チューリップ 増やし方。 チューリップを増やしたい! 最適な時期と方法、注意点を知っておきましょう

【チューリップ】育て方・増やし方(分球)

チューリップ 増やし方

チューリップの球根を掘りあげる方法は?保存方法は? 咲き終えたチューリップの球根は掘り出して保管しておけば、翌年も同じ球根を植えて育てられます。 保管のポイントは、花が散ってからの球根への栄養補給と日陰で風通しの良い場所に置いておくことの2つ。 一般的にチューリップの球根の平均寿命は1~2年なので、「分球(ぶんきゅう)」という球根が分離した状態になると、花を咲かせるだけの体力がなくなる場合もあるので注意が必要です。 球根の堀り上げ方と保存方法• 花が咲き終わる• 葉っぱを残して花の茎だけを切り取る• 薄めた液体肥料を月に3〜4回与え、乾燥する前に水やりをする• 葉が黄色くなって、枯れはじめたタイミングで球根を掘り上げる• 球根の上で茎をカットして、分球した球根を1つ1つ分ける• 表面の土をキレイに落とし、ネットなどの通気性のよい袋に入れる• 次の植え付けの時期まで、風通しの良い場所で日陰干しにする 保存していたチューリップの球根の植え方は? 1年前に保存しておいたチューリップの球根を植えるときは、よい球根を選び、場所に適した植え方を行うことが大切です。 よい球根選び 「重くて大きい」「根にも皮にも傷が無い」「皮にはツヤがある」ことが、よいチューリップの球根の条件です。 逆を言えば、傷がある、病気(腐っている)、軽い・小さい、分球している球根は植えないようにしましょう。 球根の植え方 2回目以降のチューリップの球根を植える方法は、1回目の植え方と同じです。 ただ、土は使いまわさず必ず新しいものを使ってください。

次の

【あつ森】オレンジチューリップの作り方と増やし方|確率検証【あつまれどうぶつの森】

チューリップ 増やし方

春になると色とりどりの花で私たちを楽しませてくれるチューリップですが、見るだけでなく育てるのも楽しみのひとつですよね。 丁寧に育てたチューリップがきれいに花を咲かせる姿をみるとうれしいものです。 でも、花が咲き終わった球根をもう一度利用することができるんでしょうか? 球根を増やすためにはどのような作業が必要なんでしょうか? 今回は、球根の分球の仕方や正しい増やし方をご紹介します。 チューリップの球根はそのままにしない! 咲き終わったチューリップの球根を堀り起こさずにそのままにしておくとどうなるでしょうか? そのままにしておいても芽は出しますが、葉っぱが生い茂って終わりという場合もありますし、花が咲く場合もあります。 なぜ咲く場合と咲かない場合があるんでしょうか? それは、チューリップの成長は気候に大きく影響されるからです。 チューリップは寒さに強く暑さに弱い植物なので、涼しい気候のもとでは球根がよく育ちます。 夏は涼しく冬は寒いオランダの気候がチューリップに最適な理由はここにあります。 日本は梅雨があり夏は暑いので、 咲き終わった後も土の中にそのままにしておくとカビが生えたり暑さで枯れてしまったりして球根がうまく育ちません。 球根をそのまま翌年も使いたい場合は、分球したり土を掘り返したりして球根を涼しいところで保管する必要があります。 また、土も新しく肥料を混ぜて作る必要あるので、球根はそのままにしないで掘り上げたほうがいいでしょう。 チューリップの球根を分球する方法は? 分球とはなんでしょうか? チューリップは花を咲かせた後、球根が分かれる、つまり分球します。 花を咲かせた後、もともとある 親球のまわりに子球が増えていきそれが新たな球根となります。 分球した球根をそのままにしておくと、栄養がまわらず球根が十分に育たなくなります。 では、どのタイミングで分球すればいいのでしょうか? 花が咲き終わってチューリップの葉が枯れてきたら球根を掘り起こしましょう。 球根を傷つけないようにスコップで丁寧に掘り起こします。 その後、 茎と根をひねるようにして球根から外し、分球している中でも 大きめの球根と小さめの球根に分けます。 球根についた土は軍手か何かでふき取るようにし、水洗いはしないようにしましょう。 腐りの原因になります。 小さい球根は花を咲かせるのに十分な栄養がないため、 大きめの球根のみ植え付けに使うとよいでしょう。 スポンサードリンク チューリップの球根の増やし方は? 分球後に球根を大きく育てることはできないので、球根をどのように増やすかが大切なポイントになります。 分球した球根にどれだけの栄養を残せるかがきちんと花を咲かせるかどうかに繋がってくるんですね。 チューリップの花が咲いたら 花が咲き終わる前に熱消毒したハサミで茎の途中からカットするか花を手で摘み取ります。 完全に咲き終わるまで花を楽しみたい…と思うかもしれませんが、花が咲くと栄養が花の方にいってしまうので、球根が弱くなってしまいます。 大事な栄養を球根にまわすためにもここは心を鬼にしましょう。 花を摘んだ後も球根は生きていますし、 葉が枯れるまでの間に球根を太らせ分球をさせなければいけないので、この時期はよく 日光に当てて肥料と水もきちんとあげましょう。 雨が多い時は、風通しのよい場所において球根にカビが生えないように注意しましょう。 また、日本の気候はチューリップの球根を育てるのにあまり向いていませんし、住んでいる地域ではどうしても難しいいこともあります。 球根をたくさん増やして全部翌年に繰り越そうとするのではなく、一部が成功したらいいなという感じで気長に考えるなら楽しんでできるかもしれませんね。 関連記事.

次の

チューリップを翌年も咲かせるには。球根の掘り上げ・保存を詳しく解説、の巻

チューリップ 増やし方

里芋が収穫するときにはたくさんなっているのと同じです。 植えっぱなしでも毎年勝手に増えていくものもありますし、人間が手を加えて(切るとか、手で分けるとか)球根が増えるようにすることもできます。 どちらにしても球根によって性質が違いますので、それを理解した上でおこなう必要があります。 球根はふえたり芽の数が多くなった状態でほおっておくと、きゅうくつなイモ洗い状態になり、十分育たなくなります。 そうなる前に分球して十分スペースを確保してあげることが大切です。 新たな球根ができ、自然に分かれる 鱗茎タイプや球茎タイプ(詳しくはをご覧ください)のものに多くみられます。 最初に植えた球根(親球)のまわりに子球が発生して、子球が親球のように大きくなる。 親球自体が肥大していくつかに分かれる。 親球自体が分かれてさらに子球が付く。 親球は残るものもあれば、消滅してしまうものもあります。 たとえばチューリップはいくつかの子球を作って親球は消滅します。 また、クロッカスのように子球にさらに小さな球根がつくものもあり、それを「木子」と呼びます。 自然に球根が分かれるので、そのままずばり「自然分球」です。 基本は手で分けます。 球根は分かれないけど、芽の数が増える 塊茎や根茎は芽の数が増えて大きくはなりますが、新しい球根を別に作らないので手で簡単に分けることはできません。 また、ダリアのように球根の数が増えるものの、付け根ですべてくっついており自然に離れることがないものもあります。 カッターナイフなどのよく切れる刃物で切断するわけですが、分球するタイミングは植え付ける直前で、切断の仕方は少なくとも1カ所は芽が出る部分をつけて切ることです。 もし、芽が出る部分をつけずに切り取ってしまうと、それは単なる根の塊となり、植え付けても芽が出ることはありません。 要するに意味がない上に作業する分、無駄ともいえます。 ですから、芽のでる部分をちゃんとつけて切断するようにしましょう。 植物によって芽の出る位置は異なるので、その点も注意が必要です。 むかご むかごは茎の節などにできる小さな球根のようなもので、自然分球に似ています。 自然分球と違うところは、ムカゴは地中ではなく地上にできることです。 ある程度の大きさになったムカゴは茎からぽろりと簡単に外れます。 タネをまくように土に植えると育ち開花しますが、自然分球の場合の子球とは違い、小さいムカゴは肥大して花が咲くようになるまで、3~4年の時間が必要です。 自然分球の子球は早ければ1年で親球と同じ大きさになり、花も咲かせるようになります。 「 ユリ」、「グラジオラス」などは、ムカゴが発生します。 そんなとき、球根に子株ができやすいように意図的に手を加えたり、一つの球根を強引に分けてしまう方法があります。 これらの方法は慎重におこなわないと球根そのものをダメにしてしまうので注意が必要です。 一応繁殖方法の一種として覚えておくのもいいかもしれませんが、あまり使うことはないかもしれません ペリペリ剥がす ユリの球根はウロコ状の鱗片が重なって一つの球根のカタチになっています。 この鱗片を一つずつはがしてバーミキュライトなどの無菌の土を入れた鉢にさして育てます。 しばらくすると根が出て、小さな球根が作られるので、ほかの鉢に一つずつ植えて育てます。 しかし、花が咲くまでには最低3年ほど必要です。 球根の一部を切り取ってしまう 分球しにくい性質の球根の場合採る方法で、ヒヤシンスでおこなうことがしばしばあります。 植え付け前に、球根の基部をえぐり取ってしまうか、大きく傷を付けてから植え付けると子球がでやすくなります。 しかし、この方法は失敗すると球根そのものがダメになってしまうので、細心の注意が必要です。 ちなみに切り口は腐りやすいので、切り口をよく乾かして、雑菌などが入らないようにしてから植え付けるようにしましょう。 切るときに使用するカッターナイフなどもよく切れる、清潔なものを使いましょう。 スケーリング 分球しにくいものの中でも、アマリリスによく使う方法です。 スケーリングは要するに料理で言うところの「くし切り」です。 頂点部を中心として、放射状に切っていきます。 切る際、頂点部と基部(根のでる下の部分)が必ず切り取った断片につくように切らなければなりません。 そうしないと、根がでないあるいは、芽が出ないかどちらかの弊害が発生します。 これを土にさすと、いづれ子球が発生してくるので、その子球を大きく育てます。 ふやすのは個人で楽しむ範囲で 個人で人為的に植物を増やす場合、その球根を販売目的で増やすことはやめましょう。 すべてがそうではないですが、品種によってパテントがついてるものが最近多く、UPOVという国際条約で品種登録が認められています。 勝手にぽこぽこ増やされたらその品種を作った人が悔しい思いをしますしね。 ただでさえ品種改良というのは10年単位の時間がかかるものですから。 あくまでも個人で楽しむ範囲で自分の庭などでおこなうようにしましょう 関連するページ > ヤサシイエンゲイ 京都けえ園芸企画舎 すくーでりあY・A・E 2010.

次の