逆に、竹島を領土として取り込み、海洋権益を拡大するために「李承晩ライン」を設定したとも見ることができよう。 そして、1954年6月、韓国内務部は、韓国沿岸警備隊の駐留部隊を竹島に派遣したことを発表した。 同年8月には、竹島周辺を航行中の海上保安庁巡視船が同島から銃撃され、これにより韓国の警備隊が竹島に駐留していることが確認された。 韓国側は、現在も引き続き警備隊員を常駐させるとともに、宿舎や監視所、灯台、接岸施設、ヘリポートなどを構築している。 当時、わが国は、弱体化・非軍事化を基本方針とした米軍の軍事占領下におかれ、軍隊は解体され、外交は制限され、対日講和前の政治的緊張などが続いていた。 また、占領米軍は主力をもって朝鮮戦争に参戦中であり、韓国の不法占拠はその弱点や空白を突いたものであった。 中国が、この竹島事案に恰好のヒントを得たのは間違いないところであろう。 中国は、東シナ海および南シナ海を「中国の海」とするため、自国から遠く離れた島や岩礁を一方的に自国のものと主張し、その虚構(うそ)を国内で定説化する。 そして、中国は、力の空白を突いて、あるいは力の弱い相手に対して実力を行使するのである。 (略).

次の