漫画サイト おすすめ。 おすすめ漫画読み放題アプリ&サイト徹底比較!有料版から無料版まで

【スマホ向け漫画サイト】7社の比較とおすすめサービス

漫画サイト おすすめ

スマホ向け漫画サイトの備考 ボーナスポイント ボーナスポイントは各電子漫画サイトによって付与されるコース・ポイントに違いがあります。 確認は各漫画サイトでお願いします。 基本的に300円コース、500円コース、1000円コースからボーナスポイントの付与が始まります。 クーポン割引・ポイント還元 クーポン割引ができるBookLive! は不定期で配布されるクーポン、毎日引けるガチャによって当たるクーポンなどあり、割引率や割引対象作品も様々になります。 ポイント還元形式はeBookJapanが採用。 通常時のポイント還元率は低いですがキャンペーンやまとめ買いをすることでポイント還元率が跳ね上がります。 キャンペーン時の買い物や漫画のまとめ買いをするならお勧め! 決済方法 決済方法は全ての決済方式を記載していますが電子漫画サイトによって月額コース登録時、追加ポイント購入時によって指定できる決済方法が異なるケースがあります。 またスマホ向け電子漫画サイトですが、格安SIM端末はサービス利用できないケースもあります。 グループである株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営する電子漫画サイト。 取扱い作品やキャンペーンの豊富さは最大級。 特に 大型キャンペーンはポイント還元率30倍〜50倍など超お得になります。 使って損のないお勧めの電子書籍サイト。 さらに無料コーナーに設置された漫画の数も伊達じゃない。 国内最大級の無料漫画の取扱や他にない背表紙を表示させた状態で本棚アプリに陳列できる高機能な仕様。 漫画以外の一般書籍や写真集などの取扱いもありますが、主に漫画、コミックを主体にしている。 買い切り型なので月額ポイント制の電子漫画サイトと違い、購入する時だけ支払い。 毎月の月額料金などは必要ないので購入しない月があっても費用の発生はなし。 漫画はどのジャンルの作品数も多く、欲しい漫画が見当たらない…なんてことがない電子漫画サイト。 知名度や人気も高い「めちゃコミック」 クレジットカード払いができるため、格安SIM端末の方でもサービスを利用できる。 巻売りではなく「話売り」がメイン。 閲覧はコマ送り形式。 めちゃコミックのコマ読みは非常に読みやすいように感じた。 購入した作品は端末保存ができないためオフライン再生は不可。 一般漫画メインで閲覧方式はコマ読みの方が好きな人にオススメできる。 コミックへ名称が変更されました。 会員登録には携帯キャリアIDが必須のため格安SIM利用者はサービスを利用できない。 クレジットカード決済が導入されて格安SIM端末の方も利用可能になりました。 基本的に巻売りがメイン。 BookLive! コミックも作品の端末保存ができないためストリーミング再生メインとなる。 月額コースを解除してもサービス自体を退会しなければ購入作品の閲覧はできる。 一般漫画はもちろん充実しているが ボーイズラブ、ティーンズラブ、成人向け作品は業界最多のラインナップ。 エロ漫画メインで読みたいならかなりオススメできるぞ! BookLive! コミックは巻、話購入のどちらであれ、 閲覧期限は無期限作品が多い。 キャリア公式サービスの中でも常に高い人気を誇る電子漫画サービスなので入会して損はしない。 MD Viewerといった本棚アプリと連携して巻購入した作品は端末に保存することができるため、一度ダウンロードすればオフライン(ネット環境がなくても)再生が可能。 巻購入はページ読み、話購入はコマ読みに対応している。 また退会しても購入した保有ポイントは期限まで利用ができる。 巻購入して端末保存した作品は閲覧無期限かつ、退会をしても読むことができる。 購入した作品は読み返すことが前提の場合、最もオススメできるスマホ向け電子漫画サービスとも言える。 BookLive! コミックと同様で一般漫画も充実しているがボーイズラブ、ティーンズラブ、成人向け漫画のラインナップに強い。 無料で読める作品が多いことでも有名。 月額会員にならずとも利用する価値はあり。 巻売りがメインとなっておりWebビューア、専用ビューアアプリを用意。 ストリーミング再生メインのためデータ通信量が気になる方のために低画質モードも備えている。 少しネックになるのが月額コース会員登録中であれば購入作品は無期限で閲覧可能だが、解約をすると購入作品も読めなくなってしまう。 付与されるボーナスポイントは業界でもトップクラスだが退会すると購入作品も読めなくなると言った落とし穴があるので注意。 」です。 多彩な決済方式を準備しているため、格安SIM端末の方も利用可能。 48時間レンタルの他に無期限レンタルもあり。 無期限レンタルは通常購入と同義のようなもの。 1チケット作品は安くて良いが3チケット、4チケットの48時間レンタル作品は正直コスパが最高に悪い。 PC閲覧しないのであればRentaより上で紹介している電子漫画サイトの方がボーナスポイントも多くオススメできる。

次の

超優良な無料WEB漫画サイト14選【2020年7月】おすすめマンガ・特徴も紹介

漫画サイト おすすめ

電子コミックのサービスの選び方3つ 電子コミックが読めるサービスは、ネット上に数え切れないほどあるため、「どのサービスにしたらいいのかわからない」と迷ってしまう人もいるでしょう。 そこで、まずは電子コミックサービスを選ぶときの3つポイントをお教えしましょう。 電子コミックのサービスの選び方• 買い切りか、読み放題かも選択肢の一つですし、無料なものや安いものは、それ相応のサービスしかないことがほとんどです。 また、スマホで読むか、専用端末で読むのかによっても選択肢が変わってきます。 専用端末が用意されているかも重要な要素で、スマホは読みづらい傾向があります。 また、SIMでは読めないものもあります。 合法的なサービスであれば、サイトのどこかに「会社概要」という項目があるはずです。 逆に会社概要がないようなサービスは、漫画を違法にアップロードしている違法サイトの可能性が高いです。 2018年に、漫画を違法にアップロードしていた「漫画村」などの違法サイトが問題になりました。 違法サイトを利用していると、漫画家や出版社にお金が入らないため、漫画業界が疲弊してしまい面白い漫画が読めなくなってしまいます。 そのため、電子コミックを読むときは、サイトに会社概要がないようなサービスは、利用しないようにしましょう。 「え?無料で電子コミックが読めるの?」と、思っている方もいるかもしれません。 サービスと漫画にもよりますが、電子コミックは、無料で読める場合があります。 しかし、無料で読めるのは、「1巻だけ」「無名の漫画だけ」ということが多いので、『ONE PIECE』や『北斗の拳』などの有名な漫画を全巻読みたい場合は、有料のサービスを利用する必要があります。 単発購入と読み放題の違い• 単発購入:漫画を1巻ずつ単発で購入• 読み放題:特定の漫画が読み放題になる それぞれの特徴は、以下の通りです。 単発購入 読み放題 読める漫画 購入した漫画 読み放題の対象漫画 漫画の選びやすさ 自分で選べる サービスの運営側次第 費用 1冊ごとにかかる 一定料金 1冊あたりのコスト 高い 安い 料理にたとえると単発購入は、好きな料理を選べるけど費用が高い「単品注文方式」。 読み放題は、運営側が指定した料理しか選べないけど、費用は安い「バイキング方式」といった感じです。 知っておきたい!電子コミックのメリット・デメリット おすすめの電子コミックのサービスを紹介する前に、電子コミックのメリットとデメリットについてお伝えします。 電子コミックのメリット 電子コミックのメリットは、以下の通りです。 電子コミックのメリット• また、印刷代や輸送費もかからないため、紙の本よりも費用が安いです。 また、電子コミックはスマホなら片手で読めるため、ベッドで横になりながらや食事をしながらでもマンガを読めます。 さらに電子コミックは、紙の本とは違って月日が経っても劣化しないというメリットもあります。 電子コミックのデメリット しかし電子コミックには、以下のデメリットがあります。 電子コミックのデメリット• また、友達に貸すこともできません。 電子コミックのメリットとデメリットを、よく知った上で利用したいものですね。 【読み放題版】電子コミックオススメサービス6つ お待たせしました。 いよいよ電子コミックの、おすすめサービスを6つを紹介します。 私は今までに、20社近くの電子コミック読み放題サービスを使ってきましたが、以下の5つはその中から厳選したサービスです。 【読み放題版】電子コミックオススメサービス6つ• 中には有名な漫画も無料で読めますよ。 単発購入はできませんが、月額500円で3万冊以上の漫画が読み放題。 さらに、『るるぶ』など350誌以上の雑誌が読み放題です。 ブック放題の詳細はこちら。 1万冊の漫画が読み放題になります。 先ほど紹介した、ブック放題の廉価版です。 Yahoo!プレミアム会員の人は、追加料金なしで利用できるので、試してみてください。 以前は、「BookPlace for U-NEXT」というサービス名でしたが、今はU-NEXTに統合されました。 U-NEXTの月額料金は1,990円と高いですが、毎月1,200円分のポイントがもらえるため、実質的な料金は720円です。 もらったポイントで、最新の電子コミックを買ったり、映画やアニメなどの動画作品を購入したりできます。 単発購入と読み放題の両方に対応しているため、読み放題にある漫画を楽しんだ後、読みたい漫画は単発で購入するということが可能です。 ブックパスはauのサービスですが、auユーザー以外の人もIDを作れば、利用できます。 また漫画だけでなく、雑誌や一般書籍も読み放題の対象になっているので、電子コミック以外の電子書籍が読みたい人にもおすすめです。 【単発購入版】電子コミックオススメサービス3つ 「読み放題じゃなくて、好きな漫画だけピンポイントで読みたい」という方には、電子コミックを単発で購入できる、以下のサービスがおすすめです。 電子コミックを単発で購入する際に気をつけたいのは、「運営会社が潰れるリスクの少ないサービスを選ぶこと」です。 電子コミックの運営元が潰れてしまうと、購入した電子コミックを読むソフトのアップデートが止まってしまう恐れがあるからです。 それを踏まえた上で、私がおすすめするのは以下の3サービスです。 【単発購入版】電子コミックオススメサービス3つ• com 誰もが知っている大手企業ですね。 基本的にどの企業で購入をしても、漫画の内容は変わりません。 普段あなたが使っているサイトを選んで利用すれば、決済がしやすいと思います。 Amazon kindleは、電子書籍リーダーの端末名としても使われているのでややこしいですね。 人気の漫画であれば、電子コミック化されている漫画のほとんどを取り揃えています。 楽天koboという電子書籍リーダーもありますが、この電子書籍リーダーを持っていなくても読書は可能です。 comでも、電子コミックを販売しています。 他社よりも、無料で読める電子コミックが多いイメージです。 まとめ:まずは無料で試してみよう この記事では、さまざまな電子コミックのサービスを紹介してきましたが、中には「結局、どのサービスが一番いいのかわからない」という方もいると思います。 記事の中でもお伝えした通り、どのサービスにも無料のお試し期間があるため、 一度登録して試してみるのがおすすめです。 無料のお試し期間中に解約すれば、 料金は一切かかりません。 アパレルショップで服が自分に合うか試着するように、電子コミックサービスが自分に合うかどうかを一度試してみると、本当に自分に合ったサービスを選ぶことができますよ。 漫画は、このストレス社会において知識や娯楽を提供してくれます。 毎日楽しく生活したい人は、ぜひ電子コミックを利用してみてください。

次の

無料で漫画・コミックを読めるおすすめのサイト!試し読みから読み放題まで!

漫画サイト おすすめ

スマホ向け漫画サイトの備考 ボーナスポイント ボーナスポイントは各電子漫画サイトによって付与されるコース・ポイントに違いがあります。 確認は各漫画サイトでお願いします。 基本的に300円コース、500円コース、1000円コースからボーナスポイントの付与が始まります。 クーポン割引・ポイント還元 クーポン割引ができるBookLive! は不定期で配布されるクーポン、毎日引けるガチャによって当たるクーポンなどあり、割引率や割引対象作品も様々になります。 ポイント還元形式はeBookJapanが採用。 通常時のポイント還元率は低いですがキャンペーンやまとめ買いをすることでポイント還元率が跳ね上がります。 キャンペーン時の買い物や漫画のまとめ買いをするならお勧め! 決済方法 決済方法は全ての決済方式を記載していますが電子漫画サイトによって月額コース登録時、追加ポイント購入時によって指定できる決済方法が異なるケースがあります。 またスマホ向け電子漫画サイトですが、格安SIM端末はサービス利用できないケースもあります。 グループである株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営する電子漫画サイト。 取扱い作品やキャンペーンの豊富さは最大級。 特に 大型キャンペーンはポイント還元率30倍〜50倍など超お得になります。 使って損のないお勧めの電子書籍サイト。 さらに無料コーナーに設置された漫画の数も伊達じゃない。 国内最大級の無料漫画の取扱や他にない背表紙を表示させた状態で本棚アプリに陳列できる高機能な仕様。 漫画以外の一般書籍や写真集などの取扱いもありますが、主に漫画、コミックを主体にしている。 買い切り型なので月額ポイント制の電子漫画サイトと違い、購入する時だけ支払い。 毎月の月額料金などは必要ないので購入しない月があっても費用の発生はなし。 漫画はどのジャンルの作品数も多く、欲しい漫画が見当たらない…なんてことがない電子漫画サイト。 知名度や人気も高い「めちゃコミック」 クレジットカード払いができるため、格安SIM端末の方でもサービスを利用できる。 巻売りではなく「話売り」がメイン。 閲覧はコマ送り形式。 めちゃコミックのコマ読みは非常に読みやすいように感じた。 購入した作品は端末保存ができないためオフライン再生は不可。 一般漫画メインで閲覧方式はコマ読みの方が好きな人にオススメできる。 コミックへ名称が変更されました。 会員登録には携帯キャリアIDが必須のため格安SIM利用者はサービスを利用できない。 クレジットカード決済が導入されて格安SIM端末の方も利用可能になりました。 基本的に巻売りがメイン。 BookLive! コミックも作品の端末保存ができないためストリーミング再生メインとなる。 月額コースを解除してもサービス自体を退会しなければ購入作品の閲覧はできる。 一般漫画はもちろん充実しているが ボーイズラブ、ティーンズラブ、成人向け作品は業界最多のラインナップ。 エロ漫画メインで読みたいならかなりオススメできるぞ! BookLive! コミックは巻、話購入のどちらであれ、 閲覧期限は無期限作品が多い。 キャリア公式サービスの中でも常に高い人気を誇る電子漫画サービスなので入会して損はしない。 MD Viewerといった本棚アプリと連携して巻購入した作品は端末に保存することができるため、一度ダウンロードすればオフライン(ネット環境がなくても)再生が可能。 巻購入はページ読み、話購入はコマ読みに対応している。 また退会しても購入した保有ポイントは期限まで利用ができる。 巻購入して端末保存した作品は閲覧無期限かつ、退会をしても読むことができる。 購入した作品は読み返すことが前提の場合、最もオススメできるスマホ向け電子漫画サービスとも言える。 BookLive! コミックと同様で一般漫画も充実しているがボーイズラブ、ティーンズラブ、成人向け漫画のラインナップに強い。 無料で読める作品が多いことでも有名。 月額会員にならずとも利用する価値はあり。 巻売りがメインとなっておりWebビューア、専用ビューアアプリを用意。 ストリーミング再生メインのためデータ通信量が気になる方のために低画質モードも備えている。 少しネックになるのが月額コース会員登録中であれば購入作品は無期限で閲覧可能だが、解約をすると購入作品も読めなくなってしまう。 付与されるボーナスポイントは業界でもトップクラスだが退会すると購入作品も読めなくなると言った落とし穴があるので注意。 」です。 多彩な決済方式を準備しているため、格安SIM端末の方も利用可能。 48時間レンタルの他に無期限レンタルもあり。 無期限レンタルは通常購入と同義のようなもの。 1チケット作品は安くて良いが3チケット、4チケットの48時間レンタル作品は正直コスパが最高に悪い。 PC閲覧しないのであればRentaより上で紹介している電子漫画サイトの方がボーナスポイントも多くオススメできる。

次の