レペゼン地球 活動停止 なぜ。 レペゼン地球が4月で活動休止!BANされた理由は?メンバープロフィールを公開!

「レペゼン地球」ドーム公演中止へ パワハラやらせ余波か、ネットは「完全に自業自得」「悲しすぎる」: J

レペゼン地球 活動停止 なぜ

雨上がり決死隊の宮迫博之が6月13日、自身のYouTubeチャンネルにてアーティスト活動を行うと発表。 翌14日にデビュー曲「雨上がり」を初披露した。 今回は個人名義で、本格的にアーティスト活動を行うという。 作曲は音楽ユニット「レペゼン地球」のDJ社長。 当初宮迫は、新型コロナウイルス(コロナ)による活動自粛に伴い、アリーナツアーが中止になった同グループの損失を埋めることを考えての行動だったが、話し合いを進めるうちに、1曲のみならず継続的なプロデュースをお願いすることに。 当分、ライブなどアーティスト活動の収益はレペゼン地球に全て渡す模様だ。 宮迫はさっそく、14日に開催されたレペゼン地球の無観客ライブで、完成したデビュー曲「雨上がり」を初披露。 ピアノの旋律に合わせて、不祥事を乗り越えて現在に至った自身の道のりを喚起させる歌詞を歌い上げた。 歌唱後、宮迫は「めちゃめちゃ間違えた」と天をあおぎつつも、「感極まってしまいました」と目をうるませた。 ライブ終了後には、自身のチャンネルで同曲のPVが公開。 ファンから「どこまでも 宮迫さんらしく突っ走って下さい」「これから歌もどんどん歌って」「めっちゃいい歌! テレビで歌ってるの早く見たいね」と応援メッセージが多数寄せられている。 宮迫は、5月にもコロナ自粛で苦しむ外食チェーン「串カツ田中」に2000万円を払い、全店舗の1ヵ月間のネーミングライツ権を獲得。 「串カツ宮迫」を展開した。 YouTuberとして再始動して以来、存在感を増す宮迫。 ファンの後押しを受け、テレビ復帰する日はそう遠くないかもしれない。

次の

宮迫博之、レペゼン地球・DJ社長プロデュースでアーティスト活動開始! デビュー曲は「雨上がり」

レペゼン地球 活動停止 なぜ

謝罪するDJ社長さん/画像はYouTubeのキャプチャ リーダーである DJ社長さんは「この度はお騒がせして申し訳ございませんでした」と謝罪した上で「レペゼン地球は明日からドームの活動準備のため活動休止をさせていただきます」と、自ら活動休止の理由に言及した。 「たった3ヶ月程度ですが、メンバーのSNSなど全て止めさせていただきます」と、休止の範囲はSNSなどにも及ぶ。 当初、休止の理由を明かさなかったことについては「 念願の夢のドームということもあり、どうしても世間からの注目がほしく、あまり良くない方法だとわかってはいましたが、わざと理由を伝えず、深刻そうに活動休止の発表をいたしました」と告白。 最後は「ファンのみなさまに多大なるご心配をおかけしました。 本当に申し訳ありませんでした」と改めて謝罪後、「僕にとってドームは本当に特別で来る日も来る日もこのドームに立つことだけを夢見て頑張ってこれました。 ドームに来てくれたら僕は死ぬほど幸せです。 なのでよろしくお願いします」と締めくくった。 快進撃が続くネット発陽キャ集団 レペゼン地球 レペゼン地球は、リーダーのDJ社長さんを筆頭に、 DJふぉいさん、 DJ銀太さん、 DJまるさん、 卍ジェニファー卍さん、マネージャーの 脇さんの6人による音楽活動を軸にしたパフォーマンス集団。 DJ社長さんを中心に全国各地のクラブなどでパーティーを繰り広げ、近年はYouTuberとしても活動中だ。 オリジナル楽曲も多く、1thシングル「5454」からこれまでに65曲を発表している。

次の

レペゼン地球の活動休止理由が衝撃的!逮捕でも病気でもなく〇〇だった!

レペゼン地球 活動停止 なぜ

雨上がり決死隊の宮迫博之が6月13日、自身のYouTubeチャンネルにてアーティスト活動を行うと発表。 翌14日にデビュー曲「雨上がり」を初披露した。 今回は個人名義で、本格的にアーティスト活動を行うという。 作曲は音楽ユニット「レペゼン地球」のDJ社長。 当初宮迫は、新型コロナウイルス(コロナ)による活動自粛に伴い、アリーナツアーが中止になった同グループの損失を埋めることを考えての行動だったが、話し合いを進めるうちに、1曲のみならず継続的なプロデュースをお願いすることに。 当分、ライブなどアーティスト活動の収益はレペゼン地球に全て渡す模様だ。 宮迫はさっそく、14日に開催されたレペゼン地球の無観客ライブで、完成したデビュー曲「雨上がり」を初披露。 ピアノの旋律に合わせて、不祥事を乗り越えて現在に至った自身の道のりを喚起させる歌詞を歌い上げた。 歌唱後、宮迫は「めちゃめちゃ間違えた」と天をあおぎつつも、「感極まってしまいました」と目をうるませた。 ライブ終了後には、自身のチャンネルで同曲のPVが公開。 ファンから「どこまでも 宮迫さんらしく突っ走って下さい」「これから歌もどんどん歌って」「めっちゃいい歌! テレビで歌ってるの早く見たいね」と応援メッセージが多数寄せられている。 宮迫は、5月にもコロナ自粛で苦しむ外食チェーン「串カツ田中」に2000万円を払い、全店舗の1ヵ月間のネーミングライツ権を獲得。 「串カツ宮迫」を展開した。 YouTuberとして再始動して以来、存在感を増す宮迫。 ファンの後押しを受け、テレビ復帰する日はそう遠くないかもしれない。

次の