フロント ライン ホイール。 ランクル70のホイールは16インチがおすすめ!カスタムにぴったりな社外アルミ

メカニックアカデミー

フロント ライン ホイール

フェアレディZをおすすめのホイールでカスタムしよう 日産のフェアレディZは、運転する楽しさが本格的に味わえるスポーツカーです。 走行性能が抜群に高く、見た目もカッコいいので、ホイールをカスタムするユーザーも多い車です。 そこで、フェアレディZにマッチングするホイールをピックアップしました。 デザインが良く、ドライビング性能も向上する20選で紹介します。 NISMOは19インチ・9. フェアレディZ(Z34)のホイールで人気のサイズは純正サイズと同じ18インチと19インチが多く20インチの装着事例もあります。 スポーツ走行に必要な、剛性と強度そして重量の最適化を兼ね備えたエンケイのアルミホイールです。 フランジまで真っ直ぐ伸びた7本のスポークは、奥行きがあるコンケイブを作り出しています。 カラーには鮮やかな色合いを持つ「ダークシルバー」が採用されています。 また、フェアレディZに適合するホイールのサイズとインセットは以下の通りです。 5J(15mm)• 0J(18mm) スタンダードなマルチスポークデザインがフェアレディZに似合う エンケイ RS05RR ENKEI RS05RRはハイレベルのコーナリング・ブレーキング性能を誇るレーシングホイール ブレーキングとコーナリングに対して優れた性能を持つアルミホイールです。 15本に及ぶシャープなスポークは見た目のカッコよさだけではなく、応力分散とタイヤハウスの放熱にも効果を発揮します。 非常に高い剛性を備えたホイールで、フェアレディZにマッチングするサイズとインセットは以下になります。 0J(22mm)• 0J(30mm) 鋭く広がったツインスポークがフェアレディZをクールにするホイール ワーク エモーション CR 2P COBBYおすすめのWORK EMOTION CR 2PはCRシリーズの2ピースモデル ワークの「エモーション CR 2P」は、頑丈そうな段リムと、コンケイブを描くツインスポークがスポーティなアルミホイールです。 カラーは明るいブロンズ系の「アッシュドチタン」と、ディスクフェイスをシックな黒でカラーリングした「マットブラック」などの計4色に展開されています。 フェアレディZにマッチングするホイールのリム幅とインセットは、フロントとリアで分かれ次の通りになります。 0J(15mm)• 0J(25mm) 先代のCR Kaiを上回る性能とデザイン性を兼ね備えたホイール ワーク エモーション CR kiwami WORK EMOTION CR kiwamiはチタンカラーやホワイトなどカラーバリエーションも豊富 スポーティなホイールを多数ラインナップしている「ワーク エモーション」のアルミホイールです。 カーブを描いたツインスポークは躍動的で、リムをしっかり支えているようです。 黒や白など多彩なカラーが展開されていますが、オプションパーツとなるセンターキャップもシルバー・黒・レッド・ブルーと多彩です。 フェアレディZに装着可能なホイールのサイズおよびインセットは、以下のパターンが適合します。 5J(30mm)• 5J(32mm) 精悍なビジュアルがフェアレディZをかっこよくドレスアップ レイズ ボルクレーシング TE037 6061 機能美を表現した高性能で高いデザイン性のRAYS VOLK RACING TE037 6061 強度と剛性が両立されたタナベSSRのアルミホイールです。 大きく開いたY字スポークは躍動感があり、大胆なメッシュを演出しています。 エッジが効いたディスクフェイスは、フェアレディZの足回りをワイルドにカスタムします。 マッチングするホイールは19インチで、フロントにはリム幅8. 5Jのインセット38mm、リアにはリム幅9. 5Jのインセット20mmが適合します。 また、リアはフェンダークリアランスが少なくなりますので、気を付けてホイール交換してください。 0J リア 10. 5J カラー フラットブラック バレルクリア2 価格(値段) — 円~(2020年調べ) 参考 TAN-EI-SYA[] TWSの鍛造ホイールで、スポークとリムがシェイプアップされているので高い軽量性を持ちます。 高級感のある「フラットブラック」と「バレルクリア2」の2色から好きなカラーが選択可能で、エレガントなドレスアップができます。 フェアレディZに適合するホイールのサイズおよびインセットは以下になり、インチアップ効果も狙えます。 0J(25mm)• 5J(25mm) エアシステムをはじめとする独自の軽量化技術を施したホイール ウェッズスポーツ RN-05M WEDS WedsSport RN-05MはスポーティなフェアレディZの外観に合うウェッズの人気モデル 「POTENZA」ブランドとしては約18年の時を経て発売されたブリヂストンのRW006。 モータースポーツファンに人気を博したPOTENZA RE-71Rをモデルをイメージし、高強度・高剛性、そして軽さを追求したホイールです。 まさにフェアレディZのようなスポーツカーのための鍛造ホイールといっても過言ではなく、立体的でアグレッシブなスポークラインも目を惹きます。 フェアレディZに装着可能なホイールのサイズおよびインセットは、以下のパターンが適合します。 0J(25mm)• 0J(30mm)• 5J(25mm)• 5J リア 9. 5J カラー マットガンメタリック プレミアムシルバー サムライゴールド ブラッシュド 安値圏市場価格帯 — 円~(2020年調べ) 参考 ウェッズ[] フェアレディZは、本格的なスポーツカーでありながら落ち着いた佇まいがなによりの魅力。 「フェアレディ」という名前は花売りの娘が貴婦人に生まれ変わるストーリーのミュージカル『マイ・フェア・レディ』を由来としており、「Z」はアルファベットの最後の字であることから「これ以上ない、究極の」という意味が込められています。 マーベリック709エムは2ピースホイールとしては王道のデザインですが、だからこそ洗練された美を追求するフェアレディZの気品とマッチするのです。 フェアレディZに装着可能なホイールのサイズおよびインセットは、以下のパターンが適合します。 5J(mm)• 5J(mm) メッシュデザインでありながらも力強くかっこいい印象のSSR エグゼキューター CV03。 北米や欧州では最高ランクに位置する3ピースの性能の高さはもちろん、スタイリッシュで洗練されたメッシュデザインが魅力的です。 フェアレディZに装着可能なホイールのサイズおよびインセットは、以下のパターンが適合します。 0J(23mm)• 0J(20mm) ツライチ設定もしやすいワークの上質な3ピースホイール ワーク EQUIP E05 ワーク EQUIP E05はスポーツテイストを全面に押し出した5スポークアルミ リム径 フロント 19inch リア 19inch インセット フロント 31mm リア 24mm リム幅 フロント 9. 0J リア 10. 落ち着いたカラーですが強い存在感を放ちます。 公式マッチングサイトを参照すると、フェアレディZに対応するのは19インチ。 フロントはリム幅9. 0Jにインセットが31mm、リアがリム幅10. 0Jにインセット24mmとなっています。 フェアレディZが装備している純正ホイールと純正タイヤのスペック フェアレディZに装備される純正ホイールは、グレードによって異なります。 フェアレディZ純正のブラック塗装されたホイールとレイズ製鍛造ホイール 「ベースグレード」「Heritage edition」「Version T」グレードには、ガンメタリックのカラーでコーティングされた18インチのアルミホイールが装備され、黒で引き締めたデザインになっています。 「Version ST」「Version S」グレードにはレイズ製の19インチ鍛造アルミホイールが装備されます。 エッジのきいたスポークがユニークでスタイリッシュです。 同じく、「NISMO」グレードの純正ホイールもレイズ製の19インチ鍛造アルミホイールとなりますが、ニスモ専用のデザインとなっており、真っ直ぐ伸びたツインスポークがスポーティです。 フェアレディZの純正ホイール諸元 グレード ベースグレード Version ST NISMO Version T Version S Heritage edition リム径 18inch 19inch 19inch インセット フロント 43mm 47mm 40mm リア 15mm 30mm 23mm リム幅 フロント 8. 0J 9. 0J 9. 5J リア 9. 0J 10. 0J 10. 5J ボルト穴数 5H 5H 5H P. D(ピッチ) 114. 3mm 114. 3mm 114. 25 型式 CBA-Z34 新型フェアレディZをカスタム 全グレード純正タイヤサイズとホイールサイズの一覧 グレード ホイールサイズ タイヤサイズ 型式 3. 7 40thアニバーサリー フロント19インチ X 9. 7 バージョン S フロント19インチ X 9. 7 バージョン ST フロント19インチ X 9. 7 バージョン ニスモ フロント19インチ X 9. 7 NISMO フロント19インチ X 9. 7 バージョン ニスモ フロント19インチ X 9. 7 フロント18インチ X 8. 7 バージョン T フロント18インチ X 8. 7 ヘリテージエディション フロント18インチ X 8. 強度と剛性が高く、軽量化されているのでアグレッシブな走りが可能になります。 デザインも、無駄のない引き締まったフォルムのものや、メッシュで高級感を出したホイールなどカッコイイものが揃っています。

次の

フェアレディZのホイール20選!純正サイズから交換におすすめのアルミ

フロント ライン ホイール

Contents• フロントシングルのチェーンライン クランクのスペックを見ると、チェーンラインという項目があります。 今まで知らなかったのですが、 フロントダブルのクランクの場合、【フレーム中心】から【アウターリングとインナーリングの中間】までの距離がチェーンラインとなるそうです。 フロントシングルの場合、フレーム中心から一枚しかないチェーンリングまでの距離だと思われます。 で、スペック上の数字で確認してみます。 クランク チェーンライン FC-R9100(デュラ) 43. 5mm FC-9000(旧デュラ) 43. 5mm FC-RX810-1(GRX) 49. 7mm FC-RX600-1(GRX 49. 7mm 9000からR9100に変わった際、 R9100ではインナーリングとアウターリングの間隔が広がった という情報ですが、チェーンライン自体は変わってないようです。 歯先がオフセットされただけとかも聞くのですが、詳しくは知りません。 ダブルクランクの場合のギアピッチ(アウターとインナーの距離)は調べても分かりませんでした。 ダブルクランクのチェーンラインはアウターリングとインナーリングの中間で、シングルクランクは一枚しかないチェーンリングまでの距離です。 単純な比較だと、49.7-43.5=6.2mmですが、恐らくですがフロントシングルのチェーンリングの位置は、ダブルクランクのアウターリングとほぼ同じ位置にあるような気がします。 私物のロードバイクで確認してみます。 クランクはFC-6800(アルテ)、スプロケはR8000(アルテ)です。 当たり前ですが、フロントがアウターでリアがローなら、こんな感じでだいぶ斜めになります。 正確なところではないですが、フロントがアウター、リアがトップから4枚目あたりにすると、チェーンラインがまっすぐに近づきます。 一般論として、チェーンがまっすぐになっている状態が最も駆動効率がいいわけです。 感触としては、リアがトップ側から3~5枚目あたりがまっすぐに近いのかなと。 厳密に言うと、トップから二枚目でも、フロントがインナーであれば入りません。 これもたすき掛け状態でチェーンが斜めになるから入らない・・・ということもそうなんですが、フロントもリアも小さいギア同士だとチェーンテンションが落ち過ぎてしまうので入らないようになっているそうです。 要はチェーンがダルダルで落ちる可能性を危惧しているのかと。 まあダブルの場合、リアがローに入ればフロント側が内側に引っ張られるようなテンションが掛かっていますが、実際にはFDがあるのでモーマンタイというところですかね。 シマノのGRXシングルクランクを見る限り、チェーンリングの位置はダブルクランクのアウターに相当する位置にあると思われるので、駆動効率としてはリアがトップ側から3~5枚目あたりが最もよく、ローギアに入れるとさすがにチェーンラインとしては厳しいけど、チェーンテンションが掛かっているから落ちにくいという感じでしょうか。 そしてナローワイドな歯先にすることで、さらに落ちにくくしているのがシングルクランクです。 フロントシングルといえばナローワイドチェーンリングですが、それだけチェーンをしっかり噛まないと外れてしまうほどチェーンラインが乱れているわけで、高回転で駆動効率を追求するロードバイクとは相性が悪いのではないでしょうか これについてはどうなんでしょうね。 MTBとかでは既にフロントシングルクランクがありますが、MTBのような過酷なオフロードのほうがむしろチェーン暴れの問題からチェーン落ちを心配しそうな気がしますが・・・ だからスタビライザー付きのRDとかもあるわけで。 駆動効率という面で言えば、誰が見ても明らかなように、 チェーンがまっすぐな位置にあったギア選択が最も駆動効率はいいでしょう。 シマノのGRXシングルクランクよりも、内側にあるということですね。 アウターローのようなたすき掛けにした場合、どれくらい駆動効率が落ちているのかというデータは見つかりませんでしたが、駆動効率という面で言うならば、フロントダブルでリアの状況に合わせてフロントの位置も変化させたほうが適切と言えそうです。 フロントシングルの場合、今のところたすき掛けが強くなるローやトップが推奨ではないという話は聞いたことがありませんし、問題なく使えることは間違いないでしょうけど、駆動効率にこだわるのであればフロントはダブルのほうがいいのかもしれません。 そもそもチェーンラインがまっすぐとななめでどれだけ駆動効率が違うのか、そういうデータどこかにないですかね? 前回の記事では、 現状のリア11速では、ロードバイクでフロントシングルというのは、重いギア排除か軽いギア排除しか選択肢はないと書いたのですが、特定のコースを走る分には、フロントシングルの軽量性やメンテナンス性というメリットを活かせるのかなと。 ただし、駆動効率という面では、ダブルのほうに軍配が上がりそうです。 どうもフロント変速は面倒という意識が頭のどこかにあるような・・・ いつも思うことですが、電動変速はフロントだけで十分というか、フロントだけ電動化出来るようにしてくれると大変助かるのですが。 そんなわけで、駆動効率という面で見れば、フロントはダブルのほうが上かもしれません。 シマノが12速化した際に、どう出てくるかですね。 シングルクランクを出してくるのか、やはりロードはダブルがいいということでダブルしか出さないのか。 リアが多段かすればするほど、ギアレシオで言えばフロントシングルはアリかもしれませんが、チェーンラインという観点で言うと、多段化してスプロケ幅が広がるほど斜めになっていくわけで、どっちがいいんでしょうね。

次の

フェアレディZのホイール20選!純正サイズから交換におすすめのアルミ

フロント ライン ホイール

タイヤ・ホイール4本セットをお求めの方• タイヤのみお求めの方• ホイールのみお求めの方• コンテンツ• 会社概要• お問い合わせ他• [通話無料]• [営業時間] 全日:10:00 ~ 19:00 毎日午前5時から午前6時まで、メンテナンスのためアクセスできません。 ご了承ください。 このサイトはグローバルサインにより認証されています。 SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。 当サイトで使用されている画像、商品情報の無断転載を禁じます。 All Rights Reserved.

次の