久保田 利伸 その 人。 久保田利伸 その人

久保田利伸が結婚したきっかけがヤバイ!?歌唱力の高さを示す驚きのエピソードとは!?

久保田 利伸 その 人

Beautiful Peopel• Club Happiness• So Beautiful• LIFE• Free Style• You Go Lady• Missing• Englishman in New York• MAMA UDONGO~まぶたの中に~• Make U Funky• 2 Beatz• Bring me up! FUN FUN CHANT• LOVE RAIN~恋の雨~ アンコール• LA LA LA LOVE SONG• 私は幸運People。 まだ余韻に浸っている。 30年以上信じてついてきた自分自身にも大きな自信。 私も頑張りたい。

次の

久保田利伸が結婚した妻は誰?子供は3人?メニエール病や八百屋の噂は?

久保田 利伸 その 人

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2011年9月) 久保田 利伸 出生名 久保田 利伸 別名 クボジャー ファンキー久保田 キング・オブ・Jソウル 久保やん クボトシ くぼっちゃん Toshi Kubota(米国名義) 生誕 1962-07-24 (57歳) 出身地 (現:) ジャンル 職業 担当楽器 活動期間 - レーベル ( - ) ( - 、 - ) ( - ) 事務所 FUNKY JAM 公式サイト 久保田 利伸(くぼた としのぶ、 - )は、の、。 日本にを紹介し、根付かせた人物。 身長170cm、体重59kg。 別名・愛称は「 ファンキー久保田」「 クボジャー」「 キング・オブ・Jソウル」「 久保やん」「 クボトシ」「 久保田の兄貴」等。 自他共に認めるファンキーな性格の持ち主である。 以降に、、、などの音楽が日本で流行する下地を作った。 から逸脱したというスタイルの登場にも寄与している。 来歴・人物 [ ] (現:)出身。 、経済学部経済学科卒業。 実家はを営んでおり、父親はスイカを叩くだけで、良し悪しが分かるほどであったという。 また、『』に初登場した際に久保田が語ったところによれば、一家揃ってファンキーなキャラクターで(母親はそうでもないとの本人の話) 、青果店の店主である父親は客が来ると、フィンガーチップスを鳴らしながら「らっしゃい」と言っていたという。 少年時代は野球少年で、元のは中学時代の2年先輩・チームメイトだった(後年、久保田と広瀬はので共演している)。 その後、広瀬と同じ駒澤大学に進学し、大学でも先輩・後輩の関係となった。 広瀬の入団以来ファイターズを応援し続けている。 高校時代まで野球に勤しみ、いわゆる球児だった。 7月にのラジオにゲスト出演した際、自身の音楽の原点は中学時代から高校時代にかけて毎日聴いていたで、現在でもリスペクトしていると語っている。 幼少の頃からや等のに傾倒していた一方、姉2人の影響で等も頻繁に聞いていたという。 では商業高校ということもあって、在学中に検定などの資格も取得した。 では研究会に属し、そこで出会ったとアマチュアバンド「HOTTENTOTS」(ホッテントット)を結成。 、主催のコンテスト「」に出演し、ベスト・ボーカリスト賞を受賞。 (このコンテストで披露された演奏は、レコードに収録され発売された。 またバンド在籍時の久保田は、に口ひげを生やしていた。 )頻繁に髪型を変える。 大学のゼミは「研究会」(教授)に所属。 好きな音楽のルーツがアフリカだったため、アフリカ三昧で楽しかったという。 卒論も「アフリカの音楽」 をテーマにした。 大学を卒業後、音楽プロデューサーとしてとの作家契約で音楽業界に入り、には20代前半という若さで多くの歌手、アイドルに楽曲を提供。 主な相手としては、、、、、、、、、、。 特に田原にはからまでの間に多くの楽曲を提供している。 1990年代に入ってからも、、、、、などに楽曲提供。 ここ数年にも、、、などに提供している。 、の外資系企業に勤める11歳年下の女性と。 同年12月、第一子となる男児が誕生した。 好きな食べ物は、以外の、。 特にラーメンは久保田の実家の近所にある食堂「蒲原館」のラーメンがお気に入り。 また、の百貨店にある惣菜店のも大変気に入っている。 嫌いな食べ物はとで、柿については本人曰く「柿は柔らかくても硬くても食えない」とのことである。 また、20代の頃から体重は50kg台後半から60kg程度を維持しており、出前は好きな物を食べているが、を主食にし体重を維持している。 久保田の作品はテレビドラマへの起用が多く、特に系列への起用が目立っている。 なお、系列の番組に久保田の楽曲が起用されたことは長らく無かったが、2020年1月期のテレビ東京系列のテレビドラマで初の起用となった。 デビュー当時には日本ではまだ市民権を得ていなかったを浸透させるのに一役買った功績は大きく、現在も国内外でシンガーとして活動している。 ブラックミュージックということで、久保田自身の音楽スタイルは、、、、、、、、ハイクオリティなという点でや、等によって確立されたジャンルであるが、まだ歌謡曲的であった。 ヴォーカルスタイル、感、ソングライティング等の部分でブラックミュージックに大きく影響を受け、またそれを自身の音楽性の基盤とし、さらにセールス的にも大成功を収めたのは、彼以前にはいなかったと言っても過言ではなく、そのことから彼自身は「 ブラック・ミュージックのパイオニア」とも称されている。 日本の音楽シーンにおいて、ソウルフルな歌声と、裏拍を基本とするグルーヴィーなリズムは彼のデビュー以来多数出現している。 バックトラックはコンピュータへの打ち込みを基本とし、デビューアルバムからデジタルレコーディングが用いられている。 末からの元祖であるも使い始めた。 はでは一億円以上の価格で販売された最高級の機材で、他に、、、等の世界的ミュージシャンも用いていた。 12月に『のメロウな夜』 に出演した際、楽曲製作での影響を大きく受けていると話している。 略年譜 [ ]• YAMAHA主催のコンテストEast Westに出場し、ベストヴォーカリスト賞を受賞。 ジャズ・ラテンミュージシャンののアルバム『LONG FOR THE EAST』の1曲目『The Latin Man』に作詞・ゲストボーカルとして参加。 (全詞英語。 コーラスは。 ながら音楽業界の注目を浴び、「」の制作を担当する。 のシングル曲『華麗なる賭け』、『It's BAD』、岩崎宏美のシングル曲『月光』を作曲。 この頃に趣味で「」を作る。 6月21日 シングル『失意のダウンタウン』でメジャーデビューする。 9月にはファーストアルバム『SHAKE IT PARADISE』、12月にはセカンドシングル『TIMEシャワーに射たれて』をリリース。 4枚目のシングル『CRY ON YOUR SMILE』でシングルチャート最高8位を記録し、ブレイク。 5枚目のシングル『You Were Mine』が系(枠)「」のとなる。 TBS「」にも、(VTR出演ではあったが)初登場。 オリコン年間ランキングにおいて1988年度第10位となる。 1枚目の『the BADDEST』が、シングル・アルバム通じて初の。 「」に出演(アリスンウイリアムズとデュエットで)• 1991年 ナイジェリアで開催されたイヴェント〈The Children Of Africa Concert〉に出演し、の「MANY RIVERS TO CROSS」と、オリジナル曲「MAMA UDONGO」を披露。 1993年 日本における11枚目のシングル『夢 with You』がフジテレビ系ドラマ(枠)「」の主題歌となる。 本人も最終回にちょい役で出演。 年末、ニューヨークに拠点を移す。 「シャウエッセン」のCMに出演。 以後、まで続く。 1995年「 Toshi Kubota」として全米デビュー。 6月21日、メジャーデビュー10周年。 とした『LA・LA・LA LOVE SONG』が、フジテレビ系ドラマ(月9枠)「」の主題歌となり、ミリオンセラーを記録。 ちなみに、当該曲の『LA・LA・LA』はの語尾に使われる「~ら」から取ったとのこと。 また、作詞をしている時に、歌詞が浮かばずに浮かんだのが、『LA LA LA』と書いたともいわれている。 日本における20枚目のシングル『AHHHHH! 』が発売。 系「」での「(パンヤオ)」のとして作られたもの。 2004年 、の呼びかけで集まったアーティストたちが久保田の楽曲をした『SOUL TREE ~a musical tribute to toshinobu kubota~』が発売。 参加アーティストは、、、、、ATSUSHI 、、、ほか。 2004年上旬にの「ソウル・トレイン」(を参照)に出演。 日本人アーティストとしてはに次いで2番目。 ソロアーティストとしては初出演となった。 6月21日、メジャーデビュー20周年を迎えた。 1995年から続いていた「」が2006年に終了。 翌月からで「」がスタート。 、「mtv iCON 久保田利伸 powerd by 楽天オークション」がにて開催された。 、、、、ATSUSHI 、 、、、、、、、、TOKUらが参加し、久保田の楽曲をカバーした。 6月には『』が、みたびフジテレビドラマ(月9枠)主題歌となり(「」主演)、自身14年ぶりにオリコントップ3入りを果たした。 6月21日、メジャーデビュー25周年を迎えた。 6月21日、メジャーデビュー30周年を迎えた。 2017年9月29日、母校である静岡県立静岡商業高等学校の開校120周年・学園祭70周年記念で静商祭校内発表にサプライズで登場した。 関連人物などとのエピソード [ ] の2人とは、1987年にフジテレビ系「」で共演して以来の仲で、彼らのにはよくゲスト出演する(「」、「」、「」、「」)。 石井竜也は1988年のツアーパンフレットでを寄せていたり、デビュー前には同じで共演もしていた。 では「TIMEシャワーに射たれて」のパロディ曲『ライスシャワー』を歌っている。 1990年の野外イベントで米米と久保田が出演した際、先に登場した米米が「ライスシャワー」を歌った。 その後、本家の久保田が登場した時の1曲目が「TIMEシャワーに射たれて」だった。 米倉利紀とは『Gift』 というアルバムで彼が久保田の楽曲をカバーした際、久保田が絶賛したことがきっかけで付き合いが始まる。 同じ事務所の面々でバーで飲んでいた際、偶然にもがいたので、久保田が事務所の後輩であるを山下に紹介した。 そのとき、山下に「あまりにもファッションが若いもんだから久保田君に似てる人かと思った」と言われた(携帯サイトのスタッフコメント) [ ]。 ミュージック・ソウルチャイルドが来日した際、客席にいた久保田はステージ上から彼に呼ばれ、サプライズゲストとして出演した。 については、何度か久保田が平井のにプロデューサーとして参加したことがあり、平井自身も久保田のファンだったこともあって付き合いがスタート。 2012年には音楽雑誌の誌面上に於いて久保田・平井と対談している。 とは、1986年にのアルバム「今日子の清く楽しく美しく」に楽曲提供をした際、そのをしていたのがきっかけで知り合った。 には、のアルバム「」にでゲスト参加している。 デビュー・アルバムのレコーディングにはらユーミンクルーとらクルーが参加しており、にスマイルガレージも入っている。 とは、1989年のでの野外ライブイベントJT SUPER SOUNDで、アマゾンズらと共に共演している。 作家ののエッセイにしばしば「久保田君」として登場する。 その後、山田詠美の短編小説と久保田の裏ベスト版をコラボレーションし、リリース。 1996年にリリースの『LA・LA・LA LOVE SONG』では、とコラボレーションしているが、これはニューヨークでたまたま同じアパートに住んでいて意気投合して曲へのコラボレーションを頼んだと言っていた。 TBS「アナザースカイ」(2012年7月6日放送)にて、がワシントンスクエアパークを訪れると公園の真ん中で歌って踊ったことがあると話した。 そこに久保田利伸がたまたま通り声をかけた。 2006年のツアーの公演の会場には、、、の、、の、、の、、、、、、らが来ていた。 2010年4月2日にで行われたプロ野球「 対 」の試合の始球式に登板。 野球が大好きで、過去には北海道日本ハムファイターズを応援する曲「Funky Fighters」という曲を制作した経緯がある。 とは、1986年に久保田利伸のバックバンド「MOTHER EARTH」のメンバーに加入して以来、アレンジャー、キーボード奏者として切っても切れないほどの長年の付き合い。 MOTHER EARTHには、ほかに羽田一郎 G 、杉山卓夫 K 、中村キタロー B 、中島オバヲ Per 、ジーノ秋山 Dr が参加していた。 初期には、江口信夫、阿部薫、も参加。 後にとなるとは、大学時代に同じ下宿で隣同士の部屋に住んでいた仲で、しばしば一緒に酒を飲んだり金を借りたりしていた。 シンガー・ソングライターのとは、アメリカで活動を行っていた彼女を発掘し、彼女の才能を「アジアで最高の女性シンガー」と絶賛し、日本に紹介した。 ライブツアーやレコーディングに参加させている。 音楽プロデューサーのとは、久保田がデビューする前のライター時代から交流があり、同氏は久保田との出会いをきっかけに90年代半ばから音楽制作に携わるようになった。 同氏のラジオ番組NHK-FM「松尾潔のメロウな夜」にも度々ゲスト出演している。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ]• 1990年以前にリリースされたシングルは、デビューシングルを除き全てセレクションアルバム(主にベストアルバム)にしか収録されていないオリジナルアルバム未収録曲となっている。 1986年から1987年までにリリースされたシングルは、1988年から1999年までのシングルは、それ以降はとしてそれぞれ発売。 アナログレコードとしてリリースされていた作品はに8cmCDとして初CD化。 既に8cmCD(アナログレコード除く)として発売されていた作品は後に、にマキシシングルとして一挙再リリース。 LP Remix- 8cmCD SRDL-4271 (廃盤) 30位 2005年8月28日 12cmCD SECL-257 (現行再発盤) 18th 1996年 BODY-CATION 8cmCD SRDL-4295 (廃盤) 12位 LA・LA・LA LOVE THANG 2005年8月28日 12cmCD SECL-258 (現行再発盤) 19th Cymbals 8cmCD SRDL-4324 (廃盤) 19位 2005年8月28日 12cmCD SECL-259 (現行再発盤) 20th 8cmCD SRDL-4560 (廃盤) 5位 2005年8月28日 12cmCD SECL-260 (現行再発盤) 21st the Sound of Carnival 8cmCD SRDL-4641 (廃盤) 15位 As One 2005年8月28日 12cmCD SECL-261 (現行再発盤) 22nd 1999年7月28日 SOUL BANGIN' SRCL-4570 25位 THE BADDEST III 23rd 1999年 Messengers' Rhyme 〜Rakushow, it's your Show! 32DH-5131 (廃盤) 1位 CSCL-1178 (現行再発盤) 4th 1990年7月15日 CSCL-1179 5th SRCL-2160 6th Neptune SRCL-2429 3位 7th SRCL-3166 1位 8th SRCL-3721 2位 9th As One SRCL-4927 5位 10th United Flow SRCL-5320 9位 11th FOR REAL? 12センチCDで発売。 現在の基準でマキシシングルと呼ばれるものにあたるが、発売当時3曲以上収録されたものはミニアルバムと呼ばれることが多く、公式サイトではアルバム(もしくはミニアルバム)として分類されている (なお、現在は 製造中止のため、何も 廃盤となっている。 現在は廃盤となっている。 CD SECL-922 (通常盤) BOXセット 2016年 30th Anniversary Vinyl Collection SEJL-49 圏外 デビュー30周年記念第二弾。 1stアルバム「SHAKE IT PARADISE」から最新アルバム「L. K」までのオリジナルアルバム全13作品をアナログ化。 Vinylキャリングバッグと豪華フォトブックで納められ、12インチサイズのジャケットを復刻した形で完全受注生産予約限定として販売される初のボックスセット。 なお、完全予約生産限定販売のため、CDショップでの販売はない。 ライブ 3周まわって素でLive! 〜THE HOUSE PARTY! TOSHINOBU KUBOTA in INDIA(2012年11月30日、中村和孝、幻冬舎) その他 [ ]• 公式に認められたデモテープ。 デビュー前に関係者のみに配布され、その後のデビューへの足がかりとなった。 THE BRIDGE(1997年) 主導による企画アルバム。 久保田は「send me an angel」、「gone」、「change on change」の3曲で歌声を披露。 センベロの歌う「send me an angel」の日本語バージョンでは、作詞、コーラスを担当している。 GHETTO BLASTER 1988年、から発売された清涼飲料水「Mets」CMソングに、新曲「OH, WHAT A NIGHT」起用されたのを記念に、同商品の懸賞(2等。 ちなみに1等は、MICHIKO LONDONの自転車)としてプレゼントされた非売品カセットテープ。 同曲は後にベスト・アルバム「」が発売されるまでは、このカセットテープでしかフルコーラスを聞くことができなかった。 なお、このカセットに収録されているオリジナルバージョンと「the BADDEST」収録曲はバージョンが違うため、CMに起用されたオリジナルバージョンは、このカセットでしか聞くことができない。 また、オリジナルバージョンからベスト版にボーカルを入れ直した理由として、オリジナルの時は風邪で喉の調子が悪かったためと話している。 収録は同曲と、既発売曲のリミックス3曲。 なお、同じ内容でCDも製作されたが、CDはプロモーション用の完全非売品。 SUKIYAKI ~Ue wo muite arukou~ feat. Musiq Soulchild 2016. コンサートツアー [ ]• 1986年• コンベンションツアー Debut Live• Funky Live Performance I ~SHAKE IT PARADISEへようこそ~• 1987年• Funky Live Performance II GROOVIN'• 1987-1988年• Funky Live Performance III KEEP ON DANCING• 「KEEP ON DANCING」 Tour Last FROM HERE TO ETERNITY• 1989年• Funky Live Performance IV "I NEED YOUR FUNKY THANG"• 1990-1991年• 日本一のBONGA WANGA 男S TOUR '91• 1992年• Funky Live Performance VI FUNKIN' ON NEPTUNE TOUR• 1993年• Funky Live Performance VII EVRY'TING COOK AN CURIE! 1996年• TOSHINOBU KUBOTA "PARTY ON!! " UNDER A GROOVE• TOSHINOBU KUBOTA CONCERT TOUR '96 "Oyeees! 2000-2001年• TOSHINOBU KUBOTA CONCERT TOUR "NOTHING BUT AS ONE"• 2003年• TOSHINOBU KUBOTA CONCERT TOUR 2003 "mo'bounce to the ounce"• 2006年• TOSHINOBU KUBOTA CONCERT TOUR 2006 "WE FOR REAL"• 2007年• 2007(KREVAとのコラボツアー)• 2010年• TOSHINOBU KUBOTA Concert Tour "Timeless Fly"• 2011年• 25th Anniversary TOSHINOBU KUBOTA CONCERT TOUR "Gold Skool"• 2012年• 25th Anniversary Toshinobu Kubota Concert Tour 2012 "Party ain't A Party! 2013年• 2015年• TOSHINOBU KUBOTA CONCERT TOUR 2015 "L. TOSHINOBU KUBOTA CONCERT TOUR 2015 "L. K Supa Dupa"• 2017年• 3周まわって素でLive! ~THE HOUSE PARTY!~• 2019年-2020年• TOSHINOBU KUBOTA CONCERT TOUR 2019-2020"Beautiful People" フェス参加・ライブゲスト出演 [ ]• 「FUNKY DYNAMITE」LIVE-INN(1987年12月29日)謎のバンドFUNKY DYNAMITEのボーカルBOOTY KUBOTAとして出演• 「FUNKA HIPS LIVE SHOW LAST -NEW BLOOD PRESENTS-」日本武道館(1989年9月26日)• FUNKA HIPS ALL STARS:久保田利伸&MOTHEREARTH、GWINKO、AMAZONS、DA BUBBLEGUM BROTHERS、清水美恵、富樫明生、DALE SANDERS、ROLLETTA HEYWOOD• 「JT SUPER SOUND '89」(1989年)• 「JT SUPER SOUND '90」仙台リゾートパークオニコウベ高原(1990年8月4日)、海の中道海浜公園(1990年8月8日)• 「THE NIGHT OF SEXUAL HEALING at 浜名湖渚園」浜名湖渚園(1990年8月11日)• 「Children Of Africa」アフリカ ナイジェリア,ラゴス球場(1991年11月28日)日本人唯一の出演• 「JT SUPER SOUND '92」(1992年)• 「We Love Music We Love the Earth '92」日本武道館(1992年4月22日)キャロン・ウィーラー• 「Excite Music Festival '06」国立代々木競技場第一体育館(2006年7月1日)• 「mtv iCON:久保田利伸 powered by 楽天オークション」SHIBUYA-AX(2007年3月8日)<サプライズゲスト(アンコール時)>• 「KREVA CONCERT TOUR 2007 "K-ing 日本武道館2days"」日本武道館(2007年11月23日)• 「ap bank fes '10」静岡県掛川市つま恋多目的広場(2010年7月19日)• 「SOUL POWER SUMMIT 2010」日本武道館(2010年9月24日・25日)• 「平安神宮月夜の宴」平安神宮(2010年10月3日)• 「夏木マリGUEST久保田利伸 ~夏になったら~」渋谷PLEASURE PLEASURE(2011年6月2日)• 「MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE」国立代々木競技場第一体育館(2011年12月13日・14日)• 「Beat Connection 2013」横浜アリーナ(2013年1月27日)• 森大輔 Live Tour「Beauty is yours」大阪・森ノ宮ピロティホール<サプライズゲスト>(2013年9月29日)• FM802開局25周年記念イベント「RADIO MAGIC」大阪城ホール<サプライズゲスト>(2014年5月31日)• 「908 FESTIVAL 2014」日本武道館(2014年9月8日)KREVA主催• 「岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭in横浜アリーナ2016」横浜アリーナ(2016年10月23日)• 「J-WAVE LIVE AUTUMN」オーチャードホール(2016年11月17日)• 「FM COCOLO CROSSOVER JAM COOL VIBES」フェスティバルホール(2016年11月23日)• 「武部聡志 Original Award Show ~Happy 60~」東京国際フォーラム(2017年2月27日)• 「AI presents「伝説NIGHT II」」大阪城ホール(2017年4月30日)• 「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017」橫浜アリーナ(2017年7月23日)• 「WEST GIGANTIC CITYLAND '17」大阪舞洲スポーツアイランド(2017年8月6日)• 「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO」石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ(2017年8月12日)• 「音楽と髭達2017-NO BORDER-」ハードオフエコスタジアム新潟(2017年8月26日)• 「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017」山梨県・山中湖交流プラザきらら(2017年8月27日)• 「宗像フェス〜World Heritage Munakata〜」宗像市グローバルアリーナ(2017年9月3日)• 「908 FESTIVAL 2017」日本武道館(2017年9月8日)主催• aira(現:)「ずっと忘れない」• 「TIME OUT」• LOVER」「冬が終わるまで」• 「美女と野獣」「MORNING RAIN」「LAZY DANCE」• 「スローダンスでさよならを」• 「One Night Only」• キップ・レノン「DREAM」• 「」「」「」• 「教会の前で」「青春でゆこうよ」「NUDIST」「パーティー」「MOONLIGHT」• 「永遠のモーニング・ムーン」(作曲・デュエットボーカル)• 「KISSでLONG BOOD-BYE」• 「(ソロ)」「」「」(作詞・作曲)「」(作詞・作曲)• 「美しき戯れ」「想い出はひかりの中」• 「」「永遠の正体」「」「切り札は一度だけ」「COOLなままシェイク」「ショットガン」「ダーリン涙を見せて」「DO YOU WANNA KISS」「夢の翼」「夜の都」• 「LOVE CRISIS」• 「private eyes」• 「IN THE MORNING」「SINGA PORE」「」「TAKE IT EASY」「BY BY MY SEABREEZE」「VELVET HAMMER」• 「ああホントやんなっちゃう」「LOVE IS CHANGING」• 系『』オープニングテーマ(1990年4月 - 1994年9月)• 「NO MORE TRICK」• 「白い月」• 「たとえば、ずっと…」• 「虹色スキャンダル」• 「」「」• 「走れLOVE TRAIN」• 「君のとなりに」(作曲・コーラス)• 「13日の金曜日」「おしゃれなパラダイス」• 「ヴァニティ・ナイト」「REAL TIME」• 「SOLE SOUL」• feat. 久保田利伸「リバイバル」• 「 TAKATSUKING 」• 「Every Kiss, Every Lies」(作曲。 作詞はS. と久保田の共作) プロデュース [ ]• with 「こんな気持ち 〜ハリハリヘリヘリ〜」(1998年7月17日、)• 「」(1997年)「」 「HEAT UP」はスーパーバイザーとして参加。 コーラス・アレンジも手がけている。 「Keep Holding U」(SunMin thanX Kubota名義) 韓国の新人歌手をフックアップするという形態をとってリリースされたシングル。 映画『』主題歌。 「」 カバー [ ]• - Skoop On Somebody、MISIA、倖田來未、中島美嘉、ATSUSHI EXILE 、BoA、ゴスペラーズほか• TIMEシャワーに射たれて… -• Missing - 、、ほか。 LA・LA・LA LOVE SONG - 絢香、BENI、、BoA、クリス・ハート、NOKKO、赤い公園ほか。 ゲストボーカル [ ]• 「遠くからHAPPY BIRTHDAY」 -• 「Bee's Knees」(久保田利伸、、、AMAZONS) - のアルバム『Clara』(1988年)• 「」 -• 「」 - EXILE• 『LoveRespectHarmony』 - のアルバム(2012年)• 「GODDESS 〜新しい女神〜」(with 久保田利伸)• 『DELICIOUS 〜JUJU's JAZZ 3rd Dish〜』 - のアルバム(2018年)• フジテレビ系ドラマ『君の瞳をタイホする!]』主題歌(1988年)「You were mine」• フジテレビ系ドラマ『あいつがトラブル』主題歌(1989年)「Moving Target」• フジテレビ系ドラマ『同・級・生』挿入歌(1989年)「Missing」• NTV系ドラマ『』主題歌(1994年)「夜に抱かれて ~A Night in Afro Blue~」• フジテレビ系ドラマ『』主題歌(1996年)「LA・LA・LA LOVE SONG with Naomi Campbell 」• TBS系ドラマ『君が人生の時』主題歌(1997年)「Cymbals」• TBS系ドラマ『独身生活』主題歌(1999年)「the Sound of Carnival」• ANB系ドラマ『』主題歌(2000年)「Always Remain」• フジテレビ系ドラマ『』主題歌(2001年)「Candy Rain」• TV朝日系ドラマ『』主題歌(2005年)「Club Happiness」• NHKドラマ『』主題歌(2009年)「Tomorrow Waltz」• フジテレビ系ドラマ『月の恋人 Moon Lovers』主題歌(2010年)「LOVE RAIN ~恋の雨~」 テレビ番組テーマ歌 [ ]• ANB系スポーツ番組『ワールドプロレスリング』オープニングソング(1987年)「OLYMPICは火の車」• ANB系スポーツ番組『ワールドプロレスリング』エンディングソング(1987年)「Missing」• TBS系トーク番組『噂的達人』エンディングソング(1988年)「Indigo Waltz」• TBS系ニュース番組『ニュースの森』テーマソング(1990年)「MAMA UDONGO ~まぶたの中に・・・~」• TBS系クイズ番組『世界・ふしぎ発見!』テーマソング(1990年)「Be wanabee」• NTV系バラエティ『進ぬ!電波少年』"朋友"応援歌(1998年)「AHHHHH! フジテレビ系バラエティ『笑う犬の情熱』テーマソング(2003年)「FUNKY DOGS」• NTV系バラエティ『ぐるぐるナインティナイン』テーマソング(2005年)「Rock wit me Poh'! YTV『秘密のケンミンSHOW』エンディングテーマ(2009年)「Life-long High-way」• 日本テレビ『スッキリ!』テーマソング(2011年)「流れ星と恋の雨 ~毎度オブリガート ver. WOWOW『リーガ・エスパニョーラ14-15シーズン』イメージソング(2014年)「Vamos」• フジテレビ系『バイキング』テーマソング(2018年)「Make U Funky」 イベントテーマ曲 [ ]• フジテレビ系シドニーオリンピックイメージソング(2000年)「ポリ リズム」• NTV主催『イサム・ノグチ展』テーマソング(2005年)「Sign of Love」• フジテレビ主催『DAIHATSU DRALION』イメージソング(2009年)「FLYING EASY LOVING CRAZY TOSHINOBU KUBOTA feat. MISIA 」• 男子プロバスケ・Bリーグ初の公式トーナメントCUP戦「アーリー カップ」大会テーマソング(2017年)「SOUL BANGIN'~B. LEAGUE EARLY CUP Version~」• 東宝系映画『19 ナインティーン』オープニングテーマソング(1987年)「流星のサドル」• 東宝系映画『咬みつきたい』主題歌(1987年)「CRY ON YOUR SMILE」• 東宝系映画『メッセンジャー』オープニングテーマソング(1999年)「No Lights... Candle Light」• 東宝系映画『メッセンジャー』エンディングテーマソング(1999年)「Messengers' Rhyme~Rakushow, it's your Show! ~ featuring NAOMI SHIMIZU 」• 映画『アイノカラダ』テーマソング(2002年)「Free your Soul」• 東映系映画『同じ月を見ている』主題歌(2005年)「君のそばに」• 東宝系映画『日本沈没』主題歌(2006年)「Keep Holding U SunMin thanX Kubota 」• アメリカ映画『Shall we Dance? 』日本公開テーマソング(2006年)「a Love Story」• 角川映画『夜明けの街で』エンディングテーマ(2011年)「声にできない~夜明けの街でver. ~」 アニメ主題歌 [ ]• 『』オープニングテーマ(1995年)「虹のグランドスラム」 ミュージックビデオのゲスト出演 [ ]• 『Daddy's Party Night(懲りないオヤジの応援歌)』MV(2008年12月3日)、、コロッケとともに出演• 『Happy』日本版MV(2014年) その他 [ ]• K発売記念 ニコニコ生放送(2015年3月18日)• 」 「the Sound of Carnival」 「」 Masashi Muto with Takahide Ishii 「」 「」 不明 「Just The Two Of Us」「FOREVER YOURS」「」「AHHHHH! 」「BODY-CATION」「」「CRY ON YOUR SMILE(Fan Funバージョン)」「」「FUNK IT UP」「」「Golden Smile feat. EXILE ATSUSHI」「」「Keep On Jammin」「MASQUARADE」「」「Missing 〜2010カラット〜」「Messenger's Rhyme〜Rakushow, it's your Show! 〜」「Nothing But Your Love」「RANDY CANDY」「SOUL BANGIN'」「ZA-KU-ZA-KU Digame」「ふたりのオルケスタ」「雨音」「君のそばに(映画Ver. )」「」「夜に抱かれて〜A Night in Afro Blue〜」 ラジオ番組 [ ]• (、MCはアナウンサー、羽田一郎とともに毎週木曜日に出演、番組テーマ曲やジングルも担当)• ランド・オブ・(系列)• ポレ・ポレ・タクシー(~1994年、TOKYO FM系列)• (1994年頃から、TOKYO FM)• SHAKE IT PARADISE()• (1995年10月~2006年3月。 TOKYO FM、エフエム大阪他、全国ネット。 (2006年~同年12月。 『プラネット・フレーヴァ』の後番組だが、エフエム大阪のみの放送。 THE MUSIC OF NOTE〜久保田利伸Love, Peace and Soul(2016年10月2日〜12月25日の毎週日曜日。 FM COCOLO)• 久保田利伸 ファンキーフライデー(2017年4月28日 - 2019年3月22日、、毎月最終金曜放送)• 1987年8月26日「TIMEシャワーに射たれて…」• 1987年12月30日(の「It's BAD」に参加)• (フジテレビ)• 「So Beautiful」、「会いたい、会いたい、会えない。 (フジテレビ)• 「Keep Holding U」• 「Missing」、「Is it over? 月9ドラマ『月の恋人 Moon Lovers』スペシャル(2010年5月14日放送)• 「LOVE RAIN~恋の雨~」• 「Indigo Waltz」、「流れ星と恋の雨」• 久保田利伸 works(2013年8月9日放送)• 「Dance If You Want It KUBOSSA Ver. 」、「Corcovado Quiet Nights of Quiet Stars 」• (フジテレビ系列)• 久保田利伸VS三代目 J Soul Brothers 俺のSOUL道!!(2013年6月30日放送)• 「My Cherie Amour」• アナザースカイ(日本テレビ系、2013年7月5日放送)• 久保田がゲストとして、ブラジル・リオデジャネイロのコルコバードの丘を訪れた。 「EXILE ATSUSHI Premium Live」- 命をうたう -(TBS、2013年1月3日)• ゲストとしてEXILE ATSUSHIと共演• (フジテレビ系列)• 「月恋生放送SP!」(2010年5月10日放送)• 「LOVE RAIN ~恋の雨~」(久保田)• 「みんなで歌おう!! SMAP ni のど自慢! 」(2011年1月10日放送)• 「Peace! S-Live(2015年4月20日放送)• 「Bring me up! S-Live(2016年12月5日放送)• S-Liveは久保田が8回で最多出演となった。 (日本テレビ)• ゲスト出演(2016年11月14日放送)• 関ジャム完全燃SHOW(テレビ朝日)• ゲスト出演(2016年11月27日放送)• ゲスト出演(2017年8月27日放送)• KinKi Kids20年目の真実!今リアルに考えていること• バカリズム(日本テレビ)• 「おしゃべリズム」ゲスト出演(2016年12月9日深夜帯放送)• レジェンド久保田利伸初登場!ファンキーな事件告白&仰天楽曲制作秘話• 「おしゃべリズム」ゲスト出演(2017年5月26日深夜帯放送)• 「クリスマススペシャル 久保田利伸 キューバ音楽紀行」(BS日テレ)(2016年12月25日放送)• 「CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2018」 TBS (2018年12月24日放送)• 「」(日本テレビ)• グルメチキンレースゴチになります!12• CM [ ]• 「」(1986年)楽曲のみ• 「Mets」(1988年)楽曲のみ• 「Oh! , What A Night! 」を使用• 日立マクセル「日立マクセルUD I(カセットテープ)」(1988-1990年)出演• 「Dance If You Want It」、「High Roller」を使用• (1990-1991年)楽曲のみ• 「君に会いたい」を使用• 「冬 沖縄キャンペーン」(1990-1991年)楽曲のみ• 「永遠の翼」を使用• (1991-1992年)楽曲のみ• 「FOREVER YOURS」を使用• カメリアダイヤモンド()(1991年)楽曲のみ• 「Honey B」、「雨音」を使用• 「AVミラクルキャンペーンなど」(1991-1992年)楽曲のみ• 「Keep On JAMMIN'」、「誓い」、「To The Limit」を使用• 「オレンジ」(1991年)出演• 「GIVE YOU MY LOVE」を使用• キリンシーグラム「HIPS」(1992年)楽曲のみ• 「 Let's Get A Groove ~Yo! Hips~ 」を使用• 「コカ・コーラクラシックス」(1993-1994年)出演• 「ふたりのオルケスタ」を使用• 「」(1994-2000年)出演• 「Sunshine, Moonlight」、「君は なにを 見てる」、「Sunshine, Moonlight <英語楽曲>」、「CLUB PLANET」を使用• ヴィクトリアFCO(1994-1995年)楽曲のみ• 「ZA-KU-ZA-KU Digame」を使用• エバンス「ROLEX専門店」(1995-1996年)楽曲のみ• 「6 TO 8」、「さがしてた 忘れもの」、「Too Light To Do <英語楽曲>」、「My Love 6 To 8 <英語楽曲>」を使用• 「ブルーマウンテンブレンド(缶コーヒー)」(1995-1996年)楽曲のみ• 「Nice & EZ<英語楽曲>」を使用• 「PIXEL(コピー機)」(1996-1997年)楽曲のみ• 「Summer Eyes」を使用• (1996-1997年)出演• 「BODY-CATION」を使用• JAL「国際線マイレージバンク」(1997-1998年)楽曲のみ• 「ちょっとそこまで」を使用• 「」(1999-2000年)楽曲のみ• 「SOUL BANGIN'」を使用• 「His Sugar」を使用• 「携帯電話N503iS」(2001-2002年)楽曲のみ• 「In your flow」を使用• NEC「LaVie C(ノートパソコン)」(2003-2004年)楽曲のみ• 「La vie son Musique」を使用• 「着うた&着ムービーキャンペーン」(2003-2004年)出演• 「Our Christmas」を使用• 「グランドボイジャー」(2008年)出演• 「ooh wee Rida」を使用• 「ブラックニッカ クリアブレンド」(2009年)出演• 「Soul Mate ~君がいるから~ 」を使用• 千寿製薬「1STマイティアCL」(2010年)楽曲のみ• 「Nyte Flyte」を使用• 「」(2012年)出演、と共演• 「Bring me up! 」を使用• 「Paul Stuart」(2013年)出演• 「As you're in Rio」を使用• 「up! 」(2013-2014年)出演• 「Upside Down」を使用• 日本コカ・コーラ「シュウェップス」(2013-2014年)出演• 「Free Style」を使用• 「BluEarth」(2015年)楽曲のみ• 「Loving Power」を使用• 日本ハム「チキチキボーン」(1994年)• 本人出演。 中学、大学の先輩である日本ハムファイターズと共演。 2017年にも、同商品と久保田の30周年、1994年にCM出演した縁もあり、デビュー30周年企画である「3周まわって素でLive! ~THE HOUSE PARTY~」に協賛。 「ESPRIQUE」(2018年)楽曲のみ• 「You Go Lady」、「So Beautiful」を使用 関連人物・グループ [ ]• 「 久保田 利伸 with NAOMI CAMPBELL」名義• 「 TOSHI KUBOTA Duet with Caron Wheeler」名義。 原曲は Grover Washington Jr(アルバム「Winelight」に収録(1980年))。 「 TOSHI KUBOTA」名義• 「 久保田利伸 meets 」名義• 「 久保田利伸 feat. 」名義• 1stから3rd迄のミニアルバムは何れも3作目のアルバムからの実質、4thミニアルバムはアメリカデビューシングルにリミックス曲を加えた物で、4枚ともオリコンでは シングルとして扱われている。 出典 [ ]• 当時の家族構成は本人、両親、姉2人で、いずれも一般人のため氏名は公表されていない。 また、久保田自身は幼少時代から野菜を自転車で配達する等の手伝いもさせられていたとのこと。 その青果店は明治時代から6代続いているが、久保田自身は青果店を引き継ぐことなく、音楽業界に飛び込んでいる。 デイリースポーツ 2013-07-07• 2010年現在の久保田も口ひげにアフロヘアーである。 からは髪を突き上げたツンツンヘアー、頃は、現在は。 にしていたこともある。 本人が歌手デビューする前、母親からは相当心配されていたが、父親からは反対はされていなかったとのことである。 製作の『』に於いて久保田自身が発言。 玄米は本人が食事をする際、楽屋で炊飯器を持参して炊いているとのことである。 テレビ東京制作の番組に出演したことはある。 番組出演もフジテレビ系列の番組が圧倒的に多い。 久保田の楽曲は過去に幾度かフジテレビ系列の月曜夜9時枠のドラマ(いわゆる)の主題歌に起用されたことがあり、春季のドラマの主題歌にも起用されている。 久保田に影響されたアーティストとして、、、の、、の等が有名。 中西は音楽性が似ていることから「 ポスト久保田」と評されていたこともある。 第203回放送分より)• このアルバムは、1曲目は久保田が米倉に提供した楽曲、他の楽曲は久保田自身の楽曲のカバー。 その時、岡村が久保田に呼び出されて壇上に上がり、そこで自身の特技であるを披露したこともある。 - みわちゃんねる• 外部リンク [ ]•

次の

その人 / 久保田 利伸 ダウンロード・試聴

久保田 利伸 その 人

五木ひろしさんが久保田利伸さんに後ろから蹴り? この事件はフジテレビで1968年から1990年まで続いた『夜のヒットスタジオ』という人気の歌番組の中でおきた出来事でした。 夜のヒットスタジオというと、昔の歌番組の代表的な存在です。 今では貴重となった生放送での歌番組であり、比較的放送時間の遅い夜10時からの歌番組ということで大変視聴率の高い人気番組でした。 数々の司会者が番組を担当してきましたが、当時人気の司会者として古舘伊知郎さんや芳村真理さんなどがいます。 私もこの番組を見ていた記憶があるのですが、リアルタイムでこの事件のあった放送回は見ていませんでした。 情報によると五木ひろしさんと久保田利伸さんとの事件は次のような驚きの内容でした。 関連記事: あの五木ひろしさんが久保田利伸さんに蹴りを入れた真相! それによると、1987年のころです。 夜のヒットスタジオで五木ひろしさんと久保田利伸さんが共演したときのことです。 オープニングメドレーか皆で合唱している時なのか定かではありませんが、後ろから五木ひろしさんが久保田利伸さんに蹴りを入れてきたそうです。 正確には蹴り上げていたらしいのです。 それも何度も後ろからガンガン蹴り上げたという話があります。 生放送でこんなことあるのかな?と思いましたが、どうやら五木ひろしさんが久保田利伸さんに蹴りをいれたのは番組リハーサルの時だったそうです。 この二人のいざこざの仲裁に入ったのが当時人気絶頂でもあった『とんねるず』でした。 とんねるずの二人は当時、若手から大御所にまで人気もあり、フジテレビでも重宝されていたタレントです。 とんねるずが間に入ることでそれ以上大事にはならなかったという話があったそうです。 この五木ひろしさんが蹴りをいれてきた件に関しては、久保田利伸さん本人が日本テレビの『おしゃれカンケイ』に出演した際に話したことで話題となります。 久保田利伸さん自身は、五木ひろしさんが蹴りを入れてきた理由に関しては、次のような主旨で語っています。 おしゃれカンケイに出演した際の久保田利伸さんはそれについて「小さいやつだな」と思ったそうです。 ただ久保田利伸さんのお母さんは五木ひろしさんのファンだったそうで、この事件を久保田利伸さんは母親に話します。 それ以来、久保田利伸さんの母親はショックを受け五木ひろしさんのファンをやめてしまったという話も番組でされていたようです。 一説には、久保田利伸さんが歌っていたポジションは五木ひろしさんの真ん前だったようです。 当時新人の久保田利伸さんは大先輩である五木ひろしさんに被ってしまっていました。 それに対して怒った五木ひろしさんが後ろから蹴りを入れてきたという話があります。 五木ひろしサイドの意見としては? 週刊誌での話ですが、五木ひろしさん側からこの久保田利伸さんに蹴りをいれた事件に関しては、事実と認めているようです。 久保田利伸さんの証言、とんねるずも認めている、そして五木ひろしさんも認めていることから蹴りは実際にあったのでしょう。 ただ五木ひろしさんサイドからの意見としては、久保田利伸さんに蹴りをいれた言い訳としては別の意見が出ています。 それはリハーサルとはいえ、ガムを噛み続けていた久保田利伸さんに対して五木ひろしさんがキレてしまい、それで蹴りを入れたそうです。 今だったらどのみちいかなる理由があろうが蹴りはダメですよね、蹴りは。。 久保田利伸さんがガムを実際に生放送で噛んでいたかどうかはわかりません。 そして五木ひろしさんが実際に久保田利伸さんに蹴りをいれている夜のヒットスタジオの動画もリハーサルのため残念ながら発見できませんでした。 久保田利伸さんがガムを噛んでいようが噛んでいまいが蹴りはさすがに五木ひろしさん、やりすぎですね。 当時五木ひろしさんは30代、久保田利伸さんは20代ということでどちらも若気の至りということでしょうか。 何れにせよ注意する点が後輩にあれば、後からいくらでもできたとも思いますし蹴りに関しては今ではとても擁護はできない状況ですね。 ただ当時としてはそれが当時の感覚だったといえばそれまでですが。 他の意見として囁かれている五木ひろしさんが久保田利伸さんに蹴りをいれた理由 ネットによると、夜のヒットスタジオという番組にはマンスリーゲストというその月に毎週番組に出演できるゲストの設定があったそうです。 何となくそんなのがあったなーと私も今思い出しています。 そのマンスリーゲストに久保田利伸さんが当時決まったそうです。 その時に五木ひろしさんの蹴りの事件があったそうなんです。 一説にはマンスリーゲストに大して大物でもない久保田利伸さんがゲストに選ばれ、さらにリハーサルはガムを噛んで調子に乗っていたことを五木ひろしさんが気に入らなかったそうで、それで蹴りをいれたという話があります。 私の記憶によればこの時点で久保田利伸さんの人気はかなり出ていたと記憶しています。 大物ではなくとも人気急上昇中だったはずです。 当時の番組を見ていた視聴者の意見として、五木ひろしさんは笑顔で久保田利伸さんに蹴りをいれたそうです。 関連記事: 関連記事: まとめ• 五木ひろしさんが久保田利伸さんに蹴りをいれた番組は夜のヒットスタジオのリハーサル。 五木ひろしさんが久保田利伸さんに蹴りをいれたことは事実。 五木ひろしさんはガムを噛んでいた久保田利伸さんにキレたという説がある。 五木ひろしさんが蹴りをいれた理由は久保田利伸さんへの嫉妬のためという説。 五木ひろしさんも久保田利伸さんも現在でもバリバリの現役でどちら大人気の歌手です。 お二人とも間違いなく歌手としての実力、人気、才能はピカイチです。 五木ひろしさんが久保田利伸さんに蹴りをいれたことは事実でしょう。 それぞれに語られていない裏のエピソードがあるかもしれませんし、表面上に出ている話だけでは本当の真相まではたどり着けません。 どこまでが本当かはわかりませんが、昔の話ですし、今もお二人とも活躍されています。 人間歳をとれば丸くなり変わっていく人も多いです。 演歌の人気があまりないこの時代に、五木ひろしさんも多くのファンや後輩に慕われています。 テレビ番組もいくつも持っていて人が付いてきているということは、今は人格的にも尖った部分はないのかもしれませんね。 ただいずれにせよ暴力は絶対にNOです!! 注目記事:.

次の