カベイラ エリート。 【R6S】Y5S1 ヴォイドエッジ 新オペ(オリクス・イアナ)・リワーク・カベイラエリートなど情報公開-レインボーシックスシージ考察ブログ

【レインボーシックスシージ/R6S】Y5S2「Steel Wave」最新確定情報!アマルが超強化!?民家のリワークも!

カベイラ エリート

以前トレーラーが公開されていた「NOKK」「WARDEN」2名のプレイ動画を解説とともに公開しました。 NOKK デンマークの女性攻撃オペレーターです。 彼女の固有ガジェット「HEL PRESENCE REDUCTION」はVIGIL ビジル とCAVEILA カベイラ の掛け合わせのようなオペレーターとなっており、使用中はカメラに映らなくなると同時に足音が小さくなります。 クールダウン時間はなく、チャージがある限り何度でも使用可能です。 YokaiドローンとMOZZIEが捕獲したドローンは、アビリティ使用中のNOKKを探知しやすくなります。 また、Yokaiドローンのソニックバーストや、GUマインを踏んで針を抜く際などにアビリティが自動解除されます。 スピード2・アーマー2• メインウエポン FMG-9 SMG 、SIX12-SD ショットガン• サブウェポン 5. 7 USG、D-50• サブガジェット クレイモア、ブリーチングチャージ WARDEN アメリカの男性防衛オペレーターです。 彼の固有ガジェット「GLANCE SMART GLASSES」は、立ち止まった状態で最大限にパフフォーマンスを発揮し、スモークの中を可視化させたり、スタンの無効化や解除をすることが可能です。 一度起動すると、手動で停止または、チャージが切れるまで放置すると停止します。 NOKKのようにすぐには使用できず、クールダウンが必要です。 また、EMPグレネードで停止ができ、IQ アイキュー で探知が可能。 BLITZ ブリッツ やYING イング 、GLAZ グラズ のアンチオペレーターとして有効です。 スピード1・アーマー3• メインウエポン MPX SMG 、M590A1 ショットガン• サブウェポン SMG12 SMG 、P-10C ハンドガン• サブガジェット 展開型シールド、有刺鉄線 「カフェ・ドストエフスキー」のマップリワーク 上記のプレイ動画を見ると、リワークされた「カフェ・ドストエフスキー」であることが確認できます。 1Fと3Fが大きく変わっており、さらに防衛ポイントの変更もされる予定です。 ランクマッチシステムの変更 Year4の開始前にもアナウンスされていたランクマッチシステムの変更が施されます。 アナウンス通りとはなりませんでしたが、ランクマッチメニューにて自分のスタッツを確認可能に。 さらに、プラチナ、ダイヤモンドの色が変更されます。 LESION リージョン のエリートスキン公開 新シーズンの発表だけではなく、LESION リージョン のエリートスキンも公開。 勝利エモートや武器スキンなどがついたセットとなっています。 販売はオペレーション ファントムサイトの開始後となります。 プロチームスキンのセールと販売終了 現在発売中のプロチームスキンは、今シーズン限りの販売となっています。 現在、ゲーム内にて30%引きのセールを開催しています。 入手ができなくなる前に、購入を検討して見てはいかがでしょうか。 — Rainbow Six Esports R6esports Year4 Season2に向けて行われる予定のアップデートは以下の記事にて掲載しています。

次の

【レインボーシックスシージ/R6S】Y5S2「Steel Wave」最新確定情報!アマルが超強化!?民家のリワークも!

カベイラ エリート

今回のテーマは「夏をあきらめられないとき」。 ああ、何もしないままに今年も夏が終わってしまった...... 海にも行きたかった、フェスにも行きたかった、ひと夏の恋も、してみたかった...... そんな後悔を、そのままにしておいていいのでしょうか?今一度、夏をこの手に取り戻し、ひと花咲かせてみませんか? 記念すべき第1回目の先攻は、会社員のかたわら映画ライターとしても活躍する加藤よしきさんが、「エリート・スクワッド(07)」をご紹介くださいます。 この週末はしばし現実を忘れ、映画が織りなす豊かな別世界へと飛び込んでみてはいかがでしょうか!? ひと味ちがう映画コラム、はじまります。 1 現実から目を逸らせ!31歳男性からの提案! はじめまして、加藤よしきです。 会社勤めをしながら、ブログを書いたりコラムを寄稿したりと、インターネットで恥を晒している31歳の男です。 今回より、こちらアイスム様にて月に1本ずつ、映画をご紹介してまいります。 唐突ですが、 皆さんは現実からちゃんと目を逸らしていますでしょうか?現実逃避というと悪いことのように思われがちですが、ままならない人生と付き合っていく上で、ある程度は絶対に必要だと思っています。 いや、もちろん目を逸らしっぱなしはダメですよ。 風邪をひいても元気と言い張るとかもダメです。 ゲームは1日1時間!現実と向き合うのも1日1時間!「人生は戦いだ』」といいますが、格闘技だって、相手と離れるときは離れます。 往年の名勝負、高山善廣VSドン・フライのようにガンガンに殴り合う生き方は普通じゃありません。 あの試合は総合格闘技の歴史でも特別なシーンです。 異例中の異例と言っていいでしょう。 話が逸れてしまいましたが、とにかく私は現実逃避のために映画を見ています。 映画に逃避することで生きながらえてきたと言っても過言ではありません。 かつての勤務先で3か月間、毎日穴を掘っては埋め、また掘っては埋めるみたいな終わりの見えない作業を命じられたことがありました。 そして上司の目を恐れながら、「今日から、鈴蘭だ」とすっかり覚えてしまった名台詞を呟いては「俺は小栗旬だ、怖いものなど何もない!」と暗示をかけて乗り越えたのです。 その頃ほど酷くはありませんが、今でも仕事で理不尽な目に遭う度に映画へ逃げ込んでいます。 この連載では、そんな私が毎回テーマに沿って映画……というか、今まで訪れた逃亡先の中から「あそこ、いい感じだったよ」と思った作品をご紹介します。 もしもあなたが2時間くらい現実から逃げ出したいとき、私の記事とご紹介した作品が逃避行の一助になれば幸いです。 今回のテーマは『夏をあきらめられないとき』。 All rights reserved. ブラジル映画はまさに、夏真っ盛りなフィーリングでしょう。 今回のテーマには 最適です。 編集さんも即座にOKをくれました。 本当に大丈夫なのでしょうか。 さて!舞台となるのはブラジルの大都市リオ・デ・ジャネイロ。 警察の多くは薄給に苦しんでおり、ギャングと組んで汚職に手を染める者も多いと言われています。 そんなリオのスラムで髑髏の旗を掲げて犯罪と戦うのが 特殊部隊BOPE(ボッピ)です。 このBOPEという最恐部隊はなんと実在し、なんならInstagramにアカウントまで持っています。 インスタと言えば食事やセルフィーなどの華やかな日常風景が並ぶイメージが一般的ですが、BOPEのアカウントは少し違います。 そこに並ぶのは 押収した薬物や銃器、犯行現場などの殺伐とした「日常風景」です。 (以下にリンクを貼りますが、不意に過激な画像が目に飛び込んでくるかもしれませんので、閲覧に注意してください。 また、あまりに多くリンクを踏まれると要らん事を書いているのがBOPEにバレて、連載と私が消えてしまう可能性がありますので、ご配慮ください。 詳細はInstagramにて「bope. All rights reserved. その2. 映画史に残る鬼教官 ナシメントさん 物語は97年のリオで幕を開けます。 ナシメントさんは犯罪との飽くなき戦いに嫌気がさしていました。 汚職警官とギャングが一緒の場面に出くわせば、「どっちも殺そう」と雑な指示を飛ばすまでに疲れ果て、遂に自身の後継者を見つけて引退することを決意します。 序盤はナシメントさんの仕事風景、中盤は彼主催のBOPE新人合宿、クライマックスは「後継者」が完成するまで。 要は退職する ナシメントさんの仕事の引き継ぎの話です。 こう書くと地味ですが、その業務内容が凄すぎるので画面から目が離せません。 白眉は中盤の新人合宿です。 開始と同時に参加者全員がナシメントさんらに理由もなくボコボコに殴られます(ナシメントさん本人も「BOPEは外から見ればカルトだ」と語ります)。 ナシメントさんは終始ブチギレ続け、昼食の時間は10秒、メニューは残飯。 最終試験はギャングとマジ銃撃戦など、まさに壮絶の一言です。 そんな合宿を耐えた新人は現場に投入されるや、週に30人のギャングを殺しまくる精鋭と化し……。 物語は一応フィクションとなっていますが、BOPEの 実態は限りなくノン・フィクションだそうです(原作小説にはBOPEの人が関わっています)。 All rights reserved. 凄い話ですが、さらに凄いのは本作が 現地ブラジルで爆発的なヒットを飛ばしたことでしょう。 YouTubeを探すと、歌番組で大歓声を浴びながら主題歌が披露されている様子が確認できますし、先ほどご紹介したBOPEのInstagramには、マラソン大会や市民との交流の模様もアップされています。 私はギャングと同じくらいBOPEが怖いのですが、本国では ちょっと違う形で受け止められているのかもしれませんね。 そんな大好評を受けて、数年後に続編が作られました。 それが『エリート・スクワッド/ブラジル特殊部隊BOPE』です。 All rights reserved. が、主人公は引き続き、元・鬼教官のナシメントさんです。 無事に引き継ぎを終えたナシメントさんですが、 再び地獄へトンボ返り。 人間関係は入り乱れ、騒々しさと情報量は苛烈する一方。 しかし、監督のジョゼ・パジーリャ(現在NETFLIXオリジナルドラマ『ナルコス』を絶賛監督中)は見事な手腕で物語を紡ぎます。 狂騒的かつ規則正しい、それはまさに地獄のサンバ・カーニバルです。 All rights reserved. そしてナシメントさんにもまた、大きな変化が訪れます。 前作はナシメントさんが戦いを辞めるストーリーでした。 社会の闇との戦いに疲れ果て、部下を殺人マシーンに育て、一線を退く。 それが彼のやった仕事です。 しかし、引退したナシメントさんがブラジルの闇と対峙したとき、 かつての自分による「仕事」が、その闇を作っていた事実を突きつけられます。 あの地獄の新人シバキも、社会の闇を形作るのにひと役買っていた。 そしてナシメントさんは己の過去にケジメをつけるためにまたしても、修羅場へと身を投じるのです。 制作中に ギャングと警察の両方から圧力を受けたという命知らずの本シリーズは、ブラジルの闇に斬り込む社会派映画として評価されました。 しかし2作を通して観ると、別の側面が浮かび上がってきます。 それはナシメントさんの再起の物語、 理想と情熱に燃える「人生の夏」を過ぎた人物が、その心に再び火を点ける物語です。 続編のラスト、ナシメントさんの総決算として象徴的に映し出される光景……ブラジルの青い空には、必ずや胸を打たれることでしょう。 そして 「ナシメントさんの真似はできないけど、1日1時間くらい、私も現実と戦ってみるか」そんな気分になるはずです。

次の

ブラックアイス、エリート、プロチームスキン多数|advertising.socialvibe.com

カベイラ エリート

Y5S1 新オペレータ-は2人か 現在リークされている情報ですとオペレーターは攻撃・防衛各1人。 計2名のようです。 出身はどちらもギリシャのようです。 ギリシャの特殊部隊について調べてみましたがこれといって無さそうですね・・・。 第一奇襲空挺旅団というものが存在するようですが情報があまりないのでどのような所属のオペレーターか気になるところです。 攻撃側 攻撃側のオペレーターは柔らかい壁(おそらく補強されていない壁)やバリケードを駆け抜けることができる。 とのこと。 リーク情報のサイトによるとkool-aid manのような。 と記載がありました。 kool-aid manとはアメリカのフレーバードリンクのイメージキャラクターであり、アニメーションで壁に突進するような映像があります。 ちなみに使える武器などはまだ不明のようです。 防衛側 防衛側のオペレーターは医療用のドローンを使うことができるといわれています。 カメラとして使えるのかどうかはわかりませんが医療用とのことなのでドクと同じようなポジションでしょうか。 こちらも他の詳細は一切リークされていないので今現在でわかるのはこのくらいです。 エリートスキン エリートスキンに関してはモンターニュが出るとリークされています。 ただまだ画像などのリークはないので信憑性としては低いです。 カベイラのリークが先日あったので恐らくはカベイラが先に出るんじゃないかな、と個人的には思います。 その他変更点 ・バリケードの破片がちゃんと落下するようになる。 このリーク情報が本当であればかなり嬉しいですね。 おそらく誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。 リスキルをしようとしてバリケを殴ったら破片が残って全然外が見られない。。。 なんてことを。 ・タチャンカとフィンカに変更が加えられる(リワーク) こちらも詳しい情報は出ていませんがフィンカに関しては今よりもメディック職寄りになるとのことです。 新モード「スタジアム」 こちらは以前よりリークされていた新マップ「スタジアム」が使用された新モードのリークです。 どうやらマルチプレイ(PvP)のウォームアップモードのようです。 このマップのリーク情報が出たときはsix invitationalのイベント用マップ。 とされていたのですがこちらのリーク情報だと新モードで使用されるマップという解釈のようです。 どちらにしてもかなり作りこまれていて楽しそうなマップだったのでイベント限定で消えるのはもったいない気がします。 まとめ 以上が今回入手したリーク情報です。 新オペレーターはどうなるんですかね。 ついに一撃のSRも出しましたし。 ただeSportsとして盛り上がっている現在ゲームバランスをぶっ壊すようなオペレーターはでないかと思います。 新武器もゲームバランスを維持するために出さないと言っていたような気がするので。

次の